【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

ダイソーの株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説

ダイソーの株主優待の内容とは?
ダイソーの株を買おうか検討している方や普段ダイソーを利用している方にとっては、ダイソーに株主優待があるのか気になりますよね。
この記事ではダイソーの株主優待についてまとめました。
ダイソーユーザーでしたら、ダイソーの株主優待制度の内容を理解して、お得に活用しましょう。

ダイソーの株主優待の内容について

ダイソーの株主優待は残念ながらありません。
ダイソーを運営している株式会社大創産業は株式非上場で株主になれませんので、株主優待を受けることができないです。

ダイソーの株主優待券の買い方:一般編

残念ながら「ダイソー」に株主優待券はありませんが、一般的な株主優待券のもらい方としては、証券口座を開設して希望する株を買えば株主になれて株主優待券をもらうことができます。

株を買う流れとしては、

①証券口座を開設する
②欲しい株式を設定された株以上購入
③毎年3月末日と9月末日の権利確定日まで株を持ち続ける(企業による)
④あなたは株主になれます

株主優待券は、3月末(発送7月上旬)・9月末(発送12月上旬)の株主名簿に記載された株主を対象に、所有株数に応じて送られてくるケースが多いです。(年2回)

おすすめのネット証券会社

おすすめの証券会社
株を買うときに利用したいおすすめのネット証券会社には、
①SBI証券
②楽天証券
③松井証券
があります。
それぞれのおすすめポイントとしては、
SBI証券
・口座開設数430万突破のネット証券最大手!
・いつもの銀行から即時入金ができる!
・夜間取引ができる!
楽天証券
・楽天証券の国内株式手数料は最低0円から!
・取引で楽天ポイントが貰えたり、楽天ポイントで投資信託が買えたりできる!
・楽天のSPU(スーパーポイントアップ)の対象に!

松井証券
・1日の約定代金が10万円以下なら手数料無料なので、投資デビューに最適
・投資情報ツール&取引アプリがパソコンもスマートフォンも無料!
・夜間取引ができる!

ダイソーではないが、株主優待券を金券ショップでの買う方法

株主優待券は券の種類によって金券ショップで買うこともできます。

企業の株主にならずに、株主優待券が欲しい方は近くの金券ショップかオンライン通信販売を行なっている金券ショップで探してみましょう。

ダイソーではないが、一般的な株主優待の権利確定月は何月?

株主優待の権利確定月とは、株主権利がもらえる権限が確定する月のことをいいます。
株主優待の権利確定月は、3月・9月が多いです。

株式は購入したその日から株主になれるわけではなく、企業から株主としての権利を得るには権利確定日を待つ必要があります。また、株を買ってから3営業日という期間が求められます。このような権利確定日の3営業日前の日のことを「権利付き最終日」と呼びます。権利確定日の直近で株価が高騰しがちですから、購入の際は十分注意しましょう。

ダイソー以外の株主優待の優待回数は何回?

株主優待の優待回数は上述した権利確定月の3月と9月の2回が多いようです。
この2回のタイミングで、保有している株に応じて、株主優待券が送られてきます。

ダイソー以外の株主優待の優待券の種類は?

株主優待の優待券の種類は、企業によって変わります。
例えば、洋服の青山でおなじみの青山商事(株)の場合、「株主優待割引券(15%割引券)」が保有している株数に応じて3枚〜5枚が年2回もらえたり、企業によって特色があります。

株主優待券の有効期限とは?

株主優待券を利用するうえで注意したいのが、株主優待券には有効期限があることです。
株主優待券の有効期限は企業によって様々ですが、株主優待券到着後半年間とか1年間といったケースが多いです。
また、現金との引き換えがや、お釣りの支払いはできないケースが多いので注意しましょう。

ダイソーを運営する株式会社大創産業の会社概要

ダイソーを運営する株式会社大創産業

・社名 株式会社大創産業
・設立 昭和52年(1977年)12月
・代表者 代表取締役社長 矢野靖二
・資本金 27億円
・売上高 4,548億円(2018年3月現在)
・店舗数 国内 … 3,278店舗 直営店2,395店舗 代理店883店舗(2018年3月現在)
・海外 … 1,992店舗 26の国と地域(2018年3月現在)
・従業員数 21185名(2018年3月)
・事業内容 ダイソーのチェーン展開
・営業品目 ダイソーオリジナル商品、ダイソー企画商品
・主要取引先 イオン、イズミ、イズミヤ、イトーヨーカドー、西友、天満屋、東急ストア、東急不動産、平和堂、フジ、三井不動産、ユニー、その他大手量販店(五十音順)
・ホームページ  https://www.daiso-sangyo.co.jp/

株式会社大創産業は、100円ショップのザ・ダイソーを運営する企業で、国内に3,278店舗・海外26の国と地域に1,992店舗を展開しています。(2018年3月現在)
ダイソーの強さは、圧倒的な仕入れ量と驚異的な販売力です。
これにより『高品質×低価格×ユニークネス』なビジネスモデルを国内外で成功させています。

ダイソーを運営する株式会社大創産業の証券コード

株式会社大創産業は株式上場していないので証券コードはありません。

証券コードとは銘柄コードとも言い、上場企業に割り当てられる4ケタの数字のことを言います。

会社四季報などにも企業名の隣りに証券コードが記載されています。
インターネットを利用して銘柄データを検索するときに、この「証券コード」または「銘柄名」を入力すると企業情報をみることができます。

ダイソーではないが、一般的な株主優待券をメルカリやヤフオクで売ってもいいの?

株主優待券をヤフオクで売っても大丈夫なようです。
「メルカリ」は以前まで株主優待券の取引がされていましたが、規約変更があり取引が禁止されました。
従来まで出品不可のアイテムに株主優待券については記載がありませんでしたが、現金と同等のものとして「株主優待券」が出品禁止アイテムとして明記されました。
ヤフオクでは現在でも株主優待券を見かけますが、メルカリで株主優待券を手に入れることは無理と考えたほうがよいです。
参考メルカリガイド 禁止されている出品物

ダイソーではないが一般的な株主優待券を買取してもらう方法とは?

株主優待券を買取してもらう方法には、金券ショップ、ヤフオクやメルカリなどのネットオークションがあります。

金券ショップでも高価買取してくれるところが多いので、お近くに金券ショップがある場合は一度確認してみて相場を確かめるのも良いでしょう。

ダイソーの株主優待についてのまとめ

ダイソーは残念ながら株主優待はありません。
100円ショップの競合のキャンドゥ(2698)は株主優待を行っていますし、今後運営会社の株式会社大創産業が株式上場するとしたら株主優待があることを期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください