楽天カード入会で最大7,500円分もらえる❗

アメックスプラチナのラウンジとは?利用できる施設の特徴を紹介!

アメックスプラチナ

アメックスプラチナはトラベルとエンタメに強いクレジットカードと言われています。トラベルということは、空港ラウンジの特典も利用することができます。アメックスカードの中には、グリーン、ゴールド、プラチナ、センチュリオンという順番でカードのランク付けがされており、上位順に特典もランクも高くなります。名前からお察しの通り、センチュリオンがアメックスカードの中で上位ランクとなります。

今回紹介するアメックスプラチナはその中でも2番目に高い上位カードとなります。アメックスプラチナではラウンジ利用にどんな特典があるのか、ゴールドカードでは得られない特典も含めて紹介します。

アメックスプラチナのラウンジとは

プラチナ・カード

アメックスプラチナ会員では、ラウンジ利用ができるプライオリティ・パスを無料で発行できます。

アメックスプラチナは家族カードが最大4枚まで発行でき、その家族カードにもプライオリティ・パスを発行することができます。そのため全ての人が、ラウンジサービスを利用できることになります。アメックスゴールドの場合は、同伴者1名まで無料というだけだったので、3人以上の家族になると利用できないというデメリットがありました。

アメックスプラチナであれば、夫・妻がそれぞれカードを持てるようになり、その子供2名であれば、それぞれの同伴者ということになり、旅行に行くときに空港ラウンジでくつろぐことができます。プライオリティ・パスとは、世界各地にプライオリティ・パス社が運営・提携している空港ラウンジにおいて、割引や特典を受けられるカードパスのことです。

特典内容はそれぞれ空港ごとに違いますが、ラウンジを無料で利用できるということ変わりはありません。
出てくるサービスが、ドリンク何杯までなのかという違いがあります。プライオリティ・パスは世界最大の独立系空港ラウンジ・プログラムで、世界で130カ国、500都市、1,000カ所以上のラウンジを持っているため、海外旅行が好きな人であれば、是非利用したいサービスだと思います。

アメックスプラチナのラウンジ プライオリティパス

プライオリティパスというのは、もともと独立している有料会員制度です。そのため、アメックスプラチナカードを持っていなくても、参加することはできます。そんな有料会員の制度を、アメックスプラチナを持っているだけで、無料で加入することができます。

海外旅行によく行く人、出張で海外に行く機会が多い人、いろいろな人にメリットがあるカードパスです。それが無料で入れるのであれば、嬉しい特典ですよね。もちろん世界だけでなく、日本国内の空港でもラウンジは存在するため、出発するときもラウンジでくつろぐことができます。

アメックスプラチナのラウンジの国内利用

では実際にアメックスプラチナを持っていることで利用ができる国内空港一覧を紹介します。

アメックスプラチナでラウンジ利用可能な国内空港一覧
「新千歳空港」「函館空港」「青森空港」「秋田空港」「仙台空港」「羽田空港」「成田国際空港」「新潟空港」「富山空港」「中部国際空港」「小松空港」「大阪国際空港(伊丹空港)」「関西国際空港」「神戸空港」「岡山空港」「広島空港」「米子空港」「山口宇部空港」「高松空港」「松山空港」「徳島空港」「北九州空港」「福岡空港」「長崎空港」「大分空港」「熊本空港」「鹿児島空港」「那覇空港」

いかがでしたか。よく使う空港もあったのではないでしょうか。国際線がある空港だけでなく、地域の小さな空港のラウンジまで利用できるようになっているのがメリットですね。アメックスプラチナだからこその特典です。

アメックスプラチナのラウンジの同伴者

アメックスプラチナの空港ラウンジを利用するときの同伴者情報について詳しく紹介します。

アメックスプラチナ会員であれば、ラウンジが無料で利用が可能。本会員の利用はもちろんのこと、その同伴者1名まで無料で利用することができます。

  • アメックスゴールド会員の場合、家族カーを1枚発行することができます。
  • アメックスプラチナの場合は、家族カードを4枚まで発行することができます。

合計で5枚まで発行できるということになります。極端な話しなのですが、同伴者を含めると同時に10名まで無料でラウンジ利用ができます。

大家族で家族旅行などに行く場合はメリットになりますね。そうでなかったとしても、アメックスプラチナは家族カードの発行が4枚までできるため、それぞれの年会費を考えたときにメリットがあるカードだと思います。家族カードだからといって、特典内容は変わりありません。極端な話し、アメックスプラチナは年会費13万円しますが、合計5枚発行であれば、1枚あたりは2万円ちょっとです。

それで、それぞれのカードごろにラウンジを含めた特典が利用できるのであれば、年会費2万円というのはすぐに元が取れてしまいます。アメックスプラチナは単体として見るのではなく、家族カードも含めて総合的な判断が必要になります。

アメックスプラチナのラウンジ 羽田バージョン

アメックスプラチナ会員がよく利用する空港ラウンジが羽田です。

羽田空港では、第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナルと複数ターミナルが存在します。

その全てのターミナルにラウンジがあるため、どこから搭乗する場合でもラウンジ利用が可能です。

  • 第1旅客ターミナルビル(1階) エアポートラウンジ(中央)
  • 第1旅客ターミナルビル(2階)POWER LOUNGE NORTH / SOUTH
  • 第2旅客ターミナルビル(2階) エアポートラウンジ(南)
  • 第2旅客ターミナルビル(3階) エアポートラウンジ(北)
  • 第2旅客ターミナルビル(4階) POWER LOUNGE NORTH
  • 国際線旅客ターミナルビル(4階) SKY LOUNGE
  • 国際線旅客ターミナルビル(4階) SKY LOUNGE ANNEX

アメックスプラチナのラウンジ 関空バージョン

関西空港のラウンジには「比叡」というラウンジがあります。

こちらのラウンジでは、コーヒー・お茶・お水・野菜ジュース・コーラ・アイスティー・ジュースなどソフトドリンクが充実しており、搭乗までの時間をつぶすことができます。

また、ちょっとしたおつまみなども用意されています。

アメックスプラチナのラウンジ 福岡空港

福岡空港のラウンジです。

こちらのラウンジは、ゆったりくつろげるラウンジと言われています。朝は6時半から空いており、早い出発の人でも対応してくれます。ソフトドリンクとビール1本は無料で飲むことができます。また簡単なおつまみもついてくるため、くつろぐことができます。

アメックスプラチナのラウンジ 香港バージョン

海外の空港ラウンジで人気なのが香港空港です。

香港空港のラウンジではアメックスプラチナ会員であれば同伴者2名まで無料です。こちらの空港は、他のクレジットカードでも上位カードの人しか入れないようになっているため、他とは違い、ゆったりとした空間になっています。がやがやした人はいないイメージです。アメックスプラチナでは、他のクレジットカードの上位クラスと匹敵するカードです。そのため、利用先に置いても、通常よりもステータスが高い人たちが集まっています。

アメックスプラチナのラウンジ 銀座バージョン

アメックスプラチナのラウンジ利用は空港だけでなく、街中のラウンジも利用可能です。

銀座ラウンジ「THE GREEN Cafe AMEX」というのが利用できます。こちらは東急プラザ銀座6階、「KIRIKO LOUNGE」内にあります。

東急プラザに来たときは、寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください