セブンイレブンで20%還元☕✨

アコムマスターカードの審査時間はどれくらい?スムーズに審査を進めるためのポイントを解説

いざという時すぐにカードを発行でき、申込みのしやすさで人気ランキングの上位に位置するアコムマスターカード。

「最短30分の審査でスピード発行」となっていますが、実際は申込者の事情により審査時間はさまざまに異なります。

今回はアコムマスターカードの審査時間について掘り下げ、スムーズに滞りなく審査を進めるためのポイントや注意点を中心にまとめました。

アコムマスターカード発行時の審査時間はトータルでどれくらい?

アコムマスターカードに申込みを行い、最終的にカードが発行されるまでの審査時間について、公式サイトでは最短で30分となっています

しかし、本人確認書類提出などの諸手続きを含めると、実際はトータルで1.5~2時間前後かかることが多いようです。

また本人確認や在籍確認が取れずに手間取ったり、信用情報照会が長引いたりすればその分審査時間も長くなります。

さらにゴールデンウィーク前やお盆前などで、受付窓口が混雑する場合も、審査時間や対応時間が延びることを頭に入れておくと良いでしょう。

自動契約機(むじんくん)でアコムマスターカードを即日発行するためには

平日仕事で忙しいサラリーマンなどにとっては、土日祝の余裕のある時間に自動契約機(むじんくん)に出向き、担当者から十分な説明を受けた上その場でアコムマスターカードを受け取るのがスムーズです。

そのためには審査時間も考慮し、日中の早い時間に手続きを行うのが良いですが、1つ注意すべきなのが、アコムの審査対応時間が年中無休(年末年始を除く)で9:00~21:00となっている点です

自動契約機(むじんくん)の稼働時間は年中無休(年末年始を除く)で8:00~22:00となっています

しかし審査を行う時間が21:00までのため、それ以降の申込みについては審査結果が出るのが翌日以降となるので覚えておきましょう。

即日発行のためには審査時間を考慮し余裕を持った申込みを

申込み当日に審査を済ませアコムマスターカードを即日発行させるためには、遅くとも19:00~19:30前後までには、自動契約機(むじんくん)で申込手続きを済ませておくのがベターです

またその際、借入希望額が50万円を超える場合は、本人確認書類に加え収入証明書も必要になるので、あらかじめ用意した上で自動契約機(むじんくん)に出向くのが良いでしょう。

アコムマスターカードで申込当日に振込融資を受けるためには

アコムマスターカードでは、ATMで借入れる時間がない場合などに、登録銀行口座への振込による融資を受けることができます。
ただし、銀行や信用金庫の振込受付時間は、平日14:30(ゆうちょ銀行は14:00)までです

そのため申込当日に振込融資を受けるには、必要書類を用意の上、なるべく午前の早い時間までに申込手続きを済ませておくようにしましょう。

平日仕事がある場合には、出勤前の時間や前日の夜などに公式サイトから申込を済ませておくと良いでしょう。

なおその際「他社お借入れ状況」欄は審査に影響する項目のため、きちんと調べた上で正確な借入れ額を入力することが重要です。

楽天銀行ならアコムマスターカードで即日振込OK

ただし上記の例外として、ネット銀行である楽天銀行では、土日祝含め振込受付時間が0:10 〜 23:50となっており、受付完了から1分程度で即座に振込みが行われるので便利です

ただ楽天銀行の提携ATMから出金する際は、通常200円以上の手数料が発生するので注意しましょう(※)

楽天スーパーポイントが貯まるハッピープログラムにエントリーした場合は、月最大7回までATM手数料が無料になります

アコムマスターカードの審査時間、処理時間が長引くのはどんなとき?

最後に、アコムマスターカードの申込からカード発行までに時間がかかる要因について述べていきます

短時間でスムーズにカードを発行させるためには、以下に示す事項に抜かりなく対処できるようにしておくことが大切です。

審査時間が長引く原因1:申込内容に不備がある

申込み内容に、概ね以下に示すような不備あるいは不審点があれば審査に影響を及ぼすので注意しましょう。

申込書に誤記入や記入漏れがある。電話申込み時に、情報申告が曖昧である。

勤務先情報に不審な点がある。

まず1.では、オンライン申込画面や店頭窓口なら誤りをすぐに訂正できますが、郵送申込の場合は再度申込書を送りなおすのに日数を要するので、記入ミスのないようにすることが大切です。

2.において、電話口で口頭で情報を伝える際、ことに年収や勤務先の人数、職種などは、手元に確認できる書類がなければ曖昧になりがちです。

不正確な情報だと審査に手間取ることになるので、前もって確認の上正しい情報を伝えるようにしましょう。

3.については、例えば勤務先の規模にそぐわないような多額の年収を申告した場合、不正申込みを疑われ、審査に通らなくなる可能性があるので注意しましょう。

審査時間が長引く原因2:本人確認が取れない

アコムマスターカードでは、審査時に申込者への本人確認、および勤務先への在籍確認の電話が入るのが通常です

それらの電話に対応できなければ、申込者が第3者でないという確認、また勤務先に在籍しているという確認が取れず、審査が進まなくなります。

スマホやケータイを普段マナーモードにしている人も多いと思いますが、申込時の本人確認の電話は見過ごすことのないようにし、迅速に対応することが大切です。

審査時間が長引く原因3:在籍確認が取れない

勤務先への在籍確認は申込者が電話に出られなくても、社内の者が代わりに出て、申込者が在籍している確認がとれればOKとなります

しかし勤務先に電話が繋がらなければ、確認をとることができず審査に時間をとらせることになるので注意しましょう。

なおアコムでは、さまざまな事情で職場に電話をしてほしくない場合に、社会保険証や給与明細などの書類提出による在籍確認を行うこともできます。

審査時間が長引く原因4:信用情報に問題がある・多重申込をしている

アコムに限らず、ローンやクレジットの審査では、申込者に長期延滞や金融事故の履歴があれば確認に時間を要する上、審査落ちの可能性が高くなります

また貸金業を主とするアコムでは、申込時に他社への多重申込をしているかどうかも重要な審査項目です。

もし、複数の業者に同時にローンを申し込んでいれば収入の安定性を疑われ、審査落ちしやすくなるので、借入れ状況をシンプルに抑えた上で申込むようにしましょう。

なおアコムマスターカードでは、キャッシング枠において総量規制が適用されます。

そのため他社の借入額が年収の3分の1近くに達していれば、審査に影響を及ぼすことになるので覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください