【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

ACマスターカードの実際の評判とは?好意的・否定的意見まとめ

ATM
ACマスターカードは、かつて負のイメージが問題となっていた消費者金融発行のカードですが、近年はグレーゾーン金利の廃止や高品質な対応などで、好意的な利用者の声が増えてきています。しかしスペックに偏りが見られることや、リボ専用カードといった面でマイナスの意見も散見されるようです。
今回はネットや口コミなどで知ることのできる、ACマスターカードの評判についてまとめました。

ACマスターカードってどんなカード?

駅前や街頭の契約機自動契約機(むじんくん)でおなじみの消費者金融アコムが発行するクレジットカードで、「最短30分の審査で即日受取」可能なのがACマスターカードです。年会費無料で、20歳~69歳を申込対象とし、職業を問わず収入を得ている人であれば作ることができます。
ACマスターカードはクレジットカード初心者でも持ちやすいとして人気ですが、実際は消費者金融が発行する、他に類を見ないタイプのカードです。しかし迅速な対応や利便性の良さなどから、現代の多忙な生活サイクルに適しているとして、おすすめクレジットカードの上位にランクインしています。

ACマスターカードは消費者金融のイメージを拭いきれない?

1970年代ごろまでは消費者金融といえば、「強引な勧誘や取立てが怖くて近寄りがたい」といったマイナスイメージが浸透していました。年配の中には、今でもそうした印象を拭いきれない人も少なくないでしょう。
しかし現在では、貸金業法の改正によるグレーゾーン金利の廃止や、総量規制の導入などに伴い、過去のような行き過ぎた営業活動は行われなくなりました。
とりわけ老舗大手のアコムでは、懇切丁寧な対応が多くの利用者の好評を得ています。
またACマスターカードの券面にもアコムやACの印字はなく、アコムのクレジットカードとは一見してわからないデザインになっており、気軽にショッピングで使いやすいのも特長です。

ACマスターカードの良い評判1:丁寧な対応

昨今はインターネットで、さまざまな良い評判や悪い評判に関する口コミを知ることが出来て、それが評判を受ける企業の経営にも大きく関わってきます。
ACマスターカードの良い評判で多くあげられるのが「窓口やオペレーターの対応が丁寧で親切」という点です。
アコムは消費者金融ですが、現在では三菱UFJグループの傘下に属しており、かつての負のイメージに代わり、信頼性や安心感といった好印象が徐々に拡がりつつあるようです。
さまざまな情報が瞬時に拡散するネット社会においては、アコムも顧客対応の品質向上に注力しており、遅延などの緊急連絡の際にもオペレーターの対応が非常に親切だったという声が多くみられます。
とりわけ女性にとっては、消費者金融は敷居が高くなりがちなので、そうした際に不安や悪感情を抱かせないような対応が行き届いていることが、アコムの大きな特長といえるでしょう。

ACマスターカードの良い評判2:即日発行ですぐに作れる

ACマスターカードは、信用情報に格段の問題がなければ、おおむね申込みから1~2時間前後で、近隣のむじんくんや店舗窓口でカードを受け取ることが可能です。
ちなみに、ACマスターカードと並んで作りやすいとされる楽天カードでは、郵送でのカード受け取りとなり、カード到着までに1週間前後かかることが通常です。そのため即日発行、即日受取でカードを作れることは、楽天カードと比してACマスターカードの優れた点として挙げられます。
アコムの店頭窓口は平日のみ18:00までの営業ですが、むじんくんは土日祝含め22:00まで営業しています。そこで平日仕事の合間にスマホで申し込んで仕事帰りにカードを受け取ったり、休日の空いた時間にむじんくんに出向いてカードを作ったりする人が多いそう。口コミでも「急な場合でも手間をかけずすぐに作りやすい」「申し込んだその日にカードを受け取ることができて便利」といった意見が多く寄せられています。

ACマスターカードの良い評判3:クレヒス作りに適している

ACマスターカードはアルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用者でも申込みができます。入会基準には安定収入が見込めることとされていますが、資産や預貯金が豊富にあるような場合は、まれに無職であっても審査に通る例があるそう。
要は一定の返済能力があれば審査に通りやすいので、若年層やステータスの低い人が、まず手始めにACマスターカードを作り、クレヒス修行として利用履歴を積んだ後に上位カードへとグレードアップさせるケースが多いようです。
なお消費者金融アコム発行のカードですが、他のカード会社が最大金利15%前後なのに対し、ACマスターカードは最大金利が14.6%に抑えられていることも利用者の好評を得ています。

ACマスターカードの否定的な評判1:リボ専用カードである

ACマスターカードは実はリボ払い専用カードです。リボ払いについては、月々の支払額が一定のため新たな買い物のたびに残高が増え、金利手数料も増加するため、あまり良いイメージを持たない人も多いよう。
ACマスターカードは手軽に作りやすいとはいえ、入会後の利用についてはあらかじめ仕組みを十分に理解する必要があるといえるでしょう。
ただし、リボ払いの上で悩みの種である金利手数料を無料にできる方法が存在します。

ACマスターカードのリボ手数料を無料にする裏ワザ

リボ専用カードのACマスターカードでは、毎月20日の締め日までの各月のクレジット利用分をについて、20日から翌月の6日までは「新規利用残高」とし、6日を過ぎると「リボルビング残高」に変わります。
そこで新規利用残高として計上されている利用額を、翌月6日までに一括払いすれば、通常のクレジット一括払いと同様の扱いとなり、金利手数料が発生しません。
ただし6日を過ぎると通常のリボ手数料が発生するので、毎月6日が期日ということを頭に入れておくと良いでしょう。

ACマスターカードの否定的な評判2:付帯機能が少ない

ACマスターカードは「ローンカードにクレジット機能が付いたカード」という性質を持っており、他のクレジットカードに比べて機能にやや偏りが見られます。おもなデメリットとして挙げられるのは以下の点です。

  • ポイントプログラムがない(但し0.25%還元のキャッシュバックあり)
  • 家族カード、ETCカードがない
  • 旅行傷害保険がない

上記の中で目立つのが、ポイントプログラムがないという点でしょう。他のクレジットカードの多くにはポイント還元サービスが搭載されているため、カード自体の作りやすさに比して、日常の利用でさほどの利益を生じない欠点として利用者の目に映るようです。

ACマスターカードは利用次第で賢い使い方ができる

忙しい現代人にとってすぐに作れるACマスターカードは便利ですが、良い評判もあればそうでない評判もあり、どうすれば賢くお得に使えるかは利用者によってさまざまといえます。
またACマスターカードはローンカードのクレジット機能付きということで、他と違う独自の特性を持つカードです。入会時には利用目的や返済方法などについて、十分に検討したうえで申込むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください