【9月24日迄!!】楽天カードの7,000ポイント特典✨

信用情報機関とは?覚えておきたいクレジットカード専門用語の意味と使い方

信用情報機関とは

「信用情報機関とはどういう意味なのだろう?」
クレジットカードの審査について説明された文中で見かける信用情報機関ですが、意味や関連する内容についてあまり理解が進んでいない方も少なくないでしょう。

そこで、この記事では信用情報機関の意味と登場シーン(使用例)についてまとめました。

クレジットカードをはじめとした決済手段の仕組みについて少しでも理解が深まれば幸いです。

信用情報機関の読み方

まず確認も兼ねて信用情報機関の読み方を記載します。

信用情報機関は「しんようじょうほうきかん」と読みます。

読み方を間違えれば、コミュニケーション上で伝わる意味も異なりますので、この機会にしっかり覚えておきましょう。

英語にするなら?

もし信用情報機関を英語で表現するなら「Credit information agency」となるのではないでしょうか。

ネイティブの表現とは異なるかもしれませんので、もし正しい英語表現があれば記事下のコメント欄で教えていただければ幸いです。

信用情報機関の意味

信用情報機関とは「個人の信用情報を収集・管理する機関」という意味の単語です。

具体的には、クレジットカードやキャッシングの契約状況、返済状況、債務整理情報などを収集・管理していて、各業者の審査に役立ち、申込者・利用者に信用力があるかどうかを判断することを目的としても活用される機関です。

信用情報機関と同じ文脈で使われる用語で「CIC」や「日本信用情報機構」「全国銀行個人信用情報センター」とも呼ばれています。

信用情報機関の関連語

信用情報機関と並んでよく目にするのが「CIC」「JICC」「KSC」です。

これらの用語は信用情報機関とも関係が深い用語なので、それぞれの意味も理解しておくと良いでしょう。

CICとは

CICとは「信用情報機関の1つ」という意味の単語です。

具体的には、クレジット会社の共同出資によって設立された信用情報機関のことです。信販会社やクレジットカード会社系の信用情報機関であり、延滞や債務整理など個人信用情報を管理しています。

JICCとは

JICCとは「消費者金融や信販会社が会員の信用情報機関」という意味の単語です。

具体的には、全国信用情報センター連合会、テラネット、CCBが統合してできた信用情報機関で、情報が随時更新されているのが特徴です。

KSCとは

KSCとは「ブラック情報も載っている信用情報機関」という意味の単語です。

具体的には、全国銀行個人信用情報センターのことで、主に銀行が加盟しています。個人の申し込みや契約、取引、官報情報などが管理されています。ブラック情報も確認できる個人信用情報機関です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください