デートのために今すぐお金を借りるべき?不安な方への即日融資キャッシング完全ガイド!

カテゴリー:カードローン, 即日発行のカードローン    

クリスマスキャッシング

ネコ
クリスマス何するにゃ?

ひげ
サッカーに決まってるぜ!

ネコ
(いい加減彼女作れよ…)

明日からはクリスマスを含んだ3連休ですね。レストランでデートして、プレゼント交換をしたいけれど、お金がなくてできない、という方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方でも即日融資可能なキャッシングサービスであれば、まだ間に合います。最短30分審査でその日に現金を手にすることも可能です。

昨今の消費者金融の即日キャッシングであれば、金利無利息期間もあるので、次の給料日で返済すれば、利息を払わなくても済む場合もあります。

とはいえ、何かと利用に不安のあるキャッシングの即日融資。本当に利用しても大丈夫なのか、利用するべきなのかなどをここで徹底解説しちゃいます。

 

好きなテーマから読む

即日でキャッシングするには?

時計

即日でキャッシングを利用したいという場合、通常のキャッシングに追加で条件が課されていることがあります。しかし、そこまで難しい条件ではありません。

即日融資に対応している会社で選ぶ

最初に重要なことは即日融資に対応する会社を選ぶということです。大手の消費者金融は、ほとんど対応していますし、最近では銀行系カードローンでも対応するようになってきています。しかし、すべてのサービスで対応しているわけではないのでよく確認しましょう。即日融資対応であれば、公式ホームページで告知されていることが多いので、申し込みの前にしっかりと確認するようにしましょう。

申し込み時間に要注意

即日融資を受けたい場合、申込時間に一定の制限が課されていることが多くあります。その時間は会社によって異なり、早い会社だと当日の正午までに契約手続きが完了しているということもありますが、大体の会社では14時前後を目安に契約完了、もしくは申し込み手続きが完了していれば即日融資が対応できるとしています。

消費者金融では、自動契約機が22時ごろもまで空いているので、自動契約機の受付時間までに審査が通過すれば間に合う可能性があります。

ただし、申し込みの込み合い具合や審査の進行状況などによって、審査に時間がかかってしまう可能性があるので、可能な限り早く申し込むことが得策です。

必要書類や在籍確認の準備も

即日で利用するためには、当日中に審査が完了しなければならないので、本人確認書類や収入証明書類などの必要書類の用意を怠ってはいけません。

特に銀行系カードローンでは「自社口座を所有している場合、即日融資可能」としている会社もあります。そのため当該口座を持っていない場合、カードローンの申し込みと同時に開設手続きを行う形となり、即日融資対応はできない場合もあります。

また即日融資と言っても在籍確認は行われるので、その対応が完了しなければ即日融資が不可能になってしまいます。即日融資を行うためにも、勤め先へ在籍確認の対応をしっかり確認しておくとともに、金融機関に時間指定などがあれば事前に伝えておくと良いでしょう。すべての要望に対応できるわけではありませんが、企業としてできる範囲で対応してくれます。即日融資の在籍確認についてもまとめているのでチェックしてみてください。

 

キャッシング即日融資のメリット

メリット

即日融資に対応してくれる会社には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

その日から現金を借りることができる

即日融資最大のメリットは融資を受けるまでの早さです。トラブルがあって当日中にお金が必要、というときでも非常に心強い存在です。

申し込みは無人契約機だけではなく、スマホなどからも可能で、ネットのみで申し込みを完了できる商品もあります。融資もインターネットキャッシングを使えば、その日に対応できるため、状況に応じた即日融資に対応してくれる商品が増えてきていますよ。

担保や保証人は不要で自分の審査のみ

即日融資可能なキャッシングでは、担保や保証人を用意する必要がなく、自分の審査のみで受けられるというメリットもあります。

仕組みとしては、保証人の代理となる保証会社を利用する事で、無保証無担保の融資を実現しています。事前の用意や確認に何かと手間がかかる担保や保証人が要らないため、スピーディな融資を実現しています。

近年は、保証人や担保を用意することが難しくなっており、即日融資以外のカードローンやキャッシングにもこの流れは広まっています。

ネット・Webのみで完結できる商品も

即日融資可能なキャッシングの中には、それ以外の部分でも利便性を上げるためにいろいろなサービスを展開していることがあります。

その中でも人気があるの、Web上で申込から融資、返済まですべてを完結できる商品です。例えば消費者金融のモビットなどが提供しているのですが、ローンカードをなくし振込融資専用のローンとすることで郵送物や電話連絡などをなくし手、軽に利用できるようにした商品です。

土日の即日融資対応商品もあり

Web上で完結する以外にもコンビニATMと提携するほか、無人契約機を設置することで土日祝日や営業時間外でも対応できるようにした商品があります。

例えばCMなどでも有名な三菱東京UFJ銀行バンクイックでは、平日よりも営業時間を縮小していますが、土日祝日でもテレビ窓口での申し込みに対応しています。即日融資以外にも銀行ならではの低金利ローンであることも魅力の一つです。

大手消費者金融のアコム、プロミス、アイフルなどでも休日の即日融資に対応しています。

 

即日のキャッシングは不安?

不安

駅前などに貼られている「即日融資」と宣伝する怪しい広告を見た方などは、即日というだけで怪しい会社ではないかと考えてしまうかもしれません。また利用したいが家族にばれてしまうのではという不安はそれなりに多いかと思います。

変な会社で騙されてない?

迷惑メールや駅前の怪しい広告などで「即日融資」と宣伝する企業があり、即日融資というだけで変なイメージを持たれることがあります。

実際違法な金融機関も存在するのですが、貸金業の認可を受けた消費者金融も即日融資を提供していますし、今は大手で有名な銀行でも即日融資のキャッシングを提供しています。

例としてはCMなどでおなじみな三菱東京UFJ銀行のバンクイック、店頭に無人契約機を設置している三井住友銀行、UFJと三井住友銀行と並び三大メガバンクと言われているみずほ銀行などです。心配な方はこのような信頼を置ける金融機関に申し込みをしましょう。

家族や共同生活している住人にばれない?

確実にばれない、とまでは言い切れないのですが、企業として利用者の個人情報を最大限守るので、しっかりと返済していれば家族にばれるということはありません。

消費者金融の中には郵送物を一切なくしてWeb上で完結する会社もありますし、郵送物がある会社でも契約書やローンカードは第三者にわからない包装で送られてくるなどの配慮を行っています。

むしろ家族にばれてしまう理由としては、返済をする中で領収書が見つかるや、開封した書類を家族に見られた結果ばれてしまうという利用者の手違いで発覚する事が多いので不安な方はしっかりと自分で対策をするとことが大切です。

 

即日融資のキャッシングその審査基準は

壁

即日融資であっても審査は存在します。基本的に通常の審査と何ら変わらない審査基準で行われるのですが、即日融資可能場合はその審査スピードが速いという特徴があります。

キャッシング審査には何を見ている?

キャッシングの審査基準は基本的に未公開であり明確な基準はわかりません。一般的にはスコアリング審査と信用情報の二点が重要視されるといわれています。

スコアリング審査とは、収入や職業などの情報を一定の基準で数値化して、個人の経済状況や信用度を客観的に判断するための審査です。

信用情報とは個人が利用してきた融資や月賦払いなどの情報を集めたもので、これには過去に利用した商品や現在利用している金融商品について、返済中や完済、滞納や未納などの記録が残っています。

キャッシングではこの二点を中心に書類確認や在籍確認などを行うとされています。

即日融資のキャッシングは審査が甘いの?

即日融資は、審査の時間が早いという事です。とはいえ審査が甘くなるという事はありません。即日融資が可能という会社の多くは、独自の審査基準で素早い審査を行っているだけで、審査基準を甘くしているというわけではありません。

審査スピードはどのくらい?

即日融資可能なカードローンであれば、審査スピードも最短即日となっています。早い会社であれば審査は30分から45分程度で終了します。

これはあくまでも最短の場合で、申し込みの混雑具合や審査の進行状況などによって審査結果回答が翌日に回されてしまう可能性もあります。最短30分と書かれていても、なるべく早めに申し込むようにすることが大切です。

申し込み審査から融資までをより早く行うために

即日融資は金融機関の事情も大切ですが、申し込む側の対応不備で即日ができなくなることも多いです。そのため申し込みの際は以下の点に気を付けて申し込みを行いましょう。

記入ミス・記入漏れを避けること

審査が遅れてしまう原因として、申し込んだ際の情報などに不備や漏れがあると確認に時間が必要になったり、審査に落ちてしまったりするという事があげられます。そのため、申し込みの際の情報記入は焦らずに正確に記入しましょう。

記入漏れ、記入ミスを避ける方法としてインターネットからの申し込みをおすすめします。インターネットであれば、記入漏れがあった場合にアラート画面が出てくれるので、必要項目を確実に埋めることが可能です。

必要書類は事前にそろえておく

申し込みの際には本人確認書類が必ず必要で、一定額以上の借入れの場合は収入を証明する書類が必要となります。

本人確認書類は運転免許証やパスポートが一般的で、それらがない場合は保険証と住民票などセットが必要になります。収入証明書類は、最新の源泉徴収票や確定申告書、または直近の給与明細2か月分と1年分の賞与明細などになります。これらは即日で用意するとなると意外と手間取ることが多いので、申し込みの前に用意しておきましょう。

収入証明書類が用意できない場合には、収入証明が必要ない金額で申し込むのもよいでしょう。

また配偶者貸付を利用する場合や外国の方の場合は、追加で書類を求められることがあります。ホームページなどに記載されているのであらかじめ確認しておきましょう。

カード発行場所も把握しておく

最近のカードローンは銀行口座への振り込みでの融資に対応する会社も多くなっていますが、これは手元に対応する口座がないといけませんし、時間外の申し込みは翌日対応となってしまうことが多いです。

またネットや電話のみでの申し込みの場合、ローンカードは郵送となるので振込での借入以外では即日対応しないことが多いです。

消費者金融や一部の銀行では無人契約機でのローンカード発行に対応しています。手元に対応する口座がない方や振込時間外になってしまった場合なども考えて、あらかじめローンカードを発行できる無人契約機の場所を確認しておくことをおすすめします。

過去の支払いに延滞がないのに審査に落ちてしまった?

「過去に支払いの延滞を起こしている」というのは、審査落ちの大きな要因として挙げられますが、それ以外の可能性としては以下のことが考えられます。

経済的に余裕がない

審査において重要になってくるのが信用と返済能力、つまり経済的な余裕です。そのため収入が少ない場合や安定性がない場合は、経済的な余裕がないと判断されて審査においてしまいます。

ここでのポイントとして収入額も大事ですが、それと同様に安定性も大事であり、安定性がない仕事についていると判断されると多少収入が高くても落ちてしまう場合もあります。

他社から借入額が多い

経済的な余裕に含まれる部分でもあるのですが、他社からの借入額が多い場合も審査に落ちてしまいます。借入額が多いという事は、月々の収入の中で返済に回される金額も多いという事で、経済的余裕がなく、返済不能になるリスクが大きいためです。この場合、現在の借金額を少なくしてから、申し込むこともっ必要となります。

申し込み内容に虚偽申告・間違いがあった

その他の理由として考えられるのが申込内容に虚偽、または間違いがあったという事です。勤務先や現在の借入額、住所、氏名などで記載に間違いがあった場合は金融機関が確認をとれないので審査に落ちてしまう場合があります。

同様に意図的な虚偽申告や、他人の身分証などを利用したなりすまし行為なども発覚した場合、当然ですが審査に落ちることになります、このような事がないように申請内容についてよく確認する事が大切です。

 

キャッシングの即日融資申し込み〜審査~借入れまでの流れを解説

申し込み

ここでは即日融資を利用したキャッシングの利用申し込みから利用開始までの流れを解説していきます。
ただし会社によって申し込みの手順や方法は異なりますし、自動契約機の有無や申し込み時間の制限なども異なります。ここでの解説は、あくまで一例として捉え、実際の申し込み手順は各会社のホームページなどでしっかりと確認しましょう。

スマホ・タブレットやPCを使ってインターネットの公式サイトから申し込み

申込方法として一番おすすめはPCなどを利用してインターネットの公式サイトから申し込むことです。これであれば自宅などで申請に必要な情報などを確認しながら申し込むことができるので、申し込みの際の間違いなどを減らすことができます。

上述した通り、即日融資を受ける場合、14時前後までに申し込むという条件を課している会社が多いですが、時間ぎりぎりだと混雑具合などから即日融資ができない場合があります。そのため可能な限り早めに申込行うようにしましょう。自動契約機が22時まで営業しているサービスでも、21時までには審査を完了してある状態にできるように余裕をもって申し込みを行いましょう。

インターネット以外では、無人契約機での直接申し込みや電話、郵送での申し込む方法もあります。しかし郵送の場合は、即日融資が絶対にできないので、急ぎの方は選ばないようにしたいです。

申し込みした金融機関より審査回答

申込以降の流れは会社によって異なります。申請された情報のみで簡単に終わる仮審査を行い、そのあとに書類提出、そして本審査という会社もあれば、申込と同時に書類提出を求めすぐに本審査を行う会社もあります。

どのような流れであっても、本審査前に在籍確認があり、その後審査結果の回答が行われる流れとなります。

簡単な手続き・契約を完了させカード発行完了

審査に通過したら契約となります。契約の方法としてはネット上で行う物と契約書が郵送されるタイプ、また審査後に無人契約機で契約を交わす方法もあります。

その際にローンカードの発行は、銀行系カードローンの場合は郵送となりますが、消費者金融など無人契約機を設置している会社であれば無人契約機での受け取りも可能です。

ローンカードがあればATMなどでキャッシング可能

ローンカードを受け取ったのであれば提携ATMなどから融資を受けることが可能です。振込キャッシングの場合、スマホなどから振込の申請を行い、口座に振り込んでもらった後に自分の口座から引き出すという形で利用できます。

無人契約機を利用するのであれば、ほとんどの会社ではATMを併設していますから、その場で融資を受けることも可能となっています。

注意点:振込キャッシングの場合は当日振込み対応時間にかなりの制限がある

現在ほとんどの金融機関では振込での融資を受け付けているので、ローンカードが手元になくても融資を受けることが可能です。

ただし振込キャッシングの場合、融資受付時間がATMよりも短い傾向にあるので注意が必要です。もし審査は終わったが時間に間に合わないという場合は、無人契約機でローンカードを受け取り提携ATMなどから引き出す形で融資を受けることをおすすめします。

 

初めて利用するキャッシングで即日融資!基礎知識も知っておきたい

初心者

即日融資を期待する方の中には、今回の利用が初めてという方も多いかと思います。そこでここでは初めて利用する方のために基本的な解説をしていきたいと思います。

銀行系カードローン

銀行系カードローンはその名前の通り銀行が提供するカードローンのことで、低い金利に自社ATMやネットバンキングなどのインフラの強さを売りにしていることが多いです。また総量規制の対象外という事で、おまとめローンでの利用などにも使われますし、自社住宅ローン利用者であれば金利が低くなるなど自社サービスとの連携も魅力となっています。

消費者金融系カードローン

個人向け融資として銀行と並んで人気があるカードローンが消費者金融系カードローンです。金利は高めですが、融資までの速さやネット銀行と提携しての即時融資、無利息期間など銀行にはないサービスを提供することで差別化を図っています。

金利は銀行系が低い傾向に

銀行と消費者金融の金利を比べると、銀行は金利が低い傾向にあります。消費者金融の場合、実質年率18.0%程度を上限金利に設定していますが、銀行系の場合は上限で15.0%程度の設定が多く、さらに低い会社も存在します。また、自社サービスとの連携でもっと金利を抑えることも可能となっています。

消費者金融は即日融資や無利息期間が強み

銀行と比較すると金利が高めの消費者金融は、即日融資や無利息期間などの面で銀行との差別化を図っています。

無利息期間とはその名前の通り「決められた一定期間の間は無利息」という物でその期間の間に完済した場合利息を支払う必要はありませんし、期間を過ぎてから利息の計算が始まるので通常のカードローンよりお得というものです。無利息期間は「初回限定」「30日」という会社が多く、新規顧客獲得のためのサービスという面が大きいのですが、銀行には珍しいサービスとなっています。

またネット銀行と提携して申し込みから1分以内に振り込みキャッシングを行えるようにする企業あるなど、ローンカードがなくともスピード融資ができる会社が増えてきていることも魅力の一つです。

消費者金融系は総量規制がある

消費者金融には総量規制があるという特徴もあります。総量規制とは法律に定められている決まりで、簡単に言うと「特定の目的や条件以外では年収の三分の一以上の貸付を行ってはならない」というものです。総量規制があるため高額な借り入れは難しくなっていますし、無職や学生、専業主婦の利用も難しくなっています。

カードローン審査の厳しさ

スコアリング審査と信用情報で審査を行うと言っても、この二点をどう判断するかは会社によって異なります。

審査の厳しさとして考えられるのは、金利が高く利用限度額が低ければその分リスクをとることができるので判断基準は落とされ、金利が低く利用限度額が高ければ基準は厳しく設定されるということでしょう。しかしこれはあくまでも一般論であり、実際の審査基準や判断材料などについては審査を受けてみないとわかりません。

審査で信用情報は必ずみられる

信用情報についてですが、これはまず間違いなく確認されます。消費者金融の場合、法律で信用情報の確認が義務づけられていますし、銀行も同等の審査を行うので信用情報を確認しない金融機関というのはまずないでしょう。

ただし信用情報に書かれているのは滞納や未納、どこの会社のどのようなサービスを利用したかなどの客観的情報であり、この情報をどう判断するかは金融機関によって異なってくるので、「A社では落ちたがB社では受かった」という事もあり得ます。

キャッシングでは在籍確認がある

またキャッシングでは一部の例外を除いて在籍確認が存在します。在籍確認とは申請の際に記入された勤務先に勤務しているかを確認するために、勤務先に電話をすることです。

消費者金融であれば担当者の個人名、銀行であれば銀行名を出すだけでカードローンについての話はしませんし、人によっては本人も気づかないうちに在籍確認が終わることもあるくらい簡単なものです。

 

目的別に選ぶ、即日融資のキャッシング

選択肢

それでは次に、即日融資の中でも目的別や特徴別にどのようなキャッシングがよいかを紹介していきます。

勤務形態がアルバイト・パート・フリーター

カードローンの利用条件として「安定した収入があること」という物を掲げる会社が多いのですが、収入額については指定がないのでアルバイトやフリーターでも制限なく利用できます。ただし消費者金融の場合総量規制がありますし、銀行の場合でも審査があるので希望する利用限度額には気をつけたいものです。

無利息サービスを利用したい

無利息サービスを展開しているのは主に消費者金融となります。大手消費者金融のアイフル・アコム・プロミスをはじめとして、一週間の無利息ローンを繰り返し利用できるノーローンなど幅広い消費者金融が展開しています。また新生銀行カードローンレイクなど一部の銀行も提供しています。

来店不要で郵送なしのWeb完結サービス

インターネット申し込みに対応する消費者金融の多くは、来店不要で利用できますが郵送物なしのWeb完結となると選択肢は少なくなります。大手銀行ではみずほ銀行がWeb完結を掲げていますし、大手消費者金融ではモビットとプロミスが同様のサービスを提供しています。また地方銀行でWeb完結を掲げる会社も最近は増えてきています。

専業主婦なのですが…

収入がない専業主婦の方であれば銀行系カードローンがおすすめです。総量規制がある消費者金融でも配偶者貸付という特例を用いれば利用できますが、大手消費者金融は取り扱いをしていません。

銀行系であれば貸付額に上限があるなどの条件は課されますが、専業主婦でも配偶者の同意なしで利用できるものもあります。

土日祝日でも融資・借り入れが可能

土日祝日でも借り入れが可能なサービスは大手消費者金融、銀行のどちらも提供しています。コンビニATMとの提携やネットバンクと提携することで、365日いつでも利用できるカードローンが増えてきています。

気を付けていただきたいのは、在籍確認です。貸す側が土日祝日対応をしてくれていても、借りる側が対応できないと即日融資ができません。そのため、土日祝日などの即日融資には在籍確認の対策が必要です。勤め先が休業の場合は、書類等で代替えできるか金融機関に相談してみるのもひとつです。

おまとめローンを希望

複数の借金を一つの契約にまとめるおまとめローンは主に消費者金融が提供しています。これは「おまとめローン」という形で提供していないというだけで、銀行の場合は低金利で総量規制の対象外のため、通常カードローンがおまとめローンと同じ役割になります。

無人契約機の台数が多いのは?

無人契約機の台数が多いのは圧倒的に消費者金融です。大手消費者金融であれば全国的に無人契約機を設置している一方で、銀行ではもともと消費者金融であった新生銀行レイクや、消費者金融を傘下にいれたUFJや三井住友銀行など一部の銀行カードローンしか対応できません。

審査を待つ時間も嫌。審査回答が短い会社を選ぶ

即日融資が可能な会社であれば大概審査回答も早いです。最短1時間や45分、早い会社だと30分という企業も珍しくないので即日融資対応の会社であれば気になるほど審査時間は長くありません。審査回答時間で選ぶのではなく、その後の融資方法でご自身がより早く手続きできるもので選ぶと良いでしょう。例えば、ローンカードでATMの即日融資を受けたいのであれば、近くに無人契約機がある会社の商品を選ぶと良いでしょう。

女性向け(専用)の即日キャッシング

女性専用のキャッシングとしてはレディースキャッシングがあります。これは担当者や受付を女性のみにして相談などをしやすくしたものです。プロミスやアイフルなどの消費者金融が主に展開しているほか、みずほ銀行など一部の銀行でも展開しています。

スマホですぐに即日スピード融資

今はむしろネットに対応しない金融機関のほうが珍しいくらいなので、ほとんどの企業でスマホからの申し込みを受け付けています。会社によってはスマホアプリを提供して、アプリから必要書類を提出できるというサービスを提供しています。

 

即日キャッシングのQ&A

クエスチョン

最後になりますが、即日キャッシングによくある疑問について解説していきます。

即日キャッシングの場合利用限度額は低くなってしまうの?

即日融資だからと言って、利用限度額が低くなるという決まりはありません。収入証明を提出しない場合や審査の都合で限度額を低く設定されてしまう可能性はありますが、そういった問題がなければ利用限度額が落とされる事はありません。

18歳の未成年や大学生もキャッシング即日融資が可能?

どういった人間が利用できるかは会社の方針によって異なります。しかし未成年が使えるという会社はありませんから、一般的な企業であれば利用できません。利用条件として20歳以上60歳(会社によっては65歳や70歳という場合も)が掲げられているので18歳の人間は利用できません。
学生の場合、学生というだけでは収入がないので利用できませんがパート・アルバイトなどで収入がある方であれば利用できます。

利用できない人について

未成年のほかに利用ない方としては70歳以上の高齢者があげられます。また高齢者の中でも年金収入しかないという方は会社によって対応が異なり、年金収入も収入として認める会社もあれば認めない場合もあります。他には収入がない方は原則利用できません。ただし専業主婦の方は特例として対応する会社もあります。

キャッシングを即日融資後に即日返済可能?

即日融資をされた当日に即日返済をすることも可能です。カードローンの多くはリボ払いを返済方式として取り入れており、自分の余裕があるときに追加返済や完済を行うことができます。そのため翌日に返済することも可能ですし、借りた当日に完済することもできます。会社によっては「ATMの時間外手数料を払う代わりに借りて、翌日に返済する」といった使い方をすすめている会社もあります。

即日返済の場合利息はどうなる?

利息は借り入れ日数で計算しますが、即日返済の場合0日という事で利息は必要ありません。

民法第140条にて「日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。ただし、その期間が午前0時から始まるときは、この限りでない。」としているので、借り入れ初日は契約期間に含まれません。翌日から「利用日数1日」として計算を始めます。

 

まとめ

ここまで即日融資のキャッシングの基本から具体的な商品の比較までできる限り網羅するように解説してきました。

即日審査・即日融資対応のカードローンは現在大手金融機関以外にも中小消費者金融や地方銀行などでも提供を開始しています。そのため即日融資だけで選ぶのではなく、それぞれの特徴をよく比較して自分に合ったカードローンを選ぶようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

審査が甘いカードローン?絶対即日発行したい方へ

審査基準は未公開となっていますが、カード会社によって異なるのは確かです。そのため審査が通りやすい、い

記事を読む

カードローン審査通過

知らなきゃ損!カードローンの審査通過のための秘訣とは?

カードローンを利用してお金を借りるには、審査が必要だということをご存知でしたか?

記事を読む

利息の仕組理解してる?キャッシングの金利設定や計算方法などについてまとめてみました!

急にお金が必要になってしまった、でも手元にも口座にもお金の余裕がない、どうしよう?そんな風に

記事を読む

カードローンの審査

カードローンの審査ってどんなことをするの?

テレビのCMでもよく見かけるカードローン。貸出に際しては審査が発生しますが、どのよう

記事を読む

おすすめキャッシング

キャッシングするならどこがおすすめ?キャッシングを比較してみました

おすすめのキャッシング3社 キャッシングしたいけど業者が数多くあって、どこを選べば

記事を読む

審査が甘いカードローン?絶対即日発行したい方へ

jarmoluk / Pixabay[/caption]審査基準は未

2017.01.14 Sat

今すぐお金が必要!急いでいるなら即日審査のカードローンから選ぼう

nile / Pixabay[/caption] 融資を急いでいる

2017.01.13 Fri

三井住友銀行
銀行のカードローンでも即日発行できる会社はある!

By: yo &[/caption]どうしようもないお金の不足という

2017.01.08 Sun

休みでも今すぐ借り入れたい!休日即日融資できるカードローンとは

JESHOOTS / Pixabay[/caption]冠婚葬祭、突

2017.01.08 Sun

カードローン利用前に知っておきたい金利の相場や計算方法から各社比較まで徹底解説

PDPics / Pixabay[/caption]急な出費に対応す

2017.01.04 Wed

もっと見る

PAGE TOP ↑