2019年最後!楽天カードの7000ポイント入会特典🌟

海外旅行におすすめのクレジットカード【2019年11月】付帯保険や海外キャッシングを比較

海外旅行におすすめのクレジットカード
「海外旅行にはクレジットカードの付帯保険や海外キャッシングがマストとは聞いたけど……。」
海外旅行に行くなら支払い時だけでなく、現金に困ったときや万が一のトラブルの時にも助けてくれるのでクレジットカードはおすすめです。

しかし、
・海外旅行に持っていくクレジットカードはどれがいいの?
・クレジットカードは何枚持っていくべき?
・海外でどのようにクレジットカードは使うの?
など分からないことが多いと思います。

そこで、この記事では元楽天カード社員の田代が海外旅行におすすめのクレジットカードと選び方を中心に解説します。

目的から絞り込みたい方はこちら

目次

海外旅行にクレジットカードが必要な7つの理由

海外旅行にクレジットカードを持っていくことを強くおすすめする理由は7つあります。

  • 現金がなくても買い物ができる(国際ブランドがあるから)
  • 無料で海外旅行保険が付帯される(クレジットカードのサービスに付帯)
  • 現金よりも紛失、盗難時の被害が少ない(利用停止をかけられる)
  • 予定外の出費があっても現金を調達できる(海外キャッシング)
  • 空港ラウンジの無料利用権が得られる(主にゴールドカード以上)
  • 海外旅行時のサポートが充実している(手荷物無料配送やサポートディスク)
  • 海外での特典がある(レストランやホテル割引・Wi-Fiレンタル割引など)

以上のことから、必要最低限の現金は必要ではありますが、海外旅行にはクレジットカードが必須と考えて間違いないでしょう。

次からは海外旅行にはどんなクレジットカードを選べばいいのかについて解説します。

海外旅行に最適なクレジットカードの選び方

海外旅行のクレジットカードを選ぶ際に、少なくとも次の5つには気をつけてクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

  • 国際ブランドはVISAがマスト
  • カードは複数枚
  • 海外旅行保険が付帯していること
  • 日本語サポートの電話番号があること(ほとんどのクレジットカードにあります)
  • 海外キャッシングができる
  • 空港ラウンジ無料利用(プライオリティ・パス付き)
  • 海外旅行サポート特典
  • マイルが貯まりやすい

国際ブランドはVISAがマスト

クレジットカードの国際ブランドとは、それぞれが持つ決済ネットワークのことで、大きく分けて5つの国際ブランドがあります。(現在は中国の銀聯・UnionPayも加わり6大国際ブランドと呼ばれている)

その5大国際ブランドの世界シェアですが、VISAは半分以上を占めており、圧倒的No1に君臨しています。なぜVISAのクレジットカードが多いのかと言うと、加盟店が多いからです。つまり、VISAが世界でもっとも使える可能性が高いクレジットカードとなっています。

海外旅行用のクレジットカードにはVISAブランドが最低1枚は必要だということです。

海外旅行にVISAがおすすめの理由とは?VISAカードの活用指南術
VISAブランドで海外旅行におすすめクレジットカードBest3
1位2位3位
楽天カード三井住友VISAクラシックカードエポスカード

カードは複数枚推奨!2枚目は異なる国際ブランドを

VISAだけではカバーできない地域やお店もあります。そのため他の国際ブランドのクレジットカードも併せて持っておくとかなり便利になります。クレジットカードを複数枚持つ場合には以下の項目を司式して選ぶとよいでしょう。

2枚目のクレジットカードには、マスターカードやアメックスなどがおすすめですが、アジアやハワイ・グアムなどはJCBでも問題ありません。

海外旅行に間に合わせるクレジットカードの即日発行海外旅行にクレジットカードは何枚がベスト?必要枚数とその理由を徹底解説
MasterCardブランドで海外旅行におすすめクレジットカードBest3
1位2位3位
楽天カードVIASOカード学生専用ライフカード

アメックスブランドで選ぶなら

アメックスブランドで海外旅行におすすめクレジットカードBest3
1位2位3位
ANA アメックスSPGアメックスアメックスゴールド

JCBブランドで選ぶなら

JCBブランドで海外旅行におすすめクレジットカードBest3
1位2位3位
楽天カードJCB CARD WJCB一般カード

無料で使える海外旅行保険付きカードを

海外旅行に持っていくクレジットカード選びで、最も重要視するポイントが海外旅行傷害保険ではないでしょうか。

海外旅行傷害保険が手厚いカードは年会費有料(1万円〜3万円)のものがありますが、最近では年会費無料でも海外旅行保険が付帯するのが一般的になってきました。

クレジットカードを選ぶ際は必ず海外旅行保険が付帯しているものを選択しましょう。

クレジットカードの海外旅行保険だけで足りる?自動付帯で上乗せできるおすすめクレジットカード
海外旅行保険が手厚いおすすめクレジットカードBest3
カード名最高補償額付帯条件
1位SPGアメックス1億円半分利用付帯
2位アメックスゴールド1億円半分利用付帯
3位セゾンゴールドアメックス5,000万円利用付帯
年会費無料で海外旅行保険が手厚いおすすめクレジットカードBest3
カード名最高補償額付帯条件
1位セゾンブルーアメックス3,000万円自動付帯
2位エポスカード2,000万円自動付帯
3位楽天カード2,000万円利用付帯

海外旅行傷害保険の自動付帯と利用付帯は理解しておこう

旅行傷害保険には自動付帯と利用付帯といった適用条件があります。

自動付帯クレジットカードを持っているだけで適用条件を満たす
クレジットカードを海外旅行に携行しなくてもOK ※携行した方が良い
利用付帯旅行代金の一部や旅行中の公共交通乗用具の代金をクレジットカードで支払った場合に適用条件を満たす
海外での公共交通乗用具支払いも対象となるカードがあり、その場合は支払った時点から適用される

海外キャッシングが使えるカードを

海外キャッシングには2つのメリットがあります。

  • 日本通貨も現地通貨もなくなった時に助かる
  • 現金両替よりも手数料(利息)が安い

キャッシングと聞くと抵抗がある方もいるかもしれませんが、海外旅行においてはマストで使えるようにしておきたいサービスです。

海外旅行前に旅行で使うお金をすべて予想しておくのは難しく、現金が必ず足りるとは限りません。とはいえ、大金を持ち歩くことも危険です。そんな時に海外キャッシングは重宝します。

そして現金両替に比べて海外キャッシングは手数料がお得というメリットもあります。

例えば5万円を銀行や空港で現金両替した場合と楽天カードの海外キャッシングをした場合の手数料を表にしました。

行き先日本の銀行・空港
の両替手数料
楽天カード
の海外キャッシング
タイ(バーツ)5,960円どこの国でも955円
(海外ATM手数料200円+税+利息739円)
※30日後の1回払いの場合
韓国(ウォン)8,120円
台湾(台湾ドル)7,164円
アメリカ(USドル)1,227円
補足事項
※2019年5月23日の為替レート
※両替手数料は三井住友銀行の外貨両替コーナーを元に算出
※実際は国際ブランドの為替レートが適用されますので手数料金額も変動します。

このようにクレジットカードの海外キャッシングを利用した方がお得であることがわかります。また表はキャッシングを行なって30日後に返済した場合の手数料となるので、繰上返済などで返済期間を短くすればもっと抑えられることができます。

またエポスカードは初回のキャッシングから30日間の無利息期間を設けてり、JCBカードは海外キャッシングのATM手数料が無料という特典があります。これらをうまく活用しましょう。

海外キャッシングのメリット・デメリットからお得な返済方法やおすすめクレジットカードまで徹底解説
海外キャッシングにおすすめのクレジットカードBest3
1位2位3位
エポスカードJCB CARD WJCB一般カード

海外旅行を充実させる特典やサポートサービス

ここまでは海外旅行用のクレジットカードに必要な最低限の機能面について紹介してきましたが、せっかくの海外旅行は最大限充実させたいものです。

クレジットカードには海外旅行を充実させるあらゆるサービスが備わっているので、それらを理解しフル活用していきましょう。

キャッシュレス診療

海外旅行保険が付帯されていても、手持ちの現金がないと医療費を支払えないケースもあると思います。

そんな時のために、クレジットカードにはキャッシュレス診療というサービスがあります。

キャッシュレス診療とはクレジットカードが提携する病院を紹介してもらうことで、保険会社が診察料の支払いを先に立て替えてくれますので、お金がなくても医師に診てもらうことできるサービスです。さらに医療費が海外保険の補償内であれば保険金として清算されるので、自己負担がありません。

下記のような手順をとれば海外でもスムーズに診療を受けられます。

  1. クレジットカードの海外サポートデスクに連絡
  2. 会員確認
  3. サポートデスクが提携病院の診察を予約
  4. 予約完了の連絡
  5. 病院へ移動、受診
  6. 保険会社が病院に直接支払い
キャッシュレス診療サービスがあるおすすめクレジットカード
1位2位3位
エポスカードJCB CARD WJCB一般カード

プライオリティ・パス付きなら海外空港ラウンジが使える

空港ラウンジを無料使えるサービスが付帯されたクレジットカードがありますが、ほとんど国内の空港ラウンジかハワイや韓国などの一部のラウンジのみとなっています。

そこでおすすめなのがプライオリティ・パスです。プライオリティ・パスがあれば海外の1,200箇所以上の空港ラウンジを利用することができます。さらに最高ランクのプレステージ会員であれば、利用料が毎回無料になります。

このプライオリティ・パスのプレステージ会員特典がついたクレジットカードが楽天プレミアムカードです。プレステージ会員は399ドル(4万円以上)するにも関わらず、楽天プレミアムカードは年会費1万円+税でこの資格を得ることができます。

またアメックスゴールドは、スタンダード会員99ドルの資格が無料になり、年間2回までは1回32ドルするラウンジ使用料も無料になります。

セゾンゴールドアメックスはプレステージ会員年会費が10,000+税になる優遇特典があります。

プライオリティ・パスがお得になるおすすめクレジットカード
1位2位3位
楽天プレミアムカードアメックスゴールドセゾンゴールドアメックス

クレジットカードの重要性がわかる海外旅行の基礎知識

日本で生活するのと同じ感覚で海外旅行に行くと痛い目を見る可能性があります。海外は日本とは異なる文化なので、しっかりと理解と対策を行っておく必要があります。

海外の医療費はとにかく高い!日本と同じだと思わないこと

日本の医療費は海外に比べると低く、さらに常に保険が適用された状態で支払っているため、自己負担額が海外に比べると極端に低いです。

海外旅行の場合は、現地の医療費基準で保険適用外の状態で支払わないといけないので、日本の数倍〜数十倍の国もあります。

ジェイアイ傷害火災保険株式会社の海外の医療事情より、日本と海外での医療費についてまとめました。見てわかる通り、海外で病院にかかる場合には、日本の数倍もの費用が健康保険などの負担なしでかかってきてしまいます。

ホノルルパリ日本
救急車の料金1.公営:82,000円~
2.民営:82,000円~
1.公営:5,900円~7,300円+走行加算200円/Km
2.民営:5,900円~7,300円+走行加算200円/Km
1.無料
2通常利用しない
初診料15,400円~16,400円11,500円~17,200円2,820円
病院部屋代1.個室:330,000円
2.ICU:880,000円
1.個室:126,100円
2.ICU:286,700円
1.個室:30,000円~100,000円
2.ICU:80,000円~100,000円
虫垂炎手術の治療費1.総費用:3,000,000円
2.平均入院日数:2日
1.総費用:1,089,200円
2.平均入院日数:3日
1.600,000円
2.4日間
骨折時の治療費
(橈骨末端閉鎖性骨折)
50,000円40,100円~45,900円20,000円
実際にかかった医療費ランキング
順位国(地域)内容支払保険金
1位ハワイホテルの部屋で意識を失い救急車で搬送。心筋梗塞と診断され19日間入院・手術。
家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。
3,052万円
2位ノルウェークルーズ船内で意識を失いヘリコプターで搬送。肺炎と診断され13日間入院。家族が駆けつける。
医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。
3,019万円
3位香港風邪の症状で受診。その数日後、全身の痛みのため救急車で搬送。敗血症性ショックと診断され19日間入院。
家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。
2,617万円
クレジットカードの海外旅行保険だけで足りる?自動付帯で上乗せできるおすすめクレジットカード

盗難や置き引きに注意

日本は世界的にみても治安が良い国なので、スリや置き引きなどの盗難被害が少ない国です。一方で海外は国や地域によっては盗難が日常茶飯事に起きるところもあります。特に観光客である日本人は格好の的と言えます。

もし、スリや置き引きなどの盗難に遭っても現金の場合は1円も戻ってきませんが、クレジットカードであれば、盗難補償で不正利用分が全額戻ってくる可能性があります。また、盗難発覚後すぐに利用停止をすれば不正利用を防げるかもしれません。

このような安全面でもクレジットカードは現金よりも優位性があります。

海外旅行におすすめのクレジットカード【2019年最新】

それでは海外旅行におすすめのクレジットカードを、年会費無料で海外旅行保険付きカードから高年会費で充実したサポート特典があるカードまで厳選して10枚ご紹介します。

楽天カード

楽天ペイと組み合わせれば常にポイント1.5%還元!ネットショッピングにも強い楽天カード
楽天カード
年会費永年無料
申込資格18歳以上
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
海外旅行保険最高2,000万円補償
付帯条件利用付帯
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大13倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

三井住友VISAクラシックカード

マクドナルド・セブンイレブン・ファミマ・ローソンで常にポイント5倍!
三井住友VISAクラシックカード
年会費初年度無料
申込資格18歳以上
国際ブランドVISA,マスターカード
海外旅行保険最高2,000万円補償
付帯条件利用付帯
三井住友VISAクラシックカードの特徴
  • マクドナルド、セブンイレブン、ファミマ、ローソンの利用が常にポイント5倍
  • 学生向けの三井住友VISAデビュープラスカードもおすすめ
  • 最高2,000万円補償される海外旅行傷害保険
  • 年会費は初年度無料(通常1,250円+税、WEB明細書サービスの利用で500円割引や年間利用額に応じた年会費割引あり)
  • ICチップと選べる顔写真付きカードで不正利用をダブルブロック

エポスカード

年会費無料なのに海外旅行傷害保険付きで即日発行できるVISAカード
エポスカード
年会費永年無料
申込資格18歳以上
国際ブランドVISA
海外旅行保険最高2,000万円補償
付帯条件自動付帯
エポスカードの特徴
  • レストラン、居酒屋、カフェ、美容院、カラオケ、遊園地、水族館など全国10,000店舗以上の優待特典
  • 全国のマルイ店舗で受け取れる即日発行サービス
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 初回キャッシング利用は30日間金利0円で利用可能
  • 「マルコとマルオの7日間」は10%オフでショッピング

JCB CARD W

入会後3ヶ月はポイント10倍!12月31日まではApple PayとGoogle Payの利用で20%還元
JCB CARD W
年会費永年無料
申込資格18歳〜39歳
国際ブランドJCB
海外旅行保険最高2,000万円補償
付帯条件利用付帯
JCB CARD Wの特徴
  • スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージでOki Dokiポイントが10倍
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • 7月31日(水)までAmazon利用のポイント還元率は6.5%
  • 入会後3ヶ月はポイント4倍になるからポイント還元率がさらにアップ

JALカード TOKYU POINT ClubQ

JMB WAONカードの組み合わせてJALマイル還元率が最大1.5%
JALカード TOKYU POINT ClubQ
年会費初年度無料
申込資格18歳以上
国際ブランドVISA,マスターカー
海外旅行保険最高1,000万円補償
付帯条件自動付帯
JALカード TOKYU POINT ClubQの特徴
  • JALユーザーなら嬉しいフライトで貯まるボーナスマイル
  • 最高1,000万円補償の海外/国内旅行傷害保険
  • JMB WAONクレジットチャージなら200円で最大3マイル(1.5%還元率)貯まる
  • PASMOのオートチャージも可能!チャージや定期券購入でポイントが貯まる
MEMO
JALマイルも海外旅行もガッツリ系の方はJALゴールドカードがおすすめです。年会費は決して安くなりませんが、付帯保険、ボーナスマイルともに充実しています。

VIASOカード

年会費無料で海外旅行保険2,000万円付帯!急ぎでも最短翌営業日発行!
VIASOカード
年会費無料
申込資格18歳以上
国際ブランドVISA,マスターカード
海外旅行保険最高2,000万円補償
付帯条件利用付帯
VIASOカードの特徴
  • 貯まったポイントは年に1回、1ポイント1円換算でキャッシュバック
  • 最高2,000万円補償の海外旅行障害保険が利用付帯
  • ETCカードの発行手数料は1,000円+税。年会費は無料
  • VIASO eショップ経由のインターネットショッピングで最大10%のポイント還元
  • ETCカードや携帯電話料金の支払いは常にポイント2倍

学生専用ライフカード

海外でのお買い物は5%キャッシュバック!年会費無料で海外旅行保険2,000万円も付帯!
ライフカード
年会費無料
申込資格18歳以上満25歳以下の学生
国際ブランドVISA,マスターカード,JCB
海外旅行保険最高2,000万円補償
付帯条件自動付帯
学生専用ライフカードの特徴
  • 海外のショッピング利用額の5%がキャッシュバック
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 初年度からポイント1.5倍!翌年以降も年間利用額に応じて最大2倍
  • 誕生月はETCカード利用も含めてポイント3倍
  • フリーコールで相談できる学生専用の問い合わせ窓口も設置

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳まで年会費無料で使える海外/国内旅行傷害保険付きのトラベル向けカード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度無料
申込資格18歳以上
国際ブランドアメックス
海外旅行保険最高3,000万円補償
付帯条件自動付帯
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴
  • 26歳まで年会費無料!通常年会費は初年度無料、翌年は3,000円+税
  • 最高3,000万円補償の海外/国内旅行傷害保険が付帯
  • 海外アシスタンスデスクや手荷物無料宅配サービスなどトラベルサービスが充実
  • ETCカードも即日発行可能!発行手数料&年会費無料
  • 毎月月末の金土日はロフトのショッピングが5%オフ
注意
来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

JCB一般カード

海外旅行傷害保険が最高3000万円まで付帯!条件達成で次年度の年会費無料
JCB OS 一般カード
年会費初年度無料
利用合計金額に応じて翌年も無料
申込資格18歳以上
国際ブランドJCB
海外旅行保険最高3,000万円補償
付帯条件利用付帯
JCB一般カードの特徴
  • スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージでOki Dokiポイントが10倍
  • 最高3,000万円補償の海外/国内旅行傷害保険が利用付帯
  • 選べるディズニー・デザイン
  • ETCカードは発行手数料&年会費無料
  • 海外利用はポイント2倍
  • 年間50万円以上の利用で1.2倍、100万円以上の利用で1.5倍のポイント優待

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

高すぎない年会費にしっかりした海外保険と高いマイル還元率
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
年会費7,000円+税
申込資格20歳以上
国際ブランドアメックス
海外旅行保険最高3,000万円補償
付帯条件利用付帯
ANAアメックスの特徴
  • 継続・フライト・提携店でのボーナスマイルが充実
  • 最高3,000万円補償される海外/国内の旅行傷害保険
  • 充実したトラベルサービス
  • 貯まったポイントの有効期限は無期限にも
  • 貯まったポイントはANA・スターアライアンスメンバーの提携航空会社の特典航空券(国際線可)に交換

楽天プレミアムカード

海外の主要空港ラウンジが無料になるプライオリティ・パス付き!
楽天プレミアムカード[/center]
年会費10,000円+税
申込資格20歳以上
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
海外旅行保険最高5,000万円補償
付帯条件自動付帯
楽天プレミアムカードの特徴
  • 最高5,000万円の海外旅行保険が自動付帯&国内旅行保険が利用付帯
  • 海外のVIP空港ラウンジが無料で使えるプライオリティ・パス年会費が無料
  • ショッピング保険が年間300万円まで付帯
  • 楽天市場でのお買い物がいつでも5倍

三井住友VISAゴールドカード

海外旅行保険最高5,000万円!マクドナルド・セブンイレブンなどで常にポイント5倍!
三井住友VISAゴールドカード[/center]
年会費初年度無料
申込資格30歳以上
国際ブランドVISA,マスターカード
海外旅行保険最高5,000万円補償
付帯条件自動付帯
(一部利用付帯)
三井住友VISAゴールドカードの特徴
  • 最高5,000万円が自動付帯の海外旅行保険と利用付帯の国内旅行保険付き
  • 国内主要空港でラウンジが無料でご利用可能。
  • ショッピング補償が年間300万円まで付帯
  • 年会費は初年度無料、2年目以降10,000円+税。(WEB明細書サービスの利用で1,000円割引やマイ・ペイすリボの利用割引、年間利用額に応じた年会費割引あり)
  • ICチップと選べる顔写真付きカードで不正利用をダブルブロック
  • iD一体型で多彩な決済が可能

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

コスパ最強!年会費初年度無料でも5000万円の旅行保険と高マイル還元率
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費初年度無料
2年目以降10,000円+税
申込資格20歳以上
国際ブランドアメックス
海外旅行保険最高5,000万円補償
付帯条件自動付帯
セゾンゴールドアメックスの海外旅行保険詳細[/btn]
セゾンゴールド・アメックス・カードの特徴
  • 海外アシスタンスデスク・家族特約保険をはじめ、コスパの良いトラベルサービスが充実
  • 最高5,000万円補償の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯
  • 国内利用は1.5倍、海外利用は2倍のポイント付与
  • 別途、年会費4,000円+税のSAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)入会で1.125%のJALマイル還元率
  • PARCO・西友・リヴィン・ロフトでの優待割引も

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

国内・海外のレストランを2名でコース予約すれば1名分無料
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費29,000円+税
申込資格20歳以上
国際ブランドアメックス
海外旅行保険最高1億円補償
付帯条件半分自動付帯・半分利用付帯
アメックス・ゴールドの特徴
  • 最高1億円の補償がある海外/国内の旅行傷害保険付き!
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • 有効期限が無期限のポイントを使って好きなときに好きなマイルへ交換が可能
  • 国内外約200店のレストランで2名以上で予約すれば1名分のコース料理代が無料!
  • 過去の信用履歴よりも現在の返済能力(収入や勤務先)を重視した独自の審査基準

SPGアメリカン・エキスプレス・カード

世界各地のMarriott Bonvoy参加ホテルで利用できる一泊一室(2名)の無料宿泊特典付き
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
年会費31,000円+税
申込資格20歳以上
国際ブランドアメックス
海外旅行保険最高1億円補償
付帯条件半分自動付帯・半分利用付帯
SPGアメックスの特徴
  • SPGおよびマリオットリワードの会員資格「ゴールドエリート」を提供
  • 最高1億円補償の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯
  • 毎年の継続ごとにSPGおよびマリオットリワード参加ホテルの無料宿泊特典(一泊一室2名)をプレゼント
  • SPG参加ホテルの直営レストランならびにバーの飲食代金が15%オフ
  • 貯まったポイントは40を超える航空会社のマイルに交換可能&60,000ポイントのマイル移行ごとに5,000マイルのボーナスも

海外旅行傷害保険の補償項目を徹底比較【2019年最新】

先ほど紹介した15枚のクレジットカードはそれぞれ1,000万円〜1億円の補償が付帯しますが、これは最高補償額で主に傷害死亡・後遺障害の補償額となっています。しかし実用性が高い項目は傷害治療・疾病治療や携行品損害などとなるので、項目ごとの補償額を把握して海外旅行保険を選んだ方がよいでしょう。

そこで各クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険、全6項目の補償金額を一覧にまとめましたので比較検討の参考にしていただければ幸いです。

カード名傷害死亡
後遺障害
傷害治療費用疾病治療費用賠償責任救援者費用携行品損害
楽天カード最高2,000万円200万円200万円2,000万円
(免責なし)
200万円20万円
(免責3,000円)
三井住友クラシックカード最高2,000万円50万円50万円2,000万円
(免責なし)
100万円15万円
(免責3,000円)
エポスカード最高500万円200万円270万円2,000万円
(免責なし)
100万円20万円
(免責3,000円)
JCB CARD W最高2,000万円100万円100万円2,000万円
(免責なし)
100万円20万円
(免責3,000円)
JALカード TOKYU POINT ClubQ最高1,000万円0万円0万円0万円100万円0万円
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード最高3,000万円300万円300万円3,000万円
(免責1,000円)
200万円30万円
(免責3,000円)
JCB一般カード最高3,000万円100万円100万円2,000万円
(免責0円)
100万円20万円
(免責3,000円)
ANAアメリカン・エキスプレス・カード最高3,000万円100万円100万円3,000万円
(免責0円)
200万円30万円
(免責3,000円)
三井住友VISAゴールドカード最高5,000万円300万円300万円5,000万円
(免責0円)
500万円50万円
(免責0円)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード最高5,000万円300万円300万円3,000万円
(免責0円)
500万円30万円
(免責3,000円)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード最高1億万円300万円300万円4,000万円
(免責0円)
400万円50万円
(免責3,000円)
SPGアメリカン・エキスプレス・カード最高5,000万円最高1億万円300万円300万円4,000万円
(免責0円)
50万円
(免責3,000円)

保険金額は合算して上乗せできる

海外旅行保険は、傷害死亡と後遺障害以外の項目で合算することができます。クレジットカードの海外旅行保険同士でも、保険会社の海外旅行保険との合算も、いずれも可能です。

例えば、エポスカードと海外旅行保険の条件を満たした楽天カードを持っているとすると、エポスカードの傷害治療費用200万円に、楽天カードの200万円を上乗せでき、合計400万円となります。傷害死亡と後遺障害の項目では、合算ができずに最高金額が適用されます。

合算例
項目エポスカード楽天カード最終保険金額
傷害死亡500万円2000万円2000万円
傷害後遺障害500万円2000万円2000万円
傷害治療費用200万円200万円400万円
疾病治療費用270万円200万円470万円
賠償責任2000万円2000万円4000万円
救援費用100万円200万円300万円
携行品損害20万円
自己負担:3,000円
20万円
自己負担:3,000円
40万円

海外旅行保険の使い方

海外旅行保険が重要でもその使い方が分かっている経験者はごく一部です。

実際に使ったことしか分からないことも多いと思います。
ここでは簡単に大まかな流れを説明したいと思います。

海外旅行保険の使い方
  1. 契約している保険会社に請求する旨の連絡を入れる
  2. 保険金請求書の記入や必要書類を集めて保険会社に送付する
  3. 支払い金額や、支払い先の案内が受取人にある
  4. 振り込みにより保険金の受け取りを行う

保険会社に送付する必要書類

あくまでも一般的な必要書類をまとめておりますので、実際は適用される保険会社にて詳細を伺ってくださいね。

  • パスポートのコピー(パスポート番号、氏名記載ページ、日本の出入国スタンプ押印ページ)
  • 保険金請求書
  • 医師の診断書
  • 治療費の明細書および領収書
  • 事故証明書

保険金請求書、医師の診断書、治療費の明細書および領収書は現地でしか入手できないこともあります。

帰国後に申請準備を始めても手遅れの場合があるので現地にいるうちに手配しましょう。

請求方法や書類は保障により異なります。日本語ヘルプデスクなどで疑問点や手順は早めに、念入りに確認しておくのをおすすめします。

海外キャッシングの使い方や手数料

海外キャッシングと国際ブランド

クレジットカードで海外キャッシングを利用する際は、国際ブランドVISA・マスターカード・JCBもしくはそれとペアになったロゴマークのあるATMで現地通貨を引き出す事ができます。

  • VISAまたはPLUS
  • マスターカードまたはcirrus(シーラス)
  • JCBまたはcirrus(シーラス)
  • Diners ClubまたはPulse(パルス)
  • アメックスはキャッシング利用ができませんが、セゾンアメックスは利用できます。

海外キャッシングは現金両替よりも断然お得

海外キャッシング最大のメリットは、銀行の両替よりも手数料を安く済ませられる点です。

例えば下記の表を見ると、海外キャッシングであればどの通貨でも一律の手数料でしかも安くなることが分かります。(5万円用意した場合)

行き先日本の銀行・空港
の両替手数料
楽天カード
の海外キャッシング
タイ(バーツ)5,960円どこの国でも955円
(海外ATM手数料200円+税+利息739円)
※30日後の1回払いの場合
韓国(ウォン)8,120円
台湾(台湾ドル)7,164円
アメリカ(USドル)1,227円
補足事項
※2019年5月23日の為替レート
※両替手数料は三井住友銀行の外貨両替コーナーを元に算出
※実際は国際ブランドの為替レートが適用されますので手数料金額も変動します。

海外ATMの利用手順

お手持ちのクレジットカードが使えるATMを見つけたら、下記の手順で現地通貨を引き出します。

  1. ATMにクレジットカードを挿入する
  2. 暗証番号を入力する
  3. 引き出す金額を指定する(単位は現地通貨)
  4. カードと明細、現金を忘れずに取り出す

海外ATM手数料について

なお、海外キャッシングはATM手数料がかかります。

借り入れ金額によって異なりますので、手数料を避けたい方はネットキャッシングを利用するのが良いでしょう。

お借り入れ金額ATM利用手数料
1万円以下100円+税
1万円超200円+税

外国為替の適用レートと事務手数料

海外キャッシングの為替レートは、各国際ブランドで適用されるレートになります。

海外取引の事務処理手数料はショッピング利用時のみに適用されますので、海外キャッシングにかかる手数料はATM手数料と利息の2つと覚えておきましょう。

なお事務手数料率はカードごとに異なりますが、大体下記のようなレンジで手数料がかかります。

国際ブランド事務手数料率
VISA1.63%〜2.00%
マスターカード1.63%〜2.00%
JCB1.60%〜2.00%
アメックス2.00%

VISA、JCB、マスターカードは英語サイトですが、決済為替レートを公開したサイトがありましたのでまとめておきます。

海外キャッシングを無料で利用する方法

クレジットカードのキャッシング機能は、初回利用もしくは初回契約時において最大30日間、金利が0円になるサービスを提供している会社もあります。

券面特徴
ACマスターカード最短30分審査で即日受取
・海外キャッシングは最大30日間金利0円
・世界中で使えるマスターカード
・キャッシングの実質年率は3.0〜18.0%
エポスカード最短即日発行
・海外キャッシングは最大30日間金利0円
・世界中で使えるVISA
・キャッシングの実質年率は18.0%
海外キャッシングのメリット・デメリットからお得な返済方法やおすすめクレジットカードまで徹底解説

海外旅行が快適になるクレジットカードの使い方

海外旅行が快適になるクレジットカードの使い方

海外旅行を少しでもお得に満喫するために、クレジットカードの効果的な使い方を少しでも知っておきましょう。

日本語対応のトラベルデスクがあると安心

万が一、海外でトラブルに見舞われた時に、すぐに相談できる相手がいると安心しませんか?

クレジットカード各社、海外旅行客向けに現地でも日本語でサポートしてくれるトラベルデスクというものを用意しております。

  • 現地の観光情報、ホテル、レストランの紹介
  • レンタカーの予約手配、各種交通機関の案内
  • レストラン、オプショナルツアー、各種チケットの予約手配
  • ガイド・通訳の手配、旅行や出張のお手伝い
  • カードやパスポートの紛失・盗難時サポート
  • 医療機関の紹介

このようにトラベルデスクは旅先でも24時間年中無休で対応してくれるので、非常にありがたい存在です。

カード会社によってはトラベルデスクの呼び名が異なるので、一例を紹介したいと思います。

エポスカード海外サポートデスク
三井住友VISAカードVJトラベルデスク
ニコスカードハローデスク
セゾンカード海外アシスタンスデスク
アメックスカードオーバーシーズ・アシスト

チップもクレカ決済

日本ではなかなかないチップという文化。

実はチップもクレジットカード支払うことが可能です。

チップの手順
  1. 支払いをしたい旨を伝える(英語なら”Check, please.”で通じます)
  2. 店員さんが持参した伝票の支払い内容が合っているかを確認
  3. 支払い内容確認後、クレジットカードを伝票ホルダーに挟んで店員さんに渡す
  4. 店員さんがカード用の伝票を持ってくる
  5. 金額確認後、チップの欄に任意の金額を記入(場所によるが基本は15~20%)
  6. チップを含めた合計金額を記入
  7. サイン欄に署名をする

田代

僕は大体10%〜25%くらいのレンジで満足度に応じてチップを支払っています。チップはケチるものではありませんので、その土地の文化として受け入れ支払うことが重要です。

サインの書き方は漢字でもOK

クレジットカードのサイン

海外でクレジットカードのサインを求められる場合に、現地言語でサインする必要はありません。むしろしてはいけません。

サインは自分がクレジットカードの裏面に行った署名と同じものを記入する必要があります。

サインの目的は「クレジットカードの持ち主が支払ったことの証明」になります。

カード裏面と同じサインを、同じ筆跡で行うことが大事です。カード裏面のサインと実際のサインを照合し、明らかに違う言語でまたは違うサインをされれば、店頭で利用を拒まれることになりかねません。

日本よりもしっかり裏面のサインとの照合が行われる場合も多いという海外の事情を知っておきましょう。

海外でクレジットカードのトラブルに巻き込まれたときの対処方法

海外でクレジットカードのトラブルに巻き込まれたときの対処方法

海外旅行では以下のようなクレジットカードトラブルが多く報告されています。

もしかして不正利用?帰国後、身に覚えのない請求が……

身に覚えのない請求がされたケースでは、よくよく振り返ってみると、支払い時に店員さんが奥へ消えしばらくすると戻ってきたという場合があったようです。
この場合、店員さんが裏でカード番号等をこっそり控えている可能性があります。

海外旅行中のレシートや明細は必ず保管し、少しでも店員におかしい行動が見られた場合は「Police(ポリス)」など声を挙げるのをおすすめします。

もし不正利用らしき請求が来た場合は、すぐにカード会社に連絡し、不正利用の補償について聞きましょう。

安全だと思っていたATMでスキミング被害に……

スキミングは、磁気情報の不正読み取りです。

銀行が設置していないATMで、不正に読み取られたカード情報で不正利用されてしまう事例が多々あります。

海外ATMを利用する場合は、できるだけ銀行が設置した正規のATMを使いましょう。

カード番号やセキュリティコードを控えておくのも忘れずに。

紛失・盗難時の対処方法

海外でクレジットカードを紛失したり盗難された場合は、速やかにカード会社に連絡しましょう。

カード利用を停止してもらったら帰国までの臨時カードの発行や海外旅行中の紛失・盗難被害者向けのキャッシュサービスを実施しているカード会社もあります。

トラベルデスクで再発行含めて対応してくれるところもありますので、近くのトラベルデスクの電話番号や住所は控えておくと良いでしょう。

限度額がいっぱいになったときの対処方法

海外旅行中にクレジットカードの限度額がいっぱいになってしまった場合は、利用額の一時増枠を申請すると良いでしょう。

出国前に行っておくことをおすすめしますが、渡航先からでも増枠ができる場合があります。

ネットから一時増枠ができる場合もあれば、電話でしかできない場合(学生の場合などは特に)もあるので、できれば事前申請のほうが良いでしょう。

有効期限が切れてしまったときの対処方法

海外旅行中にクレジットカードの有効期限を迎えてしまうと、それ以降、カードを利用することができなくなってしまいます。

そうならないために、海外旅行前はクレジットカードの早期更新をおすすめします。

通常の更新と違うのは、事前にカード会社のオペレーターに早期更新したい旨を連絡する必要があることくらいで、その後は有効期限が更新された新しいカードが郵送で届くので受け取るだけです。

発行までに2〜3週間かかる場合もありますから、予定が分かっている場合は早めの連絡をするか、新たにクレジットカードを作ったほうが賢明です。

暗証番号を忘れたときの対処方法

海外のお店でカードを使うとき、暗証番号を忘れてしまって困ったケースも聞いたことがあります。

サインで代用可能ならサインで済ませられないかお店に聞くというのも手ですが、昨今は暗証番号を求められるケースが非常に増えております。

しかも、海外キャッシングするときのATM操作では暗証番号は必須になりますから、非常に困る問題です。

ですが、残念ながら暗証番号を忘れたときの解決策はほぼありません。

基本的に暗証番号の確認もしくは変更手続きをするには、書面送付手続きするしかないのが現状です。

そのため、暗証番号を早期に確認、変更しておくというのが、最もベストな解決策となるでしょう。

使いすぎたら後から分割払いに変更も可

海外旅行で思ったよりもクレジットカードを使ってしまい、帰国後に後悔してしまうということもあると思います。

そんなときは「あとから分割」「あとからリボ払い」サービスがおすすめです。

設定方法は、クレジットカードのマイページにログインして申請するかオペレーターに連絡すればすぐに対応してもらえます。

ただ、金利や手数料はかかりますので、できれば海外旅行で使う予算を決めておくと良いでしょう。

海外旅行から帰国したら忘れずにカード履歴の確認を

海外でクレジットカードを使うということは、帰国後の利用明細の確認、そして支払いを完了するまで抜け目なく確認することが大切です。

よく「遠足は家に帰るまでが遠足」と言いますが、クレジットカードの海外利用も「支払い完了するまでが海外旅行」なのです。

次回の海外旅行をお得にしてくれるクレジットカード

ここまでは海外旅行へ行く際に必要なクレジットカードについて解説してきましたが、次回の海外旅行にお得に行くためにはマイルが貯まりやすいクレジットカードを普段から使っていくと良いでしょう。

参考マイルがたくさん貯まる最強クレジットカード特集!マイルの貯め方やANAとJALの比較など

1マイルは2円以上の価値がある

クレジットカードは高還元率クレジットカードでも通常、1ポイント=1円程度の価値となります。いわゆる還元率1.0%以上が高還元率クレジットカードと言われています。しかし、マイルは1マイル=2円以上の価値があるため、マイル還元率が1.0%であれば、2.0%還元以上のクレジットカードと言えるのです。

マイルの価値は、特典航空券に交換した場合に2円以上になります。下記の表を参考にしてみてください。

現金購入(往復)ANAマイル(往復)JALマイル(往復)
成田-ホノルル80,000円35,000マイル40,000マイル
成田-北京30,000円12,000マイル20,000マイル

マイル還元率1.0%以上のクレジットカード

マイル還元率1.0%以上のクレジットカードを200万円以上利用すれば、ハワイ旅行へいくことができます。ポイント還元率1.0%のクレジットカードを200万円分使っても2万円割引や2万円相当の商品交換にしかできないと考えるとかなりお得です。

カード名年会費マイル移行
手数料
貯まる
マイル
マイル
還元率
参考記事
31,000円+税無料ANAとJAL1.25%SPGアメックスを徹底解剖!これぞ至高のスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
初年度無料
2年目以降10,000円+税
4,000円+税/年JAL1.125%SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)とは?JALマイル高還元サービスのメリットや登録方法について徹底解説
初年度無料
2年目以降2,000円+税
3,000円+税/年JAL1.0%JALカードの特徴やメリットを徹底比較!あなたに合ったおすすめJALカードが見つかる!
16,000円+税JAL1.0%JALカードの特徴やメリットを徹底比較!あなたに合ったおすすめJALカードが見つかる!
初年度無料
2年目以降2,000円+税
5,000円+税/年
※移行がある年のみ
ANA1.0%【2019年完全版】ANAマイルが貯まる最強クレジットカードを紹介!あなたにあったカードはどれ?
14,000円+税ANA1.0%【2019年完全版】ANAマイルが貯まる最強クレジットカードを紹介!あなたにあったカードはどれ?
10,000円+税5,000円+税/年
※移行がある場合のみ
ANA1.0%近日更新予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください