今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

アコムのカードローンでのお金の借り方とは?お金の借り方について徹底解説!

消費者金融大手のアコムではじめてのキャッシングを考えている方は少なくないと思います。今回は、そういった方に向けて、アコムでのお金の借り方について一連の流れを簡単にまとめてみました。お金を借りるということに抵抗があったり、消費者金融について実態がわからないという人についても、この記事を読んで頂ければ一連の流れとあわせて、スムーズに借り入れができるということがご理解いただけると思います。

アコムでのお金の借り方を解説する前に!

この記事ではアコムを利用した具体的なお金の借り方について解説していきますが、文中に繰り返し出てくる「カードローン」と「総量規制」という言葉について、先に説明しておくことにします。

カードローンとは?

カードローンとは、発行されたカード(ローンカード)を使って、利用限度額内で借り入れが可能なタイプのローンです。返済における決まりなどは会社によって多少異なりますが、限度額内であれば返済中に追加で借り入れすることも可能な場合が多いです。

また、基本的に借り入れたお金の使途は自由です。余談ですが、使途を限定したタイプのローンを目的ローンと呼ぶことがあります。最近話題のおまとめローンもこの目的ローンの一種です。

カードローンは提供している会社の種類によって、銀行系カードローン、消費者金融系カードローン、信販会社系カードローンに分類されます。今回ご紹介するアコムのカードローンについては、消費者金融系カードローンに該当します。

総量規制とは?

アコムを始めとする消費者金融系カードローンについては、貸金業法に定めるおまとめローンを除いて、基本的に総量規制の対象となっています。

総量規制とは、借入額を年収の3分の1までに制限する制度のことで、それ以上の借り入れをさせることはできません。この場合の年収は、給与等の総支給額になります。源泉徴収票等に記載されている社会保険料等控除前の金額になります。つまり、所得(≒手取り)額ではありません。

【例】
年収270万円 所得200万円の場合 → 最大で90万円までの借り入れが可能

同じカードローンでも、銀行の提供する銀行系カードローンは、この総量規制の対象外となっています。その分、審査や返済方法における柔軟度も消費者金融系のカードローンとは異なります。

アコムでのお金の借り方で注意しておきたいこととは?

アコムでお金を借りる前に、注意しておきたいことを挙げてみました。セルフチェック形式にしておりますので、自分が当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

安定した収入があるか?

アコムでお金をかりる場合、給与等の定期的な支払いがあることが絶対条件になります。

単発のアルバイトや登録の派遣(日払い)などだと、定期的な収入とみなされません。また、贈与による収入や株取引などの収入も同じ扱いです。あくまで、どこかの会社や店舗に勤めていて、そこから定期的な給与の支払いがあるということが重要になります。

逆に言えば、給与等の定期的な支払いがあれば、就業の形態は問われません。派遣社員であっても、アルバイトであっても、主婦の方が午前中だけやっているパートなどであっても、定期的な収入があればアコムを利用することが可能です。

総量規制を超えないか?

冒頭の解説でも述べましたが、アコムのカードローンは総量規制の対象です。つまり、総量規制以上に借り入れをすることは不可能です。

わかりやすい例として、年収300万円の人を例に挙げてみます。この人の総量規制対象内での借入額は、100万円までとなります。(300万円÷3)

この人がアコムでお金を借りる前、全く他社での借り入れがない状態であれば、アコムでの借入可能額は最大で100万円ということになります。ただ、審査によって利用限度額は総量規制の枠内でさらに定められるので、利用限度額が100万円になるということではありません。

また、この人が他の消費者金融で50万円をすでに借り入れていた場合、それは総量規制に含まれますので、アコムで借入可能なのは最大でも50万円ということになります。

他の消費者金融ではなく、銀行カードローンをその50万円を借りていた場合は総量規制対象外ですから、アコムで借入可能なのは最大で100万円になります。

このように、アコムでは総量規制を超えて借り入れをすることは法律上(貸金業法)できなくなっています。

アコムでの具体的なお金の借り方とは?その流れを解説します!

アコムでのお金の借り方について、その流れを簡単に解説します。

流れをまとめると「申し込み→審査→契約・カード発行→借り入れ」となります。

申込みを自動契約機(むじんくん)で行うか、インターネットで行うかによって、審査以降の流れが若干変わってきます。

アコムでのお金の借り方は申込み方法で変わってきます

それでは、申込み方法別にお金の借り方を説明していきます。

自動契約機(むじんくん)で申し込んだ場合とは?

郊外や繁華街の雑居ビルによくあるアコムの店舗には、自動契約機(むじんくん)が備え付けられており、申込みから審査、カード発行から借り入れまでを即日完結させることが可能となっています。

自動契約機に入ると、自動で施錠となり、端末に向かってオペレータとやりとりをしながら申込みを進めていくスタイルです。

出力された申込用紙に、端末上の表示やオペレータの指示に従って、氏名や勤務先などの情報を記入していきます。一部は、端末を操作して入力する部分もあります。

申込み用紙を記入し終えると、それを端末がスキャンしてアコムに情報が送信されます。続いて、本人確認書類のスキャンです。

本人確認書類としては、現住所の記載のある免許証や健康保険証が必要になりますので、自動契約機で契約を進めたいという方は、必ず持参するようにしましょう。

申込用紙のスキャンと本人確認書類のスキャンが終わり、記載内容や提出書類に不備がなければ、その場で審査が始まります。審査については、今回の記事ではあまり触れません。アコムの審査について詳しく解説している別記事をご参照頂ければ幸いです。

審査に通過すると、その場で端末から即日利用可能なローンカードが発行されます。借り入れは、このカードを使って、ほとんどの店舗で自動契約機の外にある、アコムATMをつかって行います。

インターネットで申し込んだ場合とは?

パソコンやスマートフォンからインターネットを通じて申し込むには、アコムホームページから手続きを進めていきます。

「新規申し込み」から手続きを進めると、氏名や勤務先などの情報を入力していくことになります。入力が完了した後は、本人確認書類をアップロードする必要がありますので、あらかじめ本人確認書類のオモテとウラ、それぞれをカメラで撮影しておくとスムーズに手続きが進むでしょう。

入力に不備がなく、提出書類に問題がなければ、審査が始まります。審査を通過するとカードが発行されますが、ここでカードをどのように受け取るかを選ぶ必要があります。

即日利用したい場合は、最寄りの自動契約機でカードを受け取ることが可能です。それ以外は本人特定郵便にて郵送の形になります。

以上、2つの申し込み方法におけるお金の借り方の流れを解説しました。一番手間がかからず、審査落ちの際の無駄足などを避けるという意味では、「ネット申し込み→カードを自動契約機で受け取る」というスタイルが無難かもしれません。

アコムATMや提携ATMでのお金の借り方とは?

カードを受け取った後は、いよいよ借り入れです。すぐに現金が必要な場合は、アコムATMや提携ATM(コンビニATM等)で借り入れが可能です。借り入れ単位は1,000円単位です。

使い方は銀行のキャッシュカードなどと変わらず、カードを挿入し、「借り入れ」を選択。あとは契約時に設定した暗証番号を入力すると、お金と借り入れ明細がATMから出てきます。

借り入れ明細については、次回返済日や借入残高などの重要な情報が記載されていますので、必ず持ち帰るようにしましょう。

アコムホームページからお金の借り方とは?

ローンカード表面に記載のある会員番号と、契約時設定した暗証番号でアコムホームページにログインが可能となります。そして、そこから振込での融資を申し込むことも可能です。

ネットバンクなどと連携させるとお金のやりとりがスムーズにいくので便利なサービスですが、借り入れ単位がATMの場合と異なり10,000円単位なので注意しましょう。

アコムでのお金の借り方を把握した後は、返し方(返済)も重要です!

以上、アコムでのお金の借り方についてその流れを解説しました。

お金を借りた後は、返すことが何より重要です。詳細は割愛しますが、アコムは利用者に寄り添った様々な返済方法や諸サービスを実施しており、計画的な利用の中で確実に返済をしていくことで、カードローンをより有効活用できるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください