今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

バイク業界に転職したい第二新卒が知っておくべきこと

第二新卒でバイク業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します。

バイク業界への転職の際に第二新卒が知るべきこと、バイク業界に転職するおすすめの時期についても触れています。

「第二新卒」や「バイク業界」という条件での転職活動のポイントを押さえて、効率的に内定をゲットしましょう!

バイク業界に転職したい第二新卒のための基礎知識

バイク業界に転職したいと考える第二新卒の人のための基礎知識を紹介します。

社会経験の浅い若手の第二新卒は、バイク業界という仕事を見る視野もそんなに広くはない可能性があります。

バイク業界も給与などの好条件やイメージに引っぱられる転職だと成功はしにくいかもしれません。

意外にポジティブな要素もあるので、楽しみに読み進めてみてください。

バイク業界の幅広い種類

日本は世界シェアの5割程度の生産量を誇っているバイク製造国でもあります。

そのうち、トップ5社のうち4社が売上と販売台数のランキング上位を有しています。

バイク業界のメーカーも、その種類は幅広く存在しています。

希望するバイク業界の企業を含めて、バイク業界の種類をいくつ挙げられますか?

大手自動車でも有名なスズキ、BMW、ホンダや、ヤマハ、カワサキなどあります。

バイク業界は、バイクメーカー、販売店、パーツ・アクセサリー、バイク雑誌など大まかに分けても業務が異なります。

第二新卒で転職する人は、ひとつひとつを確認していくと転職先の射程範囲を広げることにもつながるでしょう。

種類ごとの職種はさらに幅が広がる

幅広く存在しているバイク業界の種類ですが、そのひとつひとつの中にもあらゆる職種が存在します。

転職サイトなどでは、職種を条件にして検索すると、複数の種類がヒットすることも多いと言えます。

バイク業界では、オートバイのパーツなどの取り替えなどアフターサービスをする修理部門や、部品の企画や開発、製造部門などさまざまあります。

通常のバイク製造企業であれば、営業・人事・総務・経理・生産計画などの部署もあります。

第二新卒でバイク業界に転職する際には、職種の特徴も理解しておきましょう。

国の産業政策に「二輪車戦略」

バイク人気の不振につながった大きな要因の一つとして、業界が挙げるのが「三ない運動」、駐車スペースの問題など、バイクの販売数はここ、30年で年間300万台から16万台に減少してきているのが実情とも言えます。

また、電動アシスト自転車をヤマハが開発したことにより、買い物周りや座席を備えたものなら2人乗り、3人乗りもでき、駐車スペースが安く済むなどで主婦たちが、バイクではなく自転車に人気があることも要因の1つと言えます。

こうした背景を踏まえ、官民関係者が一丸となって「2020年国内100万台市場」、「世界シェア5割達成」、「バイク利用者マナー向上」を施策ロードマップ実行計画として国の産業政策に位置づけられています。

若者に人気の「レンタルバイク」

国内のバイクの販売台数は右肩下がりで、若者がオートバイに興味がなくなったことも要因として言われています。

しかしながら、最近では新しいスタイルとして、「レンタルバイク」というサービスが出てきております。

月額の金額で、保証付きや、好きなバイクに乗れるなど、30代以下の若者が半分を占めていると言われています。また、ブレーキの効き方、やギアチェンジ、デザインなど乗ってみたら気に入って買うということも多いようです。

ブランドもレンタルする時代、いろいろなバイクをレンタルして自分に合ったものを見つける賢い買い方とも言えるかもしれません。

さらに、2015年中頃より、軽二輪・小型自動二輪市場においてヤマハがHondaの販売台数を上回ってシェアトップとなってきていています。これは、ヤマハのSNS戦略にて、ファンと企業間のコミュニティが形成されてきている結果とも言えます。

第二新卒で転職する人は、このようなバイク業界の動向も理解しておくといいでしょう。

第二新卒でバイク業界に転職するために必要なこと

第二新卒でバイク業界に転職するためには、どんなことが必要になるでしょう。

上記で紹介したように、バイク業界といってもさまざまな業界の種類や職種が存在しています。これらを踏まえながら、第二新卒者のメリットをうまく生かして成功転職につなげましょう。

活かせる経験やスキル、強みをアピール

バイク業界職を募集される企業にとって第二新卒の転職者を採用する最大のメリットは社会経験があることです。

前職がバイク業界であったらなおさらですが、そうでなくサービスや販売職であったとしても、人と触れ合う経験値があり、それまでの仕事での経験やスキルから自分の強みを分析し、面接できちんと伝えることは有効と言えます。

新卒のときに比べて、社会経験をすることで自分の強みに関する認識も変わってきているかもしれません。

第二新卒者は転職活動に入る前に、これらの点をしっかり自己分析し、準備しておくようにしておきましょう。

バイク業界専門の転職サイトを利用する!

転職サイトによっては、バイク業界専門をウリにしているところがあります。

また、バイクメーカーによってはスクールが併設されているところもあります。

スクールで学び、工場長になった方もいらっしゃいます。

初めてのバイク業界で不安な方は、こうした転職サイトやスクール併設のバイクメーカーを利用することが1番の近道と言えるでしょう。

第二新卒でバイク業界を狙う転職活動のポイント

バイク業界への転職を目指す第二新卒者の転職活動のポイントを紹介していきます。

適切な転職活動のステップを踏むことで、リスクを最小限にしていくことが大切です。

転職活動でのポイントを押さえて、第二新卒の武器を活かし自分にピッタリの転職先を見つけましょう。

業界経験者の先輩

業界や職種に就いている先輩や知り合い方に聞いてみましょう。

毎日の仕事の流れや、バイク業界で働くことで感じていることを聞くと参考になるはずです。

特定の職種については、その職種の役割や重要点まで聞き出せるといいですね。

バイク業界に詳しいキャリアアドバイザーに相談

バイク業界に精通している転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのも一つの方法と言えます。

キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントであれば、さまざまな業界でのバイク業界のことについてリアルタイムで把握していることが通例です。

バイク業界のことだけでなく、第二新卒者が転職について考えることにも有効なアドバイスはしっかりしている場合がほとんどです。

転職エージェントを有効活用

バイク業界に転職したい第二新卒者の人は、 転職活動では、転職エージェントに登録されることをお勧めします。

是非、 第二新卒や金融業界に強い転職エージェントを見つけてみてください。

2つか3つ、複数の転職エージェントに登録して、求人を比較検討できるといいですね。

第二新卒がバイク業界に転職するのにおすすめの時期

第二新卒がバイク業界に転職する際には、バイク業界を取り巻く採用活動のタイミングについても知っておくと役に立ちます。

すべての企業が一致するわけではないので詳細の確認は必要ですが、目指す企業がまだ決まっていない第二新卒の人は参考にしてみてください。

企業ニーズが高まる春と秋の時期

一般的には4月~6月、9月~10月などは、人材採用を考えている企業のニーズがハッキリ高まる時期と言われています。

新しい人材を求める時期は、どの企業もある程度共通しているといえますね。

その分、同様に考えている転職者との競争も激しくなることが予想されます。

社会経験のある第二新卒の強みを活かして、バイク業界での転職を成功する確率を高めましょう。

また4月であれば、同じく未経験の新卒の社員と同時期に入社することが多く、研修や教育を一緒に受けられる可能性が高いと言えるでしょう。

冬のボーナス後も転職が増えるので狙い目

通常の企業は、半年の成果として6月と12月にボーナスとして支給される企業も多いようです。そのため12月のボーナス支給をもらってから、転職する人が増える傾向があります。

第二新卒にとっても転職時期として狙い目といえるでしょう。

第二新卒がバイク業界に転職する際の志望動機の例文

第二新卒がバイク業界に転職する際の志望動機は、企業に合わせて行うことが第一と言えます。ただ、第二新卒の状況によっても志望動機の内容が変わってくると思います。

バイク業界経験者、職種未経験者、バイク業界未経験者という状況における志望動機の例文を紹介します。

バイク業界からバイク業界に転職する際の志望動機

前職では、ずっとバイク関連のパーツ専門販売店にて販売を行っておりました。私は、バイクが大好きで、もともと○○○という会社のことは幼少期から知っており、貴社の△△というバイクに憧れて乗り始めたのがきっかけです。このたび、地元の浜松へ戻ることになり、Iターン転職で応募させていただきました。今までの経験を活かし、バイク業界の基本は心得ておりますが、貧欲に商品の知識を吸収し、即戦力となれるよう頑張りたいと思っております。是非よろしくお願い致します。

バイク業界の異なる職種のバイク業界に転職する際の志望動機

前職はバイク販売店で販売を行ってまいりました。もともと好きなバイクをいじることは趣味で行っていましたが、もっと専門的にバイクを仕事として一生関わって行きたくなりました。貴社は社内研修制度として「二輪整備専門スクール」もあり、オートバイの基本的な知識と整備技術を学びながらキャリアアップと資格アップもしていけるので応募させていただきました。よろしくお願いいたします。

異業種のバイク業界に転職する際の志望動機

前職では保険の営業業務を行ってまいりました。その経験をもとに、フィールドをもっと広げて海外での販売促進なども視野に入れて挑戦したいと思い、好きなバイクの市場拡大を目指したく貴社の応募に至りました。

バイク業界は市場拡大をいかに乗り越えるか?が最大の課題であり、貴社はSNSなどで売上を伸ばしていることもあり、私も愚直に勉強しながら、新たな顧客をつくっていけるよう頑張ってきたいと思っております。

第二新卒のバイク業界職への転職は未経験でも成功できる!

バイク業界で第二新卒、もしくは未経験者でもOKという求人があることをお伝えしてきました。

若年層のバイク離れ、国内生産量の減少など、バイク業界の市場縮小がさまざまなメディアで取り上げられています。

国内生産での課題は抱えつつも、給与は国内水準を越えて高く、平均勤続年数も20年近くなど、働くうえでは比較的安定していて、長く働くことができる業界と言うことができるでしょう。

せっかくの研修や入職後に、「適性がない」「思っていた仕事と違う」となるのを避けるためにも、第二新卒者は、転職活動での情報収集はもちろんのこと、転職エージェントで行われる自己分析シートなどをしっかり活用して転職を成功させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください