利息の仕組理解してる?キャッシングの金利設定や計算方法などについてまとめてみました!

カテゴリー:カードローンの金利, カードローン    

急にお金が必要になってしまった、でも手元にも口座にもお金の余裕がない、どうしよう?そんな風に、急な出費に困ってしまったという経験はありませんか?

そんなとき、消費者金融や銀行からお金を借りることができるキャッシングやカードローンを利用すれば、突然の出費にも慌てることはありません。必要なだけの金額を、すぐに用意することができます。

しかし、お金を借りるためには利息はつきもの。その仕組みを理解せずに利用してしまうと痛い目に合うかもしれませんね。

そこで今回は、急な出費に備えて知っておきたいカードローンやクレジットカードキャッシングについて、金利のの基礎知識から計算方法、や注意点まで気になるところをまとめてみました。

まずは覚えておくべき法律上の上限金利

貸金業者では、キャッシングの種類や限度額、保証人・担保の有無などにより、数%~20%前後で金利を設定しています。

各貸金業者で設定している金利に開きがありますが、消費者保護の観点から法律で金利の上限が規定され、上限金利を超えた金利を設定した場合には刑罰が科せられたり、貸付行為自体が無効になるとされています。ここではキャッシングに関する法律について見ていくことにします。

利用者を守る利息制限法について

利息制限法では金利の上限を実質年率15~20%と定めています。利息制限法の上限を超えた金利を定めても、超えた部分の定めは法律上無効となるとされています。

また、上限金利15~20%というのは利用限度額で決まります。利用限度額が10万円未満の場合は実質年率20%、借入が10万円以上100万円未満の場合は実質年率18%、借入が100万円以上の場合は実質年率15%となります。

利用限度額上限金利
10万円未満20%
10万円以上100万円未満18%
100万円以上15%

刑事罰の対象となる出資法

出資法は刑事罰の対象となる金利の上限を定めています。出資法では上限金利が20%とされており、20%を超えた金利を設定し貸付を行う場合には、「10年以下の懲役もしくは3,000万円以下の罰金」という刑事罰が科せられます。

出資法を超えた貸付は刑事罰の対象、利息制限法を超えた貸付は行戦処分となります。そのため貸金業者の金利は、利息制限法の範囲内で設定されているはずです。

グレーゾーン金利

利息制限法に定める上限金利を超え、出資法に定める上限金利に満たない金利帯をグレーゾーン金利といいます。

以前は利息制限法と出資法の上限金利は一致しておらず、刑事罰は科せられないという「灰色の金利(グレーゾーン金利)」が存在していました。今は基本的に存在しませんが、借り入れなどの際は確認することをおすすめします。よって、利息制限法の範囲内で借入れられる業者から選ぶようにしましょう。

 

金利の決まり方

キャッシングをする時であれば、少しでも低い金利で借りたいところですが、金利は自分で決めることはできません。キャッシング業者や銀行の借入審査によって決まるものなのです。

基本的に限度額が高いほど金利は低い

キャッシングで借り入れすることができる金額を借り入れ限度額といいます。実はこの借り入れ限度額によって金利を変動している業者が多いです。

そのため、融資限度額を出来るだけ大きく設定することで、低い金利で借り入れを行うことが可能になってきます。

金利が低い=審査は厳しい

ただし「総量規制」によって、年収の1/3が消費者金融における融資上限となります。消費者金融の場合は500万の利用限度枠をもらうには1500万円の年収が必要ということです。

つまり、金利が低いとそれだけ返済能力が高い人でなければ審査に通らないということですので、各自の収入や勤務先によって、選ぶことができる借入額は決まってきます。

 

金利の計算方法

キャッシングを利用すると、返済する時は「借りたお金+利息」の合計金額を返済しなければなりません。この「利息」の部分が安いと、借りたお金をどんどん返すことができるので楽なのですが、%で表示されてもいまいちよくわからないですよね。

キャッシングを賢く利用するには、利息の計算方法を知っておく必要があります。毎月どの程度借りたお金を返済できているのか知るためにはとても重要です。

利息の計算方法

利息の計算方法は以下のような方法で求めることができます。

利息=(元金×金利÷365日)×借り入れ期間

例えば10万円を実質年率14.0%の金利のキャッシングで30日間借りた場合の利息は下記になります。

(10万円×14%÷365日)×30日=約1,151円

つまり、借りた日から30日後に一括返済するのであれば、10万1,151円の返済をして完済となります。

同じ金利なら短期間に完済する方が利息は低い

上記の式からわかる通り、金利が変わらないのであればなるべく早く返済したほうが利息は低くなります。そのため、低金利も重要なポイントですが、いかに早く返済するかもとても重要になります。

 

業種ごとに違うざっくりの金利特徴

とはいえ、利息節約のためにもやはりできるだけ低金利で利用できるキャッシングを選びたいところです。業者ごとに違うキャッシングの金利をすべて調べて比較することなんて難しい…と思われるかもしれませんが、実はキャッシング業者の種類によって金利設定はある程度の目安をつけることができます。

銀行は消費者金融に比べると低金利の傾向

業種の中で、金利が低い部類に入るのは銀行カードローンです(一部例外もあります)。消費者金融のカードローン(100万円未満)の平均適用金利は実質年率約17%~18%に対し、銀行カードローンの平均適用金利は約15%以下となっています。

銀行カードローンの金利は、通常のカードローンに比べ平均的に約3%低いですが、必ずしも銀行カードローンがお得になるわけではありません。例えば、1か月~2か月の短期しか利用しない場合であれば銀行カードローンよりも、無利息サービスがある消費者金融系カードローンの方が支払い金額は一番少なくなるような場合もあります。

すぐに利用できて短期間利用向きの消費者金融

消費者金融は銀行系に比べて金利が高めです。金利は15~18%の会社がほとんどです。しかし、無利息期間やすぐに借入れが可能な即日融資サービスなどの特徴を持っています。

具体的には、30日間無利息サービスや最短60分融資などの大きなメリットがあります。今すぐお金が必要で、短期間での返済計画をすでにお持ちの方にはおすすめの商品になります

クレジットカードはキャッシングメインではない

カードの種類やキャッシング枠によって異なりますが、多くのカード会社が実質年率18%を採用しています(枠が100万円以上の場合は年15%)。大手の消費者金融と同程度の金利ですね。

通常のクレジットカードに補足的なサービスとなるため、他のキャッシングサービスに比べると優位性に劣ると言えます。とはいえ、エポスカードなどキャッシングでのATM手数料無料で、無利息期間もあるようなクレジットカードも存在します。

自分のカードに設定されている金利手数料がわからない場合は、カードの利用明細かカード会社のホームページ(会員ページ)を確認しましょう。

 

低い金利のキャッシングを利用したい

どの商品にもキャッシング利用限度額がありますが、金利と限度額は反比例の関係にあります。つまり、借りる金額が大きいほど金利が安くなるということです。

したがって金利を見るときは、限度額もセットでチェックする必要があるのです。

銀行のカードローンを検討する

また、上記の通り消費者金融は銀行に比べて金利が高めですので、金利重視で借りる場合は銀行を利用することをおすすめします。今では、即日サービスの展開や提携ATMの拡張などで利便性の高い銀行系カードローンも多くなってきています。

限度額を高く申し込む

下記の表は三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の金利になります。

利用限度額借入利率
400万円超500万円以下年1.800%~年6.100%
300万円超400万円以下年6.100%~年7.100%
200万円超300万円以下年7.100%~年9.600%
100万円超200万円以下年9.600%~年12.600%
10万円以上100万円以下年12.600%~年14.600%

 

このように利用限度額が高くなるほど、金利は低い設定となる場合があります。そのため、利用限度額を高く設定することで、金利を引き下げることが可能です。しかしその際は、総量規制については念頭において申し込みを行わなければなりません。銀行のカードローンは総量規制の対象外となるとは言うものの、年収のに見合わない融資は行ってもらえないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

アコムカードローン

アコムのカードローンを検討中の方へ!申し込み方法や審査、借入れ、返済方法まで徹底解説

アコムは言わずと知れた大手消費者金融です。アコムはただ大手の消費者金融というばかりでなく、口座数日本

記事を読む

即日融資カードローン

プロが教える!即日融資が可能なカードローンとは

急に現金が必要な時、即日に融資を受けられるのは有難いと感じる人が多いのではないでしょうか。キャッシン

記事を読む

今すぐお金が必要!急いでいるなら即日審査のカードローンから選ぼう

融資を急いでいるのであれば、やはりおすすめは即日審査対応のカードローンです。即日審査が可能であれ

記事を読む

カードローン審査通過

知らなきゃ損!カードローンの審査通過のための秘訣とは?

カードローンを利用してお金を借りるには、審査が必要だということをご存知でしたか?

記事を読む

カードローン見直し

今のカードローンを見直そう!借り換えで年率を抑える方法も!

カードローンの「借り換え」。そんな言葉を良く目にすることはありませんか? でも、いまいち意味が分か

記事を読む

PAGE TOP ↑