2019年最後!楽天カードの7000ポイント入会特典🌟

ハワイにおすすめのクレジットカード【2019年最新】

ハワイにおすすめのクレジットカード
「ハワイ旅行に行くんだけどクレジットカードは何が良いのだろう?」
日本人の海外旅行先ランキングで必ずランクインするハワイ。

ですが、
・ハワイにおすすめのクレジットカードは?
国際ブランドは何が良い?
・便利な使い方、活用術は?
など気になることがあると思います。

そこで、この記事ではハワイにおすすめのクレジットカードとお得で便利な活用術についてまとめました。

目的から記事を絞り込む

ハワイで開催中のクレジットカードキャンペーン一覧

ハワイのクレジットカード利用を対象にした主なキャンペーンを2つ紹介します。

ハワイは日本人に人気の観光地ということもあり、各カード会社も定期的にハワイ対象のキャンペーンを実施しますので、既にお持ちのクレジットカードがある方はキャンペーンを必ずチェックしておきましょう。

VISA利用で最高500ドル商品券が当たる

VISAで楽しむまるごとハワイ

ハワイ滞在中にVISAカードで利用した控えは、ロイヤル・ハワイアン・センター A館1階にあるLeaLeaラウンジで50米ドルごとに1回の抽選に参加できます。

ハワイ人気レストランコースディナーの対象となるレストランには有名店もありますので、ロイヤル・ハワイアン・センターに立ち寄る際は忘れずに抽選に参加しましょう。

対象のレストラン
  • ウルフギャング・ステーキハウス
  • アズーア レストラン
  • ビーチハウス・アット・ザ・モアナ
  • ハイズ・ステーキハウス
  • スカイ・ワイキキ
  • ザ・バフェット・アット・ハイアット・ワイキキ
キャンペーン名VISAで楽しむまるごとハワイ
キャンペーン期間(現地時間)2019年7月1日~2020年6月30日21時
特典内容①H.I.S. US$500商品券:毎月2名
②ハワイ人気レストランコースディナー招待:毎月28名
③ABCストアUS$30商品券:毎月70名
④レアレア・マーケット・オリジナルズのスラッシークーポンまたはお菓子のつかみ取り:毎月150名
参加条件VISAカードの利用控えUS$50(合算可)につき抽選1回(1回につき最大5回まで)
抽選場所ロイヤル・ハワイアン・センター A館1階 LeaLea ラウンジ

JCBならワイキキ・トロリーバス乗車賃が無料

JCBのワイキキ・トロリー乗車賃無料「

JCBブランドのクレジットカードがあれば、ワイキキ・トロリー乗車時に係員へ提示することで、本人と同乗の家族(大人1名、子供2名まで)が乗車賃無料になります。

2022年3月31日(木)までの期間中はワイキキ・アラモアナショッピングコースのピンクラインをいつでも無料で利用できますので、ワイキキエリアの移動に活用してください。

なお、JCBは他にもキャンペーンを並行して開催しておりますので事前チェックもお忘れなく。

キャンペーン名キャンペーン概要特典内容キャンペーン期間
行こう!JCBと世界へキャンペーン2019海外利用1万円を1口として応募ハワイ旅行10万円分:50名
JCBギフトカード5,000円分:1,000名
2019年4月16日(火)〜2020年2月15日(土)
メイシーズ×JCB15%オフキャンペーン店頭で優待コード(BC83B4)を提示してJCBで支払いメイシーズの利用代金が15%オフ2016年7月1日(金)〜2019年12月31日(火)
DFS×JCBキャンペーン(ハワイ)TギャラリアハワイbyDFSワイキキ店でJCBカードをUS600ドル(合算可)以上利用先着2,500名にギフトカードUS30ドル2019年10月11日(金)〜2020年1月15日(水)
ロイヤル・ハワイアン・センター JCBでまとめ買いロイヤル・ハワイアン・センターでJCBカードをUS5,000ドル(合算可)以上利用先着250名にギフトカードU250ドル2019年8月1日(木)〜2020年3月31日(火)
ロコの必需品!ALOHAトートプレゼント!アラモアナセンターにあるゲストサービスセンターまたはJCBプラザ・ホノルルでJCBカードを提示先着で合計5,000名にJCBオリジナルALOHAトート2019年6月1日(土)〜2020年3月31日(火)

お得で便利なクレジットカードの使い方

海外旅行にクレジットカードが必要な理由でもまとめておりますが、ハワイには現金だけでなくクレジットカードは必ず複数枚持っていくのがおすすめです。

特にハワイでクレジットカードが活躍するのは下記のようなシーンです。

  • チップの支払いが楽
  • 現金よりも安全
  • USドルの両替が安くなる
  • ラウンジ利用ができる
  • カード会社ごとに優待サービスが用意されている

チップの支払いができる

チップは基本的に現金で渡すことになりますが、レストランの場合はチップ金額を記入する欄がありますので会計と合算してクレジットカード払いが可能です。

チップも含めてクレジット決済のポイント付与の対象になりますので、少しお得をしながらも相手に感謝の気持ちを上げられるのが魅力です。

現金よりも安全

現金は紛失したり、盗難されると戻ってくることはほぼ100%ありません。

しかし、クレジットカードなら利用停止措置もできますし、紛失盗難時の不正利用を全額補償してくれる仕組みもあります。

ハワイではショッピング利用をすることも多いと思いますので、多額の現金を持ち歩くのではなく、チップ用の現金と複数枚のクレジットカードを持ち歩くのがおすすめです。

USドルの両替が安くなる

両替所や銀行でかかる両替手数料は案外無視できない金額になりますので、クレジットカードの海外キャッシングサービスを利用したほうがお得になります。

特にACマスターカードは海外ATM手数料が無料で、当日中の返済であれば利息もかかりませんので、実質無料で両替することが可能です。

即日発行ができるクレジットカードなので、通貨両替用にACマスターカードを用意してみてはいかがでしょうか?

円からUSドルに両替する際の手数料
両替所両替手数料
SMBC信託銀行約1,262円
楽天カード約955円
ACマスターカード約740円
補足事項
※2019年9月6日の為替レート(SMBC信託銀行の外貨両替コーナーを元に算出
※実際は国際ブランドの為替レートが適用されますので手数料金額も変動します。
注目!!ACマスターカードの海外キャッシングを徹底解説!実質手数料無料で外貨両替する方法

ラウンジ利用ができる

ハワイのお買い物パンダ

先日のハワイ旅行時に立ち寄った楽天カードラウンジにて

空港ラウンジとは別に、ハワイに専用ラウンジを設けているカード会社があります。

特に楽天カードは2ヶ所ラウンジを用意しており、7日間のベビーカーレンタルサービスも無料で提供しておりますので家族連れにおすすめです。

カード会社ラウンジ名営業時間主なサービス
無料WiFi荷物預かりベビーカーレンタル
JCBカードJCBプラザ ラウンジ・ホノルル9:00~20:00使える使える使えない
楽天カードワイキキラウンジ9:30~20:00使える使える使える
楽天カードアラモアナラウンジ9:00~18:00使える使える使える
注目!!楽天カードアラモアナラウンジがオープン!木下優樹菜さんがセレモニーに登壇

カード会社ごとに優待サービスが用意されている

JCBブランドのトロリーバス乗車賃無料をはじめ、エポスカードエポトクプラザ掲載店の割引優待、各カードのキャンペーン優待など、お得な優待サービスが用意されております。

ハワイは物価が高いので、クレジットカードや国際ブランドのキャンペーンを活用してお得にショッピングや観光を楽しんでください。

ハワイでおすすめのクレジットカード

既に何枚か登場しておりますが、ハワイでおすすめのクレジットカードを紹介します。

JCB CARD W

年会費永年無料
申込資格18歳〜39歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
付帯機能海外旅行傷害保険,JCBのハワイ特典
JCB CARD Wの特徴
  • WEB入会&18歳〜39歳限定のJCBカード
  • Amazonやセブンイレブン等の優待店舗が充実
  • スターバックスカードのオンラインチャージはポイント10倍
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • Apple PayもしくはGoogle Pay利用で20%キャッシュバックも適用
  • 女性におすすめのJCB CARD W plus Lも用意

楽天カード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
付帯機能楽天Edy,楽天ポイントカード
キャンペーン中!!
・今なら最大7,000円相当のポイントと500円のEdyチャージがもらえる入会キャンペーンを実施中
・キャッシュレスポイント還元も加わったお得なキャンペーン開催中
楽天カードの特徴

エポスカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA
付帯機能海外旅行保険,金利0円期間サービス
キャンペーン中!!
今なら最大2,000円相当もらえる入会キャンペーンを実施中
エポスカードの特徴
  • レストラン、居酒屋、カフェ、美容院、カラオケでの割引や遊園地、水族館など全国10,000店舗以上の優待特典
  • 全国のマルイ店舗で受け取れる即日発行サービス
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 初回キャッシング利用は30日間金利0円で利用可能
  • マルコとマルオの7日間」は10%オフでショッピング

JALカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間通常2週間
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
付帯機能提携カードによってSuica,東急ポイント,小田急ポイントが付帯
キャンペーン中!!
・今なら最大11,550マイルがもらえる入会キャンペーンを実施中
JALカードの特徴
  • JALユーザーなら嬉しいフライトで貯まるボーナスマイル
  • 学生でも作りやすいJALカードnaviも用意
  • 国際ブランドや提携カードが豊富!ステータスや提携店によって選べる券種
  • 海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険も付帯(カードランクによって付帯内容が異なる)
  • JALカード会員なら国内線特典航空券がディスカウントマイルよりさらに500マイルお得に交換可能
  • 年会費3,000円+税のショッピングマイル・プレミアム加入でマイル還元率が1.0%に!!(100円で1マイル貯まる)
  • JALマイレージモール経由でAmazonで買い物をすれば100円で2マイル貯まる!!
注意
※通常年会費は一般券種の2,000円+税(アメックスブランドは6,000円+税)からプラチナカードの31,000円+税までカードランクによって異なります。

SPGアメックス

年会費31,000円+税
申込資格20歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドアメックス
キャンペーン中!!
・今なら入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用で30,000ポイント入会キャンペーンを実施中!!
SPGアメックスの特徴
  • SPGおよびマリオットリワードの会員資格「ゴールドエリート」を提供
  • 最高1億円補償の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯
  • 毎年の継続ごとにSPGおよびマリオットリワード参加ホテルの無料宿泊特典(一泊一室2名)をプレゼント
  • SPG参加ホテルの直営レストランならびにバーの飲食代金が15%オフ
  • 貯まったポイントは40を超える航空会社のマイルに交換可能&60,000ポイントのマイル移行ごとに5,000マイルのボーナスも

ACマスターカード

年会費永年無料
申込資格20歳〜69歳
発行時間最短30分審査
国際ブランドマスターカード
受取店舗数610店舗(全国47都道府県)
キャンペーン中!!
・今ならキャッシュレス還元対象店舗で最大5.25%還元が適用(※還元率5%:中小・小規模事業者が運営する店舗または通販)
ACマスターカードの特徴
  • 最短30分審査&最短即日発行可能!全国にある自動契約機(むじんくん)の営業は8:00~22:00(年末年始は除き年中無休)
  • ショッピングリボの手数料率"10.0%~14.6%"(実質年率)は業界最安水準
  • 海外ATMの取扱手数料無料&当日返済で外貨両替が実質無料!!
  • 契約日の翌日から30日間は金利0円でキャッシング利用可能
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループの信頼と実績
  • 20歳以上でパート・アルバイトをしていれば学生・主婦でも申し込みOK!!

ハワイでおすすめのクレジットカード比較一覧表

ハワイでおすすめのクレジットカードで紹介した6枚を一覧表で比較してみたいと思います。

カード名年会費対象年齢国際ブランド海外旅行保険メリット
JCB CARD W無料18歳〜39歳JCB最高2,000万円補償・JCBラウンジが利用可
・トロリーバスの乗車賃無料
・JCBのキャンペーンがお得
楽天カード無料18歳以上VISA,JCB,マスターカード,アメックス最高2,000万円補償・JCBブランドを選べば上記特典すべて使える
・楽天カードラウンジが利用可
エポスカード無料18歳以上VISA最高2,000万円補償海外旅行保険を手厚くするサブカードとしておすすめ
・エポトクプラザにハワイの優待店舗が多数
JALカード初年度無料18歳以上VISA,JCB,マスターカード,アメックス,ダイナース最高1,000万円補償〜(※)・ハワイのDFS2店舗でマイルが貯まりやすい
・ハワイ挙式でマイルが貯まる
SPGアメックス31,000円+税20歳以上アメックス最高5,000万円補償ハワイのマリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトン系ホテルで適用される特典付帯
ACマスターカード無料20歳以上マスターカードなし海外キャッシング要因のサブカードとしておすすめ
注意
※JALカードは4つのランク複数の提携カードがあるため、申し込むカードによって年会費や海外旅行保険の内容が異なります。詳しくはJALカードの特徴を種類別にまとめた記事にで確認いただければと思います。

手数料で比較

クレジットカードでショッピングをする際は国際ブランドごとに海外利用に係る事務処理費が発生します。

他にも海外キャッシングを利用する際は金利手数料や海外ATM手数料などもかかりますので、ハワイでおすすめのクレジットカードで設定された手数料を一覧で確認してみましょう。

カード名海外ショッピングに係る事務処理手数料海外キャッシング
VISAマスターカードJCBアメックスダイナース海外ATM手数料実質年率
JCB CARD W1.6%無料15.00~18.00%
楽天カード1.63%1.63%1.6%2.00%1万円以下:100円+税
1万円超:200円+税
18.0%
エポスカード1.63%1万円以下:100円+税
1万円超:200円+税
18.0%
JALカード(※)2.0%2.0%1.6%2.0%1.3%1万円以下:100円+税
1万円超:200円+税
15.00%~18.00%
SPGアメックス2.0%キャッシング不可
ACマスターカード1.63%無料3.00%~18.00%
JALカードにおける注意点
・「JALカードSuica」「JALカード OPクレジット」はキャッシングが利用できない
・JCBブランドの場合は海外ATM手数料が無料
・VISA、マスターカード、アメックスの実質年率は一括払いの場合14.95%~17.95%、リボ払いの場合15.00%~18.00%となる。
・JCBの実質年率は15.00%~18.00%
・ダイナースの実質年率は15.0%〜20.0%

