【今年最後】楽天カード✨7000ポイント入会特典✨

アコムの審査の流れと審査内容とは?審査の前に確認しておくべき事項を解説します!

アコムのカードローン審査に申し込もうと考えている方は少なくないと思いますが、審査の前には準備しておくべき書類や確認しておくべき事項があります。
この記事では、アコムに申し込んでから審査までの流れを順を追う形で説明しています。インターネット申し込みと、自動契約機での申し込みのパターンに分けて詳細を解説しています。
この記事を読むことによって、書類の不備や申し込みの際の入力内容の誤りをなくすことができ、円滑な審査に役立つでしょう。

アコムの審査に必要なものは?

アコムの審査を受けるにあたって、事前に準備しておくべきものを紹介します。

現住所のわかる本人確認書類

必ず必要になるのは、現住所の記載のある本人確認書類になります。
ほとんどの人は、運転免許証または健康保険証で問題ありません。ただ、運転免許証の場合は転居等で表面に記載されている住所と現住所が異なる場合があり、この場合はアコムの審査における本人確認書類としては使用できません。審査前に免許証の住所訂正手続きを行うか、健康保険証を本人確認書類として提出しましょう。

健康保険証の場合は、カードタイプのもので構いません。裏面に住所を記入する欄があるので、現住所を必ず記入しましょう。現住所と異なる住所が既に記入してある場合は、抹線をした上で、その上に現住所を記入します。

年収を証明できる書類

基本的には源泉徴収票を提出します。源泉徴収票の「支払金額」の欄が利用者の年収ということで審査に関係してきます。

年の途中から勤務し始めたなどの理由で勤務先から源泉徴収票が発行されていない場合は、直近2ヶ月分の給与明細でもOKです。それに加え、近1年で貰った賞与があればその賞与明細も準備しておきましょう。

アコムの審査の流れは?

アコムの審査の流れを順を追って説明します。

アコムの審査はその申し込み方法によって、若干審査の流れが変わります。アコムへの申込み方法は様々ですが、最近ではインターネットを通じた申し込みと、すぐにカードが受け取れる自動契約機での申し込みが主流です。今回はその2つのパターンについて審査の流れを解説します。

インターネット申し込み

アコムのホームページにアクセスし、「新規申し込み」から手続きを進めます。名前や年齢、電話番号やメールアドレス、勤務先、他社借入の有無など必要事項を入力します。また、借り入れ希望額を入力する欄もありますので、用途に応じて入力しましょう。

入力完了後に情報を送信すると、登録したメールアドレスに書類提出用のURLが届くので、このURLからログインを行い、上に挙げた必要書類(本人確認書類・年収を証明できる書類)をアップロードします。
年収を証明できる書類については、アコムでの借り入れ希望額が50万円を超えるの場合と、他社ですでに借り入れている分とアコムの借り入れ希望額を足して100万円を超える場合に提出が必ず必要です。
この場合に限らず、提出して審査に影響することはないので、円滑な審査のために提出することをオススメします。

アップロードの方法にはログインしたサイトから直接アップロードする方法と、専用スマートフォンアプリからアップロードする方法があります。他にもFAXや郵送でも必要書類の送付は可能ですが、ネットを通じたアップロードに比べると時間を要します。

以上で、申し込みは終了です。

ここから審査が行われます。
審査では入力情報をチェックし、提出書類と齟齬がないかを確認されます。また他社借入については、信用情報機関への照会が行われ、入力された金額と違いがないかを確認します。最後に勤務先へ在籍確認を行い、問題がなければ審査は終了です。

自動契約機(むじんくん)での申し込み

自動契約機に入ると、まずはオペレーターの指示に従って備え付けの書類に必要事項を記入することになります。記入する内容は、ネット申し込みと異なる点は特にありません。記入完了後は、書類を端末が取り込んでスキャンします。

続いて、提出書類をオペレーターの指示に従って端末にセットしスキャンします。以上で申し込みは終了です。

ネット申し込みと若干異なるのは、この後の流れが前後する場合があることです。

ネット申し込みでは在籍確認までを一連の審査としていますが、自動契約機で申し込んだ場合は申し込み内容や書類に不備がなかった時点で、一度オペレーターから「仮審査に通過した旨」の連絡がある場合があります。そして、「最後に在籍確認をしますが今の時間でよろしいですか?」と聞かれる流れです。これは各々のケースによる部分が大きいとは思いますが、そういった報告もなされています。

アコムの審査に通った後の手続きは?

アコムの審査に通った後の手続きも、ネット申し込みと自動契約機での申込みで若干流れが異なりますので、確認しておきましょう。

インターネット申し込みの場合

審査に通った後は、アコムから「契約手続きのお願い」といったタイトルのメールが送られてくるので、その内容を確認し、手続きを進めることで契約が完了します。なお、審査に通過した場合でも、申し込み内容や提出書類についてアコムから確認したい事柄がある時は、電話がかかってくることがあります。

契約の際には、ローンカードを郵送で受け取るか近くの自動契約機(むじんくん)で受け取るかを選択することが可能です。即日発行を希望する場合は、自動契約機に行っての受け取りを選択しましょう。

自動契約機(むじんくん)での申し込み

審査に通った後は、自動契約機端末から契約書類が出てくるので、オペレーターの指示に従って確認を行います。問題がなければ契約完了で、端末からローンカードが発行されます。発行されたローンカードは、自動契約機の近くにあるアコムATMや、近くのコンビニATMですぐに利用が可能です。

アコムの審査は学生やアルバイトでも通る?

アコムの審査要件として、「勤務しており定期的な収入(給与)がある」という前提があります。つまり、この要件をクリアしていれば学生でもアルバイトでも申し込んで審査を通ることは可能です。

一つ注意したいのは、学生の場合、定期的な収入といっても奨学金や仕送りなどは含まれません。あくまでアルバイトなどで、どこかに勤めて給与として定期的な収入があるかが問われます。

アコムの審査は土日でも可能?

アコムは土日でも無人契約機を含め営業を行っており、申し込んで審査を受けることが可能です。無人契約機でのローンカード発行は土日でも行っており、急な出費等にも対応することが出来ます。

アコムの審査にかかる時間は?

単純に審査にかかる時間ということであれば、ネット申し込みの場合は30分~1時間程度、無人契約機の場合は10分程度です。
これは、ネット申し込みの場合は管理部門に届いた申込みを順番に審査しているのに対し、無人契約機の場合は来店した利用者の審査をすぐに行うからだと考えられます。

ただ、無人契約機を利用する場合は書類への記入やオペレーターとのやり取りで時間がかかるので、申込みから審査終了までの時間――ということであれば、それほど大きな違いは無いように思われます。

アコムの審査で在籍確認はある?

アコムの審査には在籍確認があります。

在籍確認とは、利用者が申し込みの際に入力した勤務先の情報が間違いないかどうかを確かめるため、勤務先に電話をかけて確認することです。といっても、アコムの申し込みという用件で電話をかけてくることはなく、個人名でかかってきます。申し込んだ本人がその電話に出る必要はなく、あくまで確認が取れれば問題ないということです。

「○○(個人名)と申しますが、○○(利用者)さんはいらっしゃいますか?」といった程度の内容なので、特に気にする必要は無いと思います。

アコムの審査とアコムマスターカードの審査は違う?

これまでの内容はアコムの「カードローン」審査に関する内容でしたが、アコムはマスターカードのライセンスを持っており、「アコムマスターカード」というクレジットカードも発行しています。
審査する会社はアコムで同じですが、カードローンの審査とクレジットカードの審査は総量規制の部分などで違いがあります。

アコムの審査は甘い?

アコムの審査が他の消費者金融に比べて甘い――ということはありません。総量規制が施行されてから、消費者金融が独自の裁量で融資を行うことは難しくなっており、審査に通るか通らないかというレベルにおいては、それほど違いはありません。

ただ、融資が可能な範囲でどこまで限度額を設定してくれるかという点では会社によって違いがあるのは事実です。50万の借り入れが属性的に可能な状態であっても、会社によっては契約時の利用限度額が30万円だったり、50万円だったりします。

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループで消費者金融の最大手ですから、それまでのノウハウの蓄積によって、利用者に寄り添った契約内容を的確に提示してくれることでしょう。

アコムの審査に通らなかったら?

アコムの審査に通らなかった場合は、その理由を考えてみましょう。他社借入の関係で総量規制に引っかかっている場合は、ほぼそれが理由と見て間違いありません。
他社借入額を少なくするか、おまとめローンの利用、または総量規制対象外の銀行カードローンなどを検討してみましょう。

また注意したいのは、審査に通らなかった場合でも「アコムに申し込んだ」という事実は信用情報機関に残っています。立て続けに申し込みをして審査に落ちると、その情報が残ってしまい金融機関の審査を受ける上ではマイナスに働きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください