1等は1,000%!PayPayジャンボ開催中💕

ANAカードを一括返済とは?やり方と注意点まとめ

ANAカードの一括返済について

飛行機でも街でもお得にマイルが貯まるANAカードを使ったけれど、リボ残高やキャッシング残高を早めに完済したい方も少なくないと思います。

そこで、この記事ではANAカードの利用残高を一括返済して手数料を減らす方法と注意点についてまとめました。

注意
※当記事はANA JCBカードの内容になります。Visa・マスターカードアメリカン・エキスプレス・カードダイナースクラブカードの方は、それぞれの記事をご参照ください。

ANAカードの一括返済をする方法

ANAカードの一括返済の方法は「指定口座への振り込み」「増額引き落とし」「ATM振込」の3つに対応しています。

ペイジー(Pay-easy)によるネット振込には未対応です。

なお、利用残高の一部だけを支払いたい方はANAカードの繰り上げ返済も参考にしてください。

指定口座への振込
増額引き落とし
ATM振込
ネット振込(Pay-easy:ペイジー)不可

指定口座への振込

指定口座は会員によって異なる口座情報が案内されますのでANAカードの問い合わせ窓口にて確認することになります。

インターネットバンキングに設定している場合、インターネットから振り込むことも可能ですが、指定の振込手数料がかかります。

増額引き落とし

ANAカードのリボ払いキャッシング利用含む)を利用している方は返済金額を引き上げることで支払回数を減らすことができます。

引き上げた金額はANAカードの引き落とし日に支払われます。

ATM振込

提携金融機関のATM/コンビニATMからキャッシングリボ・ショッピングリボの利用残高の全額または一部を返済をすることも可能です。

なお返済時のATM手数料は無料です。

ネット振込(Pay-easy:ペイジー)

ペイジー(Pay-easy)によるネット振込は振込手数料でいつどこからでも手軽に返済できることが利点ですが、ANAカードは対応していません。

ペイジー(Pay-easy)対応のクレジットカードは少ないため、特に海外から返済を考えている方はACマスターカード/エポスカード/セディナカードがおすすめです。

分割払いは銀行振込か電話申し込みだけ!

支払回数を選択して購入するANAカードの分割払いを一括返済する方法は銀行振込か電話申し込みでの増額引き落とししか用意されておりません。

「ネット申し込みの増額引き落とし」「ATM振込」の支払い方法には対応していません。

振込口座

一括返済するための振込口座はANAカードの問い合わせ窓口で確認しなければなりません。

口座情報は利用者や案内時によって異なりますので、一括返済する度に毎回電話連絡の確認を行ってください。

ANAカードの一括返済にかかる手数料まとめ

ANAカードの一括返済にかかる手数料は返済方法によって以下のように異なります。

増額引き落としは手数料こそかかりませんが、ANAカードの引き落とし日前の繰り上げができなくなりますので利息手数料の減額には繋がりません

振込手数料金融機関や振込金額によって異なる
増額引き落としなし
ATM振込なし

利息手数料

ANAカードのリボ払いANAカードのキャッシングの利用残高を一括返済するときは、実際の支払日(振込日)までの利息手数料(実質年率)に変更となります。

例えば10万円のリボ残高(実質年率15.0%)を30日で一括返済するとしたら、1,233円の利息手数料と元本10万円の支払いが必要になります。

利息手数料の計算式
15.0%÷365日(うるう年なら366日)×30日×10万円≒1,233円
支払い方法実質年率1日当たりの利息
リボ払い15.0%0.041%
キャッシング18.0%0.049%

一括返済の立て替えに役立つクレジットカード

ANAカードの一括返済を検討している方には年会費無料のACマスターカードの入会をおすすめします。

最大30日間金利0円キャッシングを利用できますので、後日入金予定がある方や利用可能枠の空きを早めに作りたい方は活用しましょう。

年会費永年無料
申込資格20歳〜69歳
発行時間最短30分審査
国際ブランドマスターカード
受取店舗数610店舗(全国47都道府県)
  • 最短30分審査&最短即日発行可能!全国にある自動契約機(むじんくん)の営業は9:00~21:00(年末年始は除き年中無休)
  • ショッピングリボの手数料率"10.0%~14.6%"(実質年率)は業界最安水準
  • 海外ATMの取扱手数料無料&当日返済で外貨両替が実質無料!!
  • 契約日の翌日から30日間は金利0円でキャッシング利用可能
  • キャッシュレス消費者還元対象店舗なら最大5.25%(※還元率5%:中小・小規模事業者が運営する店舗または通販)
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループの信頼と実績
  • 20歳以上でパート・アルバイトをしていれば学生・主婦でも申し込みOK!!

即日発行が可能

ACマスターカードは即日発行できるクレジットカードなので、申込当日中の受け取り&利用も可能です。

ANAカードの一括返済をするために、1日でも早く資金を用意したい方は最寄りの自動解約機(むじんくん)探してください。

作り方ACマスターカードを即日発行する方法と申し込み時の注意点

当日返済なら手数料無料

なお、ACマスターカードの利息手数料は借入日の翌日から発生しますので、当日中に完済すれば利息がかかりません。

海外ATM手数料も無料なので、ACマスターカードの海外キャッシング外貨両替手数料を実質無料にする方法としても有名です。

ANAカードの一括返済の注意点

ANAカードの一括返済を利用する際に気をつけてほしい注意点を2つ共有します。

明細反映前の利用分は一括返済できない

一括返済できるのはANAカードの利用明細反映後の利用分が対象です。

利用店舗からカード会社にクレジット情報が届くのが遅れるとその分一括返済できるタイミングも遅くなってしまいますので気をつけなければいけません。

特に海外キャッシングの明細反映も1週間ほどかかることもあるようなので(サポートセンター談)、海外キャッシング利用時は明細即時反映のACマスターカードがおすすめです。

限度額への反映時間

一括返済をすると利用可能枠には通常約3〜7営業日ANAカードに反映されます。

反映されるタイミングも見越した一括返済の時期の見極めが大切です。

一括返済してもポイントは付く?

ポイントは引き落とし金額ではなく利用金額に応じて確定するため、予定されていた付与ポイントは問題なくもらえます。

ANAカードの一括返済をしても付与ポイントに変更はありませんので安心してください。

完済証明書について

ANAカードの一括返済を終えたら、「完済証明書」が発行できるかはANAカードの問い合わせ窓口にて確認するしかないようです。

場合によっては利用明細で利用残高が0円であることを証明することもできるようなので、完済証明書が必要な方は利用明細でも可能か住宅ローン審査等で問い合わせてみましょう。

ANAカードを賢くお得に

リボ払いやキャッシングは「危ない」「怖い」などのイメージが先行しておりますが、使うシーンや返済方法の工夫で活躍する機会も少なくなりません。

いずれ利用することがあるかもしれませんので、今のうちからANAカードリテラシーを磨いておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください