【11/18迄】2019年最後の8000ポイント入会キャンペーン

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失した時の対処法と再発行の方法を詳しく解説!

クレジットカードを紛失したときは乗り換えを検討しよう
もしSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失してしまったらどのような行動を取るべきなのでしょうか?

また再発行する場合にはどのような手順を踏めばいいのか…?

ここではそんなSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の紛失や再発行に関する基本的なことから知っておくと便利な情報までを一気に紹介していきます。

また紛失してしまった今回を機にSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)から乗り換えるべきクレジットカードも紹介するので参考にしてみてください。

作り直しにおすすめのクレジットカード

目次

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失したら今すぐカード会社に連絡すべし

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失してしまった場合は、何よりも先にSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を発行している会社へ電話をして利用を停止してもらうことが大切です。

以下の番号からすぐに電話をしましょう。

紛失盗難デスク電話番号
0120-086-315(24時間年中無休)、携帯・PHSからのご利用は052-300-1515

連絡が遅くなるほど、SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を第三者に悪用されてしまうリスクが大きくなってしまいます。

また利用停止手続きと同時に再発行手続きができる場合がありますので再発行するつもりならばなるべき早く電話をしましょう。

お兄やん
カード無くしたけど今日はだるいし明日連絡しよー
まねぷれ
これではダメなのにゃ!
無くしたと思ったらすぐ連絡!これ鉄則にゃ

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を発行する会社の紛失時の専用ダイヤルへ連絡をすれば、すぐに利用を停止できますし、後日再発行のSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)が自宅に届きます。

連絡をすることで、万が一不正利用をされた場合にも補償をしてくれるにもかかわらず、連絡を怠るのはもったいないことです

警察署・交番への届け出も必要ですが、紛失に気付いたら、まずはSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)発行の会社に連絡をすることが最優先です。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)紛失時に、補償は受けられるの?どのような補償がある?

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を発行している会社には、紛失・盗難時に、以下のような補償を受けることが可能としています。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の紛失補償
カードの紛失・盗難その他の理由により他人に利用された場合の損害を補償し、アンサーセンターと警察署にお届けいただいた日から60日前までさかのぼって損害を全額(又は一部)補償します。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)紛失の状況別注意点

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失した場合の状況別の注意点について確認していきましょう。

紛失したSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の番号がわからない場合や、紛失後の不正利用、海外で紛失した場合、どのような点に気をつければいいのか事前に把握をしておきましょう。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失してカード番号がわからない場合はどうすれば?

お兄やん
うわぁぁ…カードの番号がわからないよー
まねぷれ
名前や生年月日を言えば大丈夫なのにゃ

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の番号がわからない場合でも、名前や生年月日などの個人情報とオペレーターに聞かれたことに答えれば対処してくれます

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)番号がわかるにこしたことはありませんが、わからなくても大丈夫です。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失したことに気づくまでに不正利用された場合

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失してしまい、利用停止手続きが完了するまでに不正利用された場合は、補償を受けられる可能性があります

紛失日にさかのぼって補償を受けられる場合もあるため、不正利用されたとしても、しっかりと補償されるので安心です。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)紛失時の不正利用の補償期間は60日間なので要注意

不正利用による補償は通常60日間です。

紛失をして60日間の不正利用であれば補償を受けられますが、それ以降の不正利用に関しては補償を受けることができません。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の補償期間には限りがあること、なるべく早く紛失クレジットカードの利用停止をすることを覚えておきましょう。

海外でSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失した場合も同様に補償される?

海外旅行や海外出張中にSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失した場合は、国内で紛失したときと同じように補償を受けることが可能です。

紛失をした際は、SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を発行する会社への連絡と現地の警察署へ届出をして証明書を発行してもらいましょう。

そうすることで、海外でSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失した場合にも補償を受けることができます。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失したらカード会社への電話以外にすることはある?

お兄やん
カード会社に連絡したし完璧!
まねぷれ
まだまだやることはあるにゃ!

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失してしまった場合は、SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を発行する会社への電話連絡以外にもしなければならないのです!

これをしないでいると、万が一の際に補償を受けることもできません。知っているのと知らないのとでは、SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失した際の行動も変わってきますので、今のうちから把握をしておきましょう。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失の電話後は警察へ紛失届を出す

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失した場合は、クレジットカード会社への連絡だけでなく、最寄りの警察署・交番へ必ず紛失届を出してください

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の紛失届を出すことで、もし拾ってくれた人が交番へ届けてくれた場合は、カードが手元に返ってきます。

また、紛失届を出していないと、SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)が不正利用された際にクレジットカード会社の補償を受けることができません

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の紛失ではなく、明らかに人から盗まれた場合は「盗難届」を提出します。「届出番号」を必ず忘れないように保管してください。これらの行為をクレジットカードを紛失した日におこないましょう。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)紛失届けを警察に出したあとはカード会社に紛失届出番号を伝える

警察署へSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の紛失届を提出して届出番号を教えてもらったら、今度はその番号をSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を発行する会社に伝えます

届出番号があることで警察への問い合わせもできますし、SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を発行する会社に「ちゃんと警察署へ紛失届を出しましたよ」という証明にもなります。

クレジットカード会社に届出番号を連絡するのも、SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失したその日におこないましょう

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の紛失手続きの間に支払いのカード設定を変更しておく

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失した場合は、電気やガス、水道、携帯電話、家賃、定期サービスなど、クレジットカード支払いにしていたものをすべて変更手続きする必要があります

後日、SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を発行した会社から新しいカードが再発行されますが、これまで使っていたカードと番号も異なるため、登録しているクレジットカード情報をすべて変更しなければなりません。

もし、他にも利用しているクレジットカードがある場合は、再発行のカードが届くまではそのカードを支払いに利用してもいいでしょうし、再発行カードが届くまで特に支払いがない場合は、カード到着をもって設定してもいいでしょう。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失したことで新しいカードを登録しないと「支払いが止まる可能性がある」ということは認識しておいてください。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の紛失手続き後にカードを発見したときはどうなる?

仮に紛失したSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)が見つかったとしても、既に利用停止の手続きをしていますので、カードを利用することはできません

この場合は、見つかったSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)はハサミなどで切って処分するようにしましょう。クレジットカードには、個人情報が詰まっていますので、利用できないからといってそのまま捨てるのは危険です。

ICチップ部分や磁気部分をしっかりと切って捨ててください。また、警察署にもSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)が見つかった旨を連絡しましょう。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の再発行手続きの方法は?

基本的にSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)に限らず、クレジットカードの再発行手続きはサポートデスクや紛失盗難デスクで行なっています
したがって、紛失した場合にすぐさまカード会社に連絡していれば、その場で再発行の手続きまで済んでしまう場合がほとんどです。

また少数ではありますがエポスカードなどのカードはネットで利用停止から再発行までの全ての手続きができますので、確認してみてもいいでしょう。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の再発行前に考えたいこと

カードを再発行をすることもできますが、再発行は強制ではありません

再発行をしてもSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の番号は変わってしまいますので、この機会に再発行ではなく、別の新しいクレジットカードを発行するという選択肢を考えることもできます。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の再発行には手数料がかかる?

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を再発行する場合は手数料がかかることがあります。大きな金額ではありませんが、無料ではないので、新たに楽天カードエポスカードなどの年会費無料のクレジットカードを発行する方がコスパが良い場合もあります。

また、海外で再発行する場合は1万円近く手数料がかかる場合もあります。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の再発行の場合カード番号が変わる

再発行されるSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)と利用停止したSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)はまったく同じではありません。
機能面などに変わりはありませんが、再発行の場合はSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の番号が変わるため「新しいカード」として扱われます

そのため、支払いやWEBサイトに登録しているSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の情報もすべて変更する必要しなければなりません。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の再発行の審査は改めて行われる場合も

カードの再発行の申し込みをすると再審査がおこなわれることがあります。

「再発行=再申し込み」と審査があるため、必ずしもカードが再発行されるわけではありません

再審査は、1度審査には通っていますので延滞金がないかなどを確認するだけの簡単な審査と言われていますが、油断はできません。

審査がある場合は落ちる可能性もあることを認識しておきましょう。

もしどうしても再発行の再審査に自身がないという方はACマスターカードなどのカードに切り替えてみるのもてでしょう。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の再発行前に絶対にやっておくべき対策

まったく使っていないSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)やカード裏面にサインのないSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を持っていませんか?

これらのカードを持っている場合は、再発行する前に解約やサインの記入をしておきましょう。

そうすることで、万が一の際にも後悔しないですみます。

使ってないSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)は万が一の前に解約してしまおう

「いつか使うかもしれない。」「面倒なので解約することを先延ばししている。」
など、自宅や財布の中にほとんど使っていないSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)がある場合は、万が一の前に解約をすることをおすすめします。

普段から使用するカードであれば万が一の場合にすぐに気づけますが、使用していないカードのは、盗難にあっても気づかない可能性もあるため危険です。

不正利用などの被害に遭う前に解約をしておきましょう。解約手続きは連絡1本ですぐに完了できます。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の裏面にサインを!償されない可能性が!

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)裏面の署名欄にサインはしていますか?

再発行後のカードも手元に届いた時点で必ずサインをするようにしましょう。
本来、サインをしたうえで使用する決まりになっていますし、サインをしていないと紛失・盗難による不正利用時に補償を受けられません。

再発行後のカード、加えて財布や自宅にあるSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)の裏面を確認し、サインがない場合はすぐに記入しましょう。

SUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)紛失時に乗り換えたいクレジットカード

ここではSUZUKI CARD(Wキャッシュバックコース)を紛失してしまった際ににぜひ乗り換えて欲しいおすすめのクレジットカードを紹介します。

上でも紹介した通り再発行には手数料がかかることがありますので,それだったら年会費無料のクレジットカードを新しく作った方がお得であると言えます。

なので年会費無料であることを軸におすすめのクレジットカードを紹介していきたいと思います!

田代

クレジットカードを紛失してしまったら然るべき対応はしつつも、よりよいクレジットカードに切り替える機会だと思って前向きに考えましょう!

楽天カード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
付帯機能楽天Edy,楽天ポイントカード
キャンペーン中!!
・今なら最大8,000円相当のポイントと500円のEdyチャージがもらえる入会キャンペーンを実施中
・キャッシュレスポイント還元も加わったお得なキャンペーン開催中
楽天カードの特徴

JCB CARD W

年会費永年無料
申込資格18歳〜39歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
付帯機能海外旅行傷害保険,JCBのハワイ特典
JCB CARD Wの特徴
  • WEB入会&18歳〜39歳限定のJCBカード
  • 入会後3ヶ月はポイント10倍!Amazonやセブンイレブン等の優待店舗でさらにポイントアップ
  • スターバックスカードのオンラインチャージはポイント10倍
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • Apple PayもしくはGoogle Pay利用で20%キャッシュバックも適用
  • 女性におすすめのJCB CARD W plus L

三井住友VISAカード

年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間最短翌営業日
国際ブランドVISA,マスターカード
付帯機能iD
キャンペーン中!!
・今なら最大12,000円もらえる入会キャンペーン"を実施中
タダチャンなどお得なキャンペーン開催中
三井住友VISAクラシックカードの特徴
  • マクドナルド、セブンイレブン、ファミマ、ローソンはポイント5倍
  • 対象店舗一覧からポイント2倍で両手できる適用店舗を3つ選べる
  • ETCカード年会費は実質無料(初年度無料、年1回以上の利用で翌年無料)
  • 最短翌営業日のスピード発行
  • 2枚持ち(デュアル発行)が可能
  • ICチップと選べる顔写真付きカード発行で不正利用をWブロック
  • 最高2,000万円補償の海外旅行保険が利用付帯!+250円の年会費で国内旅行保険の追加付帯と海外旅行保険をグレードアップ可能
注意
※年会費は初年度無料(通常1,250円+税)。
①年間300万円以上利用すれば翌年会費無料、100万円以上の利用で半額
②カードご利用代金WEB明細書サービスの利用で年会費500円割引
③マイ・ペイすリボの登録&利用で半額
※①と③の重複はなく、割引率の高い方が適用されます。

Orico Card THE POINT

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短8営業日
国際ブランドJCB,マスターカード
付帯機能iD,QUICPay
オリコカードの特徴
  • 入会後6ヶ月間はポイントが2倍
  • オリコモール経由なら最大17.5%還元のネットショッピングに!
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • 電子マネーiDとQUICPayのダブル搭載
  • 貯まったポイントはAmazonギフト券はじめ好きなポイントや優待券にリアルタイム交換

今すぐ作るならACマスターカード

年会費永年無料
申込資格20歳〜69歳
発行時間最短30分審査
国際ブランドマスターカード
受取店舗数610店舗(全国47都道府県)
キャンペーン中!!
・今ならキャッシュレス還元対象店舗で最大5.25%還元が適用
ACマスターカードの特徴
  • 最短30分審査&最短即日発行可能!全国にある自動契約機(むじんくん)の営業は8:00~22:00(年末年始は除き年中無休)
  • ショッピングリボの手数料率"10.0%~14.6%"(実質年率)は業界最安水準
  • 海外ATMの取扱手数料無料&当日返済で外貨両替が実質無料!!
  • 契約日の翌日から30日間は金利0円でキャッシング利用可能
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループの信頼と実績
  • 20歳以上でパート・アルバイトをしていれば学生・主婦でも申し込みOK!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください