今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

アコムマスターカードにおける仮審査の内容とは?審査で重視されるポイントや注意点を解説

アコム審査
「最短30分のスピード審査」で人気のアコムマスターカード。土日でもすぐに発行ができ、審査に通りやすいカードとして申込者数上位にランクインしていますが、そこには大手消費者金融アコムならではの審査基準が存在します。
今回はアコムマスターカード申込時に行われる仮審査にスポットを当て、その内容や審査通過のためのポイント、注意点などを中心にまとめました。

アコムマスターカードの仮審査とは?そもそもの審査のハードルが低いってホント?


口コミサイトや利用者の声などを見る限りでは、銀行系や信販系のクレジットカードと比較して、アコムマスターカードは審査に通りやすい傾向があるようです。
勤務形態や年収についても特に縛りはなく、20歳以上で安定した継続収入があれば基準を満たしているとされ、アコムマスターカードに申込みできます。
アコムマスターカード入会時の審査には仮審査と本審査がありますが、申込情報や信用情報などに問題がなければ、最短30分のスピードで審査が完了します。
そうした迅速な対応により、いざという時にすぐにカードを作りやすいことが、アコムマスターカードが人気を集める要因のひとつになっているようです。

アコムマスターカードの審査内容とは?気になる仮審査と本審査

アコムマスターカードでは、申込項目に入力した個人情報を元に仮審査が行われます。そしてその後提出する本人確認書類を元に行われるのが本審査です。
またその過程で行われる、信用情報の照会や電話確認、在籍確認も、重要な審査行程となります。

アコムマスターカードの仮審査とは

アコムマスターカードの仮審査の内容はスコアリング評点、信用情報照会、本人確認の3行程です。
すべての行程がスムーズに済めば時間をかけずに審査が完了しますが、何かしら問題があれば仮審査の段階で引っかかってしまうことになります。
スピード対応に優れたアコムでは、審査時間は最短30分ですが、申込みからカード発行まではトータルで1~2時間ほど見ておくのが良いとされます。しかしもしも、数時間を過ぎても審査結果の通達が来ないようであれば、何らかの問題が発生している可能性があるので、アコムに電話をして状況を確認してみるのが良いでしょう。

アコムマスターカードの本審査とは

アコムマスターカードの本審査の内容は書類確認、在籍確認の2行程です。
申込時に入力された個人情報と本人確認書類の情報に相違があったり、勤務先への在籍確認が取れなかったりすれば、審査が長引き、その日のうちにカード発行ができなくなる可能性があるので注意しましょう。

アコムマスターカードの仮審査内容について

続いてアコムマスターカードにおける仮審査の内容を詳しくみていきます。

アコムマスターカードの仮審査1:スコアリング評点

クレジットカードの審査でまず行われるのが、申込項目に入力された情報に基づくコンピューターシステムによるスコアリング評点です。アコムではおおむね以下に示す状況であれば、スコアリングで高得点を取得でき、審査に通りやすくなるとされます。

持ち家で居住年数が長い。
職業ステータスが高い(公務員や医師は最高得点レベル)。
年収が多い。
多重申込や延滞履歴がない。
なお、各項目ごとの点数による審査通過基準が、具体的にどのようなものであるかは企業秘密とされ、申込者が知ることはできません。ただ収入状況が安定しており、信用情報に問題ないことがスコアリングで確認できれば、審査通過の確率が高くなるということですね。

アコムマスターカードの仮審査2:信用情報照会

アコムマスターカードでは、申込者の過去のクレジットヒストリーよりも、申込時の収入状況が審査でより重視されるといわれます。
しかし無論、申込者のそれまでの信用情報に問題がないかを確認するための信用情報機関への照会行程も、アコムにおける重要な審査項目です。
現在日本には、以下に示す3つの信用情報機関があります。

JICC(株式会社日本信用情報機構)
CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
JBA(一般社団法人全国銀行協会)
上記のうちアコムが加盟しているのは、JICCおよびCICです。
JICCとCICでは、長期延滞や債務整理の金融事故情報が5年に渡って記録に残され、その期間は当然ですが、アコム含めあらゆるクレジットやローンの審査に通らなくなります。
JICCおよびCICではネットや郵送で、希望者に信用情報を開示しているので、過去に金融事故の履歴を持つ人は、自分の信用情報を確認して、事故情報が消えるのを待ってからアコムに申込むようにしてください。

アコムマスターカードの仮審査3:本人確認

第3者による不正申込みなどを防止するため、アコムでは仮審査時に、申込者充てに本人確認の電話を行います。
電話で申込み情報に関する補足説明を求められることもありますが、アコムでは通常、仮審査の行程を通過した最終段階で電話確認が行われ、その場で併せて仮審査通過の旨が伝えられるようです。
また場合によっては仮審査通過の時点で、ローン機能のみのカード「アコムカード」が発行されるケースもあります。

アコムマスターカードの仮審査で足きりになるのはどんな人?

他のクレジットカードに比べ審査が緩いといわれるアコムマスターカードですが、審査通過率は50%前後であり、仮審査で落ちてしまう人も存在します。
アコムで仮審査落ちしやすいとされるのは、おおむね次のような場合です。

本人確認が取れない。
信用情報に問題がある。
多額の借入れや多重申込を行っている。

上記それぞれが仮審査に及ぼす影響について以下にみていきましょう。

アコムマスターカードの仮審査通過のための注意点

まず1.ですが、携帯をマナーモードにしておくなどでアコムからの着信に気付かず連絡が付かないままだと、アコム側で本人確認が取れず審査がストップする可能性があります。そこで申込時には必ず、アコムからの電話連絡がつくようにしておいてください。

2.については先に述べた金融事故まで行かずとも、過去頻繁に延滞を繰り返すなどの履歴があれば審査に通りづらくなります。これは他のクレジットカードも同様です。

3.に関しては申込みの時点で、複数のカード会社への多重申込また多額の債務残高があれば、収入状況や先の返済状況が不安視され、審査落ちしやすくなるので注意しましょう。
またアコムマスターカードでは、キャッシング枠において総量規制の対象となります。他社での借入額が既に年収の3分の1近くに上っていれば、アコムの審査に影響を及ぼすリスクが生じるので覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください