【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

セブンペイ(7pay)のサービス廃止が決定!2019年9月30日(月)で終了【不正利用の補償中】

7pay(セブンペイ)とは

加熱するQRコードを中心としたコード決済サービスの中でリリースされた「セブンペイ(7pay)」。

セブンイレブンが満を持して投入するこのセブンペイ(7pay)の概要をこの記事では追っていきます。

7payが2019年9月30日(月)にサービス終了を発表

2019年8月1日(木)に7pay(セブンペイ)は2019年9月30日(月)をもって支払い、新規登録、チャージ全てのサービスを終了することを発表しました。

2019年10月1日(火)より払い戻しにも対応するとのことです。

サービスリリースから不正利用、サービス終了とわずか2ヶ月に起きた怒涛の展開を誰が予測できたでしょうか?

今後新たなサービスリリースを予定しているのか、ローソンのようにあらゆる決済サービスを導入するオープン戦略を取るのか注目したいです。

セブンペイ(7pay)とは?

セブンペイとは最大手のコンビニチェーンセブンイレブン擁するセブン&アイ・ホールディングスがリリースする新しいスマホ決済サービスです。

2019年7月1日(月)スタート

7pay(セブンペイ)は2019年7月1日(月)から利用が可能になっています。

セブンペイは新規登録や新規チャージを停止中

2019年7月4日(木)に7payは記者会見を実施し、7payの新規登録、クレジットカードやデビットカード、店頭やATMでのチャージ(入金)も停止すると発表しました。

なお、すでにチャージ済みの金額は利用できるようです。

チャージ方法現在のステータス
クレジットカード停止
デビットカード停止
セブン銀行ATM停止
nanacoポイント停止
店頭レジの現金払い停止

不正利用の被害に対応中

セブンペイの不正利用の被害は2019年7月4日(木)午前6時時点の試算で計約900人、約5500万円ののぼります。不正利用の被害については「全ての被害に対して補償を行う」と説明しています。

参考セブンペイ(7pay)で不正利用が発生!2019年7月4日(木)に補償を発表

問い合わせ先

セブンペイは緊急のダイヤルを用意し不正利用の問題解決を進めています。

参考セブンペイ(7pay)の問い合わせ先まとめ!電話番号もあります

セブンイレブンアプリを使って開始

2019年7月1日(月)のセブンペイスタート時はセブンイレブンアプリの中の新たな機能としてスタートしました。

2019年10月にはセブンペイアプリリリース予定

セブンぺイ単独のアプリリリースは2019年10月を予定しているようです。

セブンペイアプリには送金や割り勘機能も予定

このアプリリリース頃にはセブンペイを使って送金や割り勘をできる機能も盛り込まれる予定のようです。

2020年春以降はセブン&アイグループ各社のアプリと連携予定

2020年春以降には7payアプリとセブン&アイグループ各社のアプリの連携も予定しているようです。

ファミペイも同日スタート

セブンイレブンの競合ともいえるファミリーマートが新たにリリースするアプリのファミペイも2019年7月1日(月)にスタートしました。

参考ファミペイで公共料金の支払いができる!FamiPayボーナスももらえる

200円でnanacoポイントが1ポイント

通常7pay(セブンペイ)の決済200円でnanacoポイントが1ポイント貯まります。

nanaco(ナナコ)との違いは?

7payはコード決済サービスでnanacoは電子マネーサービスです。

参考セブンペイとnanacoの違いとは?ナナコの還元率変更や公共料金についても解説

キャンペーンは主に3つ

2019年7月1日(月)から始まった7payのキャンペーンとして主なものは

  1. 新規登録でおにぎりもらえる
  2. 1,000円チャージでおにぎりもらえる
  3. nanacoポイントの還元率がアップ

の3つになります。

参考セブンペイ(7pay)のキャンペーンまとめ!新規登録とチャージでおにぎり【停止中】

CMはマナカナさん出演

セブンイレブンの公式Youtubeにある「7payはじまる予告篇」ではタレントのマナカナさん(三倉茉奈さんと三倉佳奈さん)が7pay(セブンペイ)の利用イメージを伝えています。

ヒャダインさん作曲の決済音

7payの決済音は著名クリエイターのヒャダインさんが作曲した音です。楽しみですね。

主要コード決済サービスもセブンイレブンに導入

セブンイレブンでは対応していたコード決済サービスは限られていましたが、2019年7月1日(月)から主要コード決済サービスの導入を開始しました。

PayPayもセブンイレブンに導入

話題の決済サービスPayPayも2019年7月1日(月)からセブンイレブンに導入されます。

LINE Payもセブンイレブンに導入

さらにLINE Payも2019年7月1日(月)よりセブンイレブンの支払いに使えるようになります。

メルペイもiDに続きコード決済導入

メルペイでは他社に先んじて電子マネーiD決済を基盤にセブンイレブン支払いで使うことができました。

2019年7月1日(月)からはPayPayやLINE Payと同様セブンイレブンでのコード決済にも対応されました。

チャージ方法

セブンペイの残高にはクレジットカードの他セブン銀行ATMなどを使ってチャージすることができます。

参考セブンペイ(7pay)のチャージ方法まとめ!2019年7月22日(月)現在停止中

クレジットカードは使えるが限定的

7Payのチャージにクレジットカードを使えますが全てのクレジットカードということではありません。

楽天カードが使えない

人気のクレジットカード楽天カードは登録できないようです。新しい情報が入り次第更新します。

参考セブンペイ(7pay)に楽天カードを使ってチャージできる?できない?

エラーが頻発?エラーコードを確認

セブンペイでは2019年7月1日(月)登録時にエラーが連発してクレジットカードの登録時に多くみられるようです。

参考7pay(セブンペイ)のエラーコードとは?2019年7月10日(水)現在の障害情報

問い合わせ先

解決できない場合はご自身でセブンペイに問い合わせてみましょう。

※ただしこちらも混み合っている可能性が高いです汗

参考セブンペイ(7pay)の問い合わせ先まとめ!電話番号もあります

セブンマイルプログラムも継続

セブンイレブンを中心とした、セブン&アイ・ホールディングスの共通マイルであるセブンマイルプログラムも継続の方向です。

セブンペイは客単価向上にも寄与するか

セブンペイで独自の顧客を囲いこむことに止まらず、クレジットカードや電子マネーの代替から現金決済からの移行で買い物の単価をあげていくことも想定しているのではないでしょうか。

アプリ内では独自の特典やキャンペーンなどが頻繁に開催されることでしょう。

使える店

セブンペイサービススタート時にはセブンイレブンのみで利用ができます。

しかし公式サイトにセブンペイを使える店は拡大予定との記載があり、追加され次第更新していきます。

運営会社は株式会社セブンペイ

2018年6月14日に新しい会社「株式会社セブンペイ」が設立されました。7pay(セブンペイ)のサービス運営はこの会社で行われることになります。

セブンペイの株主は3社

株式会社セブンペイの株主は株式会社セブン&アイ・ホールディングス、株式会社セブン・フィナンシャルサービス、株式会社セブン銀行の3社です。

nanacoやセブン銀行など各サービス(各会社)との連携も目が離せません。

ローソンやファミマと差別化で突き放せるか

セブンペイは不正利用によりスタートダッシュに遅れたものの補償を完了させ再起していくことでしょう。

その際にはユーザーの信頼を取り戻せるようなセキュリティ強化やローソンやファミマにはできないくらいのキャンペーンを期待したいですね。

消費者としてはコード決済サービスの中でお得なキャンペーンを選ぶだけでなくセキュリティや個人情報にも注意して使い分けていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください