学生でもクレジットカードの審査落ちする原因とは?次回審査時の対処方法も解説

学生はクレジットカードの審査に通る、通りやすいけど審査に落ちてしまった方や審査前にカード審査に落ちたくない方のためにこの記事では

  • 前半は学生のクレジットカード審査落ち原因として考えられる理由
  • 後半は学生が審査に落ちた後でも作れる可能性のあるカード

をご紹介していきます。

まず学生のみではないクレジットカード審査落ちの全体感を把握してもらうためにお時間のある方は下記参考記事を読んでいただいてその他の情報を補足していただく形がよいかもしれません。

参考クレジットカードの審査落ち原因で考えられる理由とは?作れるカードの選び方付

支払いが滞れば学生でもクレジットカード審査に落ちる

学生がクレジットカードの審査落ちする原因として学生に限らず場多い理由がローンなどの「支払いの滞り・延滞」です。まず他のカードの支払いは滞りなく行なっているかを真っ先に確認し、支払いを済ませてください。銀行残高がなくなったなど、うっかりしたミスでも支払いの延滞はカード会社やカード会社が照会する信用情報機関にしっかり記録されます。

カードの支払いも完璧にしているんだけどという方は後述の見出しで紹介するいくつかの支払いを確認してください。

スマホの端末代金や脱毛サロンなどで払う月額料金もローン契約の場合がある

学生のほとんどが利用するスマホや、女子大生に人気の脱毛サロンなど月額の料金として支払っているものローン会社との3社間契約で2〜3年契約になっている場合が多いです。その他にも高額なエステサロンや英会話スクールなどの料金もなかなか学生が一括で払える金額ではないのでローン契約で支払っていることも少なくないでしょう。

こちらの支払いの遅延も学生だからとうっかり忘れてしまえば、信用情報機関には登録されるので、注意してください。

申し込み時の記載事項にミスや虚偽がなかったか?

カードの申し込みには多くの項目・個人情報を記載しますが、その内容に虚偽がないかまた記載ミスによって学生でも審査落ちする可能性が考えられます。特に未成年学生の場合は両親など保護者確認も必要になるので電話番号につながらないなど注意が必要です。

学生が審査対象外のクレジットカードではないか?

申し込んだカードがゴールドカードやプラチナカードに代表されるように、20歳以上という年齢制限や学生不可などという記載になっていないか確認しましょう。
また三井住友VISAカードやライフカードなど学生向けのカードを用意しており、社会人なのに学生向けカードを申し込んだ場合も審査に落ちる可能性が高いでしょう。

何枚も複数同時にカード申し込みをしていないか?

初めてクレジットカードを申し込む学生は知らなくて当然といえば当然ですが一度に複数のクレカを申し込むのは審査通過にとってNG項目のです。
カード会社はCICやJICCといった信用情報機関を通して、個人の情報を共有しておりカードの申し込み履歴が確認できるようになっています。

年月日だけでなく時間もわかるので、まずはカードを1枚申し込んで手にいれてからにしましょう。

両親やアルバイト先に電話がかかってちゃんと出られたか?

先述でも軽く触れましたが未成年学生の場合は保護者確認の電話が必ずありますし、アルバイトをしている大学生は勤務先に在籍確認の電話があることがまれにあるようです。カード申し込みの際には電話がかかるであろう勤務先やご両親には相談と電話確認の承諾をもらっておきましょう。

本人確認書類の処理が終わっていない?

学生でも運転免許証や学生証などカード会社が本人確認書類の確認が完了していない学生は、クレジットカードの審査通過ができません。
カードの審査前にあらかじめ学生でも身分を証明できる書類を用意しておきましょう。

上記で学生のクレジットカード審査に落ちる可能性についてもいてきましたが、ここからは審査に落ちたけどクレジットカードが欲しい学生のためにおすすめのカード情報を交えてご紹介していきます。

楽天カードは学生審査OK!と明記!おすすめの理由とは?

楽天カードは学生向けにもお手軽なクレジットカードといえます。楽天カードはネット申し込みのため店頭では申し込めませんが学生におすすめのカードの一枚です。楽天カードアカデミーという学生向けにカードを作っていますが、一般カードの方がおすすめなので下記参考記事も詳しく読んでみてください。

参考楽天カードが学生におすすめな理由とは?楽天カードアカデミーよりもお得です

学生専用のライフカードの審査通過率が意外と高い?その理由とは?

学生専用ライフカードも海外旅行時などに活躍するカードの1枚です。カード発行会社の株式会社ライフカードの親会社はアイフルです。想像の範囲ですが、独自の審査基準を設けていることも考えられます。

20歳以上ならACマスターカードが学生審査通過最後の砦

ACマスターカードは、国内唯一の消費者金融会社発行カードです。キャッシングやローンで培ってきた独自の与信方法や審査方法を駆使して審査の裾野を広く設けています。

それでも審査に落ちる学生にはデビットカードを選ぶという方法もある

デビットカードはVISAやJCBなどの国際ブランド機能を持っており、学生でも銀行口座があればカードを作ることができます。決済・支払い時に即銀行口座から引き落としされるので口座残高は確認してから利用しましょう。

審査に落ちてお金が欲しい学生はキャッシングという選択肢も

デビットカードは現金が口座にないと支払いができませんがキャッシングは即座に現金を手に入れることができます。学生の場合収入が少ないことも多いので限度額は低めに設定されることは予想されます。できるだけ各キャッシングの無利息期間内に返済することを心がけましょう。

学生がクレジットカード審査に落ちた時のまとめ

学生がカード審査に落ちる理由も一つではありません。今便利になっているスマホの支払いや脱毛サロンの支払いなど身近なものの支払いが学生のうちから滞りなくきっちりしていくことがもっとも重要です。クレジットカードは学生にとっても信用を積み上げていく一つのツールなので審査落ちが自分の信用作りのきっかけとなるように努めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください