今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

アコムマスターカードの在籍確認とは?電話や書類による在籍確認の内容と方法まとめ

スピード発行で手軽に作りやすいとして人気なのが、アコム発行のクレジットカード、アコムマスターカード(ACマスターカード)です。ただし入会の際は安定収入があることが条件となり、審査時にも収入状況を裏付けるため、勤務先への在籍確認が行われます。
近年は個人情報保護の観点から、社用以外の外部からの電話をNGとする会社も増えていますが、今回はそうした状況における、アコムマスターカードの在籍確認の内容についてまとめました。

アコムマスターカードの在籍確認とは?

 

アコムマスターカードは、申込者に安定した継続収入があることを入会条件とします

そこで審査において通常行われるのが在籍確認です。
在籍確認とはアコムマスターカードの審査の終盤に行われる行程で、申込者の勤務先に電話を入れ、申込者が本当に勤務先に在籍しているか確認を取ります。
それまでの審査で、本人確認や信用情報照会を経て何も問題がなくても、最後に行われる在籍確認がスムーズに行かなければ結果審査落ちとなり、カードを発行することはできないので注意しましょう。

アコムマスターカードは原則として職場への在籍確認が行われる

ACマスターカードでは在籍確認の際、アコム担当者が申込者の勤務先へ電話を行うのが通常となります。そこでもし電話が繋がらなければ在籍確認が取れないので、電話が繋がるよう状況を整えておくことが重要です。

アコムマスターカード在籍確認の方法

アコムでは本審査の一環として、審査の終盤に申込者の勤務先に電話を入れます。

入電の際にアコムを名乗ることはせず、はじめに名乗るのは担当者の個人名で、申込者本人が電話に出られればスムーズに在籍確認が進みます。

しかし実際に多いのが、入電時に申込者が席をはずしている場合。
その際は電話を受けた者に、アコム担当者がまず「○○様(=申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」というふうに質問します。
そこで受けた者が「只今席をはずしております。」と答えれば、アコムとしてはそこで在籍確認が取れたことになり、審査を進ませることができるのです(※)。
※電話を受けた者が「○○はお休みです。」などの不明瞭な回答をした場合は、再度電話をかけなおすケースもあります。

アコムマスターカードの在籍確認の電話で時間指定はできる?

駅前や街頭に設置されているアコムの自動契約機(むじんくん)は、年中無休(年末年始を除く)で22時まで稼働しており、アコムマスターカードの即日発行、即日受取が可能です。

そこで土日祝日に自動契約機(むじんくん)で申込みを行い、在籍確認を取る際、勤務先が休みで確認の電話が繋がらなければ、審査を完了させられないので注意しましょう。

なお公式サイトには記載がありませんが、アコムでは申込時に事情を伝えることで、通常審査の終盤に行われる在籍確認の時間を、勤務先の都合に合わせ指定することができる場合があります。
その際はアコムへの要望と併せて、在籍確認の電話がある旨をあらかじめ勤務先へ伝えておいても良いでしょう。
なおアコムでは時間指定のほかに、入電者の性別を指定することもできます。しかし、入電者にアコム以外の社名を名乗るよう依頼したり、自分以外に電話を受ける者を指定することはできないので覚えておきましょう。

アコムマスターカードで電話での在籍確認を回避する方法

アコムでは電話での在籍確認が通例ですが、個人情報漏洩の重大性が叫ばれる昨今では、職場の方針により、社内への外部からの個人的な入電が好ましくないとされるケースも多々あります。

そうした場合に、アコムでは在籍確認の前に行われる本人確認の際、職場への電話がNGである旨を伝えておけば、電話に代わり書類での在籍確認をとることが可能。これにより周囲や同僚にバレることなく、カード発行までの行程を進めることができます。

アコムマスターカード在籍確認で提出可能な在籍証明書類とは

アコムで電話に代わり受付可能な在籍確認書類は、おもに以下の種類になります。

  • 勤務先発行の社会保険証(国民健康保険証はNG)
  • 社員証
  • 直近1ヵ月の給与明細

上記のほかには雇用契約書や源泉徴収票なども挙げられます。しかし発行後日数を経ている書類では、ACマスターカード申込時に、確かに勤務先に在籍しているかかが分かりづらい場合があります。そこで直近の給与明細など、できるだけ発行後間もない書類を提出することで在籍確認を取りやすくなるようです。

アコムマスターカード在籍確認書類で免許証はOK?

他のサイトを見ると、アコムの在籍確認書類として免許証を提出することが重要、というような記載が見受けられますが、免許証を提出することで在籍確認が取れるのでしょうか。

確かに顔写真のある免許証は、日常多くのシーンで本人確認証明として使えるものです。しかし当然ですが、免許証1点のみでは勤務先に属しているという証明にはなりません。そこでアコムに確認したところ、免許証に社会保険証や給与明細などを付け加えれば、在籍証明として受付可能、との回答でした。

現在では多くの人が、身分証明として免許証を携帯していることでしょう。
しかし、思い立った時すぐにアコムマスターカードを作るためには、同じカードタイプの社会保険証を携帯しておくとスムーズです。
社会保険証は病院の初診時にも必要になるので、常に持ち歩いていれば安心ですね。

アコムマスターカードで個人事業主の在籍確認はどうなる?

申込者が社員を持たない個人事業主であり、連絡先と勤務先の電話が同じであるような場合は、在籍確認の際、電話以外に営業状態を確認できる書類の提出を求められることがあります。具体的には、営業許可証や受注書などです。

アコムマスターカードで休職中の場合在籍確認はどうなる?

勤務先に籍は置いているものの、産休や長期休暇などで休職中の場合は、アコム側で先々に渡って継続収入があるという確認が取れません。そのためアコムでは、在籍確認の電話で休職中と判明した時点で通常審査落ちとなります。ただし、比較的短期間で職場復帰できると判断されれば、審査に通るケースもみられるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください