約定返済額が1000円から!auユーザー必見のじぶん銀行カードローンを徹底解説

カテゴリー:カードローン    

じぶん銀行カードローン

スマホの普及が進む中、申し込みからすべてネットで完結できるインターネット銀行も数多く出てきました。なかでも三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で出資して設立したじぶん銀行に注目が集まっています。そこで、今回はじぶん銀行カードローンを紹介します。

 

じぶん銀行カードローンとは

じぶん銀行が提供する商品のひとつでじぶん銀行の口座を持っている人には即日融資がおこなわれる大変便利なカードローンです。さらに、auユーザーには低金利が適用されるなど大手通信会社が出資している銀行ならではの優遇措置があります。

また、じぶん銀行カードローンは、貸金業法の総量規制(消費者金融からの借入限度額を年収の1/3までと定めたもの)の対象にはなりません。なぜなら、貸金業法は消費者金融を対象にした法律であって、じぶん銀行は銀行法の対象となるためです。

そのため、ある程度は年収を気にすることなく、用途に応じて融資を申し込むことができます。収入証明書も、300万円までは原則不要なので、カードローンをひとつにまとめたいときやまとまったお金が必要なときは申し込み候補一番手として考えてもいいカードローンだといえます。

スポンサーリンク

どこでもいつでも便利なじぶん銀行カードローン

利用する際は、じぶん銀行のATMはもちろん提携ATMでも借り入れや返済手続きが可能です。出資母体でもある三菱東京UFJ銀行のATMやコンビニのATMでも手続きはできるので、お出かけ先や深夜の急な出費の際でも安心して手続きできます。

融資の申し込みはスマホから手軽におこなえます。リアル店舗はないため、必要書類もすべてネットで完結できます。昼間働いているサラリーマンでも、休憩時間にさっと申し込めるのも嬉しいポイントの1つです。

アプリ連携でらくらく管理

ちなみに、カードローンを申し込むときに開設するじぶん銀行の口座は、スマホアプリでも管理できます。スマホからいつでも振り込みができるほか定期預金はもちろん、外貨預金はいつでも円に換えたり外貨を追加したりできるのでおすすめです。

為替に変動があるとスマホに通知してくれる機能もあるので、設定は忘れずに。

auユーザーはどこからどこまでが範囲?

auユーザーは、スマホや携帯ユーザーだけではなくau光ユーザーも対象となっています。自宅のネットはauを使っているという方も金利優遇の対象となりますのでご安心を。

スマホや携帯に限らないというのは、利用可能なauIDがあるかどうかになります。

 

じぶん銀行カードローンの商品スペック

通常の銀行が発行するカードローンの場合は、口座を持っている方でも融資が実行されるまでに最短でも数日かかるものです。しかし、じぶん銀行のカードローンは即日実行が可能です。

また、コンビニATMや三菱東京UFJ銀行ATMとも提携しているので全国どこでも借り入れや返済が可能です。

利用時間は24時間、365日利用可能なので、休日での急な出費にも便利です。利用単位は、1,000円単位からで提携ATMを利用した際の利用手数料は何度使っても無料なので安心して利用することができます。

申し込み条件

年齢が満20歳以上70歳未満で、安定継続した収入がある(自営業、学生、主婦、パート、アルバイト、年金受給者でも申込み可能)

融資方法

ネットから申し込みし所定の審査が完了するとじぶん銀行口座に振り込みされます。

金利

  • 通常:2.2%~17.5%(年率)
  • カードローンau限定割 誰でもコース:2.1%~17.4%(年率)
  • カードローンau限定割 借り換えコース:1.7%~12.5%(年率)

※2016年12月28日現在、適用金利は審査完了後個別に通知

利用期間

1年
※原則として、審査のうえ自動更新

限度額

  • 通常、カードローンau限定割 誰でもコース:10万円以上800万円以内(10万円単位)
  • カードローンau限定割 借り換えコース:100万円以上800万円以内(10万円単位)

提携ATM

  • 三菱東京UFJ銀行
  • E.net
  • ローソンATM
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行

利用手数料

提携ATMでの借入、返済時のATM手数料は無料

 

じぶん銀行カードローンを他社カードローンと比較してみた

現在商品として提供されているカードローンのうち、じぶん銀行カードローンのライバルといえる他のネット銀行カードローンの住信SBIネット銀行のMr.カードローン、ジャパンネット銀行のネットキャッシング、消費者金融のプロミスを紹介します。

住信SBIネット銀行のMr.カードローン

住信SBIネット銀行のMr.カードローンは、グループに証券会社を持つことから証券口座を持っているユーザーも申し込みが可能です。もちろん、証券口座を作成しなくても住信SBIネット銀行の口座を開設するだけでローンの申し込みは可能です。

申込条件

  1. SBI 証券口座保有登録が済んでいる方
  2. 住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある方
  3. SBIカードを保有し、住信SBIネット銀行口座を引落口座に設定している方

ジャパンネット銀行のネットキャッシング

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、三井住友銀行が出資した会社のローンなので、他のローンに比べて審査に少し時間がかかります。ただし、融資の際に開設する口座は、T-ポイントカードとの連携やVISAデビットカードの作成ができるので通常の銀行口座と同様に利用できます。

申込条件

口座開設が済んでいる方

消費者金融大手のプロミス

プロミスは、TVCMでも有名ですが、三井住友銀行が出資している消費者金融です。店舗や無人契約機もあるので相談がある場合は便利です。ネットで申し込む場合でも最短で60分で融資結果が出るのでお急ぎの場合は利用する価値のあるローンです。

申込条件

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合申込み可能
 

日常でも使うことを考えるとクレジットカードのように利用できるデビットカードが作れるジャパンネット銀行がおすすめです。また、金利で選ぶなら住信SBIネット銀行が群を抜いています。申し込みの手軽さでいえば口座開設が必要ないプロミスがおすすめです。

 

一覧表にまとめてみましたので参考にしてください。

発行会社 じぶん銀行 住信SBIネット銀行 ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
サービス名 じぶんローン MR.カードローン ネットキャッシング プロミス
金利(年率) 最低 1.70% 0.99% 2.50% 4.50%
最高 17.50% 7.99% 18.00% 17.80%
審査時間 最短即日 60分 1日 60分
融資までの時間 最短即日 最短60分 最短1日 即日
利用限度額 800万円 1200万円 1000万円 500万円
返済額 1,000円〜 2,000円〜 3,000円〜 1,000円〜

 

じぶん銀行カードローンのメリット

じぶん銀行カードローンのメリットは、「auユーザーにはお得な金利優遇措置がある」「月々の返済額が1,000円から」となります。どちらも他のカードローンにはないじぶん銀行カードローンのみのお得な情報なので紹介します。

auユーザーは金利優遇

auユーザーは、「au限定割」として最大0.5%の金利優遇を受けることができます。au契約時に登録するauIDを使えば申し込みは簡単です。au限定割は、初めての利用でも借り換え、おまとめでも使えるのでじぶん銀行カードローンを申し込む際は忘れずチェックしましょう。

じぶん銀行をメインバンクにすることでお得に

じぶん銀行をメインバンクにすると、返済方法を引落にすることで返済遅延を防ぐことができますし、通知設定をすることで3日前や返済当日にメールで通知してくれるサービスもあります。

提携ATMも多いので全国どこでも365日24時間利用可能で、1,000円単位から利用できます。利用時のATM手数料は何回利用してもすべて無料というのもうれしいですね。

ちなみに、返済日も好きに選べるようになります。給与や収入の入金日に合わせて余裕のある日を選んで設定することができます。

最初に把握できるじぶん銀行カードローンの返済額

じぶん銀行カードローンの返済額の一覧です。

借入残高 各回の返済額
借入利率9%以下 借入利率13%以下 借入利率13%超
10万円以下 1,000円 1,500円 2,000円
10万円超~20万円以下 2,000円 3,000円 4,000円
20万円超~30万円以下 3,000円 4,500円 6,000円
30万円超借入残高が
10万円増すごとに
1,000円を追加 1,500円を追加 2,000円を追加

 

月々の返済額は、上記の表にある通り借入金額と適用利率により返済額が決まっているので安心です。ただし、契約日によって返済額が若干変わってきますので注意してください。

 

じぶん銀行カードローンのデメリット

じぶん銀行カードローンのデメリットは、「口座を持っていないと即日融資が受けられないこと」「auユーザー以外の方にはメリットが少ないこと」です。

じぶん銀行の口座を持っていない場合でもカードローンの申し込みはできますが、審査が完了して最短でも5営業日かかるため、事前に申し込んでおくことが前提になります。金利は、auユーザーではない場合には金利優遇を受けられないので、前述で紹介した他のカードローンと比べても差がなくなってしまうのも痛いですね。

 

auユーザーはじぶん銀行カードローン

ネット銀行の中でも比較的審査も早くauユーザーには金利優遇などお得な特典もあるじぶん銀行カードローンは、auユーザーでネット銀行の口座を一つは持っていたいという方やじぶん銀行口座を持っていてすぐにお金が必要という方におすすめです。

auユーザーではない場合でも、他のカードローン会社と金利の差は大きくないので、余裕があるときに申し込みだけ済ませてあとあと必要なときに利用したいという方にも便利なカードローンです。その場合でも返済額は1,000円からなので自分の入金状況に合わせて返済計画を立てられます。

じぶん銀行カードローンは、KDDIと三菱東京UFJ銀行が出資して設立した銀行ということで、今後、取扱商品や受けられるサービスの拡充も期待できるネット銀行のひとつ。この際に口座開設とカードローンの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

公式じぶん銀行カードローンの申込はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

ACマスターカード

関連記事

利息制限法と出資法の違いは?改正前後の上限金利やグレーゾーン金利まで徹底解説

お金を借りるとき、本当に安心できる業者かどうか、法律に則って貸してくれているのか、利息を高くして

記事を読む

利息の仕組理解してる?キャッシングの金利設定や計算方法などについてまとめてみました!

急にお金が必要になってしまった、でも手元にも口座にもお金の余裕がない、どうしよう?そんな風に

記事を読む

0

キャッシングの無利息期間の実態!概要から活用のポイントまで

キャッシングは、緊急にお金が必要にとっての強い味方ですが、「返済」という2文字が重くのしかかってくる

記事を読む

okane

即日融資が必要な方へ!おすすめのカードローンと借り入れ前に知っておきたい知識をQ&Aで徹底解説!

「もう少しで給料日だけど、生活費が足りない」「急な結婚式のお呼ばれで予算がない」そん

記事を読む

クリスマスキャッシング

デートのために今すぐお金を借りるべき?不安な方への即日融資キャッシング完全ガイド!

明日からはクリスマスを含んだ3連休ですね。レストランでデートして、プレゼント交換

記事を読む

ACマスターカード
【カフェはクレカ生活の敵?】クレジットカードが使えるカフェ・使えないカフェのまとめ

小銭を扱うのが煩わしい方は、カフェのような少額での支払いこそクレジット

2017.03.23 Thu

2016年下半期クレジットカードランキング
まねぷれで2016年後半申し込み数の多かったクレジットカードTOP6を紹介します!

2017年になってもう2ヶ月ちょいが経つにゃ〜[/speech_b

2017.03.08 Wed

クレジットカードの作りやすさ
作りやすいクレジットカードってどんなカード?作りにくい人の特徴や審査難易度などを様々な点から解説してみました

みなさんはクレジットカードを発行する時には何を重視するでしょうか?

2017.03.02 Thu

ACマスターカードの必要書類は用意した?申し込み前に注意点と一緒に確認しておこう

Unsplash / Pixabay[/caption] ACマス

2017.02.24 Fri

ルミネ
ルミネカードのキャッシング機能は条件付き!その条件と利用方法とは?

By: shibainu[/caption] ルミネだけでなく

2017.02.23 Thu

もっと見る

  • ACマスターカード
PAGE TOP ↑