【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

債務整理があってもACマスターカードは作れる?話題の過払い金請求についても解説!

近年にわかに注目を集める「過払い金請求」。借金と無縁の人には馴染みの薄い言葉かもしれませんが、スピード発行で人気のACマスターカードにおいても、かつてのグレーゾーン金利との関連から、利用者の間で過払い金が重要重大な事項になりつつあります。
今回は主として過払い金請求に焦点を当て、ACマスターカードで返済しきれなくなった際の債務整理の内容、方法について、その概要をまとめました。

ACマスターカードの独自のシステムとは?

ACマスターカードはスピード審査、最短即日発行で人気を集めていますが、大手消費者金融アコム発行のクレジットカードということで、他とは違う独自の性質を持っています。
アコムは貸金業を主体とするため、ACマスターカードにおいても「ローンカードにクレジット機能がついたカード」という位置づけがなされ、多額の与信枠がキャッシング枠に設定されているのが特徴です。ACマスターカードの限度額は次の通りです。

  • ショッピング枠:最高300万円
  • キャッシング枠:最高800万円
またACマスターカードはリボ払い専用カードであり、返済時には利用額に加え金利手数料が発生します。リボ払いでは返済額が一定に抑えられる分、新たな決済や借入れで債務残高が増えるにつれ返済期間が延びるので、くれぐれも慎重に利用することが重要です。

ACマスターカードで過払い金の請求はできる?

昨今TVや電車の中吊り広告などで、「過払い金」のCMを目にする機会が増えてきました。
これまであまり借金に縁のなかった人にとっては、「過払い金の請求でお金が戻ってくる」という漠然としたイメージにとどまることも多いでしょう。
過払い金は「払いすぎたお金」を指しますが、アコムなどの消費者金融にとってはとても重要な事項となります。
ことに長年にわたってアコムを利用し続けている人にとっては、おもにグレーゾーン撤廃以前に支払っていた高金利を過払い金として請求することで、債務を軽減させることが可能になるのです。

グレーゾーン金利とは?

2010年に貸金業法および出資法が改正されるまでは、利息制限法の上限金利20.0%(実質年率)から、出資法の上限金利29.2%(実質年率)までの金利帯(グレーゾーン金利)が存在していました。
過去にはこのグレーゾーン金利で融資を行う業者が多くあり、アコムも2007年6月まで、上限金利が約27.4%(実質年率)と高金利でした。
2018年11月現在、アコムではACマスターカードのキャッシング枠も含めて、ローンにおける最大金利が18.0%(実質年率)に抑えられています。
しかしグレーゾーン金利の時代からアコムのローンやACマスターカードを利用し続けている場合は、過払い金が発生している可能性があるので、弁護士や司法書士に相談してみるのが良いでしょう。
なお、過払い金請求は最終返済日から10年で時効が成立します。請求する際はなるべく早めに行うのがおすすめです。

債務整理と過払い金の関係とは?

債務整理は利用者側にとっては、借金の減額や完済の目処が立ち、一息つけるメリットがあります。しかし融資する貸金業者にとっては、当初の利息を回収できないデメリットが生じるため、債務整理を行うとブラックリスト入りとなり、その後一定期間融資が利用できなくなるので注意しましょう。
ただし例外があり、アコムでは以下に該当する場合、ブラックリストに載らないようになっています。

  • すでに完済している債務の過払い金請求を行った。
  • 請求により返還された過払い金で債務を完済できた。
上記の場合であれば、負債をすっきりなくすことができて良いのですが、過払い金でも完済できなかった際、アコムでは任意整理の扱いとなりブラックリスト入りします。
※ブラックリスト入りとは、債務整理や長期滞納のいわゆる「金融事故」情報が、信用情報期間に登録された状態を指す言葉です。

任意整理とは?

任意整理とは、借入れした当初に遡って金利の引き下げ計算を行い、債務を軽減させる措置を指します。任意整理では債務整理の他の手段(個人再生、特定調停、自己破産)と異なり、裁判所を介することなく、当事者同士で交渉を進めることが可能。
利息を計算するには専用のツールも存在します。しかし実際問題として素人が正確に算出するのはまず無理なので、通常は弁護士や司法書士が委任を受け手続きを行います。
なお任意整理によって、負担が軽減されたとはいえ負債がゼロになるわけではありません。任意整理を行う際は、整理の後おおむね3年程度で完済できることが条件となるので覚えておきましょう。

債務整理をしてもACマスターカードを作れる?

アコムでは債務整理の履歴は、(発生日でなく)完済日から5年にわたって信用情報機関に登録されます。
また債務整理後の返済が完了した時点で、ACマスターカードは解約され、過払い金請求を行った場合においても自動的に解約となるので注意しましょう。
また当然といえば当然ですが、債務整理の履歴が残る間は、ACマスターカード含めあらゆるクレジットやローンの審査に通らなくなります。
ACマスターカードにおいて、最高800万円のキャッシング枠が設けられているのは確かに魅力的です。しかし安全なカード利用のためには、債務整理の状態になるまで借入れすぎることをせず、利用状況を良く把握し計画的に借入、返済を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください