クレジットカード決済導入のおすすめガイド

カテゴリー:クレジットカード 

ネット通販やコンビニでのクレジットカード決済が当たり前になった昨今、小規模店舗やネットショップの運営者としてもクレジットカード決済の導入を検討されていることも多いのではないでしょうか?
しかし調べてみると想像以上に種類が多いクレジットカード決済に驚いて導入を躊躇した経験をした方も多いのではないでしょうか?今回はおすすめのクレジットカード決済導入のガイドとしてわかりやすく解説していきますので参考にしてください。

クレジットカード決済導入へのイントロダクション

クレジットカード決済導入
無数にあるクレジットカード決済方法を一つ一つ比較検討することは正直にいって「無駄な努力」です。そこでクレジットカード決済を導入するにあたり、まずは自分のショップや会社がなぜクレジットカード決済を導入するのか?を認識しましょう。

クレジットカード決済を導入時のポイントはたった2つ

では早速クレジットカード決済を導入する際に押さえておくべき2つのポイントについて解説していきましょう。

  • 決済はWEB目的なのか店舗目的なのか
  • クレジットカード決済導入を検討しているのが法人なのか個人なのか

これだけです!導入にはイニシャルコスト(導入費用)とランニングコスト(運用費用)がかかってきます。このバランスをまず図ることが大事なのです。

例えば個人のオンラインショップであればできるだけイニシャルコストは低い方が助かりますし、法人の店舗目的なら保守やセキュリティにコストをかける必要があるのでランニングコスト重視ということになります。

クレジットカード決済導入のポイント:5大クレカ

クレジットカードには5大ブランドというのがあります。

  • VISA
  • JCB
  • Master Card
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club

です。クレジットカード決済を導入するなら少なくともこの5大ブランドに対応した決済代行会社を選ぶようにしましょう。銀行系や信販系、消費者金融系、ネット通販系や通信会社系などのクレジットカードには非対応でもこの5大ブランドと提携しているカードであれば決済可能になります。

クレジットカード決済導入:WEBと店舗

クレジットカード決済というのは「クレジットカード会社(もしくは代行会社)」、「加盟店舗」、「カードユーザー」との三者契約になります。

店舗の場合はCATやPOSレジ(スマホ決済)などの端末が必要ですが、WEBの場合はクレジットカード決済代行会社を経由するので端末は必要ありません。その代わりショップに決済用のコンテンツページ(クレカ対応のe-コマースなど)を用意することになります。
端末の保守管理が必要ない分、WEBの方がイニシャルコストもランニングコストも安く上がりますが、クレジットカード会社以外にも代行会社への手数料が発生してしまうケースがあります。この点は要注意ですね。

クレジットカード決済代行会社について

5大クレジットカード対応は必須といっても加盟店舗さんはこれらのクレジットカード会社と直接契約を結ぶわけではありません。現在はクレジットカード決済代行会社を仲介して5大ブランドとは間接的な契約を結ぶことになります。

セキュリティに関しては大手の決済代行会社を選べばほぼ大きな差はないと言えます。また「入金サイクル」についてはCATよりもPOSレジやWEB決済の方が早いという傾向があります。

「入金サイクル」とはエンドユーザー(消費者)がカード決済の申し込みをして信用審査が通ってから加盟店舗に入金されるまでのサイクルです。特に小規模店舗や個人のWEBショップでは資金繰りを大きく左右する項目なので代行業者を比較するときには注目しておきましょう。

SNSでシェアしよう!

SHARE

この記事を書いたユーザー

スポンサーリンク

関連する記事

RELATED

本日の注目キャンペーン

他にも読まれている人気記事
PAGE TOP ↑