8年連続顧客満足度第1位のソニー銀行の魅力を分析してみた

カテゴリー:銀行・預金    

2015年2月1日付けの日経ヴェリタス「第11回日経金融機関ランキング」で見事第1位に輝いたのはソニー銀行でした。ソニー銀行は8年連続で首位を突っ走っているが、意外に数字で見る表面上の優位性が見当たらないという方も多いのではないでしょうか。

普通預金の金利面で見ると、他サービスとの連携で高金利を実現している、楽天銀行やイオン銀行の方が魅力的にも感じますし、定期預金でもネットバンクの上位銀行には劣ります。

それでもなぜソニー銀行は支持され続けるのか?

今回は、ソニー銀行が指示され続ける理由について解析していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ソニー銀行とは?

ソニー銀行は、2001年に営業を開したインターネット専用銀行です。開業で言えば、ジャパンネット銀行に次いで古く、日本のネット銀行でも歴史のある銀行です。

ネット銀行業界ではどんな銀行なの?

店舗を持たない銀行として、その固定費を削減し、金利や手数料の面で顧客にとって優位なサービスを展開してきました。とはいえ、下の表でもわかるように、その後15年間で多くのネット銀行が設立され、金利などの数字面では、業界でそこまで優位性のある数値ではありません。(下記表は2015年08月10日現在)

ソニー銀行(円普通預金) イオン銀行
(イオンカードセレクト適用時)
楽天銀行
(マネーブリッジ適用時)
SBI住信ネット銀行
(SBIハイブリット適用時
0.02% 1.2% 1.0% 0.7%

※ソニー銀行の預金金利(円預金・外貨預金)は、随時見直されます。また、金融情勢等によっても変更します。最新の金利は、ソニー銀行ホームページ内で確認ください。また、取引の際には、ソニー銀行ホームページ内で取引条件等の最新情報を確認ください。

 

ではなぜソニー銀行が支持され続けるのか

正直なところ、日経ヴェリタス「第11回日経金融機関ランキング」で常に1位にいるソニー銀行に対し、そのランキングに疑問を抱いている方も少なくはないでしょう。

なぜソニー銀行が支持されるのか。ここからはソニー銀行の魅力やメリットについて解説していきたいと思います。

安心の電話対応

ソニー銀行 イオン銀行 楽天銀行 SBI住信ネット銀行
約5秒 約30秒 約60秒以上 約60秒以上

上の数字が何を意味しているか分かりますでしょうか。これは各HPのトップ画面から、問い合わせの電話番号までたどり着けるおおよその時間です。(独自分析)

ネット銀行のデメリットとして店舗を持たない分、問題の解決に手間取ってしまうことがあげられます。特に多くのネット銀行では、電話対応で問題を解決するのではなく、よくある質問やQ&Aページなどを充実させることで、電話の前に問題を解決させるように誘導する作りをしているように感じます。

ソニー銀行以外の銀行でも、電話番号での問い合わせは可能ですが、実際に電話番号までにいきつくにはかなりの時間が必要になります。しかし、ソニー銀行ではトップ画面を開き、すぐ見える「問い合わせ」のリンク先に電話番号が1番に記載されています。

もちろん他行と同じようによくある質問や、急いでない方には問い合わせフォームも用意されています。

ネット銀行でありながら店舗を持つ銀行のように、人での対応を優先的に行っている点は、ネット銀行では珍しく、安心できる大きな魅力です。

住宅ローン専用の施設「住宅ローンプラザ」も

東京の八重洲には住宅ローンの相談窓口として「住宅ローンプラザ」もあります。年末年始以外は、土日祝含めて、住宅ローンアドバイザーが対人相談に応じてくれます。事前予約も可能で、待ち時間を作ることなく利用できます。

このような対人関係を重視したサービスの充実が、顧客満足度につながっているのでしょう。

利用可能ATMは全国で9万台超

ネット銀行は実店舗や自社ATMを持ていない場合も多く、ATM利用に困るということもあります。

ソニー銀行では、セブン銀行やイオン銀行をはじめ、全国で9万台以上の提携ATMで利用が可能なので、かなりのカバー率を誇ります。

また、セブン銀行とイオン銀行では24時間何度でも利用手数料が無料で、その他の提携ATMでも月4回まで無料になっています。

銀行を利用する上で、欠かせないATM利用に関して、ソニー銀行のサービス充実度は、業界でも最高水準にあると言えます。

充実の預金商品

金融商品、特に預金商品の充実もソニー銀行の魅力の1つです。その中でも外貨預金の魅力を説明したいと思います。

選べる通貨は12種類

ソニー銀行の外貨預金は、12種類もの通貨から選ぶことが可能です。楽天銀行は8通貨、SBI住信で9通貨ですので、その取り揃えは豊富だと言えるでしょう。

様々な通貨に預金できることで、よりリスク分散も可能になりますね。

500円から可能な積立購入

ソニー銀行の外貨預金では、積立購入が可能で、最低購入価格は500円から設定可能です。また、購入日も毎日や毎週、毎月(3日まで設定可能)とご自身のサイクルに合わせた購入設定ができます。

他にも購入上限レート設定で、円安時は購入しないといったことができるので、初心者の方でも始めやすいカスタマイズができるようになっています。

毎月12通貨に500円ずつ購入といった設定もできるので、為替リスクを伴う外貨商品を長期的に、安定した運用もできるようになります。

貯めた外貨はそのまま他の外貨商品へ「外貨ワールド®」

「外貨ワールド®」は、同一通貨の外貨商品間の移行を手数料無料で行うことができます。このサービスを利用すれば、円に戻して、別商品で再度外貨にするといった、2回分の為替手数料を省くことができます。

また、外貨をそのまま受け取る「外貨宅配」といったサービスもあり、海外旅行前にも重宝します。

外貨ワールドを利用すれば、様々な商品への投資の広がりを身近にしてくれます。

メガバンクから自動入金「おまかせ入金サービス」

ネット銀行を考えているけど、会社の給与支払い口座はメガバンクに指定されていて、なかなかメイン銀行を切り替えられない。

そんな人にオススメなのが「おまかせ入金サービス」。毎月指定金額を各金融機関からソニー銀行の普通預金口座へ手数料無料で入金できます。

例えば、ソニー銀行で外貨預金の積立購入を始めたいが、給与振り込みは別口座という方。毎月、設定した積立金額を「おまかせ入金サービス」で設定してしまえば、ご自身での入出金の手間なく自動運用ができるようになります。

 

まとめ

ソニー銀行の魅力はいかがでしたでしょうか?

ネット銀行は、ついつい金利優遇に目がいってしまいがちですが、その他のサービスにも目を向けてみてください。

ソニー銀行は、様々なネット銀行が乱立してきてたこの時代で、独自のサービスを持っている魅力的な銀行です。

特に、対人相談を充実させている点において、ネット銀行口座を初めて開設する20代前半の方やインターネットの操作に自信のない年配の方にオススメなことから、ソニー銀行を推したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

楽天マネーブリッジ

証券口座と銀行口座をお得に活用!楽天マネーブリッジ

ネット銀行には、証券口座と銀行口座が連動したサービスを提供しているところがあります。 その1つが今

記事を読む

不正送金の対処方法

ネットバンキングで多発する不正送金!銀行が導入する対処方法とは?

最近、インターネットバンキングを利用していて、不安になることはありませんか? 自分の口座から、不正

記事を読む

これで悩みも解消!?貯金が苦手な人の為のおすすめな本15選

貯金をしたいと思っても、なかなかうまくいかず、お悩みの方も多いのではないでしょうか。お金

記事を読む

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行で口座を開設するメリットをまとめてみた

「ネット銀行の口座を開設したいけど、多すぎてどこにすればいいかわからない。」 新しくネット銀行

記事を読む

預金口座の作り方

預金口座の作り方~メインとサブを使い分けよう

新社会人や、自分名義の口座をこれまで持っていなかった主婦の方などが、これから預金口座を作りたいと思っ

記事を読む

ACマスターカードの必要書類は用意した?申し込み前に注意点と一緒に確認しておこう

Unsplash / Pixabay[/caption] ACマス

2017.02.24 Fri

ルミネ
ルミネカードのキャッシング機能は条件付き!その条件と利用方法とは?

By: shibainu[/caption] ルミネだけでなく

2017.02.23 Thu

Tポイントを効率よく貯めるなら!Yahoo!JAPANカードのすすめ

By: abhisawa[/caption] TSUTAYAや

2017.02.16 Thu

アコムカードローン
アコムのカードローンを検討中の方へ!申し込み方法や審査、借入れ、返済方法まで徹底解説

アコムは言わずと知れた大手消費者金融です。アコムはただ大手の消費者金融

2017.02.11 Sat

天神エリアのお買い物に!VIOROカードのすすめ

umehanayuuki / Pixabay[/caption]

2017.02.10 Fri

もっと見る

PAGE TOP ↑