楽天カード入会で最大7,500円分もらえる❗

アメックスプラチナの条件とは?インビテーションの条件を詳しく紹介!

アメックスプラチナ

今回紹介するのは年会費が13万円するアメックスプラチナカードです。アメックスプラチナはアメックスカードの中でも特に人気があるカードになります。いつかはアメックスプラチナが持ちたいと思っている人も多いのではないでしょうか。アメックスプラチナは自分で申し込むのではなく、アメックス社のほうからインビテーションを受ける、つまり招待される必要があります。

そこで今回はアメックスプラチナの入手方法や審査基準について詳しく紹介していきます。

アメックスプラチナの条件とは

プラチナ・カード

アメックスプラチナの入手条件を紹介していきます。

冒頭でも少し触れましたが、アメックスプラチナは直接申し込みができないカードになります。つまり、インビテーションを受ける、指名を受けるしかアメックスプラチナを手に入れることはできません。インビテーションということはアメックス社から「プラチナカードを持つにふさわしい人」と通知されるということです。

このインビテーションがないと、入手することができないカードと認識しておいてください。そういう意味もあって、アメックスプラチナは価値が高いカードとなっております。

アメックスプラチナのインビテーションの入手条件

では実際にアメックスプラチナのインビテーションを受けるためにはどうしたらいいのでしょうか。この前提条件としては、その1つ前のクラスである、アメックスゴールドカードを作成し、利用することです。つまりインビテーションがくる条件としては、このカードを持つにふさわしいということなので、まずはその前クラスであるアメックスゴールドの利用履歴を増やしていく必要があります。

それによってアメックス社がアメックスプラチナを持つにふさわしい実績の持ち主なのか確認していきます。アメックスゴールドを使ってアピールしていくしか道はありません。反対に考えると、アメックスゴールドを使うだけで、アメックスプラチナのインビテーションが受けられる可能性があります。

まずは入手するための条件を満たすことが大事です。条件は細かくあるのでしょうが、前提条件として、アメックスゴールドを入手・利用することになります。

アメックスプラチナのインビテーションの条件

アメックスプラチナのインビテーションを受けるためにはどんな条件があるのでしょうか。このあたりはアメックス社から公表していません。

利用実績がいくらあればいいのか、そのあたりの条件は明示されていません。

  • 必要な利用額:不明
  • 必要な利用回数:不明
  • 必要な年収や職業:不明
  • リボ払い等の有無:不明

それほど難易度は高くないと思います。年間1000万使わないといけないといったような無理な条件は設定されていません。

ネット上の口コミを見ていると、年間100万円の利用実績でもアメックスプラチナからインビテーションが来たということも、言われています。普段からメインカードとして、アメックスゴールドを利用していれば、早ければ1年くらいでアメックスプラチナを手に入れることもできるみたいです。ただ使えばいいってものではありません。もちろん利用実績は大事なのですが、もっと大事なことは、支払延滞をしないことです。

これはアメックスプラチナに限ったことではないですが、支払延滞をすると、クレジットカードの信用情報に傷がつきます。
クレジットカード会社は全て横で繋がっているため、何か支払について不利な情報があると、全ての金銭取引に影響してきます。

アメックスプラチナの条件で年収は?

アメックスプラチナを入手する条件の中に、年収も関係しているみたいです。それもそのはず。アメックスプラチナの年会費は13万円です。月額で考えれば1万円程度なのですが、その元を取り替えそうと思うと、それなりにレストランやホテルを利用しなければいけません。アメックスプラチナには料金が無料になるサービスは少ないです。

どちらかといえば、何かの会員になる資格が無料になる、プランがアップグレードされるといった特典です。つまり、特典を利用するためには、まずはベース金額をよく使うかといったことが条件です。お金がない人は、レストランやホテルに頻繁に行くことはできませんよね。年収のベースになるのは、500万円から1000万円と言われています。さすがに1000万円をもらう人は少ないです。

500万円といったことが必須条件ではないです。ネット上の情報を見ていると、年収400万円、300万円といった人でも、インビテーションがきています。アメックスプラチナのインビテーションがくる条件は、公表されていません。

アメックス社側では、
「勤続年数」「勤務先」「年収」「職業」「電話番号」「借入やローンの額、有無」「年齢」「住宅状況」「居住年数」「配偶者」「家族構成」「クレヒス」など、いろいろな条件のスコアをつけて、そのスコアを超えると自動的にインビテーションが送付される仕組みになっています。その中で重視されているのが年収かなと思います。年収が高ければ高いほど、スコアの評価は高くなるでしょう。

アメックスプラチナの条件 ビジネスカード

アメックスプラチナのビジネスカードにも同じ条件があります。この条件も公表はされていません。前提条件として、アメックスプラチナのビジネスカードもその前カードであるゴールドカードでの利用実績が必要です。アメックスプラチナを手に入れるためには、アメックスゴールドの利用が大事ということです。

アメックスプラチナの条件 家族カード

アメックスプラチナカードの家族カードを入手する条件についても紹介します。アメックスプラチナ自体は年会費13万円のカードです。確かに単体での年会費と考えると高いと感じる人もいるかもしれません。アメックスプラチナ会員になると、家族カードの発行ができます。ちなみに家族カードの発行枚数は、4枚となります。

合計すると最大で5枚アメックスカードを持つことになります。年会費13万円を5人で均等すると、1人あたり2万円ちょっとになります。つまりアメックスプラチナカードを2万円ちょっとで持つことができます。年会費が高くて、元が取れるはずがないと思われている方は、少し柔軟な発想をしてみましょう。

カードを持つ人が増えれば増えるほど、1人あたりの年会費の負担額は下がっていきます。使わないカードを無理に増やしても意味がないですが、使う可能性があるのであれば、年会費が安くなると考えてもらって大丈夫です。

アメックスゴールドカードでは、家族カードが1枚しか発行できませんが、アメックスプラチナは4枚発行できます。

アメックスプラチナの条件 セゾンカード

アメックスには自社発行のカードと、提携カードが存在します。セゾンプラチナカードは、提携カードとなります。

プラチナカードでありながら、年会費は2万円と非常に安く抑えられています。2万円では対したメリットがないのでは?と思われる人もいますが、2万円払うだけの価値があります。年会費2万円のカードなのですが、アメックスプラチナと同じく、自分で申込をすることはできません。こちらもインビテーション制になるため、アメックスもしくはセゾン側から招待を受ける流れになります。

れっきとしたプラチナカードなので、持っているだけでステータスが高くなります。支払でカードを使うときに、プラチナと書かれているため、輝いて見えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください