【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

職場は近い方が得?通勤時間が短い人と長い人を徹底比較

あなたの通勤時間はどのくらいですか?
会社勤めをする人にとって住居を決める際に通勤時間を考慮して選ぶ人は多いでしょう。
一見、会社に近い方が楽と考えがちですが実際はどうなのでしょうか。
そこで、通勤時間の短いと長い人のメリットデメリットを紹介します。
住居選びで悩んでいる人は参考にしてください。

通勤時間が短い人のメリット、デメリット

まずは、通勤時間の短い人のメリットとデメリットを解説します。
やはり、満員電車に乗る時間が減る分メリットが多いですが、以外なデメリットがあるようです。

自分の時間が確保しやすい

一日の中で通勤時間に費やす時間がプライベートに使えるので、その時間を趣味やスポーツなどのストレス発散にする人が多いようです。
プライベートに使える時間が増えれば、仕事のモチベーションに繋がりますし、仕事以外の付き合いも増えます。
これは、大きなメリットの一つでしょう。

終電を気にする必要がない

職場の近くに家がにあることで、終電を気にする必要がありません。
例え終電を逃しても、タクシーの値段も許せる範囲に押さえることができます。
帰りの心配がなくなることで、仕事に打ち込める上に、飲み会などの付き合いも増やすことができます。

トラブルに対応しやすい

仕事には突発的なトラブルがつきものです。
取引先からの急な呼び出し、顧客からのクレームの対処など自分が帰る時間など関係なく対応しなければならないときがあります。
この様なときに、終電を気にして対応できない会社の人に変わりに自分が対応することで社内の評価に繋がるかもしれません。

気持ちの切り替えがしにくい

色々なメリットがあるように見えても、デメリットがあるようです。
プライベートから仕事に向かうときに、気持ちの切り替えを通勤電車で行う人が多いですが、職場が近いとあっという間に会社に着いてしまい、家を出てからすぐ仕事に取りかかることになります。
この気持ちの切り替えに時間が掛かる人はあえて職場から離れた所に家を探す人もいます。

また、職場が都内に近ければ家賃や住宅の価格が高くなるなります。
広い家や住環境の良いところに住みたいと考えている人は、都心に家を持つのはハードルが高くなります。

通勤時間が長い人のメリット、デメリット

次に通勤時間が長い人のメリット、デメリットは何でしょうか?
ここでのポイントは、通勤時間をどのように捉えているかにあるようです。

仕事や勉強もできる

通勤時間を利用して資格の勉強や落ち着いて家ではできない仕事をしている人がいます。
あえて座れる時間帯の通勤電車を選ぶと、会社に着くまでの時間が仕事や勉強の時間に使えると考えている人は多いようです。
仕事に取りかかる前のメールチェックやスケジュールの確認、会議の資料作りなどを会社に着く前に終えてしまえば、仕業開始からスムーズに動くことができます。
また、誰にも邪魔されずに資格などの勉強に打ち込めるので、通勤時間は自分の能力を高めるための時間と割り切ってしまえば有意義に使えます。

通勤時間はプライベート空間

家族がいる人は、電車内が唯一の自分の空間と思っている人がいます。
家事や育児に追われて、本やインターネットを見る時間がない人にとって、思う存分自分の時間を楽しめるのが息抜きになります。
また、考え事をしたり、寝ていたりと一人になれる時間が通勤時間だけと考えている人にとって、あえて会社から離れた所に住む選択をする人がいます。

広い家が持てる

快適な住環境で広い家に住むことが、仕事のモチベーションに繋がる人にとって、1時間や2時間の通勤時間は苦にならない人は、職場から離れた所に住みます。
お金に余裕がある人は、都内でも住環境の良いところに住めますが、多くの人は広い家を持とうとすると都心から離れた所しか選択肢がない事が多いでしょう。

通勤時間を考慮した仕事を考える

通勤時間が長い人のデメリットととして一番に言われているのは、仕事が終わってから家に着くまでの時間が長いことではないでしょうか?
通勤時間を考えると憂鬱になってしまう人は多いでしょう。
仕事もそうですが、職場の近くで宴会があればいつの間にか終電がなくなって、タクシーや24営業しているお店で一夜を明かしたという経験がある人もいるはずです。

メリット、デメリットを考えて、自分のなりのワークライフバランスを考えよう

いかがでしたか?
通勤時間の短い人と長い人のメリットとデメリットを紹介しましたが、大切なのは、通勤時間のとらえ方なのではないでしょうか。
仕事に打ち込みたい、睡眠時間を確保したいと考えれば、高くても職場に近い住居を選び、快適な住環境を選んで郊外に住むかはあなたの考え方次第です。
自分のライフスタイルに合わせて、通勤時間の長さを選択することはとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください