【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

アコムマスターカード残高確認の方法とは?マイページや電話なら24時間受付

ACマスターカードで一括払いをする方法

スピード審査で、いざという時すぐに作りやすいと評判のアコムマスターカード(ACマスターカード)

リボ払い専用のアコムマスターカードでは、毎回の約定返済額や債務残高、利用可能残高などをきちんと把握しておくことが大切です。

アコムでは、全国に設置されたATMや公式サイトのマイページで、いつでも残高を含めた利用状況を確認することができます。

今回は、アコムマスターカードの残高確認にスポットを当て、その詳細、確認方法などについてまとめました。

アコムマスターカードの残高を確認する方法

アコムマスターカードでは、残高を確認する際以下の4通りの方法があります

  • マイページにログインして確認する。
  • フリーコール(音声自動対応)で確認する。
  • アコムATM、提携ATMで確認する。

自動契約機(むじんくん)または店頭窓口で確認する。

上記の中では、24時間いつでも残高を確認できる1.~3.の方法が便利です。
ただしATMでは一部、24時間営業でない店舗があるので、あらかじめ公式サイトなどで営業時間を確認しておくとよいでしょう

残高を確認する各方法の受付時間

前項で述べた各方法の受付時間は以下の通りです。

マイページにログインして確認:24時間年中無休。

フリーコール(音声自動対応)で確認:24時間年中無休。

アコムATMで確認:24時間年中無休(一部店舗除く)

提携ATM(コンビニ)で確認:24時間年中無休(メンテナンス時を除く)

提携ATM(銀行)で確認:各銀行ATMの稼働時間により異なる。

自動契約機(むじんくん)で確認:8:00~22:00で年中無休(年末年始を除く)

店頭窓口で確認:平日のみ9:30~18:00(年末年始を除く)

残高確認方法1:マイページにログインして確認する

アコムでは公式サイトよりログインののち、マイページの「ご利用状況」欄において、ショッピング枠,キャッシング枠それぞれの債務残高、および利用可能残高が確認できます。

ショッピング枠では、債務残高が「新規利用残高」と「リボルビング残高」に分けて表示されるので見やすく便利です。

新規利用残高、リボルビング残高とは?

アコムマスターカードはリボ専用カードであり、通常リボ払い分の金利手数料が発生してしまうのが負担です

ただしアコムでは毎月20日締とし、ショッピング枠において締日以降翌月の6日までは新規利用残高とされ、6日を過ぎるとリボルビング残高に変わります

そこで新規利用残高に計上されているうちに、その額を全額返済すれば、アコムではクレジットの一括払いと同様の扱いとなり、金利手数料が発生しません。

ただし7日以降、リボルビング残高に変わると金利手数料が発生します。

そのため利息を抑えるには、月々のクレジット利用分をできるだけ新規利用残高で一括返済できる額にとどめ、無理なく返済していくのがおすすめです。

またそうすることで適切な家計管理も身につきます。

無利息残高とは?

アコムマイページの「ご利用状況」欄に「無利息残高/預り金」という項目があります。

無利息残高とは、小銭投入口のないATMでの完済時に残った1,000円未満の端数残高を指します

無利息残高には金利手数料がつかず、また支払期限も設定されないので、都合のよい時にインターネット返済や銀行振込、また店頭窓口で返済が可能です。

ただインターネット返済は手数料無料ですが、銀行振込は手数料が発生するので注意しましょう。

なお、預り金はATMでの完済時などに、紙幣で残高を超えて返済したような場合、払い過ぎた分の金額を指します

預り金が発生した際はアコムより通知が届くので、手続きを行い返還してもらいましょう。

残高確認方法2:電話で確認する

アコムの電話窓口は、海外からの問い合わせ番号を除き、0120発信のフリーコールとなっています。

そのため通話料を気にせず、いつでも手軽に問い合わせができて便利です。
アコムでは以下2回線のフリーコールにて、音声自動対応による残高の確認が可能です

アコムプッシュホンサービス24:0120-134-567
新規お問い合わせ窓口:0120-07-1000

2. は新規受付用の窓口ですが、入会後の各種相談にも対応しています。
上記の番号に電話をかけた際、まず4桁の暗証番号の入力を求められます。

その後にサービス番号「1」を選択することで、債務残高はじめ、マイページの「ご利用状況」欄に記載の各情報が自動音声にて確認可能です。

ただし、公衆電話や非通知設定でかけた場合は、暗証番号でなく8桁の会員番号の入力を求められるので注意しましょう。

暗証番号は普段ATMを利用していれば忘れにくいですが、会員番号はカードで手軽に確認できるので覚えにくいものです

外出先でスマホで確認するときなど、カードを取り出して会員番号を調べたのち、カードを気づかずに落としたり、その場に忘れたりすることのないよう十分気を付けるようにしましょう。

残高確認方法3:ATMで確認する

駅前や街頭に設置されているアコムの自社ATMおよび提携ATMに行き、アコムマスターカードを挿入し暗証番号を入力することで、画面上で残高の確認ができます

アコムの自社ATMはおおむね24時間対応していますが、一部では対応時間が限られる店舗もあるので、事前に公式サイトで確認しておくのが良いでしょう。

残高確認方法4:自動契約機(むじんくん)または店頭窓口で確認する

アコムマスターカードの残高は自動契約機(むじんくん)また全国に22ヵ所設置された店頭窓口でも確認可能です

アコムの自動契約機(むじんくん)は扉とブースで仕切られており、プライバシーに配慮されていますが、機械の向こう側にはオペレーターが控えています。

そこで自動契約機(むじんくん)で残高を確認する際は、挿入口にカードを挿入後にオペレーターに繋がるので、オペレーターとのやり取りで残高や利用可能額などの照会を行います

しかし新規入会用の自動契約機(むじんくん)は、契約などで先客がいる場合、待ち時間が生じる点などがデメリットです。

自動契約機(むじんくん)や店頭窓口では、残高照会以外にも、オペレーターやスタッフとの直のやり取りで様々な点を質問、確認することができます。

しかし残高のみをさっと確認したい場合は、マイページや電話、ATMで照会を行うのがスムーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください