誰でも持てる?今のゴールドカード事情徹底解説とあなたにあったおすすめクレジットカード紹介

カテゴリー:ゴールドカード    

ゴールドカードは、「お金持ちのカード」そんな印象はありませんか?実は今では「誰でも持てる」可能性のあるカードなんです。だからこそ知識はしっかりと持っておきたいものですね。

ここでは「ゴールドカード」の仕組みやサービス概要について取り上げつつ、ゴールドカードを選ぶ際に見るべきポイントや、おすすめのカードなどについて詳しく見ていきます。

そもそもゴールドカードの定義とは?

「ゴールドカード」という言葉に厳密な定義はありません。これは俗にいうクレジットカード(以下、クレカ)の階級を示したものであり、その階級は大きく以下のように分かれています。

  1. 一般カード
  2. ゴールドカード
  3. プラチナカード
  4. ブラックカード

 

数字が上がるごとにサービスの質が向上し、それに伴い年会費も多くかかるのが一般的です。

今ではゴールドカードの種類も豊富になり、サービス内容や年会費などにかなりの違いがあります。また、「カードがゴールド色」といった定義付けもありますが、「Orico Card THE WORLD」のような黒を基調としたゴールドカードもあります。

通常クレカよりもワンランク上のクレジットカード

ゴールドカードのワンランク上とは、具体的には通常クレカよりも大きなショッピング利用枠や、空港ラウンジの無料利用サービス、各種付帯保険の充実などがあります。ただしこれらはカード毎によってサービスの内容は変動します。

格安ゴールドカードも!「もはやお金持ちが持つカード」ではない!

日本におけるゴールドカードというと、1980年から発行された「アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード」が有名でしょう。いわゆるバブル期における「お金持ちが持つカード」として認知されていましたが、現在ゴールドカードそのものは、比較的誰でも入手しやすい部類のカードとなりつつあります。

その理由として、当時は最上位の階級だったゴールドカードを上回る「プラチナカード」や「ブラックカード」が生まれたことや、年会費が数千円程度の格安ゴールドカードの登場などがあげられます。

もちろんそれなりの審査を突破する必要はありますが、ゴールドカードそのものは以前ほど入手困難な代物ではないことは確かです。

それでも魅力的なブランド力とデザイン

それでもやはり「ゴールドカード」というのは、魅力的なランクのカードに違いはありません。カードが黄金色に輝いていることで見栄えもばっちりなので、支払時に年会費無料のカードを差し出すのと金色に輝くカードを出すのとでは、周囲の受け止め方も変わってくるはずです。

まだまだ「お金持ちが持つカード」というイメージは根強く残っているので、すごいと思われることも珍しくはありません。

 

ゴールドカードのサービス内容

続いてゴールドカードのサービス内容について、具体的に見ていきます。

年会費は1万程度から:条件を満たせば無料や低年会費カードも

ゴールドカードの年会費はおよそ1万~2万円の範囲内が多いです。しかし中には年会費無料の「イオンゴールドカード」(ただし入手にはインビテーションが必須)や、条件付き実質年会費無料の「エポスゴールドカード」(年間50万円以上利用のインビテーションによるランクアップで、年会費永年無料)、年会費2,000円程度の「MUFGカードゴールド」など、低年会費カードも多数存在します。

ただし年会費が低いということは、その額に見合うだけのサービスしか受けられないということですので、選ぶ際には慎重に吟味する必要があります。

利用限度額は一般クレカよりも上

ゴールドカードのショッピング利用限度額は、一般クレカよりも高くなる傾向にあります。ただ多くのゴールドカードでは利用限度額の上限は公にされていないほか、使用者個別の信用情報(クレジットカードヒストリー)、年収などの属性によって金額は変動するため、一概に論じることはできません。

しかし年会費無料の一般クレカの利用限度額はおおよそ30万円、多くて50万円程度とされているので(利用履歴を積み上げることで上限がさらに上がる場合もある)、それよりも上限は高く設定できることが多いです。

ただやはり低年会費のゴールドカードは限度額がかなり低めに設定されているほか、使用歴に応じて限度額が徐々に更新されていくケースもあるので注意してください。参考までにショッピング利用可能枠を公開しているゴールドカードをご紹介します。

カード名 利用可能枠
Orico Card THE WORLD 10万円~300万円
MUFGカードゴールド 10~200万円

空港ラウンジサービスを無料利用

ゴールドカードには、会員が空港のラウンジサービスを無料で利用できるサービスが付帯されています。カードによって変わるのは、利用できる空港の種類や数です。

また低年会費のゴールドカードですと海外の空港ラウンジ無料サービスは受けられない場合があります。国内線の際には、利用する空港が対応しているか、あるいは国際線ならば海外空港ラウンジサービスも付帯しているのか、その点がカードを選ぶ一つの基準となります。

旅行傷害保険

旅行中の事故や、病気やけがの治療費といった損害に対して補償をしてくれるのが旅行傷害保険であり、多くのゴールドカードにもこれらは付帯されています。

特に海外で事故や病気になり、病院にかかるという場合には、高額な医療費を請求されるおそれがあるため、「海外旅行傷害保険」が付帯したカードを持つことでそうした不安を取り除けます。

参考までにですが、年会費2,000円程度の「MUFGカードゴールド」の場合でも、海外旅行傷害保険が「最高2,000万円」、国内旅行傷害保険が「最高2,000万円」の補償サポートが受けられます。旅行に行く機会が多い方には、こうした保険も見るべきポイントになります。

ゴールドカードはサービスも多種多様、自分に合ったカードを選ぶべし

ここで取り上げたゴールドカードのサービスは、ほんの一部にすぎません。そのほかにもカードに関する問い合わせができるゴールド会員専用デスクや、一般カードよりもお得なポイントプラグラム、様々な施設における優待特典など、そのサービスは多岐にわたります。

サービスが多種多様だからこそ、その中から本当に利用するサービスがついているのか、自分に合ったカードを見極めることが重要になるのです。

 

ゴールドカードの入手方法

次にゴールドカードの入手方法についてご紹介します。

ネット申込やインビテーション(招待状)

基本的には通常の一般クレカと同様に、ネットから申し込むことができます。ネットからの申し込みは、電話や郵送からの申し込みと比べてカード発行までにかかる時間が短く、また24時間受付しています。またネット申し込みによる特典がついている場合もあるので、特別理由がなければネットからの申し込みがおすすめです。

ご自身の申し込み以外では、利用しているカードの会社から「カードをランクアップさせませんか?」というインビテーション(招待状)が届くことがあります。これは会社が優良顧客と判断した人に送るものなので、こちらからアプローチすることはできません。

ゴールドカードの審査は通常クレカよりは厳しい、でも…

ゴールドカードの審査基準は、やはり年会費無料の通常クレカよりは厳しいと思われます。しかし安定した収入があり、支払の延滞がないなどといった条件を満たせば、比較的誰でも発行できるカードであることも確かです。

例えば「MUFGカードゴールド」はショッピング利用可能枠が「10~200万円」とかなり広い幅を設定されています。これは従来のゴールドカードよりも広い範囲での顧客を受け入れるためだと考えられます。

大きな利用限度額さえ希望しなければ「ゴールドカード」だからといって、必要以上に審査に対して身構えるべき理由はないかもしれません。

コラム:ゴールドカードの審査突破のコツ

これはゴールドカードに限らず、一般クレカにも言えることですが、審査に関わる重要な要素として下記の2つがあげられます。

  1. 支払い能力
  2. 信用情報(クレジットヒストリ―)

 

「支払い能力」は実際に利用限度額の金額を利用した場合に、返済できるだけの収入や生活水準であるかどうかなどです。

「信用情報(クレジットヒストリー)」は、今までどのようにクレジットカードを利用してきたのか、延滞などの履歴はないかなどを参照されます。または、ローンなどの借り入れ状況や審査の通過状況なども見られます。

上記のことからゴールドカードの審査に通過するためには、安定的な収入がある前提として、クレジットカードを定期的に利用しつつもしっかりと返済を続けていることが重要となってきます。

例えば、「イオンカード」では、「直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております。」としつつも、「※ 審査によりお申込みの意にそえない場合がございます。」としています。これはカード利用を重ねてきて、しっかりと返済もしている人に対して、ゴールドカードのインビテーションが届くと思われます。

カードによっては学生やフリーターでも取得可能?

「MUFGカードゴールド」は申込資格として「原則として18才以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方。(学生を除く)」としています。学生は除くと書いてありますが、例えばアルバイトをしている18歳以上の学生であれば、アルバイトという肩書で申し込むことが可能です。

一概に言い切ることはできませんが、一般的に年会費の高いクレカはそれに伴い審査基準も高くなる傾向ですので、フリーターや学生でもし審査に不安があるならば、低年会費カードやランクアップの狙える通常クレカから取得するのが得策です。

 

ゴールドカードの賢い選び方

ゴールドカードを選ぶためには、まず自分がそのカードに求める目的を確認する必要があります。例えば「とにかく金色のカードを持ちたい」「ショッピング利用可能額が大きいカードにしたい」「年会費に見合ったお得なサービスを受けたい」といった動機です。

ゴールドカードは様々な種類のカードが普及した分、利用者も自身の利用目的を把握しない限り、適切なカードを選ぶことはできません。

自分の利用範囲に合致したカードを

一言で「お得なサービスを受けたい」といっても、その内容は多岐に渡ります。空港ラウンジを利用したいのか、それは国内線なのか国際線なのか、普段の支払いでポイントを貯めたいのか、ポイントはどのような使い道を想定しているのかなど、ニーズは多岐に渡るアはずです。それらのニーズに優先順位をつけることで、カードを見るべきポイントがわかり、ほしいカードもおのずと見えてくるでしょう。

年会費をかけてゴールドカードを発行するのであれば、自分の生活が快適になるような利用に合致したカード選びが求められるでしょう。

そもそもゴールドカードであるべき?

たとえば「ショッピング利用可能額が大きいカードにしたい」といった理由であれば、そもそもゴールドカードを作る必要もないかもしれません。

ゴールドカードでもカードの種類や審査によっては、一般カードと変わらない利用枠しか使えない可能性があります。一般カードでも利用履歴を重ねることで利用可能枠が更新できるものもあるので、このような理由であればそもそもゴールドカードを作るべきではないかもしれません。

「高級志向」か「コスパ志向」か

ゴールドカードのニーズで最初に分かれるのは「高級志向」か「コスパ志向」かということです。

「高級志向」は高めの年会費を払ってでも上質なサービスを受けたい、あるいはそうしたカードを持つことを誇示したいという人向けでです。

「コスパ志向」は低めの年会費で最大限のサービスを受けたい、安くお得に使いこなしたいという人向けになるかと思います。

「高級志向」であれば年会費1万円以上が上質なサービスを受けるための一つの基準となりますし、「コスパ志向」であれば、低年会費カードでも十分に活用できるものもあります。こちらもカードの使用目的次第です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

デート

30代女性が選んだ、デートで出てきたらかっこいいと思うおしゃれクレジットカードランキング(ゴールドカード編)

大人の女性を対象に行ってきたデートで使えるかっこいいアンケートも6回目となりました。今回は3

記事を読む

クレジットカード

40代女性が選んだ、デートで使えるおしゃれでかっこいいクレジットカードランキング(ゴールドカード編)

40代ともなると一般カードだけでなく、ゴールドカードを持っている方も多く、これから検討している方

記事を読む

三井住友VISAゴールドカード

【おすすめのゴールドカード完全ガイド】根強い人気の理由と必要な年収・ステータスや審査・年会費を徹底比較します

男性に限らず、クレジットカードをお使いの方であれば誰しもが一度は持ってみたいと思うカード、それがゴー

記事を読む

icatch

あなたにぴったりの1枚は!?年代別のおすすめゴールドカードと解説まとめ

高級感が漂う、金色の券面を持つゴールドカードは、誰もが人生で一度は持ってみたいモノの1つではない

記事を読む

ゴールドカード

20代女性が選んだ、デザインがお洒落でかっこいいクレジットカードTOP8(ゴールドカード編)

20代女性131人アンケートでわかった女性がかっこいいと思うクレジットカードランキングTOP10

記事を読む

審査が甘いカードローン?絶対即日発行したい方へ

jarmoluk / Pixabay[/caption]審査基準は未

2017.01.14 Sat

今すぐお金が必要!急いでいるなら即日審査のカードローンから選ぼう

nile / Pixabay[/caption] 融資を急いでいる

2017.01.13 Fri

三井住友銀行
銀行のカードローンでも即日発行できる会社はある!

By: yo &[/caption]どうしようもないお金の不足という

2017.01.08 Sun

休みでも今すぐ借り入れたい!休日即日融資できるカードローンとは

JESHOOTS / Pixabay[/caption]冠婚葬祭、突

2017.01.08 Sun

カードローン利用前に知っておきたい金利の相場や計算方法から各社比較まで徹底解説

PDPics / Pixabay[/caption]急な出費に対応す

2017.01.04 Wed

もっと見る

PAGE TOP ↑