【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

ブログ収入の税金はいくらから確定申告が必要になる?学生・主婦・会社員のケースを詳しく解説!


ブログ収入で確定申告しなきゃいけないボーダーラインは?
ブログでいくら稼ぐと親・配偶者の扶養が外れる?
確定申告しない場合でも住民税の申告は必要ってホント?

副業としてブログアフィリエイトに参入してくる人は増えています。ブログで稼ぎたい・稼いでいるけど税金が面倒でよく分からない・・・という方も多いことでしょう。今回は学生・パート主婦/専業主婦・会社員の場合について、それぞれブログ収入の税金はどうなるのかを詳しく解説しています。

ブログ収入以外の収入がないケースや、親・配偶者の扶養に入っているケース、本業とは別に副業としてブログ収入があるケースなどはそれぞれ税金が異なります。ここで紹介するご自分のケースについて覚えておきましょう。

ブログ収入の税金とは?そもそも収入と所得の違いを知る

ブログ収入の税金では、「収入」と「所得」という用語が登場します。同じように見えますが、まったく別物ですので注意してください。

所得=収入ー経費

収入からかかった経費を引いた金額が所得となります。よくネットで「ブログ収入が〇円以下なら確定申告は不要」などと書いていますが、この場合は「所得」なので間違えないようにしましょう。

また扶養に入っている主婦や学生の場合、税の扶養と社会保険の扶養の2種類があります。所得税・住民税の扶養は「所得」、社会保険の扶養は「収入」で考えるので注意してください。

次項から学生、パート主婦・専業主婦、会社員のケースをそれぞれのブログ収入の税金について詳しく解説します。

ブログ収入の税金とは?学生の場合

学生の場合は通常、親の扶養に入っています。親の扶養から外れないようにするには、ブログ所得を年間38万円以下に抑える必要があります。

「ブログ所得」が年間38万円を超えると学生であっても確定申告しなければいけません。税の扶養の範囲から外れるので住民税の対象にもなります。

「ブログ収入」が年間130万円を超えると社会保険の扶養の範囲からも外れてしまうので、社会保険料を自分で負担するようになります。

ブログの所得を月31,666円までに抑えると確定申告が不要、稼ぎが増えた場合はブログ収入を月108,333円までに抑えると社会保険の扶養の範囲内におさめられます。

ブログ収入の税金とは?パート主婦と専業主婦の場合

専業主婦の場合、ブログ所得が年間38万円以下なら確定申告は不要です。

パート主婦の場合は、会社員の副業と同じように考え、年間20万円以下なら確定申告は不要です。

確定申告が不要でも、住民税の申告は必要です。しかし、専業主婦の場合は所得が年間33万円以下なら住民税の申告は必要ありません。一方、パート主婦の場合は所得金額にかかわらず住民税の申告が必要です。

確定申告をした場合は別途住民税の申告を行う必要はありません。

ブログ収入の税金とは?会社員の副業の場合

会社員はブログ所得が年間20万円以下なら確定申告しなくていいと言われていますが、本当でしょうか?

会社で年末調整を受けている会社員のブログ所得が20万円以下なら確定申告は不要です。

しかし、
年末調整を受けていない
医療費控除などの適用を受けるなどもともと確定申告する必要がある
一時所得など、ほかに収入がある

これらの場合は、ブログ所得が20万円以下でも確定申告をする必要があります。
注意してもらいたいのは、ブログ収入だけを確定申告するわけではないということです。
本業の給与収入も合わせて確定申告をしなければいけません。

確定申告不要でも住民税の申告は必要

前項で、ブログ所得が年間20万円以下で年末調整を受けている会社員なら確定申告は不要と説明しました。
しかし、確定申告は不要でも住民税の申告は必要です。

通常、確定申告を行うとその情報が自治体に伝えられるので、住民税の申告は必要ありません。
しかし、ブログ所得が年間20万円以下で確定申告を行わない場合でも住民税の申告だけは必要です。
パート主婦も同様です。

忘れると申告漏れとなってしまうので注意しましょう。
お住まいの市の市役所のホームページで、住民税の申告書について調べられます。

ブログ収入の税金とは?事業所得か雑所得か

ブログ収入を事業所得とするか、雑所得とするかで税金の計算が大きく変わってきます。

事業所得の場合、帳簿をつける必要はありますが青色申告にすると65万円の控除を受けることができます。
また給与収入との損益通算が可能になります。

雑所得の場合は日々の帳簿をつける手間は要りませんが、事業所得のような優遇措置はありません。

損益通算とは、赤字を他の所得と通算できる制度のことです。
たとえば事業所得の赤字が50万円だったとすると、給与所得から50万円控除できます。

事業所得は、客観的に見て事業と言えるのか?などで判断されます。
事業所得なのか雑所得なのかを判断するのは税務署ですが、事業所得の方がメリットが多いですね。

ブログ収入の税金とは?確定申告で必要なもの

副業でブログ収入を得ていて確定申告を行う場合、本業の給与収入とあわせて確定申告を行います。

本業の給与収入は源泉徴収票、ブログ収入は収入と経費が分かるものが必要です。

年末調整していても源泉徴収票を使います。
ブログ収入の方は、通帳や領収書があれば収入と経費が把握できますね。

確定申告の際に、ブログ収入が事業所得か雑所得かで必要なものが変わります。
事業所得の場合は日々の帳簿の作成が必要になりますが、雑所得の場合帳簿は不要です。

作成した帳簿を確定申告で提出するわけではありませんが、税務調査の際に必要なので大切に保管しておきましょう。

売上(収入)の把握

確定申告は1月~12月までの売上を書く必要があります。
ここでのポイントは、アフィリエイトは報酬が確定した時点で売上になるということです。
口座に振り込まれた月の売上にはならないので注意してください。

具体例を挙げると、グーグルアドセンスは報酬が8,000円を超えないと振り込まれません。
しかし振り込まれなくても、報酬が確定した時点で売上となります。

アドセンスの収入は報酬が確定した翌月に振り込まれるので、たとえば2019年1月に振り込まれた収入は、2018年12月分です。
つまり1~12月分を計算するときには、2月~翌年1月分の振込額を見る必要があるということです。

オークションなども入金時ではなく報酬が確定した時点で売上となります。

経費の計算

基本的に、売上に関係するものはすべて経費です。

レンタルサーバー代
独自ドメイン代
ワードプレスの有料テーマやはてなブログ有料版の代金
パソコンの購入費
書籍代
ネットの通信費
家賃や光熱費(自宅で作業している場合)

経費をきちんと計上することで節税になります。

自宅で作業している場合、家賃などを経費にできますが、全額ではありません。
どの程度仕事として使っているのかが大切で、たとえば3部屋のうち仕事用に1部屋使っている場合は家賃の3分の1を経費にするということもできます。

明確な基準はないので、税務署に聞かれたときにきちんと合理的に説明できるようにしておけば大丈夫です。

初年度は誰かに相談した方がいい

ブログ収入が増えて個人事業主になって初めての確定申告。
自力で確定申告書を作成しても、間違えてしまうことが多いそうです。
そのため、初年度は税理士さんに相談することをおすすめします。

個人事業主でなくても、初めての確定申告はよく分からないもの。
お住まいの地域で税理士の無料相談をやっている時に質問してみるのもいいですね。

初心者には帳簿など縁がなかった人が多いと思いますので、勘定科目や帳簿のつけ方、確定申告書の作成などは詳しい人に聞いておいた方が安心です。

初年度が無事に終わると、2年目からは初年度を真似して帳簿付けや確定申告書の作成ができるようになります。

ブログ収入の税金は申告しないとバレる

ブログ収入は申告しなくてもバレなさそうですが、最近ではネット収入専門の税務官がいるので申告しないとバレます。
ネット収入専門の税務官は「情報技術専門官」と言い、アフィリエイトやオークション、ネット販売などのネット収入に目を光らせています。

申告しなかった場合や、わざと少なく申告した場合などは罰金が科せられます。過少申告加算税は5%、無申告加算税は10%です。

税務調査の連絡が来てから修正して申告しても罰金なので、最初からきちんと申告しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください