【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

ノートでの家計簿はどう作る?おすすめや作り方をご紹介!

家計簿も近年はスマホアプリで簡単に作ることができますが、やはり今も昔も家計簿のベースとなるのは手書きでのノートへの記入という人も多いでしょう。
しかし、実際に家計簿を作るとなったときに、どのように作っていいか分からないという人が多いものです。

そこでこの記事では、ノートでの家計簿の作り方や、家計簿をつけたことのない人にもおすすめできる家計簿のご紹介もしますので、家計簿作りに迷っている人はせひ参考にしてください。

ノートの家計簿とは?基本を解説

自分の支出が1か月でいくらあったのか、残高はいくらなのか、といったお金に関することを記録し、家計バランスを見直したり改善に活用するためのツールが家計簿です。

ノートの家計簿とはその表現のとおり、ノートの形のものに鉛筆やボールペンなどで自分で記入をしていく家計簿のことを指します。

ここで言うノートとは、大学ノートのような罫線だけが引いてあるものも指しますし、日付や費目などが初めから印字されている、一般的にイメージされる家計簿の形をしたノートも指します。

デジタル化が進んだ現代においては、PCやスマホアプリによる家計簿も発展してきていますが、ノートの家計簿もいまだに根強い人気を誇っています。

ノートの家計簿のメリットは?

PCソフトやスマホアプリによる家計簿は、集計やグラフ化などを自動的に行ってくれるために大変便利なツールです。

しかし、アプリによっては入力しづらいものもあったり、わざわざPCを立ち上げなければならなかったりと、家計簿をつけるにも一手間が発生します。

その点ノートの家計簿であれば、思い立ったときにすぐに記入をすることができますし、何より昔からある手法ですので誰にでもイメージしやすいといったメリットがあります。

また、メモなどを書き込むことも簡単で、自分だけの家計簿を作ることができるのも魅力です。

市販の家計簿ノートを初心者は買おう!

ノートの家計簿を作る際、はじめて家計簿をつけるという人には市販の家計簿をおすすめします。

市販の家計簿は、はじめからカレンダーや費目分け、収支を記入する欄などが作られており、家計簿をつけたことがない人でもどこに何を記入すれば良いかが一目瞭然です。

市販の家計簿はさまざまなデザインのものがあり、例えば1か月分が1ページにまとまっているものや、レシートを貼り付ける欄が用意されているもの、費目を自分で自由に設定できるものなどさまざまです。

選び方については見た目で気に入ったものを選べば良いですが、最初は費目やカレンダーがあらかじめ決められているものから始めると良いでしょう。下記にいくつかおすすめの家計簿をご紹介します。

かんたん!袋分け家計簿セット

こちらは永岡書店が発行する、初心者にも使いやすい家計簿です。

1か月分の支出が見開き1ページにまとまっており、非常にシンプルで見やすいデザインとなっています。

また、なんといってもこの家計簿の特徴は、袋分けの封筒が付いていることです。目的別にお金を入れておけば、家計簿とセットで家計管理が行えて便利なうえ、節約効果も抜群です。

見た目もカラフルでシールなども付いているため、簡単かつオリジナルの家計簿を作ることができる楽しみもあり、長く続くと評判の家計簿です。

クロワッサン家計簿

こちらも大変シンプルな家計簿で、価格も安くおすすめの家計簿です。

記入しやすい生活費欄に加えて、書き覚えのスペースも多く用意されているため、支出の印象が残りやすい工夫がなされています。

ファイナンシャルプランナーによる週ごとや月ごとの生活やお金に関するコラムもあり、読み物としても楽しめます。

近年増えてきた、クレジットカードでの支出の管理もしやすいのも嬉しいところです。

明るい暮らしの家計簿

こちらは刊行65年を越える伝統ある家計簿で、とにかく使いやすいと評判の家計簿です。

記入欄がシンプルで、かつ家計簿として必要十分な機能を備えており、リピーターも大変多いです。

初めの方のページには家計簿の付け方や記入実例が丁寧に紹介されており、初心者でも戸惑うことなく家計簿をつけることができます。

有価証券やクレジットカードの記帳にもしっかりと対応しており、古くからある家計簿ですが、近年の資産管理の需要にもしっかりと対応しているところが好評な家計簿です。

家計簿ノートは自分で作ることもできる!

ここまで市販の家計簿を見てきましたが、家計簿はなにも初めから出来上がっているものを買うだけではありません。

大学ノートなどの白紙のノートでも、家計簿を作ることはできます。家計簿で大事なことは見た目や機能性よりも、自分の資産や収支を把握するためのツールということなので、要は自分が知りたい情報さえ分かれば良いのです。

白紙のノートで家計簿を作るときは、罫線の入ったノートを使うことをおすすめします。1行ごとに明細を記入していくことで、綺麗な家計簿になります。

費目やレイアウトは自由に設定して構いませんが、初めは何を記入して良いか難しいので、市販の家計簿に慣れてから使うことをおすすめします。

家計簿ノートは費目明細を手書きするだけが全てではない

また、家計簿はなにも明細をすべて手書きで行っていく必要はありませんし、その手間が面倒で家計簿が長く続かないという人も多いでしょう。

そんなときは、明細を手書きせずにレシートや領収書をノートに貼り付けていくだけでも良く、これも立派な家計簿といえます。

入出金はすべてレシートを貼り付けるだけで管理し、月の最終日など切りの良いところで残高を把握しておくだけでも、簡単に収支を把握することができます。

近年はレシートを読み取るだけで家計簿をつけてくれるようなスマホアプリも登場していますが、やはり紙で見た目ほうが見やすいという人もいますし、概観性も高いためこのような方法もおすすめです。

レシートを保存することが主目的の市販の家計簿もありますので、以下にご紹介します。

新レシート貼るだけ家計簿

こちらは主婦の友社から発行されている家計簿で、名前の通りレシートを貼り付けるだけのものです。

手書きで記入することはほとんどなく、ただ貼り付けるだけなのに、累計で使った金額と、あといくら使えるという予算の状況が一目で分かるように工夫されており、大変簡単で便利と評判の家計簿です。

使い方の説明もありますが、ある程度自由にアレンジすることができるのもポイントです。

明細を手書きで記入することが面倒で長く続けられないという人でもこの家計簿なら長く続いているという評価が非常に多く、大変おすすめできる家計簿です。

家計簿ノートは自分の性格に合わせて作ってみよう

ここまでノートに手書きで付ける家計簿を色々とご紹介してきましたが、いずれにしても最も大事なことは、家計簿を長く続けるということです。

市販の家計簿はデザインや使っている費目の数・分け方、1ページに表示されている日数などレイアウトが多岐にわたります。

このため使いやすい家計簿というのは人によって変わりますので、まずは自分が最も使いやすい家計簿を色々と試してみましょう。

そのうえで、長く続けることを目標にノートの家計簿をつけてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください