今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる🚀

JMB JQ SUGOCAはマイルも貯まってお得!九州の人なら買い物もお得にできる

JMB JQ SUGOCAはイオンカードとJALマイレージバンク(JMB)、交通系電子マネーで知られるSUGOCA(スゴカ)が組み合わさったカード。イオンカードの持つ特典を受けながらJALマイルを貯められ、交通系カードとしても使える優れものです。今回は、そんなJMB JQ SUGOCAの魅力を紹介しましょう。

JMB JQ SUGOCAは交通系カードとしておすすめのイオンカード

申し込み資格18歳以上(高校生は除く)の方
年会費初年度無料・前年1度以上の利用で無料(全く利用がない場合1350円)国際ブランドVISA, mastercard, JCB
発行スピード審査後お届けまで1~2週間程度ETCカード年会費・発行手数料無料
貯まるポイントマイル、JRキューポポイント還元率0.50%~2.00%
海外旅行保険なし国内旅行保険なし
ショッピング保険ありお得なサービスJR博多シティ、アミュプラザ博多、博多デイトスでの利用で請求時に5%引き(一部店舗で3%引き)、イオン系店舗などで5%オフ特典を受けられる場合あり
電子マネーSUGOCAスマホ決済Apple Pay、楽天ペイ

JMB JQ SUGOCAの魅力として注目したいのは、やはりイオンカードとして店舗割引が受けられるのに加えて、マイルなどを賢く貯められる点です。一般的に旅行をしなければ貯められないマイルを通常の買い物や支払いで貯められるのは嬉しい機能といえるでしょう。また、その他にもメリットは多く、ここからとくに大きなメリットを3つ紹介します。

公共料金でもポイントを貯められる!

JMB JQ SUGOCAのメリットの1つは、JRキューポと呼ばれるJR九州共通のポイントがどんどん貯められる点。
還元率は0.5%~2.0%と比較的高く、加盟店の中に電力会社やガス会社など生活インフラを提供している会社が入っているのが嬉しいです。
公共料金を支払う際に、誰でも一度は「この支払いでポイントが貯まれば良いのに」と思った経験があるでしょう。
JMB JQ SUGOCAでは、その願望を現実にできます。
公共料金はもちろん、携帯電話料金、税金などでも貯めることができるため、どんどんポイントを貯められるでしょう。
貯まったポイントは、JR九州旅行券などに交換できるほか、PontaやTポイントへの交換もできるため、利活用しやすく、九州に住んでいない人でも受けられる恩恵は計り知れません。

SUGOCAをお得に利用できる

JMB JQ SUGOCAはSUGOCAの機能を持っているため、SUGOCAとして使える点もメリットの1つ。
通常SUGOCAを利用するには、デポジット費用などいくらかお金が必要になるのですが、このカードであれば、完全無料で利用することができます。
また、SUGOCAのチャージをすることでJRキューポが貯まるのも大きなメリット。
これによって、無駄なくSUGOCAの利用ができるようになります。
このカードにはSUGOCAのオートチャージ機能もあるため、自動改札機にタッチするだけで自動入金ができるのも大きなメリットといえるでしょう。
この機能のおかげで、チャージし忘れて現金を使わなければならなくなるという心配もいりません。

いくつかの方法を使ってマイルに交換できる

JMB JQ SUGOCAのメリットの3つ目は、JALマイルとJRキューポの相互交換ができる点。
交換レートはJALマイルからJRキューポに交換するときは1ポイントにつき1ポイント。
逆の場合は、2ポイントで1ポイントの交換ができます。
なぜこれがメリットになるかというと、この交換ができることで、面白いことができるようになるからです。
たとえばANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカード)を所有していると、JALマイルをJRキューポに交換した後、Gポイント、LINEポイント、メトロポイントと交換を続けると、最終的にANAマイルに交換できます。
かなりの手間がかかりますし、交換に際していくらかポイントが少なくなってしまいますが、こうすることで海外旅行などに広くポイント活用できるようになるのです。
JMB JQ SUGOCAは一見すると九州地域でのみ力を発揮するカードに感じられるかもしれませんが、このようなポイント交換を活用することで、広く活用することができます。
ただし、交換できるのは、年間20000マイルまでという上限がある点に注意してください。

JMB JQ SUGOCAのデメリットや注意点

JMB JQ SUGOCAには、もちろんデメリットもあります。メリットだけを伝えるのは少しばかり不公平なものがあるので、ここではデメリットの方も3点紹介しましょう。利用する上では、メリットとデメリットを比較するのが重要なので、ぜひ参考にしてください。

加盟店以外での還元率が高くない

JMB JQ SUGOCAのデメリットは、還元率の弱さにあります。
先ほど、メリットとして還元率が最大で2.0%である点に触れました。
これはあくまで加盟店の場合であり、加盟店以外で利用した場合、還元率が0.5%になります。
昨今のクレジットカードには、多くのお店で使えて還元率も高いカードが少なくありません。
そのため、加盟店以外で利用する際には、JMB JQ SUGOCAを使うのはあまり好ましいといえないのです。

無料で加入できる保険の特典が弱い

JMB JQ SUGOCAのデメリットの2つ目は、保険が弱い点。
クレジットカードの中には、海外旅行傷害保険などが特典にあるものも少なくありません。
しかし、JMB JQ SUGOCAにはそういった保険がついていません。
ただし、保険がついていないからといって、JMB JQ SUGOCAが駄目だというわけではない点に注意してください。
要するに、そのような保険がついているクレジットカードをサブとして持てば良いだけの話です。
あくまで、JMB JQ SUGOCAにはそのような保険がついていないので、保険が欲しいときに別のカードを作る手間が生じるという話に過ぎません。

九州地方で得られる特典に偏っている

JMB JQ SUGOCAのデメリットの3つ目は、特典が九州地域で得られるものに偏っている点です。
これは、発行体の関係もあるため仕方ない話ではあるのですが、やはり九州地域外に住んでいる人にとっては、辛いものがあるかもしれません。
何せ、九州地域に住んでいるのであれば、特定の施設で3~10%オフで買い物ができたり、娯楽施設がお得に利用できたりと、多くの特典があるのです。
しかし、そこに住んでいなければ、わざわざ出向かなければ特典を満喫することができません。
そのため、九州地域外に住んでいる人にとっては、この点がデメリットになりえます。

こんな人ならJMB JQ SUGOCAはおすすめ

JMB JQ SUGOCAを利用するのであれば、やはり九州地域に住んでいる人なら十分検討できるでしょう。
何せ、買い物や娯楽施設の利用などをお得にできるだけではなく、ポイントによる恩恵も満足できるほど受けられます。
また、JR九州の利用でもeきっぷやe早得が使いやすくなるなどメリットがありますし、JR九州系列のホテルをお得に使用することもできるようになるのです。
とくに九州地域を中心に仕事をするビジネスパーソンにとっては、かなり使えるカードになるでしょう。
そのため、九州地域に住んでいる人で、とくにこの地域をメインに仕事をしている人にはお勧めのカードといえます。
また、SUGOCAを費用なしで使いたいという人も、満足できる可能性が高いです。SUGOCAの維持費は決して高いといえるものではありませんが、それでも費用なしで使えるのであれば、それに越したこともないでしょう。
交通系のカードであるため、移動面での使い勝手は悪くないので、移動の多い人にもお勧めのカードといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください