セブンイレブンで20%還元☕✨

ブログ収入とPVの関係とは?月間1万pvだといくら稼げるのかリアルな月収を公開!

ブログ収入とPVの関係とは?月間1万pvだといくら稼げるのかリアルな月収を公開!

どのくらいのpvでいくら稼げるの?
リアルなpvとブログ収入を教えて!
pvと月収の大まかな目安が知りたい!

月間pv数と月収の目安が知りたい!という方に、大まかな目安を紹介しています。
月間1万pvになると月収はいくらになるのか、主婦ブロガーである私のブログデータを公開しているので参考にしてください。

ブログ収入のみで生活していくには月にどのくらいpvが必要なのかも合わせて紹介しているので、ブログ飯に興味がある方はぜひ目標にしてください。

ブログ収入とPVの関係

ブログ「まだ東京で消耗してるの?」で有名なイケダハヤトさんの著書「武器としての書く技術」の中に、ブログが閲覧された回数と収益の関係を表にした早見表があります。

  • 1万pv 千円
  • 5万pv 3千円~1万円
  • 10万pv 1万円~5万円
  • 20万pv 5万円~10万円
  • 30万pv 10万円~15万円
著書の中では1万pvから始まり、50万pvまで書いているそうですが、ブログではさらに先の250万pvまで収益を書いています。

このブログ閲覧回数と収益の関係は、イケダハヤトさんの実際のブログデータから来ています。
これらの数値は、特化ブログのケースではなく、雑多なテーマを扱う雑記ブログの場合です。

ブログ収入:PVとアクセス数の違い

ブログでは、pv数とアクセス数という用語が出てきますが、別物なので混同しないようにしましょう。

アクセス数は簡単に言うと、ブログを訪れたユーザーの数です

pv数とは、ブログで閲覧されたページの数です

たとえば1人のユーザーが検索結果からブログを訪れます。
ブログの記事を読んで、さらに関連記事を3ページを見た場合、合計4ページ閲覧しています。
この場合、訪問客が1人なのでアクセス数は1、閲覧されたページは合計4なのでpv数は4です。

通常はこのように、アクセス数はpv数よりも少なくなります。
この記事ではpv数を目安に用いています。

ブログ収入:PV別のブロガー番付表

イケダハヤトさんの早見表以外に、pv別のブロガー番付表というのが存在します。

月間2,999pv以下は1日のpvが0~100程度で、収入はほぼありません。

月間3,000pvを超えると、1日のpvは100を超え、収入は千円ほどです。

月間1万pvになると、1日のpvは300~500ほどになり、月に数千円ほどの収入になります。

1日のpvが1,000を超えると、月間3万pvとなり月収は1万円を超えます。

月間10万pvになると、月収は3万円ほどになります。

月間30万pvになると、1日のpvは約1万となり、収入も10万円を超えるようになります。
このレベルにまで到達できるブロガーは少数です。

ブログ収入とPV:特化ブログと雑記ブログの違い

ブログは大きく2つに分類できます。
1つは雑記ブログと言って、雑多なテーマを扱います。
書く内容は絞らず、色んな内容の記事を書くことができます。

一方特化(専門)ブログはその名の通り、ジャンルに特化したブログです。
ある分野やテーマについての記事しか書かないようにします。
分野に特化している分、その分野に興味があるユーザーが集まるので関連記事を読んでもらえることが多くなり、アクセス数が少なくてもpv数は伸びる傾向にあります。

下記で詳しく解説しますが、同じpv数でも収益は雑記ブログより特化ブログの方が高くなります。
また、記事のジャンルによっても収益は変化します。

ブログ収入とPV:アドセンスは特化ブログが有利

初心者がいちばん収益化しやすいのがクリック報酬型広告の代表格グーグルアドセンスです。

ブログが雑記なのか特化なのかによって、クリック単価が変化します。
通常雑記ブログのクリック単価は低く、特化ブログは高くなる傾向があります。

ジャンルに特化している分、表示される広告が記事の内容に沿うものが多く、ブログを訪問するユーザーもそのジャンルに興味があるため、クリック後の成約率も上がります。

クリック報酬型なので、クリック後の成約率は関係ないように思われますが、ブログでの成約率が上がると広告主も広告費を上げ、結果クリック単価が高くなると言われています。

そのため同じpv数であっても、特化ブログの方が収入は高くなり、雑記ブログは低くなる傾向があります。

ブログ収入とPV:成果報酬型も特化ブログが有利

アドセンスのみならず、成果報酬型広告も特化ブログが有利だと言われています。

特化ブログではその記事のジャンルに興味があるユーザーが集まるので、成果報酬型の成約率が上がる傾向にあります。

雑多なごちゃまぜブログであるサービスについて紹介するよりも、特化ブログで類似のサービスなどを熟知している人が紹介した方が説得力があり、比較検討できるためです。

そのため、特化ブログは少ないpv数でも成果報酬型広告で高い利益を上げることができます。

しかしこの技術は素人には真似できないレベルの高いものです。
初心者の場合は、実際に使ったことのあるサービスについて使った感想などを率直に詳しく書くと、成果報酬型でも報酬が発生するようになります。

ブログ収入とPV:初心者には雑記ブログがおすすめ

これまで、同じpv数であっても雑記ブログより特化ブログの方が収入が高いとお伝えしてきました。
ですが、初心者には雑記ブログをおすすめします。

たしかに、収入面で言えば特化ブログは優秀ですが、分野に特化している分早々にネタ切れする可能性があります。

雑記ブログならいろんなテーマを好きに書いていけるので、書き続けるには雑記ブログがおすすめです。

もちろん、「趣味があっていくらでもその分野について書ける!」と言う方は、特化ブログに挑戦してみてください。
その方が稼げます。

特に得意なジャンルがないという場合は雑記ブログからスタートし、アイディアが浮かんだら特化ブログに挑戦してみるのもいいでしょう。

リアルなブログ収入とPVを紹介

私もいくつかブログを運営しているので、特化ブログが月間1万pvだったときのリアルなpv数と収入を紹介します。

月間1万pvあたりで、月収は2千円ほどでした。
収入のほとんどがアドセンスで、その他はAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイト、A8.netなどです。

私のブログでは書籍がいちばん売れているのですが、書籍なのでAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトの報酬額はかなり低いです。
書籍が売れても発生する報酬は1件あたり10~60円程度と低めだからです。

私のブログのpvと月収は、pv別のブロガー番付表に当てはまっていますね。

ブログ収入:ブログで生計を立てられるpvは月間40万以上

ブロガーの中にはブログの収入だけで生活できるような人たちが存在します。
いわゆるブログ飯ですね。

どれくらいpvがあると生計が立てられるようになるのでしょうか?
イケダハヤトさんによると、月間40万pvあると月収は15万~20万円になるそうです。
このレベルだとブログ収入だけで暮らしていけそうです。

月間50万pv以上になると、ブログ収入は25万円以上となるので普通の会社員レベルですね。

月間100万pvでは、月収は50万~75万円となります。

ブログだけで生活したい場合は、まず月間40万pvを目指すといいでしょう。
1日にすると約1万3333pv以上が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください