アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、マイルが無期限&高還元&自由自在で最強の航空系クレジットカード!?徹底的に比較・解説!


アメックスには、航空会社と提携するなどしてマイルが貯まりやすくなっているカードがいくつかありますが、その中でもアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、特にマイルが貯まりやすいカードと言えます。

そこで今回は「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」とその上級カードである「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアカード」に関して徹底解説していきたいと思います。

なお以下の文では、カードのそれぞれの名称を以下のように統一させていただきます。

  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード→スカイアメックス
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアカード→スカイアメックスプレミア

好きなテーマから読む

スカイアメックスとは

まずは、スカイアメックスの基本スペックから確認していきましょう。

スカイアメックス基本スペック

スカイアメックスの基本スペックは以下のようになっています。

年会費(税抜)10,000円
追加カード年会費(税抜)5,000円
海外旅行傷害保険最高3,000万円補償(※)
国内旅行傷害保険最高2,000万円補償(※)

※適用条件は利用付帯
スカイアメックスの一番の売りであるマイルの貯めやすさ等に関しては、後ほど詳しく説明します。

アメックスの航空系クレジットカードは何が違う?

アメックスには、スカイアメックス以外にも航空系のクレジットカードが何枚もあります。
スカイアメックスも含め、アメックスの航空系クレジットカードにはそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。

まずは、スカイアメックス以外のアメックスの航空系クレジットカード4枚のカードスペックを簡単に比較してみましょう。

対象カードは次の4枚です。

  • デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
  • ANA・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費
(税抜)
マイル還元率(※)ボーナスマイル海外旅行傷害保険
デルタ・スカイマイル
アメリカン・エキスプレス
カード
12,000円100円=1マイル入会:5,000マイル
継続:2,000マイル
最大5,000万円
(利用付帯)
デルタ・スカイマイル
アメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
26,000円100円=1マイル入会:8,000マイル
継続:3,000マイル
最大5,000万円
(児童付帯)
最大1億円
(利用付帯)
ANA・アメリカン
エキスプレス・カード
7,000円100円=1マイル入会:1,000マイル
継続:1,000マイル
最大3,000万円
(利用付帯)
ANA・アメリカン
エキスプレス・ゴールド
カード
31,000円100円=1マイル入会:2,000マイル
継続:2,000マイル
最大5,000万円
(児童付帯)
最大1億円
(利用付帯)

※ショッピング利用時

それぞれの特徴は?

ANA2種類、デルタ2種類のカードスペックを上表に示しましたが、ANA・デルタ・スカイトラベラーそれぞれのアメックスにはどのような特徴があるでしょうか。
それぞれについて特徴を簡単にまとめました。

デルタ→デルタ航空とアメックスが提携して発行されたクレジットカード

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードは所有するだけでデルタ航空のシルバーメダリオン会員の資格(ゴールドカードの場合はゴールドメダリオン会員の資格)を得ることが可能。

ANA→ANAとアメックスが提携して発行されたクレジットカード

ANA・アメリカン・エキスプレス・カードは、ANAとの提携店で利用するとポイントが貯まりやすくなったり、ANAグループで利用すると10%オフになったりと、ANAグループ利用時のメリットが盛りだくさん。

スカイトラベラー→上記2つとは異なり、特定の航空会社と提携して発行されたクレジットカードではない

対象航空会社(後述)の便を利用すれば、通常の3倍のポイントが得られるので臨機応変な利用が可能。

スカイアメックスは「普段から飛行機に乗る人」が「マイルをガッツリ貯めたい」ときのためのカード!

上記でも軽く触れましたが、スカイアメックスの一番の特徴は「特定の航空会社との提携カードではない」ということ。

ANAアメックスであれば普段からANAを利用する人、デルタアメックスであればデルタ航空やスカイチーム加盟の航空会社をよく利用する人が利用ターゲットとなりますが、スカイアメックスの利用ターゲットは「普段からよく飛行機に乗る人」全員と言えます。

対象航空会社を利用するときにはポイントが3倍貯まるので、飛行機をよく利用する人であれば誰にでもポイント(=マイル)をガッツリ貯めるチャンスがあることになります。

もちろん、ANAやデルタ航空をよく利用する人でもANAアメックスやデルタアメックスではなく、スカイアメックスを選ぶという選択肢もあり得るでしょう。

スカイアメックスが優れている3つのポイント


アメックス系列のカードに限らず、他の航空系クレジットカードを含めて比較しても、スカイアメックスは3つのポイントで優れていると言えます。

1.「ポイントの貯まりやすさ」

通常利用でも100円で1ポイントを貯めることができるため十分と言えますが、対象航空会社で利用する場合は100円で3ポイントという破格の還元率を実現することが可能です。

特別な制約無しにポイント(=マイル)還元率3%のカードというのは他に類を見ません。

2.「マイルの使いやすさ」

貯めたポイントは有効期限が無期限のため、じっくり腰を据えてポイントを貯めて特典航空券と交換することが可能です。

また、特典航空券を交換する航空会社は自由であるため、その時その時に応じて最適な航空会社の特典航空券を選べる使いやすさは非常に魅力的です。

3.「トラベルサービスの良さ」

アメックスのカードは充実したトラベルサービスが付帯していることで有名ですが、それはもちろんスカイアメックスにも当てはまります。

充実した付帯保険や海外で利用できる日本語サポートのサービス、ラウンジ利用をはじめとしたさまざまな空港サービスなど、海外旅行や海外出張が多い人垂涎のサービスを多数利用することが可能です。

 

その前に、いまさら聞けないマイルの貯め方・使い方


スカイアメックスについて掘り下げた説明を行っていく前に、「そもそもマイルってどうやって貯めるの?使うの?」という基本的な部分を軽くおさらいしておきましょう。

マイルについてしっかり分かっておけば、スカイアメックスがいかに優れたカードであるかということがより理解しやすくなりますよ。

マイルの貯め方

まずはマイルの貯め方に関してです。

基本は飛行機に乗って貯める!

マイルとは距離の単位であり、1マイル=約1.6kmです。

しかし先ほどから「マイルを貯める」とか「マイルを交換する」というような表現がなされているように、クレジットカードが絡む文脈では、マイルとは「飛行機に乗って移動した距離に応じて貯めることのできるポイント」というような意味で利用されています。

ですから、マイルのもっとも基本的な貯め方は「飛行機に乗る」ことになります。

クレジットカードのポイントをマイルに替える

もしマイルの貯め方が飛行機に乗ることだけだとするならば、多くの人にとって、マイルとは「ほとんど貯まることのないポイント」と化してしまいます。

しかし、多くのクレジットカードではカード決済時に貯まるポイントをマイルに交換することが可能になっています。
そのため、飛行機に乗らずともクレジットカードを利用することでマイルを貯めることが可能なのです。

また一部のカードでは、決済時にポイントとは別にマイルが直接貯まるような仕組みになっているものもあります。

マイルの使い方・注意したいポイント

続いては、貯まったマイルの使い方です。

マイルは航空券に換えるのが一番お得

マイルは色々な対象商品と交換できますが、マイルを貯める目的はほぼ「特典航空券と交換するため」と言っても過言ではありません。

特典航空券を含む色々な商品のマイル交換レートを比較していけば、特典航空券と交換する場合のレートが非常に優遇されていることが分かるでしょう。

もちろん他の商品と交換するのも悪くはないのですが、特典航空券と交換できるほどのマイルを貯めている状態で他の対象商品を優先するメリットがあるかと言われると、少々疑問符が付いてしまいます。

マイルには有効期限がある

クレジットカードで貯めることができるポイントには有効期限がありますよね。
それと同じように、マイルにも有効期限があります。

せっかく貯めたマイルですから、有効期限をきちんと把握して失効してしまう前にできれば特典航空券と交換したいところです。
どうしてもポイントが失効してしまう前に特典航空券分のマイルを貯めることができない場合であれば、その他の商品と交換するのもやむなし、といったところでしょうか。

アライアンスが違うマイルは使うことが出来ない

そしてマイルを貯めるときに1つ注意しておかなければならないのは、今まで単純に「マイル」という言葉を用いて説明してきましたが、実はマイルには航空会社や航空会社が所属するアライアンスによって何種類もの種類があるということです。

アライアンスとは航空会社同士が提携したグループのことで、同一アライアンス内の航空会社ではマイレージサービスや乗り換えサービスが円滑に行われるような便宜が図られています。

日本の航空会社を例に出すと、ANAとJALはそれぞれ別のアライアンスに加盟しているため、ANAの飛行機やANAの提携カードを利用することで貯めたマイルをJALの特典航空券と交換することはできません。

クレジットカードでもアメックスのカードで貯めたポイントを、VISAポイントの交換商品と交換することはできませんよね。
そのように考えていただけると分かりやすいと思います。

 

マイル還元率最大3%!スカイアメックスはポイント・マイルが貯めやすい


マイルの貯め方・使い方に関して簡単に説明を終えましたので、ここからはスカイアメックスに関する説明を行っていきましょう。

メンバーシップ・リワード・プラスが自動付帯で通常還元率1%!

アメックスのポイントプログラムはメンバーシップ・リワードと呼ばれるものですが、実はこのポイントプログラムでは100円=1ポイント(≒1マイル)の還元率は実現できません。

アメックスのカードを100円=1ポイントの還元率で利用するためには、メンバーシップ・リワード・プラスと呼ばれる上位プログラムに加入する必要があるのですが、そのためには年会費が3,000円(税別)必要になります。

しかし、スカイアメックスのメリットの1つはこのメンバーシップ・リワード・プラスが自動付帯していること。
年会費を支払うことなく還元率1%の恩恵を受けることが可能なのです。

提携会社の航空券購入でポイント3倍!スカイ・トラベラー3倍サービス

通常利用であれば100円=1ポイントが貯まるのがスカイアメックスですが、スカイ・トラベラー3倍ボーナスと呼ばれるサービスを利用することで、100円で3ポイントを貯めることが可能になります。

スカイ・トラベラー3倍ボーナスとは、対象航空会社の航空券や対象旅行代理店の指定旅行商品を購入することで付与ポイントが3倍になるサービスで、マイルを貯めるという観点でスカイアメックスを最強のクレジットカードたらしめているサービスとも言えるでしょう。

3倍サービスの利用方法・選べる航空会社

なお、対象旅行代理店は日本旅行とアップルワールドの2社で、対象航空会社は以下の28社です。

  • アシアナ航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • ヴァージン アトランティック航空
  • エア タヒチ ヌイ
  • ANA
  • エールフランス航空
  • エティハド航空
  • エバー航空
  • エミレーツ航空
  • オーストリア航空
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック航空
  • KLMオランダ航空
  • シンガポール航空
  • スイス インターナショナル エアラインズ
  • スカンジナビア航空
  • スターフライヤー
  • タイ国際航空
  • 大韓航空
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • JAL
  • バニラエア
  • フィリピン航空
  • フィンランド航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • ルフトハンザ ドイツ航空  (五十音順)

スカイ・トラベラー3倍ボーナスが適用されるためには、上記28社いずれかの航空会社の航空券を円建てで航空会社のウェブサイトなどから直接カードで購入するか、対象旅行代理店2社の指定旅行商品を円建てで旅行代理店のウェブサイトや店舗から直接カードで購入する必要があります。

多彩なボーナスポイント特典

また、さまざまな条件でボーナスポイントが付与されるのも、スカイアメックスの魅力の1つです。

入会ボーナス

まずはスカイアメックスのカードを発行するだけで、入会ボーナスとして3,000ボーナスポイント(=3,000マイル)が付与されます。

初回の年会費を指定の期日までに支払えば、年会費の支払いが確認された後にボーナスポイントが加算されるので、年会費の支払い遅れだけは注意しておきましょう。

ファーストトラベル・ボーナス

入会後1年以内に、対象航空会社の航空券や対象旅行代理店の指定旅行商品をカードで購入することで、初回に限り5,000ボーナスポイントが付与されます。

つまり入会ボーナスと合わせると、1年目だけで8,000ポイントものボーナスポイントが付与されることになります。

ご継続ボーナス

また、毎年カードを更新するたびに1,000ポイントのボーナスポイントが付与されます。入会ボーナスやファーストトラベル・ボーナスほどのインパクトはありませんが、毎年自動で1,000ポイントが付与されるのはありがたいですね。

普段から飛行機に乗る人ほど、ポイントを貯めやすい!

マイルを貯めやすいと言われるクレジットカードには、大きく分けて普段使いでマイルを貯めるチャンスが多数あるクレジットカードと、飛行機利用時に加算されるポイント(=マイル)が優遇されているクレジットカードの2種類あり、スカイアメックスは完全に後者のカードです。

前者のようなカードを活用して、飛行機に乗らずともマイルをうまく貯めて特典航空券と交換するような人を、一般的に「陸マイラー」と呼びますが、スカイアメックスは陸マイラー向きのカードではありません。

あくまで普段から飛行機利用が多い人が、よりマイルを貯めやすくするためのクレジットカードだと言うことができます。

ポイントをマイルに交換しやすい、使いやすい!


仮に、ポイントを貯めやすくても貯めたポイントをマイルに交換しにくかったり使いにくかったりするようでは、カードの魅力は半減してしまいます。
しかしスカイアメックスでは、そのような心配は無用です。

一度でも交換すれば、ポイントが無期限

スカイアメックスのポイントは、一度でも交換すればポイントが無期限という点。

そのため、有効期限が近づいて焦ってポイントを使い切ろうとしたり、無理やりポイントを貯めようとして無駄な出費がかさむようなことになったりといった心配がありません。

スカイアメックスは提携している15社間のマイルをスムーズに移行可能

スカイアメックスのポイントは、提携している15社のマイレージプログラムでのマイルへと変換することが可能です。
スカイ・トラベラー3倍サービスで挙げた28社全てのマイルへと変換できるわけではないので注意が必要です。

ポイントを交換できるマイレージプログラムは以下の通りです。

  • ANAマイレージクラブ
  • SASユーロボーナス
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • エグゼクティブ・クラブ
  • アリタリア イタリア航空
  • クラブ・ミッレミリア
  • エティハド航空
  • エティハド ゲスト
  • エミレーツ航空
  • エミレーツ・スカイワーズ
  • エールフランスKLM
  • フライング・ブルー
  • カタール航空
  • プリヴィレッジクラブ
  • シンガポール航空クリスフライヤー
  • タイ航空
  • ロイヤルオーキッドプラス
  • ヴァージンアトランティック航空
  • フライングクラブ
  • デルタ航空
  • スカイマイル
  • フィンエアー
  • フィンエアー・プラス
  • アジアマイル
  • チャイナエアライン
  • ダイナスティ・フライヤー・プログラム

なお、ANAマイレージクラブへポイントを移行するためには、別途参加登録費として年間5,000円(税抜)が必要になります。

マイル以外にも交換先は豊富!

マイルを貯めることのできるクレジットカードの場合だと、貯まったマイルの交換先はほとんどが特典航空券となりますが、スカイアメックスではマイルはあくまで貯まったポイントの交換先の一候補です。

もちろんマイルに交換するのがかなりお得なことは間違いありませんが、その他にも多数の魅力的な交換先が用意されています。
メンバーシップ・リワード カタログに掲載されているグルメや家電と交換するもよし、ポイントを消費することで参加できるイベントに参加するもよし、はたまたカードの支払い分をポイントで相殺するもよしと、色々な使い道があります。

これだけ色々な選択肢が用意されていると、ポイントを何に交換するか嬉しい悩みで頭を抱えてしまいそうですね。

 

ANAマイルの貯まりやすさ・使いやすさを「ANA系カード」と比較

日本の航空会社の中で、多くの提携クレジットカードを発行しているのはANAです。

スカイアメックスでもマイルの交換先としてANAマイルは候補にありますが、普段からANAを利用することが多い人にとって、ANAの提携クレジットカードを利用するのかスカイアメックスを利用するのかどちらがお得なのでしょうか。

マイルの貯まりやすさや使いやすさに重きを置き、スカイアメックスとANA系カードを比較してみました。
比較対象カードはANA VISAカードとANA VISAワイドゴールドカードです。

スカイアメックスANA VISAカードANA VISAワイド
ゴールドカード
年会費
(税抜)
10,000円2,000円14,000円
マイル還元率100円=1マイル100円=1マイル100円=1マイル
有効期限無期限最長3年最長3年
移行手数料無料
ANAのみ年間5,000円(税抜)
5マイルコース:無料
10マイルコース:年6,000円(税抜)
無料
ボーナスマイル入会:3,000マイル
継続:1,000マイル
1stトラベル:5,000マイル
入会:1,000マイル
継続:1,000マイル
フライト:区間マイレージ+10%
入会:2,000マイル
継続:2,000マイル
フライト:区間マイレージ+25%

 

スカイアメックスは航空券購入で3倍・ポイント無期限が強い!

上表でのマイル還元率は最も一般的な場合での還元率となっていますが、スカイアメックスの場合、指定航空会社の航空券を購入している限りは実質的にマイル還元率3.0%で利用することが可能です。

また、スカイアメックスはANAマイルに移行することを考えると実質的な年会費が15,000円(税抜)となりますが、それでもANA VISAワイドゴールドカードとほぼ同じ年会費となります。

それでいてポイント(マイル)の有効期限は無期限なわけですから、貯めやすさ・使いやすさ共に頭一つ抜けているという印象を受けますね。

 

アメックスならでは!安心のトラベルサービス


また、スカイアメックスにはマイルの貯めやすさ・使いやすさ以外にもう1つ大きな利点があります。
それはアメックスのカードであるがゆえのトラベルサービスの充実度。

さすがにアメックスのプロパーカードと比較してしまうと少し見劣りはしますが、マイルが貯まりやすいとされる他の航空系クレジットカードと比べると十分な内容となっています。

空港ラウンジ

トラベルサービスの代表格とも言える空港ラウンジサービスですが、スカイアメックスを利用当日の搭乗券と一緒に提示することで、国内外30カ所の空港ラウンジを利用することが可能になります。

カードの所有者だけでなく同伴者も1名まで無料で利用できるのも嬉しいポイントですね。

手荷物無料宅配

海外旅行に行った帰りというのは、現地で買ったものやお土産でスーツケースがパンパンになり、行きに比べて重くなっているのが常です。

スカイアメックスの会員であれば、成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港限定で、カード会員1人につきスーツケースを1個無料で自宅まで配送してくれます。

重い荷物から解放されて身軽な状態で帰宅することが可能です。

グローバル・ホットライン

海外旅行先で夕食のお店を探したい場合や、トラブルに巻き込まれた場合など、さまざまな場合に24時間365日いつでも日本語でのサポートを行ってくれるのがグローバル・ホットラインです。

現地の言葉に不慣れな場合に日本語でサポートを行ってもらえるのは、非常に安心できるサービスと言えるでしょう。

旅行傷害保険・航空便遅延費用補償

付帯している海外旅行傷害保険も、利用付帯で最高3,000万円の補償となっているため、スカイアメックスで旅行代金の決済等を行っていさえすれば最低限の補償を受けることが可能です。

補償内容に不安がある部分は、適宜別の補償でカバーするようにしましょう。
また、航空便遅延費用補償も付帯しているため、航空便が遅延したことによって余分に発生した宿泊料金や食時代に関しても補填してもらうこともできます。

あらゆる方面で安心を提供してくれるカードと言えますね。

旅行に役立つ優待サービス

上記サービス以外にも、海外用のレンタル携帯電話の貸し出しや国内の旅行先で利用できるカーシェアリングサービスなど、かゆい所に手が届くサービスが多数付帯しています。

 

トラベルサービスを他の航空会社系クレジットカードと比較!

では、これらのトラベルサービスを他の航空系クレジットカードのトラベルサービスと比較してみましょう。
比較対象カードは、ANA VISA ワイドゴールドカード、JALカード CLUB-Aゴールドです。

スカイアメックスANA VISAワイド
ゴールドカード
JALカード
CLUB-Aゴールド
年会費
(税抜)
10,000円14,000円16,000円
付帯保険国内:最高2,000万円
海外:最高3,000万円
(国内外とも利用付帯)
国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円
(国内外とも自動付帯)
国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円
(国内外とも利用付帯)
空港
ラウンジ
国内外30空港のラウンジを
同伴者1名まで
無料で利用可能
国内28空港のラウンジを
利用可能
同伴者は使用料が必要
国内外29空港のラウンジを
利用可能
同伴者は使用料が必要
その他
トラベルサービス
グローバル・ホットライン
手荷物無料宅配 等
ビジネスクラス専用チェックイン
レンタカー割引 等
ビジネスクラス専用チェックイン
空港店舗・免税店割引 等

 

スカイアメックスは空港ラウンジ同伴者1名も無料がうれしい!

こうして比較してみると、スカイアメックスに付帯している旅行傷害保険は自動付帯か利用付帯かということに加えて、補償金額の面でも他の2枚に少し見劣りしてしまいます。ただし、空港ラウンジが同伴者1名まで無料で利用可能な点は他の2枚にはないメリットです。

日本語サポートサービスや手荷物の無料宅配などのトラベルサービスの面で、十分差別化は行えていると言えるでしょう。

 

スカイアメックスプレミアはスペックがさらに強化!

さて、ここまではスカイアメックスを中心に説明を行ってきましたが、スカイアメックスの上位カードにはスカイアメックスプレミアというカードがあります。

ここからは、スカイアメックスとの比較を行いながら、スカイアメックスプレミアの説明を行っていきましょう。

スカイアメックスとスカイアメックスプレミアを簡単比較

違いを分かりやすくするために、スカイアメックスとスカイアメックスプレミアのカードスペックを以下の表にまとめました。

スカイアメックススカイアメックス
プレミア
年会費
(税抜)
10,000円35,000円
マイル
還元率
10,000円35,000円
ボーナス
マイル
入会:3,000マイル
継続:1,000マイル
ファーストトラベル:5,000マイル
入会:5,000マイル
継続:5,000マイル
ファーストトラベル:10,000マイル
その他スカイ・トラベラー
3倍ボーナス
スカイ・トラベラー
5倍ボーナス

 

スカイトラベラー3倍サービスが「5倍」に進化!

スカイアメックスとスカイアメックスプレミアを比較すると、スカイアメックスプレミアのほうがさまざまな点でグレードアップしていることがお分かりいただけると思います。その中でも特に注目すべきはスカイ・トラベラーボーナスの倍率が3倍から5倍になっていること。

つまり、スカイアメックスは指定航空会社の便を利用することで還元率3.0%のカードとして利用することが可能でしたが、スカイアメックスプレミアの場合は驚きの還元率5.0%のカードとして利用することが可能になります。

年会費もそれ相応に高額になっていますが、飛行機利用が多い人であればその元を取るだけのマイルを貯めることは十分可能と言えるでしょう。

ボーナスポイントも増量

ボーナスポイントもスカイアメックスと比較するとかなり増量されています。
単純にサービスとしてもらえるマイルが11,000マイルも増量されているわけですから、非常にありがたいですよね。

旅行傷害保険・プロテクションも強化されて、さらに安心

スカイアメックスを他の航空系クレジットカードと比較した際に、多少見劣りがしていた付帯保険の内容ですが、スカイアメックスプレミアではその弱点もしっかり補強されて、他の航空系クレジットカードと比較しても見劣りのしない内容となっています。

スカイアメックス唯一と言ってもいい弱点がカバーされたわけですから、まさに鬼に金棒と言えるでしょう。

また、スカイアメックスプレミアではスカイアメックスに付帯していた種々のプロテクションも強化されています。

スカイアメックスにはオンライン・プロテクション、ショッピング・プロテクションという2種類のプロテクションが付帯していますが、スカイアメックスプレミアではそれらに加えてリターン・プロテクションとキャンセル・プロテクションが付帯しており、より安心に利用できる体制が構築されています。

 

スカイアメックスプレミアと他のゴールドカードを比較

ではスカイアメックスプレミアと他のゴールドカードを比較してみましょう。

比較対象カードは、ANAワイドゴールドカード、ANAダイナースクラブカード、アメックス・ゴールド、ANAアメックス・ゴールドです。

スカイ
アメックス
プレミア
ANA
ワイド
ゴールドカード
ANA
ダイナース
クラブカード
アメックス
ゴールド
ANA
アメックス
ゴールド
年会費
(税抜)
35,000円14,000円27,000円29,000円31,000円
家族カード
年会費
(税抜)
17,500円4,000円6,000円12,000円15,500円
マイル
還元率
100円=1マイル100円=1マイル100円=1マイル100円=1マイル100円=1マイル
付帯保険国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円
(国内外とも利用付帯)
国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円
(国内外とも自動付帯)
国内:最高1億円
海外:最高1億円
(国内外とも利用付帯)
国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
(国内外とも利用付帯)
国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
(国内外とも利用付帯)
ボーナス
マイル
入会:5,000マイル
継続:5,000マイル
1stトラベル:10,000マイル
入会:2,000マイル
継続:2,000マイル
フライト:区間マイレージ+25%
入会:2,000マイル
継続:2,000マイル
フライト:区間マイレージ+25%
無し入会:2,000マイル
継続:2,000マイル
フライト:区間マイレージ+25%

アメックス・ゴールドは航空会社との提携カードや、マイルを貯めることを意図しているカードではないため、ボーナスマイルの設定はありません。

その点を除けば、どのカードもゴールドカードらしいハイスペックな仕様となっています。
生活スタイルや利用する機会の多い航空会社がANAかどうか等によって、どのカードを利用するかを決定するといいでしょう。

 

マイルは貯めやすいが…スカイアメックスのデメリットとは


ここまではスカイアメックスのメリットばかりに着目して説明を行ってきましたが、最後にスカイアメックスのデメリットについても触れておきましょう。

普段から飛行機に乗らない人には年会費が高め

スカイアメックスの真価は、指定航空会社で航空券を購入することで発揮されます。
つまり、普段あまり飛行機に乗らない人が利用しても、スカイアメックスの性能を最大限には発揮できないということ。

付帯サービス等まで含めて考えるとコストパフォーマンスのいいクレジットカードではありますが、飛行機に乗らない人が10,000円の年会費(スカイアメックスプレミアなら35,000円)を支払ってまでわざわざ選ぶカードではないと言えるでしょう。

ANAのフライトボーナスマイルが付かない

上表の比較でも分かるように、ANAと提携しているカードを利用している場合、飛行機を利用する度に区間マイレージに応じたボーナスマイルが付与されますが、スカイアメックスではそういったボーナスマイルは付与されません。

その分はスカイ・トラベラー3倍・5倍ボーナスで十分カバーが可能ではありますが、ANAのフライトボーナスマイルが欲しい場合には、ANAと提携しているカードとの二枚持ちも検討しなければなりません。

他の高スペックなカードに比べると付帯サービスが弱い

スカイアメックスは、カードスペックを「マイル関連」に全振りしているため、その他の付帯サービスは他の高スペックカードと比較すると少々見劣りしがちです。

特にスカイアメックスプレミアと他のゴールドカードを比較すると、ANAダイナースクラブカードは国内・海外ともに最高1億円の補償が受けられる傷害保険が付帯していますし、アメックス・ゴールドではプライオリティ・パスのスタンダード会員に無料で登録することが可能です。

こういった付帯サービス面での「売り」が少ないのは、スカイアメックスの欠点とも言える部分です。

あくまでも飛行機に乗ってマイルを貯めたい人向けのカード

しかし、一枚のカードで何でもかんでも実現できるなどとそんなおいしい話なんてないのが当然ですよね。

クレジットカードの機能として何を求めるか・何を優先するかということを考えて、利用するクレジットカードを取捨選択するのが普通でしょう。

そういった観点でいけば、スカイアメックスはあくまでも「飛行機に乗る機会が多いため、飛行機に乗る際にできるだけ多くのマイルを貯めたい」と思っている方が選ぶべきカードだと言えます。

 

色々な航空会社でマイルを貯めるならスカイアメックス

これ1枚あれば何にでも対応できるという万能カードではありませんが、指定航空会社で航空券を購入することで3倍もしくは5倍もポイントを貯めやすくなるという尖った性能が特徴なので、繰り返しにはなりますが、飛行機利用が多く飛行機に乗ることでマイルを貯めたいと思っている方にはぜひ検討してほしいカードとなっています。

飛行機には乗るけれど、マイルよりも充実した付帯サービスのほうを優先したいという方であれば、スカイアメックス以外のアメックスカードを選んだほうがいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

VISA

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込み前に審査落ちしないために気をつけるポイント

三井住友系列ということで、信頼性が高く人気カードの1枚となっています。なかでも三井住友VISAデ

記事を読む

プライオリティ・パス

「プライオリティ・パス」って何?その概要や無料で持てる方法まで一挙ご紹介!

ワンランク上のクレジットカードを持っている人は知っている、「プライオリティ・パス」。 今、頭にはて

記事を読む

アコム長居むじんくんコーナーでACマスターカードを即日発行するまでの完全ガイド

長居駅は、大阪府大阪市住吉区長居東四丁目にあり、西日本旅客鉄道(JR西日本)・大阪市営地下鉄の駅で、

記事を読む

アコム渋谷南口桜丘むじんくんコーナーでACマスターカードを即日発行するまでの完全ガイド

渋谷駅には今や渋谷のシンボル的存在になった「渋谷ヒカリエ」があります。渋谷駅東口に位置する東急文化会

記事を読む

アコム日暮里むじんくんコーナーでACマスターカードを即日発行するまでの完全ガイド

日暮里駅(にっぽりえき)は、東京都荒川区西日暮里二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京成電鉄

記事を読む

アメリカン・エキスプレス・カード 比較
申し込み前にあなたにおすすめのアメックスがわかる!!アメリカン・エキスプレス・カード23種を徹底比較・解説!

ステータスカードの代名詞であるアメリカン・エキスプレス・カード

2015.08.01 Sat

ACマスターカードの完全ガイド
アコムACマスターカード完全ガイド!審査や評判、メリットとデメリットまとめ

ACマスターカードは三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムが、

2017.08.23 Wed

三井住友VISAエブリプラスは即日発行できる?最短発行方法などを紹介します

RJA1988 / Pixabay[/caption]三

2017.08.22 Tue

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は即日発行できる?審査スピードは?最短の発行手順と注意点

By: kuhnmi[/caption]JALマイレージバン

2017.08.18 Fri

旅行傷害保険だけじゃない!面白いクレジットカード付帯保険5選

クレジットカードって、現金派には無縁のモノだと思ってませんか?実はクレ

2017.08.09 Wed

一度は泊まってみたい東京都内のおすすめ高級ホテル15選!高級ホテルでのマナー&お得な宿泊方法付き

  誕生日や結婚記念日、恋人とのデート。 あなた

2017.07.25 Tue

もっと見る

PAGE TOP ↑