【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

ライフカードのキャッシング機能は大手消費者系クレジットカードだからこその充実度!

予定外の出費など、急きょ現金が欲しい!という場面は誰しも経験があると思います。
そんなときはクレジットカードのキャッシングを使えば、現金を簡単に借りることができます。
この記事では、 ライフカード のキャッシングについてまとめました。

申込資格日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
年会費無料
キャッシング利用可能枠10万円~200万円

ライフカード のキャッシング機能の特徴

ライフカード のキャッシング機能の概要

ライフカード のキャッシングでおさえておくポイント

ライフカード のキャッシングの利用方法

ライフカード のキャッシング時の注意点

気になる部分は下の目次から、各見出しに飛んでもらえればすぐ読めます!

ライフカードのキャッシング機能の特徴

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
もれなく最大12,000円相当のポイントプレゼント
  1. 新規入会でもれなく400ポイント(2,000円相当)
  2. 5万円以上の利用で1,000ポイント(5,000円相当)
  3. 10万円以上の利用でさらに1,000ポイント(5,000円相当)
ライフカードの特徴
  • 初年度からポイント1.5倍!翌年以降も年間利用額に応じて最大2倍
  • 誕生月はETCカード利用も含めてポイント3倍
  • 1ポイントあたり5〜10円相当の高レート
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料

この後紹介しますが、ライフカードは限度額や利息などの基本スペックがかなり高いです。

キャッシング機能のためだけにこのカードをつくることも十分考えられます。

また、ライフカードの利用をサポートする「LIFE-Web Desk」やキャッシングするごとに郵送される煩わしい書面を、月1枚に統合できる「マンスリーステートメント」など、安全安心かつ快適にキャッシングするためのサポート体制も万全です。

ライフカードのキャッシング機能の概要

次に、ライフカードのキャッシング機能に関する具体的な数字についてみてみましょう。

限度額の200万円と言う数字は、クレジットカードのキャッシングにおいてかなり高い水準にあります。

流石は大手消費者金融アイフルの子会社と言うだけはあるでしょう。

また、100万円以上を借入れた場合には、利息が15.0%になります。緊急的に高額キャッシングをする際には重宝することでしょう。

遅延損害金についてはごくごく平均的な数字です。特筆するようなことはありません。

ライフカードのキャッシングでおさえておくポイント

ライフカードなど、クレジットカードでキャッシングを利用する際には、以下の点に注意をしましょう。

キャッシングでお金を借りると利息がかかりますので、借りすぎにはくれぐれも注意して下さい。

ライフカードのキャッシングは返済計画を立てて利用する

ライフカードに限らず、クレジットカードのキャッシングを利用する際は、必ず事前に返済計画を立てた上で利用するようにしましょう。

「何のためのいくら借入れをして、どうやって返済するのか」「●●円借りた場合は利息も含めて▲▲円返さないといけなくなる。本当に借りなければいけないのか」など。

目的や金額、返済方法を明確にするだけでなく、本当にキャッシングを利用する必要があるのかも考え、慎重に利用しましょう

基本的に、クレジットカードのキャッシングは金利が高いため、極力利用頻度・借入金額を抑えるようにして下さい。

ライフカードのキャッシングを利用するとショッピング枠が減る

ライフカードや他のクレジットカードでキャッシングを利用する際は、ショッピング枠が減ることを理解しておきましょう。

クレジットカードには買い物や支払いで利用するショッピング枠と、お金を借りる際に利用するキャッシング枠の2つの枠があります。

2つの枠は完全に別々になっているわけではなく、キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれています。

仮に、クレジットカードのショッピング枠が50万円で、キャッシング枠が20万円の場合、20万円のキャッシングをするとショッピング枠の残りは30万円となります。

そのため、キャッシングを利用することで、クレジットカードのショッピング枠が足りなくなり、買い物や支払いに使えなくなる可能性もあります

また、逆もあり、ショッピング枠を使いすぎたことでキャッシング枠を圧迫してしまい、必要な金額を借りられない場合もあるため注意が必要です。

ライフカードのキャッシング枠は総量規制で年収の1/3までのみ利用可能

キャッシング枠には2010年6月に完全施行された改正貸金業法が適用されており、「年収の1/3を超える貸付」が禁止されています(=「総量規制」)

つまり年収が300万円であれば総量規制によりキャッシングは最大で100万円までしか利用できません。

ライフカードのキャッシング枠の金額は審査しだい

キャッシング希望額は申し込み時に自身の希望額を申告できます。しかし実際のキャッシング利用枠は審査によって決定します。

また希望額を出す際には、総量規制の関係から年収の1/3までの数字でなければ基本的に通りません

ライフカードのキャッシングの利用方法

では次にライフカードを用いたキャッシングの具体的な利用方法について説明していきましょう。キャッシングを利用する前に、LIFE-Web Deskに登録しておくことをおすすめします。

ライフカードのキャッシング借入れ方法

借入れ方法は3つ。ATMを用いたキャッシング、インターネットを用いたオンラインキャッシング、電話を用いたテレホンキャッシングです。

ATMを用いたキャッシング

ライフカードのステッカーが貼られたATMを利用することができます。具体的には、ゆうちょ銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行やセブン銀行ATMやローソンATMなどが対象です。またそれに加え全国88の地方銀行とライフカードのステッカーが貼ってある信用金庫・信用組合、アイフルやUCカード、クレディセゾンなども使えます。

クレディセゾンのようにたくさんの種類のカードを発行しているわけではありませんが、ライフカードは国内に確実に浸透しています。近くに利用できるATMが全くないと言ったことはまず起きないでしょう。利用にはATM利用手数料がかかることだけ注意してくださいね。

またVISAやMasterCardなどのブランドマークがついたカードなら、海外ATMを用いて現地通貨を引き出すことも可能です。海外渡航の際には是非ご検討ください。

海外でのキャッシングについてはこちらの記事をご覧ください。

参考記事エポスカードは海外キャッシングに向いてる?徹底解説

オンラインキャッシング

オンラインキャッシングとは、インターネットから申込みをすることで登録口座に直接現金を振り込んでもらうものです。ATMを利用する方法と異なり、手数料は一切かかりません。ただし、申込みにはLIFE-Web Deskを介す必要があります。

また平日0時から10時までの申込みに限り当日16時ごろまでに振り込まれますが、それ以外の日時に申込みをした場合には翌営業日まで待たねばなりません。他のカードのオンラインキャッシングと比べてスピードは遅めなので、利用の際には気を付けてください。

テレホンキャッシング

テレホンキャッシングはいわばオンラインキャッシングの電話版です。ネット環境が無い方、外出先でスマートフォン等の小さな画面を操作することが煩わしく感じる人は利用してみてください。

ライフカードでキャッシング利用時の返済方法

次にライフカードを用いたキャッシング、その返済方法について説明していきましょう。返済方法は「翌月一括払い」か「リボ払い」かのどちらかを選ぶことができます。
リボ払いは残額スライド元利定額方式を採用しており、月々の支払い額は以下の通りです。

前月末残高支払い額
1円 ~ 20万円1万円
20万円超 ~ 40万円2万円
40万円超 ~ 60万円3万円
60万円超 ~ 80万円4万円

上限以降残高20万円ごとに支払1万円増額

ちなみに海外キャッシングの利用分は強制的に1回払いとなります。後からリボ払いに変更も可能です。変更した場合には次回以降自動的にリボ払いとなりますから注意してください。

ライフカードのキャッシング時の注意点

ライフカードのキャッシングは他の多くのカードと異なり、リボ増額返済ができません。そのため無計画にリボ払いを選択してしまうと、大変なことになります。ただし、ライフカードへ連絡することでリボ定額払いを受け付けて貰えることもあるそうです。

ライフカードの上手な使い方

何度も繰り返し説明しているように、ライフカードはキャッシング専用カードとしての採用も十分考えられるカードです。年会費も無料なのでつくるだけつくっておくのも良いでしょう。ただし、利用の際は他のカード以上に慎重になってくださいね。

最後にライフカードの作り方についての記事もまとめてあるので、参考にどうぞ!
参考ライフカードの作り方!初めてクレジットカードを作るときの手順と必要なもの《永久保存版》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください