【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

ACマスターカードのショッピング専用が終了!アコムで使えるクレジットカードは1種類のみに

ACマスターカードからショッピング専用カードが消えた

まねぷれ
ACマスターカードに申し込むにゃ!でもキャッシングってなんかこわいにゃ……。
アコム
残念ながらショッピング専用のACマスターカードは終了してしまったが、キャッシング機能は正しく理解さえしていれば安全だ!
ACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。

消費者金融が発行しているクレジットカードなだけに、ショッピング枠と合わせて最大800万円用意しているキャッシング限度額枠に強みにがあります。

しかし、ACマスターカードに申込んだのは即日発行ですぐに受け取りたかっただけで、なかには「別にキャッシング機能は必要ないんだけど……」という人もいらっしゃるでしょう。

そんな人のためにアコムではショッピング専用のACマスターカードを用意していたのですが、現在は終了してしまいました。

そこでここではACマスターカードをショッピング専用にできるだけ近い形で利用できる方法についてまとめてみました。

キャッシング機能も用途によっては便利なサービスですので、合わせてご覧ください。
 

ACマスターカードの基本スペック

まずはACマスターカードの基本的な機能について確認してみましょう。

申込基準
満20歳以上で安定した収入と返済能力を有し、所定の基準を満たす方
審査時間最短30分キャッシュバックサービス利用金額の0.25%
ショッピング利用限度額300万円手数料率(実質年率)10.0%~14.6%
キャッシング利用限度額(※)800万円手数料率(実質年率)3.0%~18.0%

※ショッピングとカードローンの利用合計上限額

ACマスターカードの年会費は永年無料

ACマスターカードは入会費は無料、年会費も永年無料で発行できるクレジットカードです。
そのため、使わなければ一切の費用が発生することがありません。

まねぷれ
年会費がかからないから作っただけで何も使わなくても費用はかからんから安心して申し込みができるにゃ♪

即日発行に対応

ACマスターカードは、恐らく日本最速の即日発行サービスを提供しています。

同じ即日発行ならエポスカードやセゾンカードもありますが、アコムは全国に600ヶ所以上の自動契約機自動契約機(むじんくん)を設置しているため、全国どこでも即日受取ができるという強みがあるのです。

どうしても今日中にクレジットカードを手に入れたいという人は、ACマスターカードが最も可能性の高いクレジットカードになるでしょう。

支払い方法はリボ払いのみ

ACマスターカードの支払いはリボ払いのみです。

5日ごとに利用額の「利用金額の3.0%以上」「利用金額の2.5%以上」「利用金額の2.0%以上」(各々千円単位)と実質年率10.0%〜14.6%(1日あたり0.027%〜0.04%)の手数料を加えた合計を支払うことになります。
※キャッシング利用の手数料率(実質年率)は3.0%~18.0%ので、返済金額も「利用金額4.2%以上」「利用金額の3.0%以上」「利用金額の2.5%以上」「利用金額の2.0%以上」「利用金額の1.5%以上」(各々千円単位)です。

ACマスターカードを利用する上で一番気をつけたいのがこの支払い方法になります。

ただし、これには手数料が一切かからない実質一括払いで利用できる方法もありますので、後述したいと思います。

ショッピング利用額の0.25%のキャッシュバックサービス

2017年になって導入された念願のキャッシュバックサービスです。

還元率が0.25%と高くはありませんが、ショッピングリボ払いの手数料率が10.0%〜14.6%(1日あたり0.027%〜0.04%)ですので1週間〜10日程度の手数料が無料になるのと等しくなることを考えれば、返済を考える上でも非常に楽になるのではないでしょうか?

初めてアコムなら大歓喜!最大30日間の金利0円サービスを提供

ACマスターカード ショッピング専用
ACマスターカードの入会がアコムとの初契約だった場合、契約日の翌日から30日間が金利0円の適用期間となります。

契約日の次の日から30日間ですので、借入日ではないことに要注意です。

海外旅行時に金利0円サービスを利用する

ACマスターカードはアコムのカードローンサービスとはことなり、国際ブランドのmastercardが付帯されたクレジットカードです。

そのため、世界中にあるmastercardロゴもしくはcirrusロゴのついたATMで、現地通貨をそのまま引き出せるキャッシングサービスを利用することができます。
mastercard cirrus

キャッシングサービスなので手数料はかかりますが、金利0円適用期間中だと無料で利用できますので為替手数料よりもずっとお得になるのです。
参考アコムACマスターカード完全ガイド!審査や評判、メリットとデメリットまとめ
 

ショッピング専用はなくなってしまった!今のACマスターカードをショッピング向けに利用する方法

ACマスターカードがリボ払い専用であること、実質一括払いをする方法があることを伝えておりましたが、ここで具体的に説明したいと思います。

ACマスターカードを実質一括払いでショッピング向けに利用する

それは、ACマスターカードの締め日から支払期日までの期間を活用した方法です。
ACマスターカードのリボ払い

上記のように毎月20日の締日までの利用分を翌月6日までに支払うことで、実質一括払いと同様になり手数料が発生することはなくなります。

ただこの方法は「ショッピング専用であること」「支払いサイクルが短くなること」この2点が欠点になります。

ACマスターカードの通常支払い方法は「35日ごとの支払い」で、毎月20日の締め日の翌月7日から35日後が支払期限となります。
つまり一番最初に利用してから最大2ヵ月以上の猶予のなかで支払うことができたのですが、実質一括払いの方法だと最短で2週間ちょっとで最長45日間の猶予にしかなりません。

お金回りが良い人ならば問題ないと思いますが、この支払サイクルには十分気をつけておきましょう。

キャッシング枠を把握しておく

ACマスターカードの希望限度額
ACマスターカードの申し込み項目に「希望極度額(カードの利用上限額)について」というものがありますが、ショッピング枠とキャッシング枠が分かれておりません。

そのため希望契約額を入力すると、アコム側でショッピング枠とキャッシング枠の振り分けが行われ、どちらにしてもキャッシング枠は必ず付与されてしまいます。

大切なのはキャッシング枠がないことではなく、付与されているキャッシング枠を把握し、利用しない自制心を持つことなのです。
 

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違い

ここまで読んできた人のなかで、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違いをイマイチ理解していない人もいるかもしれません。

そこで簡単にではありますが、それぞれの違いを簡単に説明してみたいと思います。

クレジットカードのショッピング枠

クレジットカードに申し込むと、申込者本人の支払い能力に応じて利用可能限度額というものが付与されます。

この利用可能限度額こそがショッピング枠となります。

みなさんはこのショッピング枠以上のクレジット利用ができませんので、クレジットカード会社が代わりに立て替えてくれる上限金額だと考えてもらえればOKです。

ちなみに学生は5〜30万円、一般は10〜100万円、ゴールドカードは100〜300万円と、属性によって相場がある程度決まっています。

クレジットカードのキャッシング枠

そして、このショッピング枠のなかに設けられているのがキャッシング枠です。

買い物を立て替えてもらうショッピング枠とは異なり、現金そのものを借りることができる限度額のことです。

キャッシング枠はあくまでもショッピング枠に内包された限度額であるため、ショッピング枠を限度額いっぱいに利用しているとキャッシング枠もなくなってしまうことに注意が必要です。
基本的にキャッシング枠がショッピング枠を超えることはありませんので、ショッピング枠+キャッシング枠の利用可能限度額はショッピング枠のそれと等しいということを覚えておきましょう。

(ショッピング枠30万円、キャッシング枠10万円の場合)

◯正しい理解◯ex.1)ショッピング枠を30万円使っているとキャッシング枠は0円
ex.2)ショッピング枠を20万円使っているとキャッシング枠は10万円
ex.1)ショッピング枠を10万円使っているとキャッシング枠は10万円
×正しくない理解×ex.1)ショッピング枠を30万円使っているとキャッシング枠は10万円使える
ex.2)ショッピング枠を10万円使っているとキャッシング枠は20万円使える

 

ACマスターカードのショッピング専用はなくなったけど……

ACマスターカードのショッピング専用カードこそなくなってしまいましたが、ACマスターカードは使いかたによっては便利なクレジットカードです。

消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードということで色眼鏡で見られやすいかもしれませんが、即日発行やキャッシングの最大30日間金利0円の期間は便利なサービスのですので上手に使いこなしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください