セブンイレブンで20%還元☕✨

イオンカード(WAON一体型)は学生にとってメリットがあるのか検証してみた

学生イオンカード(WAON一体型)は学生でも申し込み可能なのか、また学生が持つ場合に特にどのようなメリットがあるかについて探り、学生がイオンカード(WAON一体型)イオンカードセレクトを上手に使う方法を解説していきます。

学生でも発行可能?イオンカード(WAON一体型)の申し込み条件

イオンカード(WAON一体型)の申し込み条件
  • 18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
  • 未成年の方は親権者の同意が必要

上記の通りイオンカード(WAON一体型)は学生の方も申し込み可能です。年会費無料で学生の方でも持ちやすく、イオン系列店舗での割引特典など、ひとり暮らしの方にとっても重宝する1枚となっています。

 

イオンカード(WAON一体型)の学生におすすめしたい特典

イオンカード(WAON一体型)の特典の中でも学生にとってメリットの大きなものをまとめてみました。

通常ならかかるWAONカード発行料が0

バイトをしていても社会人のように高く安定した収入を得ることが難しく、何かとお金のかかる学生のうちは少しでも節約ができると嬉しいですよね。イオンカード(WAON一体型)はイオンカードにWAONの機能がついているのになりますが、通常WAONのみのカードを発行すると300円がかかり、その分のポイントをためるためには6万相当の買い物をしなくてはなりません。どうせなら発行無料のイオンカード(WAON一体型)で負担なく始めたいですよね。

ポイントを自由に選んでためられる

上記しましたが、イオンカード(WAON一体型)の特徴はイオンカードとWAONの機能が一体になっていること。よってポイントも使い分けながらためることができるんですよ。光熱費などをイオンカードで払っていればイオンカードのポイントの方がたまりやすいですし、生活に合わせたため方ができるので、高額を使う機会も多くない学生にもおすすめです。

5のつく日はポイントが2倍に

WAON一体型のみならずイオンカードには共通して映画、カラオケなどが割引もありますが、WAON一体型だけポイントが多くつく日も設けられているんです。それが5のつく日。5日、15日、25日は通常よりもポイントが2倍つくのでもし急ぎのものでなければポイント倍増の日に買い物をしましょう。ポイントを上手にためると、学生ゆえの付き合いなど他のところにお金を回せるかもしれませんよ。

 

学生のうちにクレジットカードを作ったほうがいい理由

続いて学生のうちにクレジットカードを作るメリットについても紹介したいと思います。

学生はクレジットカードが作りやすい時期

クレジットカードを申し込むと、基本的には「安定した収入」と「カードの健全な支払い履歴」などをもとに審査されます。 会社によって欲しい顧客像や審査基準は異なるため、社会人になってから申し込んでも、必ずしも自分が欲しいカードが作れるとは限りません。 しかし学生であれば、カード会社も学生枠として、本人年収がなくても親の年収などでカードを作れるよう一定の配慮をしてくれます。 また大学生は高校生のときよりも行動範囲が広くなり、また利用できる金額も大きくなっていきます。 そのときにクレジットカードがあれば支払いを便利にできるほか、ポイントなどをお得に貯めることもできます。その意味で学生はクレジットカードを作るのにうってつけの時期なのです。

海外旅行では保険がついて安心

大学生の人はサークル旅行や卒業旅行など、海外に行く機会もあるかと思います。海外では日本の国民皆保険制度のようなものがないため、万が一ケガをしたときなど医療費が高額になるおそれがあります。 そのため保険に入っておくと安心ですが、クレジットカードにはこの海外旅行傷害保険が付帯しているものもあります。 また海外では現金払いに対応していない店もざらにあるほか、スリなども多く現金をたくさん持ち歩くのは危険という地域もあります。 クレジットカードであれば、万が一紛失しても電話一本で利用を停止することもできるので、こうしたリスクを減らすことができます。 このような事情もあるため、海外に行く機会の多い方は、クレジットカードを持っておくと大変便利です。

社会人になるまえに金銭感覚を学べる

「クレジットカードはお金を使いすぎてしまいそうで怖い」と思う方もいるかもしれません。しかし学生の間こそクレジットカードを使うことで、しっかりとした金銭感覚を学ぶことができます。 実際に現金であればなににいくら使ったかはなかなかわかりませんが、クレジットカードであればなににいくら使ったかが履歴としてわかるので、家計簿をつける意味合いもあります。 また月々カードの支払いをしっかり行うことで、自身の信用履歴を積み上げることにもつながります(=「クレジットヒストリー」、通称クレヒス)。 健全な支払い履歴であるクレヒスを作ることで、将来自分が欲しいクレジットカードが作りやすくなる可能性もあるほか、カードの種類によっては上位カードへのランクアップに招待するインビテーションが届くこともあります。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください