【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

インコム・ジャパンがサンドラッグにLINE Payを導入!ドラッグストアにもキャッシュレス化の波

インコム・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:荒井 琢麿、以下 インコム・ジャパン)は、株式会社サンドラッグ(本社:東京都府中市、代表取締役会長兼社長:才津 達郎、以下 サンドラッグ)との間で、LINE Pay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:高 永受)が提供する「LINE Pay」の加盟店契約を締結し、2018年8月14日よりサンドラッグ全店での取扱いを開始することをお知らせいたします。

(引用元:@Press 2018.08.14 10:00

サンドラッグで「LINE Pay」が利用可能に!さらに広がるキャッシュレス社会

コード決済に関して国内での実績がトップクラスのインコム・ジャパン株式会社はこの度ドラッグストア大手の株式会社サンドラッグと業務提携を行い、2018年8月14日からLINE Payでの決済ができるようになったことを発表しました。

クレジット決済やキャッシュレス決済のリサーチをしている「リエールファクトリー」の調査によれば次世代のキャッシュレス決済と言われている「コード決済」ではLINE Payの認知度が59.7%で楽天Payの65.1%に次いでいます。

しかし、まだキャッシュレス社会は始まったばかりと指摘する専門家もいるなか今回のプレスリリースが世間に与える影響はどの程度なのか編集部でも検討してみました。

コード決済とは?交通系電子マネーやApple Payとの比較

ではここでコード決済について説明していきます。コード決済とはスマホや携帯電話のモニターにQRコードを表示して支払いする方法です。スマホの普及率が上昇した現在では「スマホ決済」を代表する決済方法という位置付けです。

SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーは磁気テープの代わりにICチップを搭載しているのでコード決済とは似て非なるものです。またApple Payは特殊な非接触決済技術ですので「コード決済」とは異なる理論になります。

とはいえ、スマホをかざせば決済できることからこれらは全て「スマホ決済」という呼び名で認知されています。

LINE Pay(カード)についての詳細を知りたい方は⇒こちらから

LINE Payの認知度と利用率

日本国内でのLINE Payの認知度は59.7%ですが、利用者の割合は5.9%と現状では広く普及しているといいがたいのですが、これからもキャッシュレス化が拡大していくことを考えた場合認知度の高いLINE Payでの決済が可能になることの意義は大きいといえるでしょう。

クレカに比べてLINE Payのメリットは?

現在キャッシュレス化の主流はクレジットカードですが、入会審査があり年会費負担があるクレジットカードに比べると誰でも作ることができ年会費も無料のLINE Payなどのコード決済はメリットがあります。

現にコード決済(スマホ決済)を積極的に使っているのは10代〜20代の若年層です。次世代を担う若い人がコード決済を使いこなしているのでサンドラッグのような大手ドラッグストアでLINE Payが使えるのは将来性のあるはなしですね。

サンドラッグで使えるキャッシュレス決済

今回の公式アナウンスで2018年8月14日からLINE Payが使える様になりましたが、他にもどんなキャッシュレス決済について調べてみました。

  • クレジットカード:サンドラッグクレジットポイントカード(JACCS/JCB付帯)、VISA、JCB、Master Card、AMERICAN EXPRESS、Diners Club
  • 電子マネー(店舗ごとに違いあり):LINE Payカード、iD / QUICPay / au WALLET / ソフトバンクカード
  • 各社交通系電子マネー(店舗ごとに違いあり):Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん
  • 国際ブランド付きデビットカード
  • サンドラッグポイント:サンドラッグの独自ポイントシステム
  • ギフト券:JCB、VISA

各店舗によって使える電子マネーには違いがあるので必ず店頭で確認してください。

マネプレはこう考えた

スマホ決済は駅の売店、コンビニエンスストア、ファミレス、駅ビルなどを中心に急速に普及していて、今後もこの流れは継続的に拡大を見せると考えられます。サンドラッグは医薬品や日用品を中心に化粧品、食料品などを幅広く扱っているドラッグストアで、店舗によっては保険調剤も行っています。

駅の側や郊外の住宅街や国道沿いにある大規模店舗が多くコンビニやスーパーのように使えるので一人暮らしの若い人にはLINE Payの導入でキャシュレス決済の選択肢が増えたのはウェルカムですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください