学生がクレジットカードを申し込む際に学生証は必ず必要?

カテゴリー:学生向け  タグ:

学生

学生でも、高校生以下でなければクレジットカードを申し込んで発行することは問題なく可能です。しかし注意しなければいけないのは、本人確認書類がなければクレジットカードは発行できないことでしょう。

そこで気になってくるのが、クレジットカード申込の際に学生証が必要かどうかではないでしょうか。

今回は、大学生などの学生がクレジットカードを申し込む際の学生証の必要性について解説します。

 

学生のクレジットカード申し込みに必要なもの

まずは学生がクレジットカードを発行するために必要なものを、詳しくチェックしていきましょう。

学生だからと言って社会人と必要なものが極端に異なっているわけではなく、基本的には本人確認書類と銀行口座が必須アイテムとなります。

本人確認書類は必ず必要

まず必要になるのが、本人確認書類です。どんなものが本人確認書類となるかというと、

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し

これらが本人確認書類です。学生の場合は、免許証を持っていないと健康保険証か住民票の写しが必要となってくるでしょう。

住所が現住所と変わらない運転免許証を持っていれば基本的にそのコピーがあれば大丈夫ですが、その他の本人確認書類を利用する場合は別途他の書類が必要になることもあります。

例えば公共料金の領収書や、国税や地方税の領収書などの提出を求められます。

本人確認書類がなければクレジットカードは絶対に申し込めません。まずはこれらの書類を必ず用意しましょう。

本人確認書類と学生証の両方が必要なクレジットカードもある

上記の説明に、学生証が含まれていないことに気づいた方もいるでしょう。学生証は、実は学生だからといって絶対に提出しなければいけないわけではありません。

例えば三井住友VISAカードは、かつては学生証のコピーが必須だったものの現在は学生証の提出は不要です。

反対に学生だと学生証の提出が必須なクレジットカードの例を挙げると、JALカード naviは学生専用クレジットカードであることもあってでしょうか、学生証のコピーの提出を求められますね。

学生の場合親の同意も必要になる

学生がクレジットカードを発行する際に注意しなければならないのが、親権者の同意が必要になる場合もあることです。

書類の同意書や入会申込書に親権者がサイン等をする場合や、電話がかかってきてそれに応えるなどの対応になる場合があります。

未成年がクレジットカードを発行する場合は、基本的に絶対に親権者の同意が必須です。同意なしで未成年が入会することはできません。

しかし20歳以上の場合は、限度額など制限されてしまうことがあるものの親権者の同意なしでカードを発行できることもありますね。

気軽にクレジットカードを発行したい場合は、20歳になるのを待ってから親権者の同意なしでも発行できるクレジットカードに申し込んでみると良いでしょう。

引き落とし口座は本人名義

クレジットカードを発行する場合、利用金額の引き落とし口座は本人名義である必要があります。

保護者の口座などを引き落とし口座に設定することはできないので、もしもまだ本人名義の口座を持っていないならまず口座を作るところから始めましょう。

ちなみに口座を作る際は、発行したいクレジットカードのオンライン入会に対応しているものを選ぶと後々カードの申し込みの際に引き落とし口座をWeb上で設定できて便利です。

 

必要なもの以外に気になる学生の審査も解説

ここまではクレジットカードの申し込みに必要なものを解説してきましたが、合わせて入会時の審査についても知っておく必要があるでしょう。

学生の場合特に、初めてクレジットカードを発行する人も多いですよね。審査について理解し、万全の体制で発行に臨みましょう。

必要な書類などを用意しても、審査に通らなければ無意味。それでは、審査についてチェックしてみましょう。

年収が0だけど審査可能なの?

学生の場合、アルバイトをしていない限りは年収が0ですよね。仕送りのみで生活している人もいるでしょう。

クレジットカードは、基本的に年収があることが必須です。しかし学生の場合は、年収が0円だとしても特別な記載がない限りは申し込めるカードがあります。

特に「学生の方」が明確に申し込み対象になっているクレジットカードなら、年収が0円でも発行できる確率は高いですね。

カード会社は、学生は基本的に年収がないか少ないとわかった上で学生向けカードを展開しています。つまり学生向けカードなら、年収が0円でも問題ありません。

審査に落ちる原因は何がある?

学生は年収0円でも申し込めるのに、審査に落ちてしまう可能性があります。その理由は主に下記によるものです。

信用情報に問題がある

学生は年収が0円でもクレジットカードを発行できる可能性は十分にありますが、他の原因によって審査に落ちてしまう可能性があります。

まず挙げられるのが、複数枚クレジットカードを持っている場合他のクレカ、他には携帯料金の支払いが滞ったことがあり、信用情報に問題があるため発行を拒否されてしまうことです。

クレジットカードの利用料金を正しく引き落とせないと、信用情報に記載されます。クレジットカード申し込み時の審査では信用情報を必ずチェックされるので、そこで発覚して審査に落とされてしまうのです。

新しくクレジットカードを発行する場合は、他のクレジットカードや携帯料金の支払いによく注意しましょう。

申し込み項目の記入ミス

入会申し込み時の記入ミスにも要注意。住所やその他情報に間違いがあると審査に落ちます。

審査される親権者に問題がある

学生が年収0円でクレジットカードが発行できるということは、親権者に信用があるということです。年収0円の学生の場合、親権者がこのクレジットカードの利用金額を支払わなければいけなくなる可能性もあるので、それができない可能性があると発行は拒否されてしまいます。

学生の場合本人以上に親権者の支払い能力も大事です。

クレジットカードの多重申し込み

最後に、多重申し込みにも注意しましょう。複数枚のクレジットカードを同時に申し込むと、お金に困っている人として不審がられてクレジットカードの発行を拒否されてしまう恐れがあります。

親にばれないでクレジットカードを作る方法はある?

「クレジットカードは借金!」などといった理由から不安がられ、親にバレると発行を嫌がられてしまうケースもあるでしょう。クレジットカードを未成年が申し込む場合は絶対に親権者の同意が必要なので、バレずに発行するのはほぼ不可能です。

しかし20歳以上で親権者の同意なしでも発行できるクレジットカードなら、基本的に家族への連絡はなくバレずにカードを発行できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

学生

JCB GOLD EXTAGEは学生にとってメリットがあるのか検証してみた

JCB GOLD EXTAGEは学生でも申し込み可能なのか、また学生が持つ場合に特にどのようなメリッ

記事を読む

学生

YJカードは学生にとってメリットがあるのか検証してみた

YJカードは学生でも申し込み可能なのか、また学生が持つ場合に特にどのようなメリットがあるかについて探

記事を読む

学生

JMB JQ SUGOCAは学生にとってメリットがあるのか検証してみた

JMB JQ SUGOCAは学生でも申し込み可能なのか、また学生が持つ場合に特にどのようなメリットが

記事を読む

no image

本当に学生におすすめのクレジットカードをあなたの属性別に徹底比較

大学生や短大生、専門学校生の人は、毎日授業にサークル活動に、アルバイトに大忙しのことでしょう。中

記事を読む

学生

三井住友VISAエブリプラスは学生にとってメリットがあるのか検証してみた

三井住友VISAエブリプラスは学生でも申し込み可能なのか、また学生が持つ場合に特にどのようなメリット

記事を読む

申し込み前にあなたにおすすめのアメックスがわかる!!アメリカン・エキスプレス・カード23種を徹底比較・解説!

ステータスカードの代名詞であるアメリカン・エキスプレス・カード

2015.08.01 Sat

コスモ石油でクレジットカードは利用できる?支払い方法やコスモ石油をお得に活用する方法を解説

コスモ石油は、私たちの身近にあるガソリンスタンドの一つです。「ココロも

2017.11.21 Tue

文教堂でクレジットカードや電子マネーは使える?お得な支払い方法をまとめました

文教堂は、日本最大級の書店チェーンの一つです。全国に約200店舗もある

2017.11.21 Tue

銀座コージーコーナーでクレジットカードや電子マネーは使える?お得な支払方法をまとめました

銀座コージーコーナーは、今やちょっと大きなデパートや駅ビルの中には必ず

2017.11.21 Tue

ドミノピザ
ドミノピザでクレジットカードや電子マネーは使える?お得な支払い方法をまとめました

By: Koji Horaguchi[/caption]アメ

2017.11.21 Tue

丸亀製麺
丸亀製麺でクレジットカードや電子マネーは使える?お得な支払い方法をまとめました

By: Urawa Zero[/caption]みなさまは丸

2017.11.21 Tue

もっと見る

PAGE TOP ↑