今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

クレジットカードを持ちたい学生に!作り方を徹底解説

学生がクレジットカードを作る時は、初めての人も多く色々不安なことが多いですよね。

今回はクレジットカードを持ちたい学生の方のために、クレジットカードの作り方や注意点などを解説していきたいと思います。

初めてクレジットカードを作る学生の方も、ぜひ参考にしてみてください!ƒ学生

目次

学生のクレジットカードの作り方!準備編

学生のクレジットカードの作り方としては、申込前に準備しておくことがあります。
・本人確認書類、学生証のコピー
・引き落とし口座

これらをあらかじめ用意しておくと申し込みをスムーズに進めることができます。

また、クレジットカード会社によっては「親権同意書」が必要になることがありますので、事前に確認しておくと安心です。

では、準備しておくことについてそれぞれ解説していきます。

学生のクレジットカードのクレジットカードの作り方の準備1.本人確認書類を用意せよ!

学生のクレジットカードの作り方で必要になるのが次の2つです。
・本人確認書類
・学生証のコピー

本人確認書類には、運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票の写しなどがあり、クレジットカード会社によって受付可能なものが異なります。

また、学生がクレジットカードを申し込む際には学生証のコピーが必要で、それを提出することによって学生であることを証明します。

注意すべきなのは、学生証は本人確認書類には含まれませんので、本人確認書類に加えて別途学生証のコピーが必要になります。

学生のクレジットカードのクレジットカードの作り方の準備2.学生のクレジットカード作り方の盲点!引き落とし口座はある?

学生のクレジットカードの作り方で見落としてしまいがちなのが「引き落とし口座」です。
クレジットカードの利用代金は決められた日に口座から引き落としになりますので、口座を指定して銀行印を押印のうえ郵送します。

その際、届け出る口座は利用する学生本人の名義となり、家族の名義では受け付けてもらえませんので注意が必要です。

また、最近は銀行届出印を押し郵送しなくても、オンラインで届け出ができるクレジットカードがあります、郵送の手間が省ける上に、クレジットカードの受け取りも早くなります。

学生のクレジットカードのクレジットカードの作り方の準備3.学生でも必要な人といらない人がいる?親権同意書

学生のように未成年者がクレジットカードを申込む際には、「親権者の同意」が必要になります。
クレジットカード会社ではリスクを回避するために親権者の同意が必要という規定を設けています。

しかし、必要とされるのはあくまでも「同意」であり、必ずしも「同意書」という書面による必要はなく、書面が必要かどうかはクレジットカード会社の規定によって異なります。

親権者への同意を確認するためには、電話連絡による確認になることが多いです。

学生のクレジットカードの作り方の流れ

学生のクレジットカードの作り方の流れについて見ていきましょう。
流れとしては一般のクレジットカードと同じような手順で進められます。

① 申込書に記入し申込む
② 審査を受ける
③ クレジットカードを受け取る

申し込み時、審査を受ける際、クレジットカードの受け取り時に、それぞれ気を付けるべきことがありますので、流れにそって解説していきます。

学生のクレジットカードの作り方手順0.申し込み方法はインターネットにすべし

クレジットカードの作り方には「インターネットからの申し込み」「郵送での申し込み」「店頭での申し込み」の3つのパターンがあります。

郵送の申し込みの場合は、まず申込用紙を送付してもらってから必要事項を記入し投函します。
そして、申込書がクレジットカード会社に届いてから審査が行われるため、非常に時間がかかってしまいます。

店頭で申し込む場合は、その場で手続きをすることができますが、まず店頭まで出向かなければならないため、忙しくて時間がとれない方には不向きといえます。

そこで、クレジットカードの作り方で一番おすすめなのは、インターネットからの申し込みになります。
オンライン申込では随時入会キャンペーンを開催しており、ポイントがプレゼントされるなどの特典があり、さらにキャンペーン中は審査に通りやすくなるチャンスでもあります。

学生のクレジットカードの作り方手順1.申し込み用紙に間違いなく記入

学生がクレジットカードを申込む際には、申込用紙に必要事項を記入する必要があります。

主な記入すべき項目は、氏名、年齢、住所、学校名、学年、卒業予定年月、年収などです。

氏名や学校名などを間違えずに記入することはもちろん大切ですが、アパートなどに住んでいる場合はアパート名や号室まで記入するようにしましょう。

そして「年収」ですが、アルバイトをしている方はその収入を記入します。
もしアルバイトが1年未満であれば、1ヶ月の給料×12ヶ月として年収を計算します。

学生のクレジットカードの作り方手順1-1.ETCカードが欲しければ一緒に申し込む

学生の中にはサークルの仲間などとドライブや旅行を楽しんでいる方もいることでしょう。
高速道路を利用する際にETCカードがあれば料金が割引きされるので、1枚持っているとお得です。

学生のクレジットカードではETCカードが作れるのか不安な方もいると思いますが、大丈夫です!ETCカードを発行することができます。
クレジットカード本体と一緒に申し込むことができますし、後から発行することもできます。

ただし、ETCカードによっては年会費や発行手数料がかかるものもありますので、申し込む前にしっかり確認しましょう。

学生のクレジットカードの作り方手順1-2.学生ならばキャッシング枠は設定しない

学生のクレジットカードの作り方において注意すべきことに「キャッシング枠の設定をしない」ということがあります。
学生のクレジットカードでもキャッシング枠の設定は可能なので十分に注意する必要があります。

キャッシングは「お金を借りる」ということなので、「クレジットカードの審査」+「お金を貸してもいいかどうかの審査」のダブルで審査を受けることになります。
キャッシング枠を設定するとより厳しい審査を受けることになるだけでなく、審査に時間がかかるため発行までに時間がかかってしまいます。

学生のクレジットカードの作り方手順2.審査に通過する

学生用のクレジットカードは一般的に審査に通過しやすいとされています。

クレジットカード会社では、申込書と必要書類をもとに主に以下の4点について審査を行います。
① 学校名、年収、親権者の住所など属性について
② 本人と親の個人信用情報
③ 在籍確認、電話確認
④ 親権者の同意書

これらの点について審査を行い、問題がなければ審査通過となります。
しかし、本人または親の個人情報に問題があったり電話確認がとれなかった場合などは審査を通過できないことがあります。

学生のクレジットカードの作り方手順2.5 もしもクレジットカードの審査に落ちてしまったら…

学生のクレジットカードの作り方は比較的審査が通りやすいとされていますが、それでも審査落ちしてしまうこともあります。

考えられる理由としては主に以下のことが挙げられます。
・個人信用情報に問題がある
・他社のクレジットカードでの借入金額やローン残高が多い
・一度の何社のもクレジットカードを申し込んだ

もし過去に返済延滞などをしたことがあり信用情報に問題がある場合は、一定期間をおいて情報が消えるまで待つ必要があります。
また、他社のクレジットカードなどの借入やローンがある場合は返済を優先してから申し込むといいでしょう。

さらに「どうしてもクレジットカードが欲しい!」という思いから一度に何社ものクレジットカードを申込むと、審査が通りにくくなりますので注意が必要です。

学生のクレジットカードの作り方手順3.カードを受け取る

クレジットカードは郵便書留など「受け取った」ということが証明できるもので送付され、家族であれば受け取ることができることが多いですが、クレジットカード会社によっては「本人限定受取」で送られてくることがあります。

本人限定受取の場合は、本人しか受け取ることができず、受取の際は「本人確認書類」が必要になります。

なぜこのように本人確認を徹底しているかというと、WEBからクレジットカードを申込む場合は対面で本人確認をすることができないため、「申込書に記載された住所に間違いなく住んでいるか」ということを配達記録によって確かめているからです。

学生のクレジットカードの作り方の疑問

初めてクレジットカードを申し込む学生にとって、作り方の上で疑問に思うことがあります。
例えば、年収欄はどのように記入すればいいのか、親にバレずに申込むことができるのか、そもそも学生は審査を通ることができるのかなど、クレジットカードを初めて申し込む学生にとっては疑問なことだらけです。

そこで、学生がクレジットカードの作り方においての疑問を少しでも解決できるよう、よくある疑問について詳しく解説していきます。

学生のクレジットカードの作り方の疑問1.学生は年収の欄に何を書けばいいの?

学生のクレジットカードの作り方で迷うものに「年収の書き方」があります。

アルバイトをしていないと収入は0円になるため、審査に通るのか不安ですよね。

一方、アルバイトをいている方も、アルバイトをして数か月しかたっていない場合はどうするのか、また短期間のアルバイトの分は収入になるのかなど、疑問があります。

学生がクレジットカードを作る際の「収入」についてアルバイトをしている方としていない方とに分けて解説していきます。

アルバイトをしている学生の場合

アルバイトをしている学生の場合は給料の1年分が年収になります。
1年間に50万円の収入がある場合は、収入欄に50万円と記入しましょう。

アルバイトが1年未満の場合は、1ヶ月分の給料×12ヶ月で計算した金額が年収になります。
例えば、アルバイトを初めてまだ6ヶ月で毎月5万円もらっている場合は、5万円×12ヶ月=60万円となるので、60万円と記入しましょう。

また、短期アルバイトの収入ですが、短期アルバイトを毎月定期的に行っているのであれば推定年収を記入しますが、単発のアルバイトであれば年収には含まれませんので注意しましょう。

アルバイトをしていない学生の場合

アルバイトをしていない学生の場合、年収は0円になります。

親からの仕送りや奨学金をもらっている方もいると思いますが、その金額は年収には含まれません。
年収というのは基本的に労働の対価としてもらった金額をさすためです。
ただし、備考欄に仕送りや奨学金の金額を記載して、生計をたてている方法をクレジットカード会社に伝えておくといいでしょう。

学生のクレジットカードの作り方で大きなポイントとなるのが「本人の年収が0円でもそれほど問題ではない」ということです。

学生のクレジットカードの作り方の疑問2.親にバレたくない学生はどうすればいいの?

学生のクレジットカードの作り方の中で、「親にばれずにクレジットカードを手に入れたい」と考えている方もいることでしょう。

しかし、20歳未満の未成年者はクレジットカードを申込む際に必ず「親権者同意書もしくは了解」が必要になります。
よって、20歳未満の学生であれば、親にバレるのは必至ですので、20歳まで待つか親の了解をしっかりと取っておくことをおすすめします。

20歳以上になれば学生でも親バレせずにクレジットカードを発行することができます。

自宅にクレジットカードを郵送されないようい店頭受取のものを選んだり、電話番号を自分の携帯番号だけを記入しておくなど、家族にバレない方法はあります。

学生のクレジットカードの作り方の疑問3.学生でもちゃんと審査に通るの?

学生の中にはアルバイトをして年収がある方もいますが、アルバイトをしていなく年収が0円の方もいます。

しかし、学生のクレジットカードの作り方において「学生本人の収入」はそれほど影響がありません。
というのも、実際の審査は親の信用情報をメインに行われるため、親の信用情報に問題がなければ学生本人に収入がなくても審査を通過することができます。

また、クレジットカード会社からみても、顧客の早期取り込みのために学生のうちから自社のクレジットカードを利用してもらいたいという思いがあるため、審査は通りやすくなっています。

学生のクレジットカードの作り方の疑問4.クレヒス/信用履歴…一体何のこと?

クレジットカードの審査を考える際、「クレヒス/信用履歴」は大変重要なものです。
クレヒス(クレジットヒストリー)とは、読んで字のごとくクレジットカードを利用してきた履歴のことで、毎月定期的に利用し返済に延滞がなければ良い履歴を積み上げていることになります。
しかし、逆に返済の延滞を繰り返していると悪い履歴が積み上げられいわゆる「ブラックリスト入り」となってしまいます。

クレヒス情報は「個人信用情報機関」に保管され、基本的に5年間情報が残されます。
よって、悪い履歴がある場合は情報が消えるまで待ってからクレジットカードを申込むといいでしょう。

学生のクレジットカードの作り方の疑問5.申し込み用紙にある「同一生計」ってなんのこと?

学生のクレジットカードの作り方で疑問に思うことの1つに「同一生計」というものがあります。
同一生計というのは、「生活をする上で家計をともにしている人」とのことをいいます。

例えば夫婦と子供2人の場合は同一生計者は4人になり、さらに祖父&祖母も一緒に暮らしていれば同一生計者は6人になります。

また、学生の中には親元を離れて一人暮らしをしている方もいると思いますが、そのように離れて暮らしていても仕送りを送ってもらっている場合は同一生計者に含まれることになります。

「家計をともにしている」人が当てはまるため、同じ家に住んでいようが離れて住んでいようがおサイフが一緒なら同一生計となります。

学生のクレジットカードの作り方の注意点

学生のクレジットカードの作り方には次のような注意点があります。
・申込む前に「申し込み条件」をよく確認する
・一度に複数枚を申込まない
・嘘の申告はしない
・暗証番号はクレジットカードごとに変える

ではそれぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

学生のクレジットカードの作り方の注意点0.そもそもそのカードは学生でも作れるの?

現在クレジットカードはたくさんの種類のものが発行されていますが、その中で「このクレジットカードを作りたい!」というお目当てのものがあるかもしれません。

その場合、そのクレジットカードが学生でも作れるのかどうか、まず公式サイトで申込条件をしっかりと確認するようにしましょう。

なお、学生におすすめなのはやはり学生のために作られた「学生向けクレジットカード」で、学生にお得な特典が豊富なクレジットカードになっています。

学生のクレジットカードの作り方の注意点1.同時に複数のカードに申し込まない

学生のクレジットカードの作り方で気を付けなければならない点として、「同時に複数枚のクレジットカードに申し込まない」ということがあります。

「申し込んだ」という記録は個人信用情報にすべて記録されるので審査の際に明るみになってしまいますし、「お金に困っているのではないか」「入会特典目的のためではないか」などと、クレジットカード会社から悪いイメージを持たれてしまいます。

また、そもそも複数枚持ちを認めていないクレジットカードもあります。

クレジットカードを申し込む際は1度に何枚も申し込むことは避けましょう。

学生のクレジットカードの作り方の注意点2.申し込み用紙には絶対嘘の情報を書かない

クレジットカードを申込むと必ず審査を受けることになりますが、審査に自信がない方は「嘘の情報を記入したとしたらどうなるか」と考えるかもしれません。
学生であれば年収や年齢など、多少盛って申告したいと思うかもしれませんね。

しかし、嘘の情報はクレジットカード会社に必ずバレてしまい、審査を通過することができないだけでなく、重大な嘘が発覚した場合は「社内ブラック」といってクレジットカード会社のデータベースに虚偽申請したことが記録として残されてしまいます。

社内ブラックに登録されると今後そのクレジットカード会社の審査を通ることはできなくなります。

学生のクレジットカードの作り方の注意点3.クレジットカードの暗証番号はカードごとに変える

学生のクレジットカードの作り方で大切なこととして「セキュリティ対策」があります。
自分でできる対策としては、クレジットカードごとに暗証番号を変えるという方法があります。

キャッシュカードやクレジットカードなどで1つの暗証番号で統一している方は多いですが、暗証番号を忘れるという心配はなくなる一方で、暗証番号を知られてしまうとカード類がすべて悪用されてしまうという危険性があります。

そのため、覚えるのが大変ですがクレジットカードごとに暗証番号を変えることをおすすめします。

クレジットカードの作り方を徹底解説!あなたにあったおすすめのクレジットカードも紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください