徹底解説!アメックス・プラチナカードはなぜ欲しくなる?プロパーとゴールドの比較付

カテゴリー:アメックス    

アメックスプラチナ

ステータスカードの代名詞といえば、アメリカン・エキスプレス・カードです。

国内海問わず、高い評価(信用)と広く知られている認知を持つ認知されているアメリカン・エキスプレス・カードは、日本国内のクレジットカード会社にはない、ワンランク上のステータスを提供しています。

今回は、このアメリカン・エキスプレス・カードのなかで、最もステータスのあるプラチナカードを解説したいと思います。

アメックス・プラチナカードとは

アメックス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・カードの中でも、インビテーション(招待状)を受け取った人のみが申し込める至高のカードが、アメックス・プラチナカードです。

24時間365日利用可能なプラチナ・コンシェルジェ・デスク、旅行保険やショッピング保険などの手厚い付帯保険、ホテルやレストランで受けられる優待などの各種サービスは、130,000円という高額な年会費でも十分に元が取れるもので、富裕層の中でも一定の人気があります。

充実した優待サービス

プラチナカードでは、次のようなサービスを受けることができます。

ホテルのグレードアップ

アメックスの提携ホテルに宿泊すると、無料で部屋のグレードがアップされます。それだけではなく、ウェルカムドリンクやギフトなどのVIP待遇を受けることができるのです。

プライオリティ・パス

日本を含む世界900ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能です。なお、通常のカードでは会員しか利用できませんが、アメックス・プラチナカードであれば、同伴者1名まで一緒に利用可能です。

キャセイパシフィック航空のゴールド会員資格

アメックス・プラチナカードを持っているだけで、キャセイパシフィック航空の「ザ・マルコポーロクラブ」の上級資格とoneworld(ワンワールド)アライアンスの「サファイアステータス」が得られ、その特典を受けることができます。

安心感バツグン!手厚い付帯保険

アメックス・プラチナカードの付帯保険の手厚さは、他のカードの保険とは比べものになりません。

  • 最高1億円(*)の国内外旅行傷害保険が自動付帯(会員の配偶者さま、会員と生計を共にするお子さま、ご親族は最高 1,000万円まで)
  • 返品保証のリターンプロテクション(プラチナカードで購入した商品を返品できなかった場合でも、アメックスが全額補償してくれる)

(*)旅行代金を決済していない場合は最高5,000万円、決済した場合は最高1億円

その他にも、購入商品の破損を補償するショッピング・プロテクション、ゴルフ中の事故を補償するゴルフ保険、医療相談や予防、キャンセル費用を補償するキャンセル・プロテクションなどが付帯されています。

プラチナ・コンシェルジェ・デスクとは

このサービスが、アメックス・プラチナカードを持つもっとも大きな利点です。

24時間365日電話一本でどんな要求にでも応えてくれる私設秘書のようなものです。食事の予約や商品の購入、旅行中のアクシデントの対応も的確にこなしてくれます。

また、「こんなイメージの旅行がしたい」と伝えるだけで最適な旅行プランを提案してくれたり、一見さんでは入れないようなお店の予約を取ってくれたり、と「NOと言わない」サービスなのです。

特に、海外旅行中にパスポートを紛失したり、病気やケガを負ったりなどのトラブル時には、病院や役所で(電話越しですが)通訳をしてくれるため、とても頼りになることでしょう。

これらのサービスのほとんどが無料ですので、年会費130,000円も+税高い買い物ではないと思わせてくれるわけです。

 

アメックス・プラチナカードの取得方法

ステータスシンボルなだけではなく、上記のようなゴールドカードを超える充実したサービスを受けるためには、アメックス・プラチナカードを取得する必要があります。

しかし、最初に紹介したようにアメックス・プラチナカードはインビテーションが必要になっているため、誰でも申し込むことができるものではありません。

このインビテーションを受けるためには、当然ながらいくつかの条件があります。ここでは、そんなインビテーションを受ける条件をクリアする方法を紹介しましょう。

 

その1.アメックス券種を利用していること

プラチナカードを所有するためには、まずプロパーのアメリカン・エキスプレス・カード(通称グリーンカード)かアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのいずれかを持ち、利用実績を積み重ねる必要があります。

普段からアメックスを特別に愛顧しているお客様だけに送られるのが、インビテーション(招待状)です。それがあって、初めてアメックス・プラチナカードへの申し込みが可能なのだということを忘れずにしましょう。

これでも十分すぎるステータス!アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスのプロパーカードといえば、年会費12,000円+税のアメリカン・エキスプレス・カード(通称グリーンカード)です。

アメックスの中では最も低いスペックを持つクレジットカードですが、とはいえ他社のゴールドカード級のスペックを誇ります。

手厚い補償制度

グリーンカードに付帯されている保険は、国内外の旅行傷害保険が最高5,000万円まで付帯(利用付帯)を始めとして、「オンライン・プロテクション」「ショッピング・プロテクション」「リターン・プロテクション」があります。

  • 「オンライン・プロテクション」はインターネット上で起こる不正使用による損害を全額補償
  • ショッピング・プロテクションは国内外問わず、カードで購入した商品を90日以内であれば破損・盗難などの被害から最高500万円まで補償
  • リターン・プロテクションは、購入後、返品したい商品を店舗が受け付けてくれない場合に、90日以内であれば払い戻してくれるという補償(1商品最高3万円、年間最高15万円まで。)

航空ラウンジが同伴者も無料

国内の主要空港および仁川国際空港、ホノルル国際空港の航空ラウンジを無料で利用できます。同伴者の方も1名まで無料なので嬉しい限りです。

旅行に強いサービス

流石のアメックス、トラベル系の優遇には余念がないです。

まずは「手荷物無料宅配サービス」です。カード会員1名につき1つの手荷物まで空港〜自宅を往復で無料配送してくれます。ただし、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港のみが対象となるので注意してください。

また、成田国際空港と関西国際空港では空港から次の移動手段場所(駅改札やバス停)まで荷物を運んでくれる「無料ポーターサービス」があります。さらに中部国際空港では、待ち時間に荷物を預けれる「空港クロークサービス」もあり、極上の空港タイムが過ごせますので活用しましょう。

女性からの指示も格別!

ちなみにまねぷれで行った「女性が選ぶかっこいいクレジットカードランキング」では、20代・30代・40代ともにアメックスが断トツ人気のあるクレジットカードであることが分かりました。持ってるだけで男性の株が上がるとは、ステータスの代名詞と言われるだけの知名度があるということを証明したかたちとなりました。

参考記事20代女性131人アンケートでわかった女性がかっこいいと思うクレジットカードランキング

プラチナに劣らぬステータス!アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

続いて紹介するのは、年会費29,000円+税別のアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードです。

グリーンカードよりも見かける機会が多いかもしれない、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのスペックを確認してみましょう。

最高1億円の補償制度

海外旅行保険は、グリーンカードの最高5,000万円から最高1億円にグレードアップし、プロテクションサービスについてはさきほどの3つに加え「キャンセル・プロテクション」が付帯されています。ちなみに、キャンセル・プロテクションとは、予約済みの旅行やコンサート等を急な病気や怪我で、やむをえずキャンセルする場合に補償してくれるサービスです。1,000円またはキャンセル費の10%のいずれか高い金額が自己負担にはなりますが、アクティブに行動される方には必須の補償ですね。

旅行サポートもワンランクアップ

トラベル・コンサルタントが旅行の手配をしてくれるメンバーシップ・トラベル・サービス、通称「ゴールドデスク」は、お好みの旅行計画を代行してくれるサービスです。まるで秘書がいるかのようなサービなので、プラチナのコンシェルジェ・デスクのような存在です。このゴールドデスクを利用してJALかANAの羽田・伊丹空港発国内線航空券を購入すると、対象店舗で使える1,000分のクーポン券「エアポート・ミール・クーポン」がもらえます。ぜひ忘れずに覚えておきましょう。

ゴールドにはさらに、大人が喜ぶ特典が

他にも様々な優待サービスが有るのですが、ここではその中から2つだけピックアップして紹介したいと思います。

  • ゴールド会員専用ウェブサイト「ゴールド・ダイニング by 招待日和」:国内外の約200店舗の提携レストランで、所定のコースを2名以上で予約すると1名分コース料理代が無料になる
  • 通常年会費295米ドルかかる「プリファード・ゴルフ」プログラムに無料登録:世界70ヶ所以上の提携ホテルに2泊以上宿泊すると、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代1名分が無料になる
  • 国内外の対象ホテルで、2名以上で食事をすると1名無料
  • 会員サイトからレンタカーやホテルを予約すれば、ポイントが2倍

グリーンカードと同じく、ゴールドカードも女性からの人気が最も高かったことが独自アンケートで明らかになりました。やはり、アメックスブランドのステータスの高さが分かります。

参考記事30代女性が選んだ、デートで出てきたらかっこいいと思うゴールドカードランキング

グリーン、ゴールド、プラチナを一覧表

グリーンゴールドプラチナ
年会費(税抜)12,000円29,000円130,000円
海外旅行傷害保険最高5,000万円
利用付帯
最高5,000万円
旅行代金等の決済で+5,000万円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
利用付帯
最高5,000万円
旅行代金等の決済で+5,000万円

 

その2. 年収の基準を満たすこと

アメックス・プラチナカードの年会費は130,000円+税と、当然それなりの年収でなければ維持することはできないでしょう。そのため、取得する際にも年収が1つの基準になっていると思われます。

しかし、実際のところは年収500万円程度でも年間100万円以上利用している人の中に、プラチナカードを取得している人がいるのです。

そもそも、年収についてはカード申込時の自己申告の値がベースになっています。そのため、アメリカン・エキスプレスとしてもそこまで重視していないということかもしれません。それよりも、利用実績を見て「お金を使うことができる人かどうか」を重視しているわけです。つまり、1つの目安として年間100万円以上の利用があるかどうかはポイントになりそうです。

 

その3. 限度額申請を度々する

通常のクレジットカードには利用限度額が一律に設定されています。しかし、アメリカン・エキスプレスの利用限度額は一律にいくらと決まっていません。

ただし、海外旅行などで高額な限度額が必要になったときに、限度額申請をすることで利用限度額を上げることができるのです。(これは一時的な限度額アップですので、一定期間後には元に戻ります)

この限度額申請をするときに、最新の資産情報などを連絡する必要があり、それが承認されて利用限度額が上がれば、それだけ信用を得ることにつながります。

この信用の積み重ねが「カードのグレードアップをしても大丈夫な人」という印象をアメリカン・エキスプレスに与え、インビテーションの来る可能性が上がるのです。

 

審査基準はあくまでも非開示

アメックスのインビテーションの基準はなんと非公開です。(当然といえば当然ですが)

ただし、少し前の記事になりますがアメックスの副社長のインタビューにそのヒントが隠されているように感じました。それが下記のフレーズです。

回あたりの決済が高額かどうかは、よりプレミアムなカードをお持ちいただく上で、それほど重要じゃないのです。むしろ、フリークエンシー(接触頻度)の方が重要だと考えています。

例えばですが、1カ月に1度だけ50万円の決済をするお客様と、1回あたりは数千円の決済でも生活全般で(アメリカン・エキスプレスカードを)お使いいただけているお客様がいたとしたら、我々にとって大切なのは後者のお客様です。

アメリカン・エキスプレスは’生活の一部’になりたい(Biz誠)より

アメックス社では1回の決済額よりも利用回数を重視しているらしく、コンビニやちょっとしたショッピングの支払いをアメックスに集中させている顧客のほうが優良顧客とみなされると捉える事もできます。

月々の支払いを1枚のカードに集約してしまえばコンスタントに決済を積み重ねることができるため、高い買い物をせずともインビテーションに近づくことになるかもしれません。とはいえ、ある程度の年間利用額や属性情報(年収や就労先の安定度など)全てを加味した上で、インビテーションの送付リストに名を連ねるかどうかが決まりますので、まずはグリーンカードもしくはゴールドカードで利用実績を積んでいくしかないでしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みページ

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの申し込みページ

 

利用実績がなくても申し込めるアメックスブランドのプラチナカード2選

ただし、世の中にはインビテーションがなくても、通常の申込受付をしているアメックスブランドのプラチナカードが存在します。例えば、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードやMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードがそれに当たります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、名前に「ビジネス」と入ってはいますが、誰でも申し込むことが出来るプラチナカードです。

年会費は20,000円+税と、プラチナカードの中ではかなり安い部類に入るでしょう。しかも、年間200万円以上のショッピング利用があれば、翌年度の年会費はさらに半額の10,000円+税になります。もしかしたら、プラチナカードのなかでも、年会費は最安値かもしれません。

本家に劣らない付帯保険

付帯保険は、旅行保険・ショッピング保険ともに充実しています。国内外の旅行傷害保険は自動付帯で、 国内旅行傷害保険は最高5,000万円の補償、海外旅行傷害保険は最高1億円の補償になっています。

特に海外旅行で利用頻度の高い「傷害治療費用」と「疾病治療費用」が最高300万円と手厚くなっているのが嬉しい所です。

ショッピング保険も購入から120日間は最高300万円まで補償してくれるので、万が一の時にも安心です。

「Premium Hotel Previllage」で極上のひとときを

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード固有の優待サービスに、「Premium Hotel Previllage 」があります。

コンシェルジュデスクかインフォメーションセンターを通じて事前予約をすると、ザ・リッツ・カールトン東京やヨコハマグランドインターコンチネンタルなどの、有名ラグジュアリーホテルの優待を受けることが可能です。プラチナカードらしい豪華な優待サービスを楽しむことができます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの申込条件

肝心の申し込み条件ですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはプラチナカードの中でも審査基準が厳しくないとされています。(ちなみに、私は25歳の時に年収400万円、勤続年数1年未満で持つことが出来ました

安定的な収入がある人であれば、どなたでも手に入る可能性があると言えるでしょう。もちろん勤続年数が長かったり、クレジットヒストリーが良かったりと審査に通りやすい条件はあると思いますが、あまり気にしなくて良いでしょう。(延滞履歴などは論外)

ぜひセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを手にして、プラチナカードホルダーになってください。

>> 公式サイトで確認する <<

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナAMEXカード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、三菱UFJニコスが発行しているプラチナカードで、年会費はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードと同じく20,000円+税です。

このプラチナカードもコストパフォーマンスが良く、インビテーションが必要ないということもあって、人気の高いプラチナカードの1つです。

負けず劣らずの付帯保険

国内外の旅行傷害保険が自動付帯しており、補償金額は最高で5,000万円です。海外旅行傷害保険に関していえば、旅行代金等の決済に利用することでさらに5,000万円を上乗せした最高1億円の補償にすることが出来ます。

また、飛行機が遅延したり、飛行機に預けた手荷物が遅れたりすることによって、想定外の出費が発生した場合でも、最大2万円まで補償してくれます。ショッピング保険も最大300万円まで補償してくれるので、あらゆる「万が一」の時に頼れるカードであると言えるでしょう。

ニコスのプラチナ・コンシェルジュサービス

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード固有の優待サービスにプラチナ・コンシェルジュサービスがあります。国内外どこでも24時間365日対応してくれるのは当然として、世界中どこから電話をしても、日本語で対応してくれるのは嬉しいのではないでしょうか。

国内外のレストラン・宿泊施設の予約や、海外のミュージカルチケットの手配など、様々な要望に応えてくれます。満室ですと断られたホテルでも、コンシェルジュサービス経由で申し込めば、プラチナ会員用に確保してある部屋が利用できることもあるなど、利用しない手はないサービスになっています。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの申込条件

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込み条件は「20歳以上で安定した収入があること」です。通常のプラチナカードでは、年齢制限がもう少し厳しい場合が多いので、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは比較的審査基準のハードルが低いと言えるでしょう。

ある程度の年齢・勤続年数・社会的な信用があれば、審査を通過することは可能だと思われますので、若いうちからプラチナカードを持ちたいという人にはオススメのプラチナカードです。

>> 公式サイトで確認する <<

 

プラチナカード選びのポイントは「優待サービスの内容」

アメックス・プラチナカードに関してはインビテーションが届かないと比較のしようがありませんが、同じプラチナカードでもそれぞれの個性派全く異なります。たとえば、ざっくりと分類分けしてみると下記のようなイメージになると思います。

  • 利用場所が主に国内:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードかMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
  • 利用場所が主に海外:アメックス・プラチナカード

特に、アメックス・プラチナカードは海外で利用(旅行サービス含む)しないと、その良さが十分に引き立ちません。プラチナカードの入会を考えるときは、自身の利用状況を踏まえて一度検討スべきなのかもしれませんね。

おまけ

プラチナカードを持つとしたら、財布も少しこだわってみませんか?プラチナカードを持つ人ならば、こだわりはブランドよりも革だと思います。

以前にコスパの良い革財布をまとめて紹介しておりますので、時間のある方は併せて参考にしてください。

参考記事予算1万円以下でも高級感ある革財布特集

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