【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

クレジットカードに必要なものとは?即日発行時の違いと審査に必要な書類と作り方

いざクレジットカードを作ろうという時にどんな書類が必要になるか分からず困ることありますよね。

そもそも申し込みの方法から分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。

今回はそんな方のために、クレジットカードの審査に必要な書類作り方、そして即日発行時に必要なものは違うのかという点についてまとめました。

最後まで読んでいただければ、クレジットカードの申し込みをスムーズに終わらせること間違いないでしょう。

目次

クレジットカードに必要なものとは

クレジットカードを作る場合、犯罪収益移転防止法(警察庁)によって本人確認のための書類提示が義務付けられています。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(いわゆる「犯罪収益移転防止法」)により、クレジット会社は、クレジットカードのお申込みやご融資を受けられる際に、お客様が申込みのご本人であることを確認させていただく書類(公的証明書)を提示(送付)いただき、その記録を一定期間保存することが義務付けられています。お客様を確認させていただく書類(公的証明書)は、以下のとおりですので、いずれかの書類の提示(送付)をお願いいたします。

クレジットカードのお申込みの際の本人確認について – 一般社団法人日本クレジット協会

そのため、クレジットカードに必要なものとして、本人確認ができる書類は必ず用意しなければなりません。
 

クレジットカードに必要な本人確認書類とは

クレジットカード作成に本人確認書類の提示が義務付けられている事がわかりましたが、そもそも本人確認書類とは何を指すのでしょうか?

例えばイオンカードで定義されている本人確認書類はこちらになります。

  • 運転免許証、運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 各種年金手帳
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

実はイオンカードだけでなく、大半のカード会社では上の身分証明書を本人確認書類として認めています。

参考クレジットカードの申し込み・審査に身分証明書は必要?基礎知識を解説しました
 

クレジットカードに必要な本人確認書類と公共料金の領収書

引っ越ししたばかりだったり、住民票などを移してなかったりすると、本人確認書類の住所とクレジットカードの申し込み時に入力した住所が異なる場合があると思います。

その場合、先ほどの本人確認書類に加えて、現在の住居を証明するものとして次の3点のいずれかが必要になります。

  • 公共料金の領収証書(電気・都市ガス・水道・NHK受信料のいずれか1つ)
  • 社会保険料の領収証書
  • 国税、地方税の領収証書または納税証明書

上記はコピーではなく、原本が必要になりますので気をつけましょう。
 

クレジットカードに必要な銀行口座の役割とは

クレジットカードを作るのに、必要なものがもう1つあります。

引き落とし口座に設定する銀行口座です。

クレジットカードは、基本的に毎月決まった日に口座振替しか選ぶことができません。そのため、口座振替用の銀行口座の設定が必須になります。

現在はメガバンクだけでなく、ネット銀行、信用金庫など幅広い口座で設定できるようになっておりますが、未だ一部のカードに関しては設定できる口座に制限があるところもありますので気をつけてください。

口座振替の設定が完了しないと強制解約となり、個人信用情報に履歴が残ってしまいますので、早めに登録することを忘れずに覚えておきましょう。
 

クレジットカードの即日発行に必要なものとは

クレジットカードを即日発行する場合、必ず店頭で受け取ることになりますので、通常の申し込みと必要なものが異なるのではないか気になると思います。

結論から言うと、全く同じです。

クレジットカードを即日発行する場合、受け取り時に本人確認書類の提示と口座振替がマストになりますので覚えておきましょう。

クレジットカードの即日発行について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

参考クレジットカードの即日発行のおすすめとは?最短当日のスピード発行方法
 

クレジットカードのキャッシングに必要なものとは

クレジットカードのキャッシング枠を希望する場合は本人確認書類、口座振替の他にもう1つ必要なものがあります。

それは、源泉徴収票などの年収証明書類で、下記条件のときに用意しなければなりません。

(1)ある貸金業者から50万円を超える借入れを新たに行う場合(又は、50万円を超える借入枠のリボルビング契約を新たに結ぶ場合)
(2)他の貸金業者から借りている金額もあわせて合計100万円を超える借入れを新たに行う場合(又はリボルビング契約を新たに結ぶ場合)

書類の提出について – 貸金業法について

年収を証明するものとして、各カード会社は下記の書類を認めています。

  • 最新の源泉徴収票
  • 直近連続2ヶ月分の給与支払明細書
  • 最新の特別徴収税額の通知書

 

クレジットカードのキャッシングは必要なもの?

クレジットカードのキャッシングは必要なものなのでしょうか?

回答としては「絶対必用なものではないが、あれば助かるもの」となります。

国内で使う分にはキャッシングを利用する方は限られると思いますが、海外旅行に行かれる方はキャッシング機能を利用される方も少なくありません。

もしキャッシング利用について全く考えていないのであれば、申し込み時点ではキャッシング枠を希望せず、必要になった時に追加申請すれば良いでしょう。

参考キャッシングがおすすめのクレジットカードとは?初心者でも安全にキャッシングする方法
 

必要なものは?作るにはオンライン・インターネットで申し込むことが必要

一番簡単なのはパソコンやスマホを利用してインターネット経由で申し込む方法です。

申し込みたいと思っているクレジットカード会社のホームページに行けば入会フォームがありますので、そこに氏名や電話番号などの必要事項を打ち込んでいって情報を送信すれば申し込みは終わりです。

カード会社に情報が届き次第審査が始まって、問題が無ければクレジットカードが発行され、後日自宅に書留などでカードが送られてきます。 申し込みにかかる時間はだいたい30分弱と、非常に手軽に申し込みができます。

作る時にネット申し込みのメリット 必要なものが少ない場合も

インターネット経由での申し込みは非常に簡単ですが、簡単に申し込めること以外にもメリットがあるんです。それが「インターネット申し込み限定のキャンペーン」です。

例えば三井住友VISAカードの場合だと、インターネット経由で新規申し込みを行えば「最大7000円分のギフトカード」がもらえます。JCBカードやVIASOカードなど他のカード会社でもインターネット経由の新規申し込みの場合、ギフトカードではありませんがポイントなどが付与されます。

これは他の申し込み方法では行っていないキャンペーンなので、今からクレジットカードを作ろうとお考えの方はインターネット経由で申し込みをすればお得なキャンペーンを利用できますよ!

作る時のデメリット・注意点 必要なものは何か、自分で解決

しかしお手軽で、専用のキャンペーンもあったインターネット申し込みにもデメリットは存在しています。それは「申し込みに際して疑問点があったとしても、自分で解決しなければならない」ということです。

特にクレジットカードを作るのが初めてだという人の場合、この空欄には何を記入すればいいんだろう?と思うようなことも出てくると思います。

窓口であれば店員の人に聞いて解決することもできますが、インターネットで申し込む場合は店員さんなどいないので、疑問点は自分で解決するしかありません。

また、パソコンやスマホの操作を誤ってしまい間違った情報を入力したまま送信してしまうこともありえます。クレジットカード作りの知識が全くない方や、パソコン・スマホの操作に自信のない方には少し難しい申し込み方法かもしれません。

作る時の申し込みフォームも進化している

インターネットでの申し込みで記入漏れやミスが気になる方も、今の申し込みフォームではアラートを出してくれたり、入力補助をしてくれたりと随分申し込みやすくなっています。一度チャレンジしてみよう!

 

クレジットカードを作るときに必要なものは何?店舗・申込方法別

続いての方法は、窓口・店頭で申し込む方法です。インターネット申し込みと比較したメリット・デメリットを見ていきましょう。

作る時の銀行窓口など 必要なものは?

窓口・店頭で申し込む際に一番分かりやすいのは銀行窓口です。

新社会人や新入生の時に、新しく銀行口座を作りに行く機会があるなら、その際に一緒にクレジットカードを作ってもらえば手続きを一挙に終えられるので一石二鳥です。

銀行で作れるクレジットカードは「銀行系クレジットカード」と呼ばれる系統のものになり、ほとんどの場合キャッシュカードと一体化しているので持ち運びも便利です。ただ、銀行窓口で作るとそこの銀行で発行しているクレジットカードしか作れず、選択肢がない点はデメリットでしょうか。

作る時の百貨店やスーパーなど 必要なものは同じ?

銀行以外では、百貨店やスーパーなどにも店頭でクレジットカードの申し込みをできるところがあります。だいたいクレジットカード発行のための専属スタッフの方が待機していて勧誘の声をかけられたりするので、どこにあるかは分かりやすいと思います。

銀行窓口と同じくスタッフの方に質問しながら進められるという利点があります。しかしこれまた銀行窓口と同様に、その場のスタッフの方が勧誘している種類のクレジットカードしか作ることはできません。窓口・店頭で申し込む際のカードの種類に関する自由度はかなり低いと言ってよいでしょう。

作る時に郵送で申し込む 必要なものは同じ?

インターネット、窓口・店頭で申し込む以外の方法には「郵送申し込み」という方法もあります。みどりの窓口や、ファミレス・小売店などに置かれているクレジットカードの申し込み用紙に必要事項を記入してカード会社に郵送で申し込む、という方法です。

ご紹介した中では最もアナログな申し込み方法と言えるでしょう。郵送でのクレジットカード申し込みはあまりオススメしないのですが、その理由は後述させていただきます。
 

必要なもの以前に。クレジットカードはオンライン申し込みの利点

先ほどクレジットカードをインターネット経由で申し込むと、インターネット申し込み専用のキャンペーンが受けられるとお伝えしましたが、ギフトカードがもらえたりポイントが付与されたりということ以外にどんなキャンペーンがあるのでしょうか。

キャンペーンが豊富なクレジットカードは必要なもの

主なキャンペーン内容はやはりキャッシュバックやポイント付与が主流です。

しかし各カードの特色に沿ったキャンペーンも見られます。例えばハワイアンエアラインズVISAカードの場合、最大80000マイルプレゼントの他、期間限定ではありますが抽選で成田・ハワイ間往復航空券、およびホテル宿泊券(ペア)をプレゼント といったキャンペーンを行っています。

また、ディズニー★JCBカードでは2000ディズニーポイントプレゼントキャンペーンと、それぞれに特色のあるキャンペーンもあるので申し込む前に一度各カードのキャンペーンを確認してみるといいのではないでしょうか。カードによっては期間限定のキャンペーンもありますので申し込み時期には注意しておきましょう。

他の申し込み方法にメリットはない?

インターネット経由で申し込みを行った場合は「キャンペーン」という分かりやすいメリットがありました。では、他の申し込み方法にはキャンペーンのようなメリットはないのでしょうか。

郵送はメリットがほとんどない?

先ほど郵送でのクレジットカード申し込みはあまりオススメしないとお伝えしましたが、それはメリットがほとんどないからなんです。

パソコンなどの操作が苦手で間違えそうだから、確実な手書きを選びたいという人にしか正直オススメできません。

まず郵送申し込みにはインターネット経由の場合のような限定キャンペーンはありません。郵送なので審査を開始してカードが発行されるまでかなり時間がかかります。

また、郵便物が紛失した場合には、申し込み用紙に記入していた個人情報の漏洩なども気になります。デメリットが多く、メリットがほとんどないのが郵送による申し込みだと言えるでしょう。

店頭での窓口申し込みは審査に有利に働く?

窓口・店頭での申し込みにはメリットは一応あると言えます。それは「記入ミス、記入漏れを減らせる」ということです。

インターネット申し込みだと分からないところがあった場合は自分で情報を調べて解決するしかありませんが、解決しきれずに適当に申し込んで記入に不備があった場合などは、審査落ちしてクレジットカードを作れなくなってしまう可能性もありえます。

その点窓口・店頭であれば目の前にスタッフがいるので、分からないことは全て質問して解決すればいいですし、記入漏れに関しても確認して指摘してくれるので完ぺきな状態で申し込みを行うことができ、ケアレスミスによる審査落ちというのを防いでくれることにつながります。

そういう意味では審査に有利に働くと言えるかもしれませんね。

 

必要なものは?クレジットカードの作り方の手順

ではここで実際にクレジットカードを作る時の手順について、一連の流れを見ていきましょう。

作る時にオンラインなら公式サイトにアクセス、他は記入用紙を手に入れる

まずインターネット経由で申し込む場合には各カード会社の公式サイトにアクセスして、入会フォームを探しましょう。店頭・窓口・郵送による申し込みの場合にはそれぞれ記入用紙を手に入れる必要があります。

作る時に必要事項(個人情報)を記入して申し込み

入会フォームにたどり着いたら、もしくは記入用紙を手に入れたら、あとはそこに個人情報などの必要事項を記入して申し込むだけです。

作る時に記入事項もあらかじめ知っておこう

カード会社のホームページによってはある程度時間が経ってページが更新されたり、ブラウザバックする時に今までの入力内容が消えてしまう場合もあります。申し込みをスムーズに行うために、あらかじめ記入すべき内容を調べておくといいでしょう。

特に社会人の方は勤めている会社の従業員数や本社所在地を聞かれることもあります。事前に調べておかないと分からない内容だと思いますので、確認しておくことをオススメします。

必要なこと。作る時に口座番号を確認しておこう

クレジットカードを利用した際の代金引き落としに利用する、銀行の口座番号も入力する必要があります。

口座番号などそうそう覚えているものではないでしょうから、キャッシュカードや通帳を手元に置いた状態で申し込みを行うとよいでしょう。

必要なこと。本人確認書類を準備しておこう

当然のことながら身分証明書も必要になってきます。運転免許証があればそれで問題ありませんが、免許証を持っていないという方はパスポート・健康保険証・発行して6か月以内の住民票の写し等でも本人確認書類として扱ってくれます。

必要なこと。申し込み受付メールは確認しよう

全ての記入事項を記入し終えて申し込みをした後は、インターネット経由での申し込みの場合はカード会社から自動返信で「申し込み完了しました」という旨のメールが届きます。

これが届けば、無事に手続きが完了したということが分かりますが、届かない場合はもしかするとメールアドレスの入力を間違えているのかもしれません。

審査結果はメールで届く場合が多いので、しばらく待っても申し込み受付メールが届かなければ、カード会社に電話で確認してみたほうがよいでしょう。メールをフォルダ分けされている人は、迷惑メールのフォルダなどに入っていないか確認することもお忘れなく。

必要なこと。カード会社による審査

無事申し込みがカード会社に届けば、そこからカード会社による審査が始まります。この審査ではいったいどういった情報を基に判断されているのでしょうか。

信用情報期間の情報は必要

クレジットーカード会社は全て信用情報機関に加盟していますので、信用情報機関に照会することで、申し込み者の信用情報を知ることができます。

信用情報とはこれまでのキャッシングの申し込み・利用履歴や、支払い遅延に関する情報などです。

過去にキャッシングをした際に支払いが遅れていたり、携帯代金の支払い忘れなどがあったりするとこの時不利になってしまうので、普段から払い忘れには注意しておきましょう。

カード会社の審査部などでのチェックが必要なもの

審査の際には、基本的にはスコアリングと呼ばれる方法で申し込み者の属性などを点数化していき、クレジットカード発行の可否を判断していますが、自営業の方などは業態によって年収がかなり変わってきますので、マニュアル化できない部分が多々あります。

そういった場合はカード会社の審査部の人間が申し込み情報を丁寧にチェックしていき、判断していくことになります。一般的なサラリーマンの方の場合はマニュアルでの審査になるケースのほうが多いでしょう。

必要なものでないが在籍確認(本人確認)が必要な場合も

また、必ず行われるというわけではありませんが勤務先などに在籍確認の電話がかかってくる場合があります。過去にキャッシングなどを行った経験のある方は、その時の在籍確認と同じようなものだと思っていただければ大丈夫です。

自分が電話に出てももちろんOKですし、たまたま席を外していて電話に出られなくても、電話に出た人が「○○は今席を外しております」などと対応してくれても大丈夫です。要するにクレジットカードの申し込みをしてきた人がちゃんと申告通りの会社に在籍していることが分かればOKなのです。

参考厳しいも甘いもないクレジットカードの審査について詳しく知る

審査通過後クレジットカードの配達・受け取りが必要なもの

カード会社の審査にも通過すれば、後日書留などで自宅までカードが郵送されてくるのでそれを受け取ればクレジットカードの発行は完了です。受け取りの際に注意しておくことはなんでしょうか。

カード受領の際に本人確認書類が必要なもの

カードは無条件で受け取れるわけではなく、申し込んだ本人であることを証明する必要があるため、本人確認書類を提示する必要があります。後述する書類のうちどれかを本人確認書類として準備しておきましょう。

口座引き落としの場合は登録用口座の情報も必要なもの

インターネット経由で申し込みを行った際に、カード使用代金の引き落とし口座を設定していない場合は、後日引き落としに使用する口座の情報をカード会社に郵送する必要があります。

申し込みの際にまとめてやっておいたほうが楽でいいですが、事情があってできなかった場合などは後日申し込めるように引き落とし用口座の口座番号などを控えておくようにしましょう。

必要なものである本人確認書類の注意点

では上記した本人確認書類としては、どのような書類を提出すればいいのでしょう。名前や住所が入っているものであれば何を提出してもいいのでしょうか。

必要なものって身分が証明できればなんでもいいの?

本人確認書類で最強(?)の証明度を誇るのは運転免許証です。運転免許証を持っているのであればそれを提出すればまず間違いありません。

しかし運転免許証をお持ちでない方もおられると思います。そういった方は健康保険証、6か月以内に発行した住民票の写し、有効期限内のパスポートなどでも身分証明書として使うことができます。

現住所が確認書類住所と違う場合

また、本籍地の関係や引っ越ししたばかりなどで、本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合というのもありえますよね。

そういった時には現住所を証明できるものも併せて必要になります。電気・水道などの公共料金の領収書や納税証明書などでOKですが、わざわざそれらを準備するのも面倒くさいですよね。

免許証やパスポートの住所欄は常に正しいものに更新するように心がけておきましょう。

参考クレジットカードの作り方をさらに詳しくみる
 

必要なものも大事だけど。初めての1枚はどう選ぶ?選び方のポイント

ここまででクレジットカードの申し込み方法に関してはだいぶ分かっていただけたかと思います。

しかし、実際にクレジットカードを申し込もうと思っても世の中には多種多様なクレジットカードがあり、どのクレジットカードに申し込んだらいいのか分からなくなってしまいますよね。

初めてクレジットカードを作る場合は、何を基準にしてクレジットカードを選べばいいのでしょうか。ここでは主題と少し逸れますので簡単に見ていきましょう。

必要なもの以前に、初心者は年会費無料

クレジットカード選びの基準で一番分かりやすいのは「年会費が無料かどうか」ということです。年会費を払う場合にも3000円程度のものから数万円もするものまで幅広いですが、総じて年会費が高くなるほどカードに付帯してくるサービスが充実する傾向にあります。

とは言えそれらのサービスは空港のラウンジ利用やゴルフ場の予約など富裕層向けのサービスであることが多いので、初めてカードを持たれる方の場合は余計な費用のかからない年会費無料のカードを作っておくのが一番無難であると言えます。

必要なもの以前に、ポイントの還元率

クレジットカードで買い物をしまくってポイントを貯めよう!と思われている方はポイントの還元率で選ぶのも1つの手です。通常のカードの場合、買い物でのポイント還元率は0.5%程度のことが多いですが、楽天カードやライフカードのようにポイント還元率が1%近くあるカードもあります。

還元率の高いカードの中には年会費が必要なものも含まれてきますので、それらを天秤にかけた上でお得だと思えるカードを選ぶのがよいでしょう。

参考ポイント高還元率おすすめクレジットカードをチェックする

必要なもの以前に、利用頻度に応じたショップや店舗の特典

クレジットカードの中には「流通系」と呼ばれる系統のカードがあり、提携しているお店での支払いが安くなったりするものもあります。

自分がそのお店を頻繁に利用しているようなら、お店での割引を目的としてクレジットカードを選ぶのもありでしょう。

必要なもの以前に、ETCカードが目的の場合

クレジットカードを作る目的が「ETCカードが欲しいから」という方もおられるかもしれません。ETCカードはクレジットカードに紐づけて作ることが多いですからね。

そういう場合にはすぐにETCカードを発行してくれるクレジットカードを選ぶのがよいでしょう。セゾンカードインターナショナルなどならETCカードの即日発行も可能です。

参考最短即日発行可能のETCカードをチェックする

参考おすすめのETCカードと作り方をチェックする

 

学生におすすめのクレジットカードも 学生だと親の承諾が必要なことに加わる

クレジットカード作りで身分を一番生かせるのは何と言っても「学生」です。三井住友VISAカードデビュープラスのように、通常のカードに比べてポイントの還元率が3倍にもなっているようなカードもあります。

クレジットカード会社は学生を早いうちに取り込んでおきたいという思惑がありますので、学生に対してのサービスが一番手厚くなる傾向にあります。学生向けサービスは隈なくチェックしておくといいでしょう。

参考大学生向けおすすめのクレジットカード完全ガイドを読む

 

クレジットカードの有効期限と更新について

では最後にいざクレジットカードを持った場合、普段の生活の中で気をつけなければいけないことをまとめておきましょう。

基本的には5年の有効期限

まずはクレジットカードの有効期限です。クレジットカードは一度作ってしまえば終わり、というわけではなく一定の有効期限が存在します。カードにもよりますがだいたい5年ほどで有効期限が切れると思っていただければ大丈夫でしょう。

クレジットヒストリーが特別悪いなどということがなければ、そろそろ有効期限が切れるなーというタイミングでカード会社から新しいカードを発行して送ってきますので、特に何か手続きが必要ということはありません。新しいクレジットカードが届いたら、不正利用防止を兼ねて、古いクレジットカードは捨ててしまいましょう。

更新時にはグレードアップも?

クレジットカードの更新のタイミングで、クレジットヒストリーに何の問題もない場合は、カード会社からグレードアップを進められる場合もあります。

グレードアップをするとカードに付帯してくるサービスがより充実する代わりに、年会費が発生したり、年会費が上がったりする場合があります。

サービスと年会費のバランスを考えて自分がお得だなと思えればグレードアップをするのがいいでしょう。

 

イオンのクレジットカードを作るのに必要なものとは?

イオンカードは、店頭発行が可能。

店頭から申し込みをして、仮カードを即日発行できます。

必要なものでなく必要なことの話になりますが、この場合、店頭でいきなり行くよりも、事前にネットから申し込ん店頭受け取りする方がオトクです。

なぜなら、申し込み当日から、仮カードの利用で特典が受けられる、ポイントが貯まるキャンペーンにおいて、インターネット限定の入会キャンペーンの適用があるため。

ですから、イオンカードはネット申し込みしてから店頭受け取りしましょう。

受け取りの際に必要な物は、本人確確認書類、電話、振替口座です。

イオンカード発行に必要な本人確認書類

本人確認書類として使えるものは、以下のとおりです。

運転免許証、運転経歴証明書
各種健康保険証
パスポート
各種年金手帳
住民基本台帳カード
在留カード
特別永住者証明書
*公式ホームページ(暮らしのマネーサイト)より引用しています

イオンカード祖発行に必要な電話

連絡がとれる電話が必要になります。

振替口座(支払口座)も必要

イオンカード利用代金の引き落としのための銀行口座が必要になります。
 

パルコでのクレジットカード発行に必要なモノとは?

パルコカードは即日発行が可能なクレジットカードです。

パルコの中にある、セゾンカウンターにて即日発行することができます。

必要物など詳しく気になる方は、以下の記事をご覧下さい。

PARCOカード(パルコカード)は即日発行できる!5分でわかる最短発行手順と注意点
 

クレジットカードを作るために必要なものは?まとめ

クレジットカードの作り方・選び方を解説してきましたがいかがでしたでしょうか。
必要書類などで困ることはもうなさそうでしょうか。

一度全体の流れを把握してしまえば、そんなに難しいことはなかったと思います。一度作ることができてしまえば、用途に合わせて2枚目、3枚目のクレジットカードを作る際にも、ほぼ同じ手順で申し込みができます。習うより慣れろと言いますから、まずは実際にクレジットカードの申し込みをしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください