学生のクレジットカードで使える限度額は30万円!限度額を増やす方法はある?

カテゴリー:学生のクレジットカード 

お金

クレジットカードは、学生でも問題なく発行可能なものもあります。しかし発行された段階での利用限度額は、10万円〜30万円です。

高額な買い物をする際は、最大30万円だと足りないと感じることもあるでしょう。困ってしまいますよね。

とはいえ学生時代に発行したクレジットカードでも、30万円以上に限度額を増額する方法はあります。この記事では、学生の限度額を上げる方法を解説します。

例えば海外旅行などで大きな出費が控えているなどする場合は、限度額をあげてみてはどうでしょうか。

学生の利用限度額は30万円が上限

そもそもなぜ学生は30万円までが利用限度額の上限に定められているのかというと、年収に関係なく学生に与えられる限度額が法律で30万円までと決まっているからです。

30万円という金額は、年収や職業と関係なく発行できるクレジットカードの利用金額の条件です。つまり年収が限られている学生のクレジットカード限度額は、30万円が上限となります。

そして学生が発行したからといって、絶対に30万円の利用限度額で発行できるわけではないことにも注意が必要ですね。10万円や20万円、場合によっては10万円をも下回ることもあります。

なおアルバイトなどで収入を得ていても、正社員など安定した収入が確実に得られる職業でなければ基本的に30万円以上の限度額での発行はできません。

学生専用クレジットカードではそもそもの限度額が30万円以下のものも

カード名限度額
三井住友VISAデビュープラスカード10万~30万円
学生専用ライフカード5万~30万円
ANA VISA(学生)親権者の同意がない10万・同意がある30万円

 

上記の通り、学生専用に発行されるクレジットカードはそもそもの限度額が30万以内に抑えられています。さらにその中で振れ幅があるので、上限の30万円が設定されないことも考えておいた方がいいでしょう。

ANA VISAのように、親権者の同意有無などの条件で変わるものもあります。

そもそも限度額とは?

限度額とは、その人がそのクレジットカードで利用できる金額の上限です。これは一度で決済できる額の上限ではなく、トータルの上限枠となります。そのため、30万円の限度額のクレジットカードで、5万円のお買い物をすれば、限度額は25万円となり、支払日で5万円支払うとまた30万円に戻るといった形になります。

注意したいのは、その1枚のカードにおける限度額であること。複数枚カードを発行した場合は、それぞれに利用限度額が設定されます。

ただし発行会社が同じクレジットカードは、限度額の枠が共通になることもあります。気になる場合は事前にチェックしておくとよいでしょう。

 

学生が利用限度額を30万円以上に増やす方法

ここまで説明した通り、学生の利用限度額は30万円以上にすることは非常に難しいです。しかし、これから紹介するする方法を活用すれば、限度額を引き上げることができる可能性があります。

ただし100%増額が可能なわけではないので、注意しましょう。試してみてもダメだった、ということはあり得るので、基本的には上限は30万円までとなると考えておきましょう。

一時増額申請をする

クレジットカードは、一時増額申請をすることで本来の限度額よりさらにたくさんの金額を使うことができます。引っ越しや旅行前などの大金が必要なタイミングであれば、審査に通る可能性もあります。

ただし一時増額は名前通りあくまで一時的なものなので、しばらくすればまた限度額は最初に設定された金額に戻ります。

一時増額は一括返済のみなので使いすぎに注意

一時増額をした場合は、増額ぶんでは分割での支払いができず基本的に一括返済に限られます。

利用限度額が増えたからといってむやみに高額な商品を購入しないように、気をつけましょう。翌月以降の支払い日に困ってしまいます。

新たに他社のクレジットカードを作る

利用限度額はクレジットカードごとに設定されるため、クレジットカード複数枚持てば、30万円以上を利用することも可能です。学生が利用限度額を30万円以上に設定する、もっとも可能性が高い方法になります。

例えば1枚目のクレジットカードが最大30万円まで利用可能だったとしても、2枚目のクレジットカードが利用限度額10万円で発行されれば合計で40万円。30万円が利用限度額のカードを3枚持っていれば、事実上90万円まで支払いが可能になります。

ただし一度に何枚も同時に申し込むと、多重申し込みと判定され審査に通らない可能性もあります。

複数枚のクレジットカードを発行して限度額を上げたい場合は、少し時間を置いてカードを申し込みましょう。

また注意したいのは、30万円以上の高額な買い物は不可能なことです。利用限度額が分散されているので、一枚のカードで使える金額はやはり30万円が限界となります。

その他の増額方法

一時増額申請やクレジットカードの複数発行以外にも、クレジットカードの利用限度額を上げる方法はあります。

その他の限度額を上げる方法を、チェックしてみましょう。

利用実績を積み重ねてカード会社に限度額をあげてもらう

利用実績を積み重ねれば、カード会社側で勝手に限度額を上げてもらえることがあります。

学生の場合はかなり難しいですが、社会人の場合はしばらく利用していれば自然に10万円や20万円程度増額してもらえることもあります。

ただし延滞などをした経験があると、増額してもらえる可能性は大幅に下がります。限度額を上げるためには、カードを正しく使って利用実績を積み重ねることが大事ですね。

増額申請をしてみる

クレジットカードは、増額申請を行うことでも利用限度額を上げることが可能です。

方法はクレジットカードごとに異なっていますが、例えばそのカードのマイページや専用ダイヤルへの電話、あるいは書類の郵送といった方法で増額の対応をしてもらえます。

限度額を今よりもアップさせたい場合は、増額申請を試してみてはどうでしょうか。

ゴールドカードなど、ランクアップカードに申し込む(ただし学生は必ずしも限度額が増えるとは限らない)

三井住友クラシックカードや楽天カードなど、クレジットカードの中には一般カードよりも上のランクであるゴールドカードを発行できるものもあります。

ランクが上のカードは利用可能額の範囲が一般のカードよりも広がっていて、例えば100万円や200万円などまで限度額をあげられる場合もありますね。

そして一般カードを持っていれば、あとからマイページや電話などでランクアップカードに申し込める場合もあります。

ランクアップの際は審査が行われ、問題なければランクアップカードを発行してもらえます。

ただし、学生の場合はランクアップができたとしても限度額が増えるとは限りません。特に現時点で30万円の利用可能額である場合、それ以上上がらない可能性は高いでしょう。

またランクアップカードに申し込むと年会費が上がる可能性もあります。合わせて注意が必要ですね。

 

一時増額申請するための方法

最後に、クレジットカードを一時増額申請する方法を紹介します。

なんらかの理由で一時増額がどうしても必要な場合は、これらの方法を使って増額申請をしてみてはどうでしょうか。

WEBの会員サイトから申し込む

クレジットカードの中には、Web上のマイページから会員情報などを変更できるものもありますよね。

Webでの手続きに対応しているクレジットカードは、会員サイトから一時増額手続きを行いましょう。

Web申し込みだと対応が早いこともあり、クレジットカードによっては30分で審査が完了し、限度額が上がるといったこともあります。

電話から申し込む

Webでの手続きに対応していない場合は、クレジットカードのデスクに電話をして一時増額申請を行いましょう。

申請して問題がなければ、しばらく経つと利用限度額が上がります。ちなみに理由など聞かれる可能性もあるので、覚えておきましょう。

 

まとめ

クレジットカードは、学生の場合利用限度額が最高30万円です。アルバイトなどで収入があったとしても、これは変わりません。

30万円以上使う機会がある場合は、一時増額申請やクレジットカードの複数枚発行などで対応しましょう。

SNSでシェアしよう!

SHARE

この記事を書いたユーザー

スポンサーリンク

関連する記事

RELATED

皆さんのコメント

COMMENT

本日の注目キャンペーン

PAGE TOP ↑