楽天カード入会で最大7,500円分もらえる❗

アメックスプラチナの年収とは?インビテーションがくる年収など詳しく紹介!

アメックスプラチナカード
「アメックスプラチナがオンライン入会できるようになったけど審査通過の年収目安はあるのかな?」
アメックスのプラチナカードはアメックスプロパーカードのなかで2番目に高いスターテス性を持つクレジットカードです。

以前は完全招待制のアメックスプラチナでしたが、現在はオンライン入会ができるようになりました。

ですが、
・アメックスプラチナってどんなカード?
・審査通過の基準は高いんでしょ?
・年収の目安くらい分かればいいんだけど……
など気になることも多いと思います。

そこで、この記事ではアメックスプラチナカードの審査と年収の関係について考察してみました。

アメックスプラチナに必要な年収とは

アメックス・プラチナは以前はインビテーションによる入会窓口しかありませんでしたので、ある程度の利用実績や年収を持つ方しか作ることはできませんでした。

ですが、オンライン入会も可能になりその入会ハードルは下がったように感じます。(今もインビテーションによる入会プログラムは存在します。)

アメックスプラチナカード
年会費130,000円+税
申込資格20歳以上
国際ブランドアメックス
限度額一律の制限なし

アメックスプラチナの申込資格

アメックスプラチナの申込資格は「20歳以上、定職がある方」となりますので、年収の基準が定められているわけではありません。

定職の定義に関してもパート・アルバイトは不可でありながら、年金受給者は認めていることを考えると、年収の高低よりも安定を重視しているようにも思います。

職業審査難易度職業審査難易度
学生×専業主婦×
パート×アルバイト×
契約社員派遣社員
個人事業主法人経営者
正社員年金受給者

年収300万円の審査状況

実際に年収300万円の方でもアメックスプラチナのインビテーションが届いた、審査に通ったという声をインターネット上で見かけることができます。

月給換算で25万円になりますので、大学卒業の新卒年収くらいでも審査に通るのかもしれません。

とはいえ、年会費13万円+税を支払う新卒が存在するかは疑問ですが……汗

年収400万円の審査状況

年収300万円でも審査通過の情報が確認できますので、年収400万円だとなんら問題ないといって良いでしょう。

月給換算すると33〜34万円の中堅社員にもなれば、勤務期間も長く、これまでの信用実績(クレヒス)も積上がっていますのでインビテーションも届くこともあるでしょう。

年収に加え、その他の信用力の安定感が買われてアメックスプラチナの審査に通りやすくなると考えられます。

年収500万円の審査状況

年収500万円は月給でも40万円となり、dodaの平均年収を見ても40代の方が対象になると思います。

40代にもなれば社会的信用も高くなりますので、アメックスプラチナの審査通過はさらに上がることでしょう。

どの年収であっても大事なのは利用実績と社会的信用力を高めることに違いはありませんので、支払いの延滞や滞納をすることなく、真面目に生活している限り審査落ちになる原因は限りなく少なくなるのではないでしょうか?

事業主ならアメックスのビジネスカードもおすすめ

個人事業主、経営者ならアメックスプラチナと並んで、アメックスビジネスカードも検討すると良いでしょう。

  • 独立1年目の個人事業主、法人経営者でも作れる
  • アメックスプラチナよりも年会費が安い
  • アメックスプラチナ同様、限度額に一律の制限なし

事業用決済としてビジネスサポートも付帯されますので、ぜひ検討してみましょう。

年会費初年度無料
申込資格20歳以上の法人代表者または個人事業主
発行時間2週間程度
国際ブランドアメックス
限度額一律の制限なし
入会1年以内の利用で30,000ポイントもらえる
  1. 入会後1年以内に200万円(税込)以上の利用で30,000ポイント
アメックスゴールドの特徴
  • 年会費31,000円のゴールドカードを初年度無料で使える!
  • 起業1年目でも作りやすい独自の審査基準
  • 最高1億円の補償がある海外旅行傷害保険付き!(国内は最高5,000万円補償)
  • 有効期限が無期限のポイントを使って好きなときに好きなマイルへ交換が可能
  • 事前承認手続きで限度額以上の高額支払いにも対応
注意
年会費は初年度無料、翌年からは31,000円+税がかかります。

アメックスプラチナの前にゴールドカードを手に入れる年収

アメックスプラチナカードを手に入れたい人は、まずアメックスゴールドカードを手に入れる必要があります。

アメックスゴールドカードにもインビテーションが存在します。しかし、アメックスゴールドカードだけ、インビテーションだけでなく、自己申込を行うことができます。そのためにはまずは通常カードである、アメックスグリーンの申込をしましょう。アメックスグリーンは年会費12,000円がかかり、これだけでも他のゴールドカードと同じくらいの年会費です。

アメックスグリーンをコンスタントに利用していると、アメックスゴールドカードへのインビテーションが届きます。

アメックスゴールドへの切替については、年収がどれだけ必要といったキーワードは出てきません。インビテーションをもらうためには、アメックスカードの利用額を増やしていくしかありません。

口コミなどを見ていると、年間総額で100万円を超えてくると、ゴールドカードへのインビテーションが届いているみたいです。年間総額100万円ということは、月額8万円くらいです。月額8万円くらいの利用であれば、だいたい年収400万くらいの人であれば対応可能かなと思います。

アメックスプラチナはゴールド経由で目指す

アメックスゴールドカードを手に入れたら、次はアメックスプラチナカードの番です。

年会費をもとに情報を整理してみましょう。
アメックスゴールドの年会費は3万円です。そしてアメックスプラチナカードの年会費は13万円です。単純計算で4倍になります。

アメックスグリーンからアメックスゴールドになるためには、年間100万円の利用が必要ですよね。
これを単純計算すると、アメックスゴールドからアメックスプラチナカードになるためには、年間400万円の利用が必要になります。年間400万円ということは、月30万円以上の利用が必要になります。さすがにここまでは言いすぎかもしれませんが、それに近い利用額は必要になります。年間利用額は最低でも200万円は必要になってきます。

アメックスプラチナのインビテーションがくる年収

さあここからはアメックスプラチナカードのインビテーションがくる年収を予測していきましょう。よく言われているのは、年収1000万円以上が必要と言われています。

年収1000万円ってかなりの金額ですよね。日本の年収の中で1000万円以上の割合は4%前後ですからね。その人たちしか持てないというのは違うかなと思います。

ネット上の口コミを見ていると、年収400万円、年収300万円といった人でもインビテーションが来たという声もあります。アメックスプラチナカード側もインビテーションがくる基準というのを公表していないため、何が重視されているのか分かりません。ただ、全て機械的にスコアをつけ、達成した人に、インビテーションを行うといった自動的な仕組みです。もちろん過去にクレジットカード情報に傷がついている場合、スコアは落ちてしまうでしょう。

いろいろな情報をもとに、条件となる基準を整理してみるとこうなります。
「勤続年数」「勤務先」「年収」「職業」「電話番号」「借入やローンの額、有無」「年齢」「住宅状況」「居住年数」「配偶者」「家族構成」「クレヒス」

このあたりがスコアリングされてインビテーション達成となります。何が1番比重にされているか分かりません。しかし、この中で年収というのは大きく関係してくるかもしれません。アメックスプラチナカードの年会費が払えるのか、年間利用するだけの資産があるのかなどは、年収から判断されます。

年収が高ければ高いほど、スコアの評価は高くなるでしょう。それに紐づいている勤務経験というのも関連はしていると思います。一時的な年収ではなく、継続してもらえているお金なのか判断が必要です。

これは例えのスコアリングですが、こんな感じで年収別に点数が分けられているのかもしれません。

  • 年収100万円未満 10点
  • 年収100万円~200万円 30点
  • 年収200万円~300万円 50点
  • 年収300万円~400万円 70点
  • 年収400万円~600万円 90点
  • 年収600万円~800万円 110点
  • 年収800万円~1,000万円 130点
  • 年収1,000万円以上  150点

アメックスプラチナのJALカード年収

 

 

アメックスプラチナカードにはJALカードも存在します。先ほど紹介した年収については、純粋なアメックスカードのプラチナカードになります。

ではJALのプラチナカードはどうなのでしょうか。これもあくまで参考値なのですが、多くの方が年収500万から800万円台となっています。

アメックスプラチナのANAカード年収

同じくANAカードにもアメックスプラチナカードが存在します。プラチナカード1つをとってもアメックスにはいろいろな種類があります。

それぞれ自分にあった特徴があるため、どれにしたいかは人それぞれです。ちなみにANAカードのプラチナカードも、年収500万から800万円が1番多い層になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください