電気代もガス代もクレジットで一括管理!東京ガスのガス・電気セット割

カテゴリー:節約術まとめ, お得なサービスまとめ    

東京ガスのでんき

「ガス会社の電気って?」と思う方もいるでしょう。

ガス創成期から活躍してきた都市ガス事業者最大手だけに、ガスのイメージしかないように思われているかもしれません。しかし、電力小売全面自由化によって、東京ガスも電力小売事業に参入して事業者の内の一社です。2017年にはガスの小売自由化もありますので、同じエネルギー分野の電気を扱うのはいたって自然な成り行きだったのかもしれません。

 

「東京ガスのでんき」とは

東京ガスは、以前まで東電が独占していた「低圧分野」と呼ばれる家庭向けおよび中小企業向け市場に注力しています。実際に、東京ガスはこれまでグループ企業を通じて大企業向けの電力販売を行っており、新規電力参入では最大手になります。

家庭向けでは「エネファーム」という家庭用燃料電池コージェネレーションシステムを投入し、電気供給の実績を積み上げてきました。

最近は、電気の自由化で自分たちの使う電気の発電方法を気にする人も多くなりました。環境への負荷が比較的少ないクリーンエネルギーが注目されているのも、そのような背景があります。天然ガスは、そのクリーンエネルギーの1つに挙げられます。

東京ガスは、自社の液化天然ガス(LNG)火力発電所(従来は石炭)で供給に十分な電力を発電しています。要するに、ガスで作った電力を販売しているのです。自前調達で安心して任せられるのが、「東京ガスのでんき」なのです。

公式今の電気料金がどのくらい安くなるのか確認してみる

東京ガスのでんきプラン

電気料金のメニュー「ずっとも電気」は使い方によって3タイプから選べます。

東京ガスのでんきプラン特徴東京電力に相当するプラン
ずっとも電気1「ずっとも電気1」契約電流が30、40、50、60アンペアのプラン従量電灯B従量電灯B
ずっとも電気2「ずっとも電気2」契約容量が6kVAより大きい人のプラン従量電灯C従量電灯C
ずっとも電気3「ずっとも電気3」商店、事務所、工場、マンション共用部などでモーターや大型エアコン等の動力を使用する人のためのプラン低圧電力低圧電力

 

ずっとも電気1の料金

単位料金(税込)
基本料金(1ヶ月あたり)30A1契約842.40円
40A1,123.20円
50A1,404.00円
60A1,684.80円
電力量料金第1段階料金140kWhまで1kWh23.24円
第2段階料金140kWhを超え350kWhまで23.45円
第3段階料金350kWhを超えたもの25.93円
最低月額料金1契約540.00円

 

ずっとも電気2の料金

単位料金(税込)
基本料金(1ヶ月あたり)1kVA280.80円
電力量料金第1段階料金360kWhまで1kWh23.21円
第2段階料金360kWhw超えたもの25.99円

 

ずっとも電気3の料金

単位料金(税込)
基本料金(1ヶ月あたり)1kW1,018.44円
電力量料金第1段階料金[契約電力×130] kWhまで(※2)1kWh夏季16.91円その他季15.37円/td>
第2段階料金[契約電力×130] kWhを超えたもの18.37円18.26円/td>

 

「東京ガスのでんき」はどのくらい安くなる?

例えば、東京電力重量電灯Bで月間使用量が500kWhの場合、東京ガスの「ずっとも電気1」(ガス・電気・セット割を適用)に当てはめると、料金は12,320円となり、月々で1,229円もお得になります。しかも、電気料金1,000円につき、15パッチョポイントもついてきます。

さらに具体的に見てみましょう。

2人家族の場合(年間使用3,600kWhと想定)

「ずっとも電気1」(ガス・電気・セット割を適用)を当てはめると電気代が年間でおよそ4,200円浮くことになります。電気料金連携ポイント1,000ポイントと合わせて約5,200円/年が節約金額になります。

3人家族の場合(年間使用4,700kWhと想定)

電気代が年間およそ9,200円浮きますので、電気料金連携ポイント1,500ポイントと合わせて約10,700円/年が節約金額になります。

4~5人家族の場合(年間使用6,000kWhと想定)

電気代が年間およそ14,700円浮きますので、電気料金連携ポイント2,000ポイントと合わせて約16,700円/年が節約金額になります。

つまり、電気をたくさん使う世帯ほどお得になることがわかりますね。

公式今の電気代がどのくらい安くなるのか確認したい人はこちら

どんな世帯におすすめ?

「ずっとも電気1」は、家庭や商店、飲食店、マンション共用部等の電気の使用量の多い人向けです。要するに一般向けの電力プランになります。

「ずっとも電気2」は、照明等の電気機器を数多く使用する家庭、商店、事務所、飲食店、マンション共用部向けです。個人商店や2世帯〜住宅向けの電力プランになるでしょう。

「ずっとも電気3」は、モーターや大型エアコン等の動力を使用する商店、事務所、工場、飲食店、マンション共用部向けです。介護住宅でホームエレベーターや大きなエアコンの様な動力を使うものがある人は、これを選択しましょう。

一覧でまとめておきます。

「東京ガスのでんき」プランおすすめの世帯
「ずっとも電気1」家庭や商店、飲食店、マンション共用部等の電気の使用量の多いお客さま
「ずっとも電気2」照明等の電気機器を数多くご使用のご家庭、商店、事務所、飲食店、マンション共用部のお客さま
「ずっとも電気3」モーターや大型エアコン等の動力をお使いの商店、事務所、工場、飲食店、マンション共用部のお客さま

 

お得な東京ガスのガス・電気セット割

「東京ガス」のガスと電気を両方とも契約すると「ガス・電気セット割」が適用され、電気料金の基本料金が1ヶ月270円割引になります。年間でおよそ3,200円の割引です。小さくない節約額ですよね。

ガス・電気セット割は、ずっとも電気1、ずっとも電気2、ずっとも電気3のいずれもが対象になりますので、安心して下さい。

クレジットカード払いにするメリット

クレジットカード払いの設定にすると、ガスと電気の料金を簡単に一括管理できる上に、ガスと電気をまとめて支払うことで「ガス・電気セット割」も適用されて、お得になります。また、クレジットカードの還元率によってポイントを得ることもメリットになります。

口座割引振込とどちらがお得に?

口座振替割引は月々54円(税込)です。使うクレジットカードのポイント還元率によっては、クレジットカードの方がお得になります。

例えば還元率が1%なら、5,400円以上、2%ならわずか2,700円以上の使用額でお得になる計算です。1ヶ月の利用額、支払い用に設定するクレジットカードの還元率を確認しておくと良いでしょう。
 

貯まるパッチョポイントは共通ポイントへ交換が可能

月々の電気料金に応じて付与されるパッチョポイントは、還元率が1.5%(1,000円につき15ポイント)です。キャンペーン参加でも、このパッチョポイントをもらえますので、活かさない手はないでしょう。

パッチョポイントは、そのままでも東京ガスのオリジナルグッズや東京ガス施設見学会、賞品の抽選に使えます。もしくは、提携している共通ポイント(dポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONポイント)に交換することもできます。

ッチョポイントの有効期限は、ポイント付与日から3年経過後の月末、もしくは、解約する場合、ガス・電気の契約解除日から180日経過後の月末なので、共通ポイントに交換しておくと安心です。

さらに、共通ポイントに合わせたクレジットカードも作成しておけば、ポイント貯金も加速します。

dポイントを貯めるならならdカードGOLD

dカード GOLD
本人カード年会費10,000円(税抜)でポイント還元率は1%。docomoのケータイ・ドコモ光の料金が10%ポイント還元(1,000円につき100ポイント)になります。

電気・ガス・携帯電話をこの1枚で支払うことで、dポイントがどんどん貯まります。もしdocomoと契約したスマホもしくはインターネット回線があるならば、必携のクレジットカードと言えます。

dカードGOLDの補償

dカード GOLDには様々な補償も用意されております。

  • dカード ケータイ補償:docomoケータイが購入から3年以内に紛失・盗難または故障した場合、最大10万円までカバーしてくれます。
  • 海外旅行傷害保険:自動付帯で最高5,000万円まで補償。また、国内の空港ラウンジ利用も可。

Pontaポイントを貯めるならリクルートカード

リクルートカード
リクルートポイントとポンタは提携しているため、ホットペッパー・じゃらんを利用してPontaポイントを貯める事ができます。それにガスや電気の利用分もポイントとして貯められることを考えれば、相性は抜群です。

通常、年会費無料のクレジットカードでもポイント還元率は高くて1.0%ですが、リクルートカードは1.2%という高い水準を誇ります。

楽天ポイントを貯めたいなら楽天カード

楽天カード
サービス産業生産性協議会のJCSI日本版顧客満足度指数のクレジットカード部門で6年連続1位を獲得しているクレジットカードです。

ポイントの貯まりやすさで言えば、国内でもトップクラスのクレジットカードです。利用付帯で海外旅行傷害保険があるのも嬉しいポイントです。

実は、楽天も「楽天エナジー」という電気の小売販売を行っています。

楽天エナジーのスタンダードプラン(従量電灯B相当)

単位料金(税込)
基本料金(1ヶ月あたり)30A1契約1,247.20
40A1,247.20円
50A1,526.00円
60A1,804.80円
電力量料金第1段階料金120kWhまで1kWh19.43円
第2段階料金121を超え300kWhまで25.91円
第3段階料金301kWhを超えたもの25.91円
最低月額料金1契約無料

 

楽天エナジーのプレミアムプラン(従量電灯C相当)

単位料金(税込)
基本料金(1ヶ月あたり)1kVA284.80円
電力量料金第1段階料金120kWhまで1kWh19.43円
第2段階料金121kWhを超え300kWhまで25.91円
第3段階料金301kWhを超えたもの26.85円

最低月額料金が無料かつ少ない電力量であれば1kWh当たりの従量料金が安いのが特徴です。よく家を空ける事が多い独身世帯であればよいかもしれませんが、家族がいる世帯であれば「東京ガスのでんき」のほうが良いですね。

公式楽天の電気に切り替えてポイントを貯めたい人はこちら
 

Tポイントを貯めるならファミマTカード

ファミマTカード
毎週火曜日、土曜日にファミリーマートで買い物すると、ポイントが5倍になるファミマTカードです。ファミマTカードを提示するだけで、対象商品が値引きになるのも魅力的ですね。

ファミマTカードは支払い方法がリボルビング払いのみ、国際ブランドもJCBしかありません。

そのため、公共料金とファミマ利用専用のクレジットカードとして扱うと良いでしょう。月額利用金額も決めておけば、リボルビング払いによる手数料も発生させることもなく、Tポイントを貯めることができます。

WAONポイントを貯めるならイオンセレクトカード

イオンカード
WAONポイントの貯めやすさなら、イオンカードセレクトが最もおすすめです。ただし、そのためにはイオン銀行を開設する必要があります。

公共料金の支払を、イオン銀行の口座振込もしくはイオンカードセレクトのクレジットカード支払いにすることで、どちらの場合でもボーナスポイントが貯まるようになっています。

毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗で5%オフで購入できますし、公共料金や日用品・食費の節約に向いている主婦向けのクレジットカードです。
 

まとめ

電気の自由化で、工夫次第でより節約しやすい環境になりました。

都市ガス最大手の東京ガスだからこそ、ガスはもちろんのこと、電気も安定的に供給することがき、さらにお得な料金設定を実現できているのだと思います。

「ガス・電気セット割」とクレジットカード支払いで、これまでの電気料金をさらにお得にすることが可能になりますので、この機会に相性の良いクレジットカードも見直し、支払い設定もしてみてはいかがでしょうか?

公式電気料金の簡単シミュレーションはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

Apple Pay「Suica」を利用者が解説!相性抜群の「ビューカード」申込み情報もアリ

筆者はApple Payを利用して、約1か月半が経過しました。そこで今回は、筆者独自の視点で

記事を読む

家計簿

意外とカンタン!家計を見直す方法3選

家計簿をつけていると、一週間や一ヶ月の振り返りのときに、何かと気になることが出てくるものです。

記事を読む

ソーシャルレンディングとは

徹底解説!ソーシャルレンディングサービスを比較してみた

インターネットが普及したことにより、情報の収集、アプリケーションの向上、様々なサービスの登場など

記事を読む

セブンミール

おすすめの食材宅配!セブンミールの基礎知識と利用方法まとめ

コンビニ最大手のセブンイレブンが行っているとってもお得で便利なサービス「セブンミール」をご存知で

記事を読む

その契約ちょっと待って!新入社員に教えたいお得な賃貸マンションの選び方

来春、入社を控えている新入社員のみなさん! きっと、多くの方が一人暮らしを始めることでしょう。入社

記事を読む

PAGE TOP ↑