【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

DAZN(ダゾーン)でプロ野球はどのくらい観られる?プロ野球関連の充実度を解説

DAZNでは、プロ野球の試合も配信されています。そしてそのコンテンツ内容はどんどん充実してきている。だから、DAZNでプロ野球を見たいと考えている方も多いでしょう。

でも実際どのくらい試合が見られるのかとか、解説者にはどんな人がいるのかとか、クライマックスシリーズなどは配信されるのかとか、その内容を詳しく知っておかないと不安もありますよね。そこでここではそんな、DAZNのプロ野球の充実度についてみていきます。競合サービスといえるスカパー!と比べてどっちがいいのかも合わせて見ていくので、参考にしてみてください。

DAZN

DAZNでのプロ野球中継は2018年から変わった!

DAZNがプロ野球の配信に参入してきたのは2017年。その時には広島東洋カープと横浜DeNAベイスターズの2球団主催の試合しか配信出来ていませんでした。しかし翌年の2018年から、配信球団がぐっと増えて、巨人を除く全11球団の試合を配信することになったのです。

巨人ホームの試合は配信はされませんが、それ以外の試合は配信されるので、巨人ファンの人でなければかなりプロ野球を楽しむことが出来ます。特にパ・リーグファンであればなおさらです。巨人であってもアウェーゲームは配信されるわけですから、巨人ファンにもおすすめできないということはありません。

DAZNではプロ野球のキャンプは観られる?

残念ながらDAZNでは、現状プロ野球のキャンプは配信されていません。キャンプをそのままライブ配信することはもちろんのこと、競合サービスだったスポナビライブ(サービス終了)が配信していたようなキャンプレポートも配信されてはいません。

たとえば優勝会見や祝勝会が配信されることはありますが、キャンプをどうしても見たいという場合には、その期待はDAZNでは満たすことは出来ません。

ただ2017年に比べて2018年は配信球団が格段に増えたという前例もありますし、今後なんらかのかたちでキャンプの動画が配信されるようになる可能性はあります。

DAZNプロ野球のオフシーズンの配信状況

DAZNでは、オフシーズンにはプロ野球の配信は特にされていません。過去の名試合が配信されたりするということも特になく、何の試合も配信されてはいないのです。配信されているものといえば、選手の特集や前シーズンのレビューなどなので、あまり満たされはしないでしょう。

それに月額を払うのはもったいないので、もしDAZNでプロ野球以外を見ることがないというのであれば、登録を一時停止することをおすすめします。

DAZNでは4か月以内であれば一時停止出来るので、シーズンが始まるまで一時停止しておくのです。そうすれば、無駄なお金を払うことなく、プロ野球だけを楽しむことが出来ます。

DAZNではプロ野球クライマックスシリーズは全試合配される?

DAZNでは、2018シーズンの場合、プロ野球クライマックスシリーズもファーストステージからファイナスステージまで全試合配信しています。シーズンだけ楽しめてもクライマックスシリーズが全試合楽しめないと、しりすぼみ感はありますが、DAZNではそんなことはありません。

また、DAZNでは2台の端末で同時視聴が出来るので、試合時間がかぶっている場合には、推しのチームとライバルチームのクライマックスシリーズの試合を同時に視聴するという楽しみ方もできます。

DAZNでのプロ野球の解説陣はこんな陣容

DAZNでのプロ野球の解説陣には、高木豊さんや掛布雅之さん、そして真中満さんや里崎智也さん、斉藤和巳さんなど、プロ野球で活躍した面々が連なっています。これだけの解説陣がそろえられているとなると、テレビでプロ野球を見るのと大差ない感覚でプロ野球の試合を楽しむことが可能です。

解説も込みでプロ野球を楽しみたいという方には、DAZNのプロ野球中継はあっています。

DAZNではプロ野球の試合も見逃し配信はある?

DAZNは、配信したスポーツの見逃し配信があるのも特徴です。当然プロ野球も、見逃し配信はあり、見逃した試合を後から確認することが可能になっています。

特定の球団ではなく、そもそもプロ野球全体が好きだという方にとっては、この見逃し配信のサービスはかなり使えます。まずはリアルタイムで一番気になる試合を見て、その試合が終わったら違うチームの試合を見逃し配信で見て、またそれが終わったら違うチームの試合を見て、というふうに全試合を網羅することが出来るようになりますから。

DAZNではプロ野球のオープン戦も観られる?

DAZNでは、プロ野球のオープン戦もみることが可能です。ただしこれに関しては、すべての試合が見られるというわけではなく、数あるオープン戦の中から一部の試合のみ配信されるというかたちになります。

ただそれでも試合数はかなりの数になり、2018年シーズンには全75試合も配信されています。1か月程度でそれだけの配信数があるわけですから、見逃し配信で見るということも考えれば、毎日プロ野球の試合が見られるということになるでしょう。オープン戦期間も、充実したプロ野球ライフを楽しむことが可能になります。

DAZNではプロ野球日本シリーズは配信される?

クライマックスシリーズをすべて配信してくれているDAZNですから、日本シリーズも配信してくれるのではないかと思うものですが、残念ながらDAZNではプロ野球の日本シリーズを配信してはいません

なので、日本シリーズは地上波で見るのが一番無難になります。ParaviやAbemaTV、ないしはHuluなどのコンテンツでも配信されはしましたが、「この試合の配信はあるけどこの試合はこのコンテンツでのライブ配信はない」など、試合によって配信されるコンテンツが違い、どこで配信されているのか混乱してしまうような配信のされ方になるので、まず地上波で見るのが確実です。

DAZNでプロ野球を見ると遅延がある?

DAZNでは、基本的にはライブ配信になるのですが、こと阪神タイガース主催の試合に関しては、数分間遅延が発生します。なのでたとえば、セ・リーグ優勝がかかっているような試合の場合、テレビをつけながらDAZNで阪神タイガース戦を見ていると、ニュース速報などで先に結果を知ってしまう可能性が出てくるのです。

基本的には阪神タイガーズ戦をDAZNで見る際には、テレビやネットニュースなどを見ないようにして、試合に集中することをおすすめします。

プロ野球を見るならばDAZNとスカパー!どっちがいい?

DAZNと同じようにプロ野球が見られるコンテンツとしてスカパー!もありますが、やはりおすすめはDAZNです。確かにスカパー!には、巨人戦も含めて全試合中継だったり、オフシーズンでもファンフェスタ等を生中継しているというメリットがあります。でもスカパー!のプロ野球セットの料金は月額3980円と、やや割高。それに対してDAZNは月額1750円と、料金で見ると倍以上違ってきます。

その料金の差は非常に大きい。コンテンツ内容の差は、料金ほど差はないと感じる方も多いでしょうから、おすすめはDAZNの方になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください