今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

ちょびリッチを人に紹介する。アフィリエイト要素を使ってラクな副業


ちょびリッチは人を紹介する事をサイト自体が応援していて、これを「ちょびとも制度」と言います。これには、紹介時にボーナスポイントの付与や、紹介した人の利用の何割分かを、ポイントで貰えるなど、様々なメリット要素があります。その理由は、ちょびリッチだけに限らず、ポイントサイトは人を紹介してくれる事に大きな意味合いを持つからです。中には、ちょびリッチ他、大手のポイントサイトを人に紹介するアフィリエイト系のブログやホームページの作成で、生計を立てている人もいるほど!そんなちょびリッチの紹介の方法とそのメリットをお伝えしたいと思います。

ちょびリッチは人の紹介を推奨している

ちょびリッチはサイト内でも積極的に会員にたいして、友達を紹介する事を推奨しています。

一部の協賛しているサービスのポイント付与案件の記載をNGにしている場合はありますが、基本的には是非、知人・友人を紹介して欲しいと言うスタンスです。そのため、様々な事で、ちょびリッチのサイトに誘導することを認めており、紹介に成功した場合にはちょびリッチ側から恩恵を受ける事ができます。

具体的には、紹介された人がちょびリッチに入会して、指定するサービスを積極的に使えば使うほど紹介した人にポイントが入る仕組みを採用しています。

ちょびリッチを紹介する時のNG例

ちょびリッチは紹介を積極的に推奨していますが、中には認めていない物もあります。スパムを利用したり、アダルト要素での紹介だったり、
いわゆる、個人で多重にアカウントを持つ行為など、どのポイントサイトでも認めていない要素がほとんどですが、
親類を紹介する時にはネット知識の疎い人に親切心で紹介などをした際に、同一のパスワードを設定して、何かあった時に自分が対処しようと考えたりしている場合には注意が必要です。

現状ではちょびリッチは、これらの行為を認めていないそうです。また、家族の場合には同一のPCを共有しているケースがありますが、同一PCでの紹介もNGですので注意が必要です。

ちょびリッチを紹介するメリット

ちょびリッチを人に紹介すると2019年1月の現状では、獲得した人の40%ものポイントを紹介料的な感じで貰う事ができます。

具体的には会員番号に紐付けられた紹介する側のリンクから、ちょびリッチ会員になった人のアカウントは、案件に「ちょびとも」と表記されている対象広告を利用すると、この恩恵が発生します。現在では登録月の末日までに1ptでも対象広告を獲得してもポイントが貰えます。

また、実際に紹介する事ができなくても、自分のブログで紹介するだけで、ポイントがもらえるサービスをちょびリッチは行っているので、この機会に紹介するだけでもポイントを得ることが可能です。

ちょびリッチの紹介はお金になる

ちょびリッチを人に紹介する「ちょびとも」制度を使って、手に入れたポイントに関しても、自分で手に入れたポイントと同じく、サイト内で現金化が可能です。

これが、ポイントサイトのアフィリエイトで不労所得が多く稼げる最大のポイントになります。
ちょびリッチに関しては2019年1月現在で、手数料を払えば大手金融機関への換金も可能ですし、少し手間と時間はかかりますが、
一部のネットバンクやポイントを集約させて現金化させるサイトである、ドットマネーなどを利用すれば
手数料がかかる事なくちょびリッチの紹介ポイントも現金にする事ができます。この点でちょびリッチはとても優れていると思います。

ちょびリッチを紹介するデメリット

ちょびリッチなど、ポイントサイトを紹介する時の最大のデメリットは、たとえ損をする事がない話であっても商売の話を仕事以外でする事に嫌悪感を示す人が、一定の数、確実にいる事です。

特に友達にちょびリッチを紹介する際には、こちらのメリットもそうですが、紹介は、そういった事に嫌悪感を示す人には、しない選択をした方が無難です。友人同士の付き合いも当然ありますので、悪い状況になる可能性もあります。

また、全然関係ない人であっても、SNSなどでの拡散では非難をしてくる可能性もあるので、本人が特定されるような本名での告知や、普段使っているハンドルネームでの紹介も控えた方がいいでしょう。

ちょびリッチを紹介する方法

ちょびリッチを紹介する方法は様々あります。メールやLINEなどのアプリで直接、友人・知人にリンクを送る方法や、ホームページやブログに紹介記事と一緒に記事を書き、
公式の紹介バナーやQRコードなどのリンクを貼り付ける方法、ツイッターやフェイスブックでつぶやく方法などがあります。

いずれにしても、「紹介した」と後になってちょびリッチ側に連絡などを入れても、紹介が無効になってしまいますので、注意が必要です。

またリンクに関しても自分のちょびリッチ会員番号が紐ついたものでないと、紹介者へのポイントは付与されませんので、一度、自分のログイン状態を確認してから貼り付けを行うようにすべきです。

ちょびリッチを紹介した後の事

ちょびリッチを人に紹介した後には、その人が紹介者への付与があるサービスを利用するたびにポイントが入り続けます。

ただし、途中でちょびリッチを退会してしまったり、継続意思が無いと運営に判断された場合には紹介者の恩恵がなくなってしまいますので、やる気のある友人や知人の方を紹介した場合に、あまりポイントサイトの知識が無い人には、詳細を教えてあげるような、アドバイスは必要になってくると思います。

サイトやブログを運営されているのでしたら、比較的おいしい案件などで、自分にもメリットがある案件内容を紹介するのも多くのちょびともからポイントをもらえるコツになると思います。

ちょびリッチの紹介制度は縮小傾向

現在、ちょびリッチの紹介制度は少し、全盛期の頃と比べると縮小気味であると言えます。

これは、はじめの紹介の段階でメリットはありますが、かつてのように高額の案件にはちょびともを紹介した人へのポイント付与は無くなっていますし、従来の買い物関連でもポイント付与がなくなったサービスも多々あります。

実際に利用した人へのポイントを更に多く付与する為の措置だと考えられますが、これにより、ちょびリッチ紹介だけで、生計を立てるのは厳しい状況になったと言えます。

それでもまだ、1人の紹介で数百円分程度のポイントが入ってくる事も多く、圧倒的に稼ぎやすい部類の不労所得だと思います。

ちょびリッチの紹介から他サイトへ

ちょびリッチの紹介に慣れてきたら、別のポイントサイトも利用している人ならば、別サイトの紹介をしてみるのも良いと思います。

ポイントサイトはちょびリッチに限らず、多くのサイトが紹介制度を採用している事に加えて、ポイントが付与される案件も結構違ったり、同じ案件でも付与されるポイントの数字が大幅に違うことも多いので、複数のポイントサイトを利用する方がお得だと言えるからです。

あまり、多くのポイントサイトを使って、交換できるほどのポイントも貯まらないのでは問題ですが、基本的に3つ程度のサイトは知っておいた方がお得だと言います。更なるオトクを人に紹介するのも楽しいと思います。

ちょびリッチの紹介で稼ごう

ちょびリッチの紹介制度は、ちょびとも全盛期の頃に比べると大分、紹介する側の恩恵は下がってきてしまいましたが、それでも、まだまだ美味しい状況にあると思います。

中でも、通信販売系のサービスは紹介制度がまだ生きているケースも多く、紹介された方がお買い物をする度に紹介した人は何をせずともポイントが入る仕組みは、まさに不労所得の代表的なものでもあり、ポイントサイト紹介の醍醐味であると言えます。

特に紹介された人が損をする制度でもないので、ネット通販をよく使うお友達に紹介したり、買い物系ブログにリンクを貼るなどして、ちょびリッチの紹介制度を利用しては、いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください