【9月24日迄!!】楽天カードの7,000ポイント特典✨

dカードに未成年が申し込む方法!気になる審査の電話連絡と限度額について

「高校も卒業したし、お得で使いやすいと聞いたdカードを作りたい。」
ローソンなら5%お得になり、マクドナルドでも手軽に使えるdカード。

ですが、
・dカードは未成年でも作れるのか?
・未成年者の申し込み審査に電話連絡があるってほんと?
・限度額はどれくらい使えるの?
など分からないことも多いと思います。

そこで、この記事では18歳、19歳向けに、dカードの作り方と審査内容をまとめました。

これからdカードを作ろうか悩んでいる未成年の方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

目的から絞り込みたい方はこちら

dカードは未成年でも作れる

まず先にお伝えしますが、dカードは未成年でも作ることができるクレジットカードです。

dカードの申込資格は下記にもありますが「高校生を除く18歳以上」が対象になります。

ただし、未成年の方はインターネットからdカードに入会することができないため、郵送による申し込みになることを覚えておきましょう。

年会費無料
申込資格18歳以上
発行時間最短5営業日
国際ブランドVISA,マスターカード
最大9,000円相当のiDキャッシュバック
  1. 新規入会で1,000円分
  2. ドコモのケータイ料金をdカード払いに設定すると1,000円分
  3. 申込月の翌月末までに2万円以上の利用で4,000円分
  4. 「こえたらリボ」&「キャッシングリボ」の設定で2,000円分
  5. VISAブランドを選ぶと1,000円分
dカードの特徴
  • ローソンなら最大5%おトク&マツモトキヨシはポイント3倍!他にも多数の優待店舗倍
  • 年会費は実質無料(初年度無料&年1回の利用で翌年無料になること)
  • ETCカードの発行手数料&年会費は実質無料
  • 電子マネーiD一体型
  • 最大1万円分補償されるケータイ補償あり

高校生は作れません

dカードの申込資格は明確に「高校生を除く18歳」としているため、高校生は申し込みができません。

この申込資格はdカードだけの基準ではなく、クレジットカード全般に言えることですので、高校生の方はクレジットカードよりもデビットカードやプリペイドカードを検討すると良いでしょう。

クレジットカードデビットカードプリペイドカード
大学生
専門学生
就業者
(高卒)
就業者
(中卒18歳以上)
就業者
(中卒15歳以上)
高校生
中学生

年会費

dカードの年会費は初年度無料、翌年度は1,250円+税のクレジットカードです。

ですが、年に1回以上の利用で翌年会費は引き続き無料で使えますので、年会費は実質無料と考えて良いでしょう。

発行手数料無料
初年度年会費無料
翌年度以降の年会費1,250円+税
年1回の利用で翌年会費無料

限度額

未成年に付与されるdカードの限度額は10万円程度になります。

未成年の場合、安定した収入がなかったり、利用実績が浅いため最低限の限度額しか付与されることがありません。

未成年に嬉しい!ローソンで5%お得になるdカード

ローソンでdカードを使うと5%お得になることはご存知ですか?

dカードで支払えば、3%オフの割引と2%分のポイント付与が受けられます。

2019年現在、ローソンで最もお得なクレジットカードとなります。

ローソンの他にもお得に使えるチェーン店が豊富なので代表的なものもまとめておきます。

dカードがお得なお店
  • スターバックスカード:ポイント4倍
  • マツモトキヨシ:ポイント4倍
  • ビッグエコー:ポイント3倍
  • マクドナルド:ポイント2倍

このような店舗でdカードで支払えばお得になります。

なお、ファストフードやコンビニをよく利用する未成年の方は、マクドナルドやセブンイレブン、ファミマやローソンで常にポイント5倍貯まる三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめです。

18歳、19歳の未成年に人気のクレジットカード

親の同意があれば限度額が30万円!入会3ヶ月はどこでも使ってポイント5倍!
年会費無料
申込資格18歳〜25歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA

未成年に人気の高いクレジットカードだと、ポイント還元率が非常に高い三井住友VISAデビュープラスカードーカードがおすすめです。

ポイントの交換先も豊富なので、貯まったポイント(ワールドプレゼント)は各種共通ポイントやマイルへも高い還元率で交換することができます。

実際に未成年におすすめのクレジットカードでも取り上げておりますので参考にしてください。

参考未成年におすすめのクレジットカード比較【2019年最新】18歳、19歳に必要な親の同意について

【未成年向け】dカードの作り方

dカードの作り方

dカードを作る未成年の方のために、入会手続きについて説明したいと思います。

実際の入会から受け取りまでの流れを確認しましょう。

申し込みから受け取りまでの流れ

  • 手順1
    申し込み開始
    まずはdカードの公式サイトからから郵送申込の手続きを進めます。
  • 手順2
    申込書を返送する
    申込書が届いたら、氏名・住所・電話番号などを入力していきます。「自動リボサービス」や「キャッシング枠」は一旦希望せずに手続きを進めたほうが審査がスムーズになります。

    なお、未成年の方は申込書内にある親権者の同意欄の署名も忘れずに書いてもらいましょう。

  • 手順3
    本人確認
    カード会社によっては申し込み内容とカード会社で参照している情報に差異があった場合、本人確認の電話連絡がある場合があります。
    本人確認が必ずあるカード会社はだいぶ少なくなりましたが、申し込み直後はいつでも電話に出られるようにしておきましょう。
  • 手順4
    審査結果
    審査結果は入会時に登録したメールアドレスに届きます。
    受信拒否設定の解除やメールアドレスの入力間違いに気をつけて、受信メールを確認しましょう。
  • 手順5
    受け取り手続き
    審査通過が決まったらdカードの発行通知メールも届きます。
    カードが自宅に届く際は本人確認が必要になりますので、必ず本人が本人確認書類を配達員に提示して受け取り手続きをしましょう。

    なお、引き落とし口座の設定も完了していれば簡易書留で届きますので本人確認が不要になります。
    同居している方が代わりに受け取ってください。

  • 手順6
    完了
    dカードを受け取ったその日から利用することができます。
    カード裏面の欄に必ずサインを記入してから利用しましょう!

申し込みに必要なもの

dカードを作る時に必要なものは「本人確認書類」「銀行口座」「銀行印」の3つです。

本人確認書類は、予め指定がありますので忘れずに用意しておきましょう。

対象の本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 顔写真付きの個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証+住民票 など

顔写真の付いた本人確認書類が無い場合は「健康保険証と住民票」や「健康保険証と公共料金の領収書」など2部用意する必要がありますのでお気をつけください。

注意
学生証は本人確認書類として有効ではありません。

未成年ならdカードから最大2回の電話連絡がある

dカードからの本人確認の電話連絡

dカードの申し込み手続きが完了すると、カード会社から最大2回にわたる電話連絡が届きます。

この電話を受け取れないと審査が進まず、審査落ちに繋がることもありますので気をつけてください。

  • 本人確認
  • 親の同意確認

本人確認

最初にかかってくる電話連絡が「本人確認」です。

ただし、この本人確認の電話連絡は必ずかかってくるわけではありません。

dカードのほうで申し込み内容を確認し、必要な未成年の方のみに電話連絡をしている状況のようです。

親の同意確認

未成年がdカードに申し込む時は、申込書の親権者同意欄に記載をしてもらってから提出しますので、電話による親の同意確認はないと考えて良いでしょう。

ですが、本人確認の電話連絡同様、申し込み内容から判断して場合によっては改めて同意確認の電話連絡があるかもしれません。

たとえ本人確認が取れても、親権者の同意確認が進まないとdカードを作ることはできませんので、ちゃんと進捗状況を親と共有しておきましょう。

未成年がdカードの審査で知っておきたいこと

dカードの審査で気をつけたいこと

dカードに申し込むにあたって、特に未成年の方は次の3点は知っておいたほうが良いと思います。

  • 親の同意がないと審査が進まないこと
  • 収入は0円でもOKであること
  • 限度額の上限は最大でも30万円であること

親の同意がないと審査が進まないこと

dカードに限った話ではありませんが、未成年のクレジットカード申し込みは親の同意が必須となります。

なぜなら民法で「未成年者契約の取消し」というものがあり、法定代理人(親権者である父や母)の同意を得なければ単独で有効に契約をすることができないからです。

参考抜粋

民法では、20歳以上が成年とされ(民法4条)、未成年者は「制限行為能力者」として単独で有効に契約を締結することはできません。すなわち未成年者は、その法定代理人の同意を得なければ単独で有効に契約をすることができません(5条1項)。

法定代理人の同意を得ないで締結した契約は取り消すことができるものとされています(5条2項)。

法定代理人は、通常は親権者(父および母)を指しますから、未成年者が契約の当事者として有効に契約をするためには、法定代理人である両親の同意を得て自ら契約をするか、両親が未成年者に代わって(代理して)契約する必要があります。

未成年者は、社会的に未成熟で経験が不十分で適切な判断ができない危険があるため、法律で保護すべきものと考えられているからです。(国民生活センター

収入は0円でもOKであること

dカードの申し込み欄に年収の項目は、「0円」でも問題ありません。

改正割賦販売法(クレジットに関する法律)で記載されているのですが、利用可能枠が30万円以下であれば支払能力が審査で見られることはありません。

収入がない(支払能力がない)学生や未成年でもクレジットカードを発行できるのは、限度額を30万円以下にしているからなのです。

参考抜粋

限度額が30万円以下のクレジットカードを発行する場合は、過剰な債務や延滞等を確認する簡易な審査で発行可能とします。(経済産業省

限度額の上限は最大でも30万円であること

先ほどの改正割賦販売法により、基本的に未成年の方が30万円を超える利用限度額を申請することができません。

それでも現在の10万円だと少なすぎるからもう少し増やしたい方は、次の方法で限度額を引き上げてみましょう。

限度額を引き上げる方法
  • もう1枚クレジットカードを作る
  • 親の家族カードを作る
  • 引き上げ申請を行う(入会直後の6ヶ月は申請できない)
  • 一時的な増枠申請を行う

特におすすめなのが「限度額の一時的な増枠申請」で、海外旅行や引っ越しなど申請理由の提出が必要になりますが、比較的容易に限度額を一定期間だけ引き上げてくれます。

楽天カードならば、学生でも50万円にまで引き上げてくれますので、より高い金額を求める方はインターネット入会もカンタンな楽天カードを検討してみましょう。

参考楽天カードの利用限度額を上げる方法!元楽天カード社員が学生にも分かるように徹底解説

未成年が疑問に思うdカードの関する質問Q&A

dカードを作る上で、未成年であれば申し込み前や手続き途中で気になる疑問も出てくると思います。

ここではdカードに関する、未成年ならではの疑問についてまとめました。

家族カードとどっちがよい?

未成年の方なら、自分のクレジットカードを持たなくても親に家族カードを作ってもらえればカンタンに手に入れることができます。

一方で、家族カードは利用明細が筒抜けになってしまう、自分が貯めているポイントが貯まりにくいなどデメリットもあります。

どちらが良いという判断は難しいですが、「どちらが自分の要望に応えてくれそうか?」考えてみましょう。

親の同意でなく、祖父母や親戚の同意でも良い?

基本的には認められていません。

親権を持っている方がの同意が必ず必要になりますので、もし異なる方の署名で申し込んだ場合は虚偽申し込みとなります。

虚偽の申し込みが認められれば、刑法第159条の「私文書偽造等の罪」として1年以下の懲役又は10万円以下の罰金を課せられる場合もありますので気をつけてください。

社会人になったら手続き必要?

社会人になったら、dカードの基本情報変更が必要になります。

もし古い情報のままだと更新されなかったり、限度額が引き上がらなかい要因となります。

年収・職業・勤務先など、必要な項目は常に最新の情報にするようにしてください。

dカードと比較したい!未成年におすすめのクレジットカード

最後に、dカードと同じくらい人気が高いクレジットカードを紹介します。

コンビニやネットショッピングがお得になるクレジットカードを中心にまとめておりますので参考にしてください。

三井住友VISAデビュープラスカード

マクドナルドやセブンイレブン、ローソン、ファミマなら常にポイント5倍!未成年や学生人気No.1!
年会費実質無料
申込資格18歳〜25歳
発行時間最短翌営業日
国際ブランドVISA
最大12,000円もらえる入会キャンペーン
  1. 新規入会&アプリログインでもれなく利用金額の20%(上限12,000円)
  2. 抽選で利用金額と同等額(上限10万円まで)を全額キャッシュバック
  3. 全国のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでポイント5倍
三井住友VISAデビュープラスカードの特徴
  • ポイントが常に2倍、入会後3か月は5倍
  • ポイント還元率は最大2.5%に!業界最高水準のお得さ
  • 18~25歳限定だから審査基準も学生向き
  • ETCカードの年会費は初年度無料、年1回以上の利用で翌年も継続無料
  • 業界最高峰のセキュリティ体制
注意
※年会費は初年度無料、年1回以上の利用で翌年も無料。通常年会費は1,250円+税。

楽天カード

楽天市場のSPU適用でポイント13倍!楽天ペイとの組み合わせで常に1.5%還元!
年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
付帯機能楽天Edy,楽天ポイントカード
キャンペーン中!!
今なら最大7,500円相当がもらえる入会キャンペーンを実施中
楽天カードの特徴

JCB CARD W

スタバ還元率が5.5%!セブンイレブンやAmazonでもお得な高還元率カード!
年会費永年無料
申込資格18歳〜39歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
入会キャンペーン&利用特典一覧
  1. もれなく入会後3ヵ月間はポイント10倍
  2. Apple Pay、Google Payの利用で20%キャッシュバック
  3. 家族カード同時申し込みで最大2,000円分
  4. 友達紹介で最大6,000円分プレゼント
  5. スマリボ同時登録&利用で最大5,000円分
JCB CARD Wの特徴
  • WEB入会&18歳〜39歳限定のJCBカード
  • 入会後3ヶ月はAmazon利用のポイント12倍
  • スタバのオンラインチャージはポイント10倍
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • 女性におすすめのJCB CARD W plus L

ルミネカード

海外旅行、国内旅行の傷害保険が付帯!ルミネで常に5%オフのショッピング!
年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
付帯機能Suica、Suica定期券
ルミネカードの特徴
  • ルミネで毎日5%オフ!年4回は10%オフ優待
  • Suicaのオートチャージや定期券購入はポイント1.5%還元!
  • アトレなどのJRE加盟店なら1.5%還元
  • 最高500万円補償の海外旅行傷害保険、最高1,000万円補償の国内旅行傷害保険付き
  • ルミネの公式アプリ「ONE LUMINE」と連携でルミネマイルも貯まる!
  1. 年会費は初年度無料、2年目以降は953円+税の年会費
  2. 即日発行できるカードは仮カードのみ。本カード発行まで約1週間かかります。

ヤフーカード

Yahoo!ショッピングでTポイント3倍!PayPay登録でキャッシュバック率が最大に!
年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
ヤフーカードの特徴
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOの利用で毎日3%還元
  • Tポイント一体型だからPayPay残高とTポイントの二重取りも可能!
  • 付帯保険は好きな時に月額490円+税(初月無料)の加入/退会が可能
  • ツタヤのレンタル会員カードとしても利用可能
  • ワクワクペイペイ対象店舗なら最大20%還元

田代

未成年に人気のあるクレジットカードには他にイオンカードなどがあります。それらの詳細も確認したい方は以下の記事でご確認ください!
未成年におすすめのクレジットカード 未成年におすすめのクレジットカード比較【2019年最新】18歳、19歳に必要な親の同意について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください