【今年最後】楽天カード✨7000ポイント入会特典✨

au損保とはなにか?au損保の保険商品と補償内容は?

au損保の保険は現在のニーズに合った保険でスマートフォン1台でいつでもどこからでも加入できる保険で取り扱っている保険商品もたくさんあり、必要な時に必要な保険に加入できます。そんなau損保。そもそもau損保とは何か。や保険商品の紹介補償内容まで詳しく説明していきます。

au損保 とは?

au損保とは大手携帯会社の一つであるauを展開しているKDDI株式会社と大手損害保険会社である、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社が合同で出資をし設立された新しい損害保険会社です。

今現在、日本国内でのスマートフォンの普及率は94%以上とほとんどの人がスマートフォンを持っています。そんな現在のニーズに合わせ大手携帯会社と保険会社が出している損害保険です。

auユーザーはauかんたん決済を利用できるなど、とても便利で多様な保険内容で今注目を集めている損害保険会社です。

au損保 の保険商品ラインナップ

au損保が出している保険商品

  • 自転車向け保険(Bycle・Bycle Best・Bycle S)
  • ペットの保険(通院ありタイプ・通院なしタイプ)
  • 海外旅行の保険
  • 国内旅行の保険
  • ケガの保険(交通事故・日常の事故)
  • ゴルフの保険

といったかなり充実した商品を出しています。

au損保 自転車向け保険

au損保が出している自転車向け保険には3種類の保険があり、それぞれ異なる補償内容となっています。
まず、自転車向け保険とは自転車を運転していて加害事故(加害者がいる場合の事故)や自分自身のケガなどを補償してくれる保険商品です。

【Bycle】
au損保が出している自転車向け保険のBycleは月々360円から加入することができ、個人賠償責任補償の上限金額が2億円となっています。
他にも、示談代行サービスや自転車ロードサービスがついているなど、かなり充実した補償内容になっています。

更に家族タイプ(740円~)本人・親族タイプ(610円~)などご本人だけに限らず、広範囲の方々まで補償してくれる内容もあります。

【Bycle Best】
Bycle Bestは月々720円~とBycleに比べて少し高めに設定されています。補償内容は個人賠償責任補償の上限額が2億円、示談代行サービスや自転車ロードサービス。とここまではBycleと変わりはありません。

ですが、これらに加え交通事故でのケガや部活やアウトドア、自宅でのケガなどBycleに比べ更に広範囲にわたった補償をしてくれる保険です。

こちらも同じく家族タイプ(2320円~)本人・親族タイプ(1860円~)も用意されています。

【Bycle S】
Bycle Sは70歳以上のシニアに限定されている商品で、月々670円です。
こちらもやはり、個人賠償責任補償の上限は2億円、示談代行サービスや自転車ロードサービスといった補償内容は変わりません。

ですが、ご自身がケガをしてしまった時に、手厚い補償が受けられる保険です。自転車事故に限らず死亡保険金や、入院保険金などを受け取れます。

自転車事故の場合は支払われる保険金額が、2倍になります。

au損保 ペット

au損保のペット保険は、犬と猫を対象としたペット保険で通院ありタイプと通院なしタイプの2種類があります。

保険金額は犬や猫の種類、年齢などで変わります。

通院ありタイプの補償内容は入院、手術・日帰り手術・入院のみ・通院といった多様な補償内容となっています

通院なしタイプは、入院、手術・日帰り手術・入院という補償内容となっており、通院ありタイプに比べ、「通院」が補償されないタイプとなっています。

ですが、どちらも加入前の病気やケガ、歯科治療、ワクチン接種や健康診断、不妊・避妊・妊娠・出産は補償の対象外となっています。

au損保 海外旅行の保険

海外旅行保険は家を出発してから帰宅するまでの間に起きた病気や事故などを補償してくれます。海外での治療費や入院費はかなり高額になる恐れがあります。

au損保の海外旅行の保険では、治療・救援費用(旅行先で長期入院をし、日本から家族が駆けつけた場合の渡航費用)、携行品損害、個人賠償責任、航空機寄託・手荷物遅延等費用、傷害後遺障害、傷害死亡・疾病死亡を補償してくれます。

その他にも、当日加入OKや海外サポートデスク(24時間365日日本語対応)、緊急医療アシスタントサービス、キャッシュレス・メディカルサービス、相談・紹介サービスといったかなり充実したサービスがあります。

そんなau損保の海外旅行保険の保険料は期間により異なりますが、3日間の場合1369円~となっています。

こちらも家族タイプ(3日間で4029円~)が用意されているのでご家族での海外旅行にも安心です。

au損保 国内旅行保険

au損保の国内旅行の保険は出発前に加入ができ、日帰り、一泊二日なら262円~と割安な料金設定が魅力の保険商品です。

気になる補償内容は、旅行先での病気やケガはもちろん出発から帰宅までの間にケガをした場合や他人への賠償責任の補償、救援者費用の補償です。

保険料が割安なため、もしもの時のために加入しておいて損はない内容かと思います。

au損保ケガの保険

au損保のケガの保険は交通事故と、日常の事故の二種類が用意されています。

  • 交通事故
    交通事故に対応した補償内容で、月々300円から加入することができます。+280円で家族タイプも用意されており、+280円で何人でも補償されます。補償内容は、加害事故を起こしたときの補償(個人賠償責任補償で上限1億円まで補償。自転車事故も含め法律上賠償責任を追った場合に補償)、自分自身のケガも補償、事故にあった場合の補償。

その他、交通事故が起因の死亡後遺障害や入院保険金、手術保険金、示談代行サービスなどもついています。

  • 日常の事故
    日常生活に起因した事故に対応した補償内容で月々380円から加入することができます。

補償内容は、日常生活で起こるケガや加害事故に限らず、スポーツやレジャー中に起きた自分自身の事故やケガまでも補償してくれます。

日常生活だけに限らず、スポーツやレジャー中に加害事故を起こしてしまった場合にも1億円を上限に補償してくれます。

さらにこちらも、死亡・後遺障害や入院保険金、手術保険金、示談代行サービスがついています。そして、日常の事故には熱中症補償までついています。

au損保 ゴルフの保険

au損保のゴルフ保険は日帰り・一泊二日なら428円で加入でき、最大で三泊四日まで加入できる保険です。

au損保のゴルフ保険は、ゴルフ中のアクシデントに限らず、出発から帰宅までを補償。

自分自身がケガをした場合やホールインワン・アルバトロス費用の補償、他人への賠償責任の補償、携行品の補償さらに、ゴルフが起因で起きた死亡・後遺障害、入院保険金なども補償してくれます。

ゴルフを楽しむためにも入っておいて損はない保険です。

au損保 まとめ

au損保保険はスマートフォン1台あればいつでもどこでも簡単に加入することができます。au損保という名前なだけあってauユーザーしか加入できないのかなと思われそうですが、そんなことはありません。

いつでもどこでも簡単に加入することができます。スマートフォンではなくても、パソコンやタブレットなどからも加入することができます。

支払い方法も、コンビニ支払いやクレジットカードも使用可能ですし、auユーザーであればauかんたん決済が利用でき、auIDを使えばauに登録してある情報が自動的にセットされるので、情報入力も簡単に済みます。

必要な時に必要な保険を選択し加入する。それもまた経済的だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください