海外に行ければなんでもいい!無料もしくは格安で海外に行く4つの方法!

カテゴリー:節約術まとめ    

海外旅行へ無料もしくは格安で行く方法4選

「どうしても海外へ行きたい…でもお金がない!」そんなあなたの切実な願望も、ある方法を利用すれば実現できます。

実は、無料で海外旅行へ行く方法もあるのです!

それでは早速、その4つの方法を紹介しますので、チェックしてみてください。

マイレージを貯めて航空券と交換する

マイル、クレジットカード

海外旅行へ無料で行くには、クレジットカードなどのマイレージ制度を利用し、貯めたマイルで航空券と引き換えるという方法がポピュラーでしょう。

例えばJALでは、下記のの往復航空券が入手できます。(参考)

  • 15,000マイルで韓国
  • 20,000マイルでグアム
  • 40,000マイルでハワイ
  • 50,000マイルでアメリカ
  • 55,000マイルでヨーロッパ

このマイルを、行きたい渡航先の航空券が手に入るまで効率的に貯めるには、ポイントをマイルに交換できるクレジットカードを利用し、さらにポイントがお得にもらえるシステムを利用するのがおすすめです。

効率よくマイルが貯まるクレジットカード

ここでは2つのカードを紹介したいと思います。

カード名 ANA To Me CARD PASMO JCB
(ソラチカカード)
MileagePlusセゾンカード
券面 ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) MileagePlusセゾンカード
年会費 初年度無料
次年度以降は2,000円(税別)
1,500円(税別)
入会ボーナスマイル 最大8,000マイル相当のポイント(Oki Dokiポイント) 最大3,500マイル(VISAブランド限定)
フライトボーナス 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10% なし
マイル移行換算率 1,000円=10マイル
(10マイルコースの場合)
1,000円=15マイル
(マイルアップメンバーズの場合)
マイル移行手数料/年 5,000円(税抜)
マイル有効期限 36ヶ月 18ヶ月

ワーキングホリデー利用!格安で海外へ

ワーキングホリデー

「海外へ行くために貯金をしてる。」とよく聞きますが、貯める前に行っちゃいましょう。それが「ワーキングホリデー」です。

旅費や学費等は、先立って用意する必要がありますが、現地での就労もあるので、お金を稼ぎながら滞在していると、格安で海外にいる気分になると思います。(笑)

下記サイトではワーキングホリデーにかかる支出例を掲載しておりますが、現地での収入とワーキングホリデーにかかる支出の差は大体80万円程(9ヶ月)です。

安く長く海外を楽しみたい、現地のことをとことん学びたいという意欲のある人にとっては、最も現実な方法といえそうです。

ワーキングホリデーができる国で人気なのは、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、アイルランド、フランスなど。ぜひ好きな国へ渡航しましょう!

この案は、ちょっと無理がありましたね。。。気を取り直して、次を紹介します。

「A8セルフバック」で稼いで格安旅行!

アフィリエイトサービスで知られる「A8.net」のサービス、「A8セルフバック」で稼ぐという方法もあります。

A8セルフバックとは、通常のアフィリエイトとは異なり、自分で商品やサービスを利用することで報酬を得る方法です。

A8.netに会員登録した後、A8セルフバックのサイトにアクセスすると「旅行・航空券」のカテゴリもあるのですが、「カード特集」に関するサービスを選ぶのがミソです。

旅行に必要なクレジットカードと海外キャッシング用にカードローンに申し込んでおくといいと思います。

これらは使わなくても、申込もしくはカードが発行された時点で報酬が発生しますので、報酬単価をみて、とりあえず申し込んでおきましょう。

年会費無料のクレジットカード、カードローンを各2枚申し込めば、組み合わせ次第で5万円ぐらいもらえると思います。(全て承認された場合。また時期によって報酬単価は変動します。)

さらに、旅行系サービスのセルフバックをすることで、5万円+αのお金を浮かせることができます。(ただし、クレジットカードやカードローンは同じ商品に何度も申込できないので、ここぞという時のセルフバックに残しておきましょう。)

インターンシップを利用する

インターン

最後に紹介するのは、インターンシップを利用する方法です。

例えば、経済産業省の「貿易投資推進事業」の一環として、HIDAとJETROが実施する、発展途上国の支援をする「国際即戦力育成インターンシップ」があります。

国際即戦力育成インターンシップ事業/HIDA

「海外ビジネス獲得人材育成インターンシップ」と「共創促進インターンシップ」の2種類があり、それぞれ中小・中堅企業の海外展開促進の手伝いをするものです。

現地では、市場調査や現地のパートナー探し、政府系機関とのコネクションの獲得や、現地に受け入れられる商品・サービス、ビジネスモデルなどを創るなどの役割を担います。

20歳以上40〜50歳以下の日本の社会人や学生が応募でき、どちらも往復国際航空券と渡航関連費、そして1泊平均3500円が支給されます。経費が支給される場合もあるので、負担が少なく済みそうです。

 

海外旅行へ無料で行けるチャンスはこんなにあります。「海外旅行なんてお金がかかるから無理…」と諦めず、ぜひこれらの方法を利用してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

主婦の節約術

誰でもできる!主婦の食費・買い物に関する節約術まとめ

主婦315人にアンケートを行い、実際に行っている節約術を聞いてみました。世の中にはいろんな節

記事を読む

電力自由化とは

電力自由化とは?電力会社を選ぶ前に覚えておくべきモノ・コトまとめ

2016年春から開始された電力自由化ですが、「正直よくわからないから、このままでいいや」という声

記事を読む

ディズニー お得

事前準備がすごく大事!ディズニーランドで損しない方法

ディズニーファンの方はすでに知っていることでも、一般的には知られていないことはたくさんあります。

記事を読む

家賃交渉

賃貸の毎月かかる家賃を下げる裏ワザ3選

賃貸マンションやアパートに住んでいる方は、家賃がもう少し安くなれば…などと考えていませんか?  家

記事を読む

大学生節約術

大学生が取り組むべき、たった3つの節約術で30万円作れる話

大学生になると、アルバイトを始めたり、携帯の代金を自分で払い始めたりと自分でお金を稼ぎ、使っていくよ

記事を読む

審査が甘いカードローン?絶対即日発行したい方へ

jarmoluk / Pixabay[/caption]審査基準は未

2017.01.14 Sat

今すぐお金が必要!急いでいるなら即日審査のカードローンから選ぼう

nile / Pixabay[/caption] 融資を急いでいる

2017.01.13 Fri

三井住友銀行
銀行のカードローンでも即日発行できる会社はある!

By: yo &[/caption]どうしようもないお金の不足という

2017.01.08 Sun

休みでも今すぐ借り入れたい!休日即日融資できるカードローンとは

JESHOOTS / Pixabay[/caption]冠婚葬祭、突

2017.01.08 Sun

カードローン利用前に知っておきたい金利の相場や計算方法から各社比較まで徹底解説

PDPics / Pixabay[/caption]急な出費に対応す

2017.01.04 Wed

もっと見る

PAGE TOP ↑