今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる🚀

キャッシュレスのデメリットとは!?いいことばかりでない日本で起こりうる5つのデメリットを解説


世界に比べると、日本でのキャッシュレス化は遅れ気味です。このことは、政府が打ち出した「未来投資戦略2017」でも触れられていました。具体的な目標として、「2027年6月までにキャッシュレス決済比率を4割程度にする」ことを掲げています。

参照 経済産業省「キャッシュレスビジョン」

確かに、キャッシュレス化が進めば、現金を持ち歩かなくて済むし、「盗むもの」がなくなるため、犯罪抑止にも役立ちます。でも、本当にいいことばかりなのでしょうか?想定される5つのデメリットをご紹介します。

キャッシュレスのデメリット1・現金以外お断りのこともある

キャッシュレス決済が進んだところで、いつでもどこでも使えるようになるとは限りません。詳しく説明しましょう。

そもそもシステムがわからない

キャッシュレス化を進めるためには、商店に専用のシステムを導入する必要があります。
システムを使用する場合、サービス提供会社が定めるところの初期費用や月額使用料がかかるのが一般的です。これらの出費が伴うことを嫌う経営者なら、システムの導入自体を渋るのも想定内でしょう。

出費がかさむというよりも「システム自体を使いこなせない」という理由も考えられます。特に、商店主が高齢で、パソコンやスマートフォンに抵抗がある場合、導入はかなり難しいです。

つまり、キャッシュレス化が進んだところで、導入されるかどうかは商店主次第です。いわゆる「現金以外お断り」の店が一気になくなるのも、現段階では可能性が低いでしょう。

手数料は誰が出す?

また、キャッシュレス決済を導入している商店でも、「別途手数料が○○%かかります」というように、利用者に手数料を負担させるケースも想定されます。この場合、「手数料がかかるなら現金で」と、キャッシュレス決済を行わない利用者も出てくるでしょう。まとめると、「キャッシュレス化が進んでも、現金を持ち歩かなくていいとは限らない」ということです。

キャッシュレスのデメリット2・気が付いたらアプリやカードだらけ

一つ質問です。あなたの財布には、カードが何枚入っていますか?そして、携帯電話にはいくつアプリが入っていますか?確認してから、この先を読み進めてください。

気が付いたら増えている?

クレジットカード、電子マネー、バーコード決済など、キャッシュレス決済サービスを提供している会社は多数あります。しかし、統一規格が存在するわけではなく、各社が独自規格を設け、これらのサービスを運営しているのが実情です。

そうなると、使っているサービスの分だけ、アプリやカードを持たなくてはいけないことになります。結果として、「財布の中がカードだらけになる」「スマートフォンにアプリがいっぱい」という事態が起こり得るのです。

統一規格を設けるのが解決策?

この問題を解決する手段の一つとして考えられるのが、「統一規格を設けること」です。
キャッシュレス決済が普及している国の一つ・スウェーデンでは、「Swish」という決済アプリが広く用いられています。これはスウェーデンをはじめとする北欧諸国の銀行が共同開発したものですが、簡単な手続きで使えるのが特徴です。

公共料金、税金の支払いはもちろん、友達同士でご飯を食べに行ったときの割り勘まで、このアプリ一つで行っています。文字通り「スマートフォンだけあれば生活できる」ほどに普及しているのです。

参照 Forbes Japan「決済アプリはひとつだけ スウェーデンの楽々キャッシュレス生活」

先ほども触れたように、日本もキャッシュレス決済の普及を掲げ、様々な施策を講じています。しかし、スウェーデンのように、決済システムにおける統一規格を設けるまでには至っていません。気がついたらアプリやカードだらけ、という事態を避けるためには、「自分がよくいく店で使える」などを基準に、ある程度の取捨選択を行いましょう。

キャッシュレスのデメリット3・システムや電源が落ちたら終わり

キャッシュレス決済は、専用のシステムとスマートフォンを用いて提供されます。このことも、実はデメリットになり得るのです。

システムの隙間を突かれると……

キャッシュレス決済において懸念されるトラブルの一つに、システムエラーが挙げられます。例えば、ソフトバンクとヤフーが提供するバーコード決済サービス「PayPay」のクレジットカード情報流出事故を覚えている方は多いのではないでしょうか。
(その後、システムの改修を行い、現在では解決されています。)

このように、システムの脆弱性をついたトラブルが起こりやすいのも、キャッシュレス決済のデメリットの一つです。

そもそもスマートフォンがないとダメ

また、大規模なシステムエラーではなくても、スマートフォンを落としてしまった場合、不正利用される可能性もあります。

さらに、スマートフォン自体の充電が切れてしまった場合、決済自体ができなくなってしまうのです。つまり、スマートフォンを利用したキャッシュレス決済は、「十分に充電されたスマートフォン」と「問題なく動くシステム」があってこそ成り立ちます。

どちらか(もしくは両方)が欠けることも考えられるので、現金や従来からあるクレジットカードは手元に置いておくのが無難でしょう。

キャッシュレスのデメリット4・使いすぎ注意

キャッシュレスとは、文字通り「現金がいらない」ということです。財布から現金を出して渡す、という行動が伴わないため、「お金を使っている」という実感が持てない人も、中にはいます。

浪費家のあなたはご注意を

だからこそ、自分がいくら使っているのかを把握せずに支払を続け、結果として借金を抱えてしまう人も出てくるでしょう。「いくらまでなら使っていいのか」を冷静に考える力が、キャッシュレス化が進むと一層求められるはずです。自分自身のことを「やや浪費気味」と認識しているなら、キャッシュレス決済とのお付き合いは、慎重にならざるを得ません。

キャッシュレスのデメリット5・使えない人はどうするの?

そして、最大の問題は「キャッシュレス決済が使えない人はどうすればいいのか」ということでしょう。

スマートフォンが持てない人もいる

先ほど、スウェーデンのキャッシュレス事情について触れました。確かに、スマホ決済アプリが普及しているため、多くの人が現金を持たずに生活できていますが、中にはそうでない人もいるのです。特に問題になっているのが、高齢者や障害を持つ人、移民などといった、「スマートフォンが持てない、使えない」人達です。

このような人たちは、現金を使うしかありませんが、スウェーデン国内では、現金を扱う金融機関自体が急激に減っています。また、現金での決済を受け付けていない商店も多いため、「明日食べるものさえ買えない」という事態が本当に起こっているのです。

参照 Forbes Japan「決済アプリはひとつだけ スウェーデンの楽々キャッシュレス生活」

日本においては、キャッシュレス決済における目標を「2027年6月までにキャッシュレス決済比率を4割程度にする」としているため、現金流通量が急激に減るとは考えにくいでしょう。

しかし、キャッシュレス化が急激に進むと、このようなことも起こり得ます。「キャッシュレス決済ができない人をどうケアするか」という問題が解決できていないのも、キャッシュレス決済のデメリットと言えるでしょう。

現金とキャッシュレスの併用がおすすめ

世の中のあらゆる物事において、全く問題もなくうまくいく方が珍しいのは確かです。キャッシュレス決済についても、これはあてはまります。特に、日本においては、普及率が外国に比べると低いため、なお一層の整備が求められるでしょう。

そうは言っても、すぐに支払を済ませられるキャッシュレス決済はやはり便利です。
シーンに併せて現金とキャッシュレスを使い分ければ、日々の生活を快適にしていけるはずです。「自分にはどんなサービスがあっているのか」を考え、上手に使っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください