カードローン利用前に知っておきたい金利の相場や計算方法から各社比較まで徹底解説

カテゴリー:カードローン, カードローンの金利    

電卓

PDPics / Pixabay

急な出費に対応するためにカードローンを利用しなければならないこともあるかもしれません。今では即日融資が可能であったり、近くのコンビニで借入ができたりと非常に利便性が高くなってきました。

だからこそ注意しておきたいのがカードローンの金利です。お金を借りるためには必ず利息が発生しますね。何も理解しないまま借り入れをしてしまっては後でたくさんの利息を払うことになるかもしれません。

ここでは、金利の基礎的な知識を深ぼって徹底解説していきます。

まず抑えておくべきは法律上の上限について

お金の貸し借りでは、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が関係してきます。

利息制限法

利息制限法とは、お金の貸し借りの際に設定する利息の上限を定めた法律になります。これは銀行や貸金業者、そして個人間の貸し借りにも適用される内容になります。

上限金利は、元金が10万円未満であれば、年利20%まで。元金10万円から100万円未満であれば、年利18%まで。そして元金の借入が100万円以上である場合には年利15%までとなっています。大手の消費者金融の最高金利が年利18%となっているのは、元金貸付が10万円以上100万円未満の金利基準が基になっていることがわかります。

出資法

出資法を詳しく書くと「出資の受け入れ、預かり金及び金利等の取締に関する法律」となり、貸金業者を規制することを目的とした法律となっています。以前は上限利息の設定が29.2%となっていました。現在は、利息上限が利息制限法と同じ値に引き下げられているので年20%となりました。

貸金業者は、この出資法の上限を超えて貸し付けを行うと刑事罰で罰せられます。そのため、出資法を超えた貸付を行っている業者は違法の業者と判断できます。

グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とは、利息制限法の上限金利と出資法の上限金利が異なっていたことから生じた、利息制限法と出資法の上限の間にあたる金利になります。

このグレーゾーン金利での貸し付けは、利息制限法に違反していたにも関わらず、実際に行われていました。それは、「みなし弁済」といった方があったためです。

「みなし弁済」とは、出資法の上限金利以下であれば、利用者との任意性、書面性を満たしていれば貸付できるというものです。そのため、いまでは行政処分の対象となる利息制限法を超えた金利での貸し付けが行われていたのです。

グレーゾーン金利の見直しを行うきっかけは、2006年に利息制限法の上限を超える金利は違法との最高裁判断となります。また2008年のリーマンショックを経て、カードローン返済が難しくなる人が多く発生するに至り、ついに利息制限法と出資法の上限利率を一元化する法改正が実現しました。

これにより、グレーゾーン金利で支払った利息は法外の利息となるので、過払い金請求が可能になるということです。

 

金利の決まり方

貸付金額に応じて上限金利が決まることはご理解いただけたかと思います。貸金業者は、この上限金利の範囲内で、さらに個別に金利設定を行っています。

融資限度額が高い設定ほど金利は低くなる傾向にある

カードローンの金利ですが、各社が公表している数字には幅があるのをご存じでしょうか?3.0%~17%といったようにかなりの幅で表示させるケースもあります。

これは人によって「融資限度額」や「返済能力」などを元に決定されるからです。例えば、みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン)では、融資限度額ごとに細かく基準金利が設定されています。

利用限度額 基準金利
10万円以上100万円未満 14.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 9.0%
300万円以上400万円未満 7.0%
400万円以上500万円未満 6.0%
500万円以上600万円未満 5.0%
600万円以上700万円未満 4.5%
700万円以上7800万円未満 4.0%

 

銀行系カードローンではこのように公表されている場合が多いですが、消費者金融では細かく公表はされていません。しかし、金利設定に幅があることから融資限度額を基準に、返済能力を加味して決められていくことになるでしょう。

金利が低くなるにつれて審査も厳しくなると推測できる

上述したように融資限度額が高くなるほど、金利設定は低くなる傾向にあります。ということは、みんな高い融資限度額で契約を行えばいいのかと思いますがそうはいきません。

というのも消費者金融のみになりましが、総量規制により、貸付を行える上限額が個別に決められているからです。

総量規制により融資限度額は年収の3分の1までに制限される

消費者金融は個人に対して、年収の3分の1を超えての貸し付けを行ってはいけません。そのため、年収300万円の人は、100万円を超えての融資を受けることはできないのです。

銀行はこの総量規制の対象外となりますが、年収の3分の1を超えて貸し付けを行った場合に、貸し倒れのリスクはかなり高くなるため、同じような基準での融資限度額設定になるでしょう。

 

金利の計算方法を理解して無理のない利用を

金利が決定されたらあとは借り入れる期間が決まれば、利息の計算が可能です。

利息の計算方法

金利は実質年率での契約となりますが、利息は毎日かかってきます。そのため、金利を365日で割れば日割りでの金利が出てきます。その数値を借り入れた日数分かけ合わせれば、利息が算出できます。

例として、カードローンで30万円を金利13%、15日間借り入れて、一括返済した場合で計算してみます。

30万円×13%×15日÷365日=1,602円(小数点以下切り捨て)

この式の借り入れ額と金利を変更すれば、それぞれの契約内容での金利算出が可能になります。

 

なぜ金利は膨れ上がるのか

カードローンによって、債務整理を行うような事例もあります。人によるかとは思いますが、上記の数値だけを見れば、そんなことが起こり得るのかと疑問に抱く方もいるかもしれません。給料日に返済すると決めて30万円を借り入れて、もし1カ月借りても利息は3,000円程度ですから。

では、なぜ返せない状況になるのか。それは、返済方法(期間)と追加借り入れにからくりがあります。

カードローンの返済方法

カードローンの返済方式は大別するとリボルビング方式を採用しています。リボルビング方式は、毎月の最低金額を返済すれば、残りの借入残高は翌月以降へ繰り越せるといったものです。この最低返済金額は借入額によって決定されるものが多いのですが、総借入残高に対してそれほど大きくない数値になっています。

そのため、最低金額で返済を繰り返していくと、借り入れ期間が長期化していくわけです。長期化するということはその分利息もかさみます。そのため、思ったよりたくさんの利息を支払うようになるのです。

返済方法に追加借り入れが相まって…

カードローンを一時的に利用する場合は、返済できないような状況になることは少ないでしょう。返済できないといった人は、返済している期間に追加での融資を行ってしまう人です。

カードローンは最初に契約した融資限度額内であれば、何度でも借り入れを行うことが可能です。そのため、返済しているにもかかわらず、その返済額を超える借り入れを行ってしまうようなことを繰り返してしまうと借金が減らない状況になります。

重要なのは自分のキャッシュフローを理解すること

借り入れ期間内に再融資をしてしまうということは、すでに収支バランスが崩れています。支出に対して収入が追い付いていないのです。そういった人は融資に頼る前に、まずはご自身のキャッシュフローを見直しましょう。

なぜ毎月マイナスになるのか。無駄な支出はないのか。副業や業務時間を増やして収入を増やすことはできないか。それは整理してみてください。

そして、利息が発生するカードローンの利用を検討する前に、無利息や低金利で借りられそうな親族などをあたってみましょう。

カードローンの利用が決して悪いのではなく、利用目的や利用計画が明確でないまま利用してしまうことが良くないことです。それらを十分理解していれば、カードローンも生活を助けてくれるサービスになり得ます。

 

業種ごとによっての金利の傾向がある

話を金利の話に戻します。カードローンは大きく銀行系と消費者金融系にわかれ、それぞれに金利の

銀行系カードローンは金利が低め

一般的に銀行系のカードローンは、金利の設定が低めで、融資限度額は高めです。このことから、大きな借り入れを長期間行う場合には、銀行系を検討した方がよいでしょう。具体的なところを見ていきましょう。

カードローン名 金利
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 4.6%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン コンフォートプラン 3.5%~14.0%
楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9%~14.5%
イオン銀行 カードローンBIG 3.8%~13.8%

金利だけで見ると消費者金融は上限金利ギリギリ

一般的に消費者金融系のカードローンは、金利の設定が相対的に高めです。具体的なところで見てみましょう。

カードローン名 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.%
アイフル 4.5%~18.0%

 

各社100万円以下の上限金利ギリギリの設定になっていることがわかります。しかし、消費者金融には金利以外にメリットのある商品を展開しています。

それは、即日融資や無利息期間です。どうしてもすぐにお金が必要な場合に重宝しますし、無利息期間を有効活用することで、無利息での融資も可能になります。急ぎの融資や短期間融資の場合は、消費者金融の方が金利がお得な場合もあります。

いざという時に備えて置けるクレジットカードのキャッシングサービス

クレジットカードにもキャッシングサービスが付帯しているものが多く存在します。通常はショッピングに利用しているだけのクレジットカードであると思いますが、緊急事にキャッシングサービスがあるととても頼りになります。

最近では、クレジットカードを発行する際の申込み用紙にキャッシングサービスを付帯させるか否かについてチェック項目がついている場合が多いです。一般カードであれば、融資限度額は20~50万円程度です。

金利は、こちらも上限金利で展開しているクレジットカードが多いので、緊急時用といった使い方がいいかもしれませんね。

 

金利を出来るだけ抑えたい方無利息ローンを活用しよう

もっとも金利がかからない方法は、無利息ローンを展開しているサービスを利用し、その期間内に返済をしてしまうことです。

無利息ローンとは「一定期間の金利が0%になる」ローン

無利息ローンとは、全く利息を支払わなくても良いカードローンではありません。「一定期間の金利が0%になる」カードローンとなります。期間は30日間や14日間などサービスによって異なります。

ほとんどのサービスが「契約日の翌日から30日」か「初回借入れの翌日から30日」となっていまが、中には借り入れから1週間は何度でも無利息といったサービスもあります。

消費者金融が提供している事が多い

この無利息ローンのサービスですが、提供しているのは主に消費者金融カードローンになります。銀行系は、金利を一定期間無料にするサービスを行っているところが少ないと言えますが実施している銀行もあります。新生銀行のレイクや、ジャパンネット銀行などネット系の銀行を中心に実施をしているところが存在します。

無利息ローン利用時に気を付けるべきこと

無利息ローンを利用する際に気を付けていただきたい点は、「いつから無利息期間が発生するのか」です。主な無利息開始日には以下の2通りがあります。

  1. 契約日の翌日から30日間無利息
  2. 初回借り入れ日から30日間無利息

 

1の契約日からの場合、カードローン契約を行い、借り入れをすぐに行わないと無利息期間が減っていってしまうことになります。1か月後に借りようと思っても無利息期間はすでに終わってしまっているのです。

そのため、1のような条件で利用する場合は、すぐに借り入れることを前提に申し込みを行うと良いでしょう。いざという時にあらかじめ契約のみしておく場合は、2のパターンであるプロミスなどがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

じぶん銀行カードローン

約定返済額が1000円から!auユーザー必見のじぶん銀行カードローンを徹底解説

スマホの普及が進む中、申し込みからすべてネットで完結できるインターネット銀行も数多く出てきま

記事を読む

クリスマスキャッシング

デートのために今すぐお金を借りるべき?不安な方への即日融資キャッシング完全ガイド!

明日からはクリスマスを含んだ3連休ですね。レストランでデートして、プレゼント交換

記事を読む

審査が甘いカードローン?絶対即日発行したい方へ

審査基準は未公開となっていますが、カード会社によって異なるのは確かです。そのため審査が通りやすい、い

記事を読む

電話

即日融資のカードローンでも在籍確認は必須!しっかり準備しよう

最近では即日発行即日融資のカードローンが当たり前になりました。これはコンピューターなどを活用すること

記事を読む

お金

無職でも即日借入できるカードローンはあるのか?

カードローンは契約時の融資限度額の範囲内であれば、いつでも借入れが行える商品です。そのため、いざとい

記事を読む

審査が甘いカードローン?絶対即日発行したい方へ

jarmoluk / Pixabay[/caption]審査基準は未

2017.01.14 Sat

今すぐお金が必要!急いでいるなら即日審査のカードローンから選ぼう

nile / Pixabay[/caption] 融資を急いでいる

2017.01.13 Fri

三井住友銀行
銀行のカードローンでも即日発行できる会社はある!

By: yo &[/caption]どうしようもないお金の不足という

2017.01.08 Sun

休みでも今すぐ借り入れたい!休日即日融資できるカードローンとは

JESHOOTS / Pixabay[/caption]冠婚葬祭、突

2017.01.08 Sun

カードローン利用前に知っておきたい金利の相場や計算方法から各社比較まで徹底解説

PDPics / Pixabay[/caption]急な出費に対応す

2017.01.04 Wed

もっと見る

PAGE TOP ↑