海外キャッシングにおすすめの2枚

海外キャッシングにおすすめなのはACマスターカードエポスカードです。

どちらも30日間金利0円になるサービスもありますので、ハワイ旅行時の両替に役立つこと間違いありません。

カード名30日間金利0円のルール金利手数料海外ATM手数料
ACマスターカード契約日の翌日から30日間3.0%〜18.0%無料
エポスカード初回利用日の翌日から30日間18.0%1万円以下:100円+税
1万円超:200円+税

複数枚持ちのすすめ

ハワイに持っていくクレジットカードは複数枚あったほうが良いので、ハワイで利用するメインカードを軸にサブカードを2枚ほどピックアップするのがおすすめです。

例えば下記のような組み合わせはいかがでしょうか?

メインカードサブカードメリット
楽天カード(JCB)エポスカード
ACマスターカード
・すべて年会費無料でまかなえる
・JCBカードと楽天カード双方のラウンジが利用できる
・楽天カードとエポスカードの海外旅行保険が合算されて手厚くなる
・海外キャッシングはACマスターカード、エポスカードで使い分けが可能
・国際ブランド3ブランドの使い分けが可能
JCB CARD W楽天カード(VISA)
ACマスターカード
・すべて年会費無料でまかなえる
・楽天カードとJCB CARD Wの入会特典を活用できる
・JCBカードと楽天カード双方のラウンジが利用できる
・楽天カードとJCB CARD Wの海外旅行保険が合算されて手厚くなる
・海外キャッシングはACマスターカード、エポスカードで使い分けが可能
・国際ブランド3ブランドの使い分けが可能
SPGアメックス楽天カード(VISA)
ACマスターカード
・宿泊ホテルをお得にグレードアップできる
・SPGアメックスのマイル還元率1.0%が活躍する
・楽天カードのラウンジが利用できる
・SPGアメックスと楽天カードの海外旅行保険が合算されて手厚くなる
・海外キャッシングはACマスターカードで使い分けが可能
・国際ブランド3ブランドの使い分けが可能

ハワイでクレジットカードを利用する前に気をつけてほしいこと

ハワイに持っていくクレジットカードが決まったら、渡航までに以下4点のチェックを忘れずに行いましょう。

  • サインの記入
  • 限度額の確認
  • スキミング対策
  • 紛失・盗難時の連絡先の確認

サインの記入

クレジットカードが届いてから裏面のサイン欄に記入せずに利用している方は少なくないと思いますので、必ずサイン記入をしておきましょう。

もし不正利用時にサイン記入がないことが判明すると補償適用外(自己の管理不足)となります。

クレジットカード裏面のサイン記入はカード会員の義務ですのでお忘れなく。

限度額の確認

ハワイに持っていくクレジットカードの限度額が低い、利用可能枠が埋まっている状態だと有効活用することができません。

通常の限度額引き上げは審査が行われますので、海外旅行期間中だけでも限度額が引き上がる一時増枠申請をしましょう。

一時的な増枠は事前に目的・使用場所を申請することで、与信審査なしに一定期間だけ利用限度額が増額されますのでおすすめです。

スキミング対策

クレジットカードのスキミング対策としてRFIDブロッキング素材すが使われたトラベルバッグやカードケースを用意しましょう。

また海外キャッシングで利用するATMは郊外にあるものではなく、空港や銀行内のATMを利用するなど心がけてください。

紛失・盗難時の連絡先の確認

クレジットカードが紛失・盗難にあった場合の緊急連絡先も控えておきましょう。

カード会社ごとに24時間体制で窓口を用意しておりますので、スマホに記録するだけでなく、スーツケース、トラベルバッグ、財布など複数箇所に入れておくと安心です。

ハワイのクレジットカード利用に関するよくある質問Q&A

最後にハワイのクレジットカード利用に関するよくある質問をまとめました。

この記事で解決できなかった疑問や質問のある方は、記事下のコメント欄に投稿していただければ順に回答させていただきます。

Apple Payは使える?

ハワイでもApple Payの加盟店なら問題なく利用することができます。

ただし、Apple Payに登録されているカードがVISAブランドだと使えませんので、マスターカードかアメックスのいずれかwo
Apple Payに登録しておきましょう。

QUICPayは使える?

QUICPayは日本国内の電子マネーになりますので、ハワイで使うことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください