【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

ビックカメラの株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説


家電量販店として人気の大手ビックカメラですが、グループで使える株主優待制度があります。そこで今回はお得なビックカメラ(3048)の株主優待制度について調べてみました。

1株あたりの配当予想20.00円株主優待の価値3,000円相当
配当利回り1.57%優待利回り2.36%
株価1,272円優待の最低取得額127,200円
単元株数100株最新の株価情報YAHOO!JAPANファイナンス

※2019年2月4日現在

ビックカメラ(3048)の株主優待の内容について

ビックカメラ(3048)優待券イメージ

ビックカメラの株主優待制度は、100株以上でビッグカメラグループで使える「お買物優待券」がもらえます。優待券は年間で3,000円相当です。また、継続年数によって優待券が追加されます。

 

保有株式数優待内容(2月株主)優待内容(8月株主)
100株2,000円相当1,000円相当
500株3,000円相当2,000円相当
1,000株5,000円相当2,000円相当
10,000株25,000円相当25,000円相当
  • 【継続保有1年以上】100株 … 1,000円相当追加
  • 【継続保有2年以上】100株 … 2,000円相当追加

ビックカメラ(3048)の株主優待券の使い方

ビックカメラの株主優待券は、ビックカメラグループで使えますのでコジマやソフマップで会計の際にレジに提出して利用できます。※お釣りは出ません。
但し、「ビックカメラ.comネット」などのインターネットでの利用の場合は少し手間がかかります。使い方は

  1. ネットショッピングサイト「ビックカメラ.com」にて注文する
  2. 「株主様お買物優待券ご利用票」を印刷し、同票に必要事項を記入する
  3. 注文日から14日以内に「株主優待券」と「株主様お買物優待券ご利用票」を郵送する
  4. ビッグカメラ到着後、約1ヶ月でご指定口座へ振込される

 

ビックカメラ(3048)の株主優待の有効期限

ビクカメラの株主優待には有効期限がありますので、ご利用可能期間内に注文するしましょう。

  • 2月末に権利獲得した優待券は5月頃届き、有効期限は11月末日まで。
  • 8月末に権利獲得した優待券は11月頃届き、有効期限は5月末日まで。

ビックカメラ(3048)の株主優待券の買い方:一般編

ビックカメラの株主優待券の買い方としては、まず、証券口座を開設してビックカメラの株を100株以上取得します。優待を取得する権利が認められると株主優待券をもらうことができます。

ビックカメラ(3048)の株主優待券を購入する流れ
  1. 証券口座を開設する
  2. ビックカメラの株式を100株以上購入する
  3. 2月末日、8月末日の権利確定日(翌日)まで株を保有する
  • ビックカメラで利用できる優待の最低取得額127,200円の資金が必要となります。
    ※株主優待100株以上 、株価1,272円 (2019年2月4日現在)

ビックカメラ(3048)の株主優待券を金券ショップでの買う方法

ビッグカメラの株主優待券を金券ショップでも購入することができます。その購入方法は、金券ショップの店頭または、ネットになります。株主優待券は状況によって買取価格相場が変化しやすいですので、条件が良い時に購入したいですね。

「ビックカメラの株主優待券」は1000円分が975円程度で売られていることが多く、株主優待券で買い物をするときにはビックカメラのポイントがつきません。そのため還元率が得られないためわざわざ金券ショップで購入する意味はあるのでしょうか?

実はビックカメラの取り扱う商品の中には、ポイント1%しか付かないものがあります。そうした場合に株主優待券を使うことにより、そうすれば実質的な還元率よりも得することができます。

ビックカメラ(3048)の株主優待の権利確定月は何月?

株式は購入したその日から株主になれるわけではなく、企業から株主としての権利を得るには権利確定日を待つ必要があります。また、株を買ってから3営業日という期間が求められます。このような権利確定日の3営業日前の日のことを「権利付き最終日」と呼びます。

そして、権利確定日は一般的に決算期にあたる3月末や9月末が多いのですが、ビックカメラは2月末と8月末です。「基準日」と名づけられ、配当金を株主優待が年2回もらえます。

権利確定日の直近で株価が高騰しがちですから、購入の際は十分注意しましょう。

ビックカメラ(3048)の株主優待の優待回数は何回?

ビックカメラは2月末と8月末に権利確定されます。株主優待回数は、年2回になります。

ビックカメラ(3048)の株主優待の優待券の種類は?

ビックカメラの株主優待の優待券は、ビックカメラ各店の他、ビックカメラグループ各店にて利用できるお買い物券になります。

ビックカメラ(3048)の株主優待の優待利回りと配当利回り

利回りとは投資金額に対してどのくらいお得なのか、株主優待(収益)の割合を示す指標となります。

ビックカメラの場合、最低投資金額が127,200円で、年間3,000円の優待を受けると3,000円÷127,200円=優待利回りは2.36%です。また、配当利回りは株主のもう一つのメリットですが、2019年の予想配当金は20.00円なので、配当利回りは1.57%になります。

優待利回り配当利回り
2.36%1.57%

 

株式会社ビックカメラ(3048)の会社概要

株式会社ビックカメラ

本社所在地 / 〒171-0033 東京都豊島区高田3−23−23
電話番号 / 03-3987-8785
業種分類 / 小売業
英文社名 / BIC CAMERA INC.
代表者名 / 宮嶋 宏幸
設立年月日 / 1980年11月21日
市場名 / 東証1部
上場年月日 / 2006年8月10日
決算 / 8月末日
単元株数 / 100株
従業員数 / (単独)4,491人 (連結)8,554人

大手家家電量販店のビックカメラは、創業30年を超える企業となり店舗は東京を中心に主要な駅前へ出店しています。家電専門店とファッション業界を融合させたビックロを展開、ソフマップ、コジマなどのグループ化などの話題が絶えません。
ビックカメラの経営理念として豊かな生活の提案をかかげ、専門店の集合体となる店舗作りをしています。

株式会社ビックカメラの証券コード

ビックカメラを運営する株式会社ビックカメラの証券コードは「3048」になります。

証券コードとは銘柄コードとも言い、上場企業に割り当てられる4ケタの数字のことを言います。

会社四季報などにも企業名の隣りに証券コードが記載されています。

インターネットを利用して銘柄データを検索するときに、この「証券コード」または「銘柄名」を入力すると企業情報をみることができます。

ビックカメラ(3048)の株主優待券をメルカリやヤフオクで売ってもいいの?

ビックカメラの株主優待品を売っても良いのか気になりますよね。

「ヤフオク」では、ビックカメラの株主優待品をヤフオクで売ることはできます

ただし、「有価証券」とみなされる株主優待券の場合は注意が必要です。
ちなみに「メルカリ」の場合、株主優待券の取引は2017年10月ごろより「メルカリ」は規約が変わって禁止されました。

ビックカメラ(3048)の株主優待についてのまとめ

ビックカメラの株主優待は、100株以上でビックカメラで利用できるお買い物券が、年間3,000円分もらえます。グループ店舗で利用できますので、傘下に入ったコジマでも利用できるので便利です。

生活品がお安く購入できるので、是非活用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください